クイーン・カレンダー

●月表示の場合、最下段の予定が4つ以上表示されない不具合があるようです。
月表示から週表示にしていただくと、全部表示されますのでご了承ください。

●それぞれの予定をクリックして、左下の「詳細」をクリックすると、情報のソース元のリンクがあります。…なるべくあるよう、善処しております。

●最新の記事は、この下↓になります。

|

2016年2月 3日 (水)

「オデオン座の夜 A Night At The Odeon」劇場上映キターーー!

Odeon02

大画面…大音響…あーんなシーンやこーんなシーンを脳裏に思い描いては、ぐ、ぐはぁっ!と思わずのけぞって吐血するイキオイですが、クイーン英公式サイトのプレスリリースはこちら。

https://t.co/mOoVmhMLqt

これによりますと、5.1サウンド「オデオン座の夜 A Night At The Odeon」と、英国以外では未公開の、メンバー4人のインタビューを含むドキュメンタリーを「A Night In Bohemia ボヘミアの夜」として世界規模で映画館上映します、とのこと。

この、イギリス以外では未公開、ていうのはおそらく公式には未公開っていうことでしょうから、見たことが、たぶんあるとは思われる、なんとなく(笑)。

Queen: A Night In Bohemia releases in cinemas worldwide from 29 February 2016.

クイーン:ボヘミアの夜、2016年2月29日より世界公開!

あの、ピアノを弾きながら歌うフレディの腹式呼吸で伸び縮みする白い脇腹が大画面でっ!(細かすぎて伝わら…いや、伝わりますよね!)

…ということで、問題はその「worldwide」に果たして日本が含まれるか、否か、という、そこんとこが一番重要なんですがっ!どうなのっ、公式さん!

配給元は、More2Screen だそうで、

http://www.more2screen.com/cinema-listings-for-queen-a-night-in-bohemia/

これは前回世界公開された4Kリマスター版「モントリオール81」と同じところです。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/1124queen-rock-.html

ということは、今回も More2Screen→ライブスパイアさんという華麗なるコンビネーションで日本に来るか!ってゆーか、来てくれ、来てくださいお願いします。

ライブスパイアさんは2012年に「ハンガリアン・ラプソディ」を2014年に4K「モントリオール81」を配給してくださっています(思わず敬語)。

ど、どうします?ライブスパイアさんに土下座しときます?(笑)

関東圏の凛々さんとしては、ライブスパイア→立川シネマシティ極音上映という黄金ルートをぜひぜひ!再び希望したいところですっ!

ど、どうします?立川シネマシティさんにも土下座しときます?(笑)

もう、リマスター済み1975年クイーン・ハマースミス・オデオンを大画面大音響で鑑賞するためなら、こんな頭で済むならなんぼでも下げますとも!(本気と書いてマジと読む)

ああ、日本でも上映されるといいですね!
とりあえず More2Screen さんの公式トレーラー貼っときます。

https://youtu.be/JdCzlD9MnIk

い、いきなり光輝く白い脇腹!梨汁ぶしゃーーーー!

続報が待たれますね!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年2月 2日 (火)

クイーン「グレイテスト・ヒッツ」

Magic2

先月お知らせしました「Queen - Greatest Hits 1」に引き続き、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/from-rags-to-rh.html

Youtube のクイーン英公式チャンネルに「Queen - Greatest Hits 2」がアップされました。

https://youtu.be/j440-D5JhjI

やっぱり「ロジャーが仏頂面のブレイクスルー」だぁぁぁ!(笑、詳しくはこちらの記事をご参照ください。

 ふたつの「ブレイクスルー」
 http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-dd8a.html )

「Greatest Hits 1」の記事の時にも書いたんですが、個人的には朗報なんだか悲報なんだかよく判らない…

あのー…ってことは「Greatest Video Hits」のリマスターDVD・Blu-rayは、出ない、ってこと、なんでしょうか、パート2。

いや、ここは大逆転で、実はこれはデジタルリマスター版発売に向けての布石だった!…とかだといいなぁ…(小声)

