クイーン・カレンダー

●月表示の場合、最下段の予定が4つ以上表示されない不具合があるようです。
月表示から週表示にしていただくと、全部表示されますのでご了承ください。

●それぞれの予定をクリックして、左下の「詳細」をクリックすると、情報のソース元のリンクがあります。…なるべくあるよう、善処しております。

●最新の記事は、この下↓になります。

|

2017年2月19日 (日)

【ザ・ストラッツ】アコーステイック・ライブレポ、の本編

20170214

はい!長い前説を経て本編です!

ストラッツのアコースティックライブに応募するためには、「エヴリバディ・ウォンツ Everybody Wants」日本盤を購入して、写真をSNSに上げなければならない!

ふっふっふ、凛々さん「エヴリバディ・ウォンツ」日本盤は、この記事

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-c5fa.html

を書いた12月にはユニバーサルジャパン公式で満を持して予約しておりました!だから発売日には発送されるはず。
やっぱ売れてるとこアピールするなら公式っすよ!

http://www.universal-music.co.jp/the-struts/products/uics-1321/

ところが某佐川さんがなかなか来てくれなくて、受け取れたのは4日の夜!

慌てて応募しましたがチビフレが効いたのか神(胸毛持ち)の思し召しか、めでたく当選することが出来ました!
ああ、神様ほんとにありがとう!胸毛持ちの守護神最強ーーー!

ライブは2月14日のバレンタインデー。会場は六本木ヒルズ森タワー29階の、「YouTube Space Tokyo」です。

TOKYOの夜景が一望できる素敵なロケーション。
会場にはバレンタインデーというイベントをぶっちぎって来た、後でパートナーへのフォローが大変なんじゃないかと思われる35人!(30人の予定を増やしてくださったそうです!)

で、なにしろ Youtube のスタジオです。思いっきしカメラスタンバイです。

なんと、このアコースティックライブの模様は、後日 Youtube に公式にアップされるとのこと!楽しみですね!

セットリストは

1:キス・ディス Kiss This

2:クッド・ハヴ・ビーン・ミー Could Have Been Me

3:プット・ユア・マネー・オン・ミー Put Your Money On Me

4:ホエア・ディド・シー・ゴー Where Did She Go

の4曲に、インタビューコーナーもありました。

ギターぎゅーん!ドラムじゃーーん!のロックンロールライブではないので、ボーカルのルーク・スピラーの歌い方も、喉を絞るようなロックなシャウトは少なくて、じっくり丁寧に聴かせる歌い方(でもシンガロンはさせる・笑)。

ルークの強味であるあの声質の良さ、あのびわびわと響く、響きのいい声質と、ちょっとかすれるような切ない声。それがじっくりしみじみと耳に届きます。

また、ギターのアダム・スラックの、アコースティックギターのうまさ!演奏技術がしっかりしてるから、アコースティックライブでもまったく音がショボくないです。

そして、アダムとベースのジェド・エリオットのコーラスの美しさも、アコースティックライブだと一層際立ちます。
基本的にクイーンファンはコーラスにはちょっとウルサイんですが(笑)、ストラッツはライブでも綺麗なハーモニーを聞かせてくれるバンドだと思います。

ドラムのゲシン・デイヴィスはちょっと大人しい印象でしたが、3曲目の「Put Your Money On Me」の出だしで「いち、にぃ、さん、しぃ」と日本語で拍子を取って、会場を沸かせました。

20170214_03

各曲の合間合間には、ルークが軽いMC。「今セカンドアルバム作ってるよ」とか、「美しい街、素晴らしいみんな、ほんとにありがとう、Daisuki」とか、とにかく「See you very soon」と何回も言ってくれました。

凛々さん、本公演の方を