ミュージックエアさんとか日本のCSBSの音楽系のチャンネルでクイーンのPVが流れる場合、実は結構いまだに、「Greatest Video Hits」のビデオテープ版からの映像であることが、多いです。

「Greatest Video Hits 1」のVHS版って、各曲がつながっている編集になっていて、曲の切れ目がないので一目瞭然なんですよね、変なとこで映像がカットされるから。

あのコンテンツ、使う側としては凄い使い辛いだろうと思うんですが、CS局ってまだVHS現役なんっすかねぇ。

でも時代は既にHD映像じゃないですか、ビデオテープの解像度で放送するのって、だんだん厳しくなると思うんです。

「Greatest Hits」っていうのはその名の通りシングル曲集なので、たとえば誰でも知ってる超有名曲、「ボヘミアン・ラプソデイ」や「伝説のチャンピオン」をテレビで流そうと思ったら、素材は公式に発売されたものからになるでしょうから、デジタルリマスター化はいち早くしといた方がいいと思うんですよね、ほら対外的にね。

まだクイーンのことを知らない「これからのファン」のことを考えても、やっぱりね、スタジオ・アルバムとPV集と、っていう基本のところは、整えておきたいですよねぇ。

…あ、いえ別に、自分が欲しいから延々言ってるとか、そーゆーわけではっ!

待ってます、お待ちしてます「グレイテスト・ヒッツ」デジタルリマスター…

Magic3


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年1月30日 (土)

軽ネタ三連発・たぶんその13

あれ、確か「勇気凛々」ルールとして、「10本超えたらカテゴリー分け」するんじゃなかったっけ。あー、そんなことも言ってたな。
いや「軽ネタ」ってさ、細かいネタ集合体だから、カテゴリー的にはバラバラなのよねぇ…などと、内幕で悩むみつつ。

Qp

●えーーーっと、よく判らない事態なんですが、ユニバーサル日本公式さんが、例の

QUEEN「ボヘミアン・ラプソディ」楽曲誕生40周年シリアルナンバー入りプレミアムリング&ペンダント期間限定&受注生産で世界同時発売!

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-7746.html

のレディスペンダントを、なんか「在庫ミス」したとかで、ただいま数量少数再発売中です。

https://t.co/vakMyp8D1J

元々受注生産のはずなので、発注掛けてからキャンセルでも出たか!

…良い子はそういう極悪なマネはしないでねっ☆社会人的に、それって身につまされ過ぎて笑えないからねっ(ガクガクブルブル)。

いやでも「お客様都合による、ご注文完了後のご注文のキャンセル、ご注文商品の変更・返品は一切承っておりません。」ってあるしなぁ。

も、もしや発注数ミス!(笑。これは笑っていいです)

相変わらず45000円の強気のお値段ですが、友人のジュエリーデザイナーの千尋ちゃんが言うところでは「あれはモノはいいよ!」とのことですので、意外なダブルチャンスに運命を感じた方はぜひご一考を。


●先日ブライアンがワケわかんないツイートしてたんですけど、

なんかブライアンのお嬢さん方が何を言ってるんだか「パパには道楽が必要よ!」と去年のクリスマスにブライアンにブレッドメーカーをプレゼントしたんだそうな。

えっと。すいません、どっから突っ込んだらいいのか判らない。

3D写真って趣味じゃなかったんですか…あ、今や仕事か…

天文学って趣味じゃ…それも仕事か…

動物保護って趣味じゃ…ないか、政治活動か…

ロックンロールは…仕事だよっ、ああそうだよっ!

ってゆーか、なぜパン!

…と思ったらあまりにも素直にパン焼いてるしなー、このレジェンドはー。

Bread

「これでワンランク上がったね!」とかなんとか。
ガジェット好きだからなー。新しいおもちゃ手に入れちゃったんだなー。

しかし、なぜパン!


●今年の夏公開予定の映画「スーサイドスクワッド / Suicide Squad」の公式トレーラーに、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ Bohemian Rhapsody」が全編に渡り使われています。

アメリカのDCコミックのヒーロー、バットマンやスーパーマンに捕らえられた数々の悪役たちが減刑と引き換えに極秘任務を与えられる、という、最近なぜかハヤリのヴィランズ(悪役)もの。

「ボヘミアン・ラプソディ」の歌詞を知っていると、「あ、なるほど、そこでそういう意味で」という感じの映像です。

https://youtu.be/CmRih_VtVAs

合ってる合ってる、意味合ってるよ!なぜか!(笑)

かつてこの曲に、これほどまでに歌詞に合ってる映像が付いたことはあるまい!ってゆーかそういうハナシだったのか「ボヘミアン・ラプソディ」!(違う)

ただし、これってたぶん例の、「本編には使われてない、トレーラーだけの使用」じゃないかなーと、なんとなく思ってるんですけどね(そのパターン多いよなー)。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年1月24日 (日)

満を持して、飲む。

Dscn0363

ということで、友人Mちゃんにお誕生祝いしていただきました!
Mちゃんいつもありがとう!

Dscn0349

ツイッターでも、たくさんの方にハピバいただきました!ありがとうございます。

今日は満を持して、「Queen Bohemian Lager」を開けました!おしゃれに写真なんか撮ってみた!お花はMちゃんからいただきました。

Dscn0365_2

ああああ、お花可愛い♪部屋にあると華やぎますよねぇ。

Dscn0359

コクがあってしっかりした味わいではないかと思います。
でもまあ、普通にピルスナーです(笑)。

ツイッターで、バー店舗で仕入れましたというお店があって、1本1000円で出してるんですって!まあ、仕入れ値を考えるとそうなるかなぁ。

このデザインですから、お店で出してもおしゃれで華やかでいい感じですよね。
あ、そういえばそれで思い出したんですけど、問屋さんのアイコン・ユーロパブ(株)さんのサイト

http://www.ikon-europubs.com/

のトップ画像の5番目に、我らが「Queen Bohemian Lager」が登場してました!
もちろんカタログの中にもボヘミアン・ラガーが追加。

http://goo.gl/8PCYN6

いよいよ、飲めるお店も増えるかもしれませんね。

飲み終わった瓶も捨てるには忍びないですが、もし置き場に困るようでしたらラベルだけ取っとくって手もあります。

バケツとか洗面器にお湯を張ってラベルがすっかり隠れるように浸けておくと、ペロンとはがれますよ。タオルやキッチンペーパーなどで水気を切って乾かしましょう。

Dscn0369

こちらにラベルのはがし方、いろいろがあります。

http://yanagy.jp/ponsyu/peeling/label_peeling.html

デコパージュの材料にしてもいいし、プラ板や厚紙に貼ってしおりなんかにしても可愛いですよね!

まあそんなワケで、ごーせいな自分誕生日プレゼントを買ってしまったわけなんですが、実はこの他にももうひとつだけ(…だけ?)購入したものが。

「ラビリンス/魔王の迷宮」DVD。

Dscn0345

前にも書いたように、凛々さんこの映画が好きなんですが、VHSしか持ってなかったのでいろんな意味でこの機会にDVD買ってしまいました。

ほんと、誕生日って大手を振って自分を甘やかすことができるから素敵ですよねー♪(甘やかし過ぎです)

お祝いメッセージくださったみなさま、ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Dscn0360


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年1月22日 (金)

ボヘミアン・ラガー、キターーー!(AA略)

Dscn0336

こちらの記事で

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-19f1.html

予約が始まりましたとお知らせした「Queen Bohemian Lager」ビールですが、

http://www.queenlager.com/

ディスクユニオンさんから20日に発送メールが来て、無事、21日に受け取ることが出来ました!

誕生日に間に合った!

ああ、ディスクユニオンさんありがとうありがとう。
みよ、この美麗な箱!あーんどパケージ!あーんどラベル!

Dscn0340

凄い可笑しいのが、ツイッターで他の方もおっしゃってたんですけど、デジカメで撮影しようとすると、6本パッケージ側面のクイーンのメンバーの顔を、ちゃんと顔認証する!(笑)
ジョンの顔が一番認証率高かった。ブレない男、ジョン・ディーコン。

Dscn0343

ビールもさることながら、この箱が!箱が!欲しかったのよぉん(目がはぁと♪)。

凛々さんちの時空が歪んだ押入れに眠る「禁断のクイーン箱」の二代目はコレに決まった!
もちろん今はまだ、お部屋の装飾と化しておりますけどね。何を入れようかなー、わくわく。

おっと、肝心のビールの方なんですが、実はまだ飲んでません!(きっぱり)
だってほらー、せっかく間に合ったのでお誕生日に開けようかな、と思って。
久しぶりにごーせいな自分への誕生日プレゼントを買ってしまいました!

さて、ついパッケージに惹かれて「Bohemian Lager」買っちゃったけど実はビール苦手、という方!

そんな皆様にお勧めなのがビアカクテルです。つまりビールベースのカクテル。
といっても難しいものではなくて、ようは割っちゃえばいいんです!

トマトジュースで割った「レッド・アイ」やコーラで割る「コークビア」などが飲みやすくてお勧めです。まあ、飲みやすくてもアルコールはアルコールですので、飲みすぎにはご注意を。
その他、「ビアカクテル」で検索すると、いろいろレシピも出て来ると思います。
せっかくのオリジナルビールですもの、楽しく美味しくいただきましょう♪

なお、こちらのディスクユニオンさんの記事に

http://diskunion.net/tote/ct/news/article/2/56423

「“ピルスナー・ラガー”は、常にQueenメンバー、そしてフレディー・マーキュリーの最も好きなビールであった。」とありますけど、製造されるほとんどがピルスナー・ビールである日本のビールの中で、フレディが一番お気に入りだったのは、キリンビールだったそうですよ。

う、うちのオヤジと同じだっっっ、とか妙に現実的に恐れおののく人、たぶん多数。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年1月21日 (木)

2016年のクイーン+アダム・ランバート その3

Original_resize_720_360

ども。外反母趾を手に作ってしまった凛々さんです。

なんじゃそりゃ。いえ、簡単に言うと杖を握る手の親指の関節が、長時間&長期間の圧力で変形してしまったんですね。そんなこともあるのかとびっくりです。別に痛くはないのですが。

さて、この夏のQALツアーなんですが、私たぶん全部載せてないわ、ということで、前回のツアーの記事

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-9118.html

の後に発表になった日程の追加でございます。っていつのハナシだぁぁぁ。すいません、ボウイショックから思いの他立ち直りが遅くて。

フレディの時ってどうやって立ち直ったんだったかなぁと思ったんですが、よく考えたらまだ立ち直ってなかった。

「立ち直る」ってなんなのかなぁと考える今日この頃ですよ。


●2016年5月22日 バルセロナ、スペイン Palau Sant Jordi

 クイーン英公式プレスリリースはこちら。
 https://t.co/Z25N0iyjyj

ばっせろぉーなぁー♪と思わず歌うバルセロナ。こちらはフェスではなく単独公演の模様です。

会場となるパラウ・サン・ジョルディは、収容人数24,000人の屋内競技場です。関係ないけど設計者は日本の建築家の磯崎新氏だそうです。

Distant

●2016年5月25日 スチール・シティ・フェスティバル(オーストリア・リンツ)

 クイーン英公式プレスリリースはこちら。
 https://t.co/D4CaEzXS3J

いやこの Steel City Festivalって、検索して探してみたんですが Steel City Jazz Festival とか、Steel City Blues Festival とか、違うものばっかりヒットするんですね。

やっと見つけたのがこの記事。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016-.html

ドイツ語記事なんですが、QALの他、「WANDA, SEILER & SPEER, KRAUTSCHADL」という面々が出演のようで、調べてみたらいずれもオーストリアのミュージシャンのようです。

だから、もしかすると本来は国内アーティスト中心の音楽イベントに、突如世界的レジェンダリーな(笑)クイーンが飛び込んで来た、みたいな、たとえば「豊洲野音CARNIVAL」にQAL来ます、みたいな感じ?とか思ったんですが。そ、そいつぁーすげえや。


一応、QALヨーロッパフェスティバルツアーの日程一覧はこちらにまとめてます。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016-.html

なんだかんだで14公演もあるんですね!
5月6月は、またヨーロッパ時間で生活することになりそうですか?

なお、2月~3月は、いよいよブライアンとケリー・エリスちゃんのジョイントツアーがあります。こちらも楽しみですね!
そっちのニュースはまとめてなかった気がするので、ぼちぼち追いかけたいところ。ゆるゆる気楽に頑張ろう自分。

1/22追記

って、記事にした途端に追加日程発表だもんなー。

2016年6月19日 ライフ・フェスティバル・オシフィエンチム(ポーランド)

 クイーン英公式プレスリリースはこちら。
 https://t.co/RbG0anwlqn

 公式サイトはこちらです。
 http://lifefestival.pl/en

Life Festival Oswiecim2016…よ、読めない…オシフィエンチム(ポーランドの都市名)。ドイツ語名アウシュビッツ…アウシュビッツかっ!
フェス名は「LFO」、と省略さるようです、良かった、いちいち舌噛まなくてすむ。

これで15公演になりました~まだ増えるんでしょうか、予断を許さない。ガクガクブルブル。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年1月14日 (木)

1972年のトランジスタラジオ

Davidbowiethejeangenie

生まれて初めて聴いたデヴィッド・ボウイの曲って、なんだったかな、と考えた。
咄嗟に頭に浮かんだのは「ジーン・ジニー The Jean Genie」。

調べてみたら、アルバム「アラジン・セイン Aladdin Sane」の先行シングルとして、1972年に発売されている。
ちなみにT・レックスの曲で一番最初に記憶しているのが「イージー・アクション Solid Gold Easy Action」なのだが、これも1972年だった。

あれ、と思って更に調べたら、私が生まれて初めて自分のお小遣いでレコードを買ったアーティストであるミッシェル・ポルナレフの曲で、たぶん最初に聴いたと記憶している「愛の休日 Holidays」も、1972年だった。

この事実から推察するに、私は1972年に初めて、自分のラジオというものを手にしたのだ、覚えてないけど。
今まであまり気にしたこともなかったけれど、私の音楽の旅は、1972年に始まったことになる。

もちろん当時私は小学生。
なぜ邦楽を経ずにいきなり洋楽に行ってしまったかは大いなる謎なのだけど、思うにその頃日本の音楽界ではフォークソングが流行っていて、私はこのフォークソングが、個人的にあまり好きではなかったのだ。

フォークってほら、大学生くらいのおにーさんの、社会の矛盾とか大人の汚さとか、戦争とか政治とか恋愛とか、そういう若者の本音が歌われていることが多いじゃないですか。

でも、こっちは小学生ですからね。

社会とか恋愛とか、まだどーでもいいですからね。

それよりも、意味のまったく判らない歌詞で美しい、印象的なメロデイをつむぐ洋楽の方が夢を見ることができたというか、たぶん歌詞の枠に押さえつけられることなく想像の翼を広げることができたのが、良かったんじゃないかな、と思う。

グラム・ロック界隈に惹かれたのも、その万華鏡のようなキラキラした美しさ、変幻自在な楽しさ、キャッチーなポップさが、子ども心にも好きだったのかもしれない。
英語(どころかフランス語)なんかまったく判らなくても「ジンジニー♪」というサビは判る、タイトルだからね。

インターネットなんかまだカケラもない、電車が(正確に言うとディーゼル車なので「電車」ではない)1時間に1本しかない田舎に住んでいる小学生にとっては、ラジオだけが、世界に向けて開いた窓だった。
布団に頭からもぐりこんで、スピーカーに耳を当ててじっと聴いていた、あの曲。印象的なフレーズ、その声。

1972年のトランジスタラジオから流れて来た曲たちが、私の「原型」を作ってくれたのだろう。

マーク・ボランはその5年後に亡くなり、ポルナレフは税金問題のごたごたからアメリカに渡り、隠遁状態になってしまった。
一方で、「ジーン・ジニー」のデヴィッド・ボウイだけが、くるくると変幻しながらその都度いろんな世界を見せてくれた。

10代の後半には、ボウイはポップミュージックだけでなく演劇とか映画とかクロスオーバーな活動をしていて、立派なサブカル女子に育ってしまった私にはいつも刺激的な存在のままでいてくれた。

「地球に落ちてきた男」のあの切ない哀しい美しさ。

「魔王の迷宮」の歌って踊れる誘拐犯、わがままジャレス様。

東京に来た年に、まばゆい都会のイリュミネーションの中で流行っていたのは「チャイナ・ガール China Girl」だった。

1974年に舞い降りた私の大天使、クイーンとまさかのコラボレーションをしてくれたのは1981年。そりゃもう、口から心臓が飛び出すとはあのこと。

だってクイーンとボウイって…シアトリカルな部分が似ているようで、実はまったく違う方向性だと思っていたから。

な、何が起こったんだ!と右往左往して聴いた、あの「アンダー・プレッシャー Under Pressure」。

クイーンはクイーンとして、ボウイはボウイとして、別のジャンルとしてとらえていた私のはるか斜め上を、助走付けて飛んで行った、憧れの人たち。

自分自身も周囲の同じような友人たちも、好きとか嫌いとかいう感情を越えて、ボウイの動向、彼が何をしているか、何処に行こうとしているかをなんとなく横目で気にしていた。
彼は、常にそういう存在であり続けた。

ボウイ自身が、彼そのものが、私にとってはひとつの偉大なる「文化」だったのだ。

11日の夕方、彼が死んだと誰かが言った。

それからいろんなことを考えている。喉に何かがずっとつかえたまま、心の落としどころを探している。

「地球に落ちてきた男」はきっと故郷の星に、欲しがっていた水をたずさえて、今やっと戻って行ったのだ。

ああ、長い旅だったね。でもまだきっと旅の途中だね。

ありがとう、という言葉は贈れても、さようなら、とはまだ言えない。
自分自身が生きている限りは、まだ別れではないと、私はフレディの時に学んでいる。

 Oh, I’ll be free

 Just like that bluebird

 Oh, I’ll be free

 Ain’t that just like me?

 ああ、僕は自由になる

 まるで青い鳥みたいにね

 ああ、僕は自由になるんだ

 すごく僕らしいだろう?

 (「Lazarus」 from 「★(Blackstar)」)

「音楽だけを覚えていて欲しい」と彼は言った。
そう、1972年のトランジスタラジオは、今もまだ、私の中にある。

ありがとう、ミスター・ボウイ。ほんとうにありがとう。

そしてどうか良い旅を。


●1/16追記

デヴィッド・ボウイ追悼関連の番組などたくさんあって覚え切れなかったので、自分メモ用にカレンダーにしてみました。一般公開してますのでよろしければお役立てください。

https://t.co/Hq8oLu4TUm


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年1月13日 (水)

「日本を愛したロックスター」長谷部 宏 写真展

Queen

2015年1月に東京で、8月に大阪で開催されていた、「MUSIC LIFE PHOTO EXHIBITION~長谷部 宏の写真で綴る洋楽ロックの肖像~」の第二段、

長谷部 宏 写真展 in KYOTO 

「ROCK STARS WILL ALWAYS LOVE JAPAN

          ~日本を愛したロックスター~」

が、京都の FOIL GALLERY にて、1月15日~2月14日(水曜定休)開催されます。

http://www.foiltokyo.com/gallery/exhibitions/hasebe/photoexhibition.html

長谷部さんの、同タイトルの写真集も発売されるようですね!

710vp8iyhl

…クイーンを…というか、フレデイとジョンを探せ、レベル1的な。

------引用ここから------

『MUSIC LIFE』では、日本独自の取材が積極的に行われていました。それは、初代『MUSIC LIFE』編集長にして元会長の故草野昌一の「普通の写真は通信社に行けばいくらでも手に入る。『MUSIC LIFE』では、日本オリジナルでないといけない。」と言う方針のもと、編集者は着物を纏い海外に出かけ、来日したロックスターに、日本の神社仏閣、名跡、文化などを積極的に紹介していました。

------引用ここまで------

…そういうことだったのか!(笑)

John_freddie

クイーンも獅子舞見たりお茶会したり、お面や剣玉もらったりしてたのも、ぜーーーんぶ、「MUSIC LIFE」の意識的作為的なエキゾテイィィック・ジャパァン!(ヒロミゴーの声で読もう!)のおもてなしだったのかっ!今さらながら凄く納得したぞ。

E19c64

1月16日(土)16:00からはイベントとして、長谷部宏氏と東郷かおる子氏のトークショーもあるようです(要予約)。
予約の方法などは、上記のFOIL GALLERYのサイトをご参照くださいね。

シンコーミュージックさんの告知はこちら。
http://www.shinko-music.co.jp/feature/kohhasebeinkyoto/

amassさんのニュースはこちら。
http://amass.jp/66854/

クイーンに特化したイベントではありませんが、お近くの方は足を運ばれてはいかがでしょうか♪


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年1月11日 (月)

真の巨星

Rip

言いたいことは、きっとこれからどんどん溢れ出す。
でも今はまだ、泣かせて。

Mr. David Bowie
あなたはその身その存在それだけでひとつの「文化」でした。

今までほんとうにありがとう。
いくつありがとうを言っても言い足りない。

どうか、どうか、安らかに。ありがとう。

|

2016年1月 2日 (土)

謹賀新年

Kinga

あっけましておめでとうございまーーーーす!

30日に帰省しまして、昨日元日に戻ってまいりました。それ以上いるとすることがありません(笑)。
自宅にいるといつも時間が足りない感じなのに、実家のあの手持ち無沙汰感はなんだろう。ネット環境があればまた違うんでしょうけどね。

さて今年2016年は、1946年9月5日生まれの我らがフレディ・マーキュリー氏の

生誕70年です!

(ついで?に「華麗なるレース A Day at the Races」発売40周年も)

70になったフレディって、どんな感じだったんでしょうねぇ。
ほぼ間違いなく頭髪は涼やかになっていたと思いますが!頭髪はね、それ以外の「毛」に関してはノーコメント。

作曲家として、アレンジャーとして(何度か主張していますが、フレディってアレンジャーとしても、天才だったと個人的には思うんですよねぇ)、どんな作品を生み出していたのかなぁ、とつい思ってしまいます。

バンドの他にも映画音楽とか、舞台演劇にも関わっていたかもしれないなー、と夢見てしまいます。

きっと、あの輝く星が地上に舞い降りて70年のこの年には、またいろいろなお祝いや記念があって、私たちを右往左往させてくれることでしょう。楽しみですね。

そういえばだいぶ前…探して来ました、昨年の4月に、「フレディ・マーキュリー一家が上京…じゃない上イギリスして60年代に住んでいたフェルサムのグラッドストン通りに、それを記念するブルー・プラークが設置されることが決まりました」とお知らせしましたが、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/11-fdda.html

その後音沙汰ないなぁ、どうなったんだろ、と思っていましたところが、なんか今年設置されるようで。

https://t.co/CWa7G0hoPZ

去年どうなったかと密かにやきもきしてましたが、「生誕70周年」に設置されるなら、それはそれで記念になっていいかな、とポジティブ思考。

今年も楽しいことがたくさんあるといいですね!

日常的にはいやなことや辛いことも誰しもあるけれど、でもやっぱり人生楽しんだモン勝ち!の精神で。そして傍らにはいつもクイーンの音楽が。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

«本年の胸毛納め2015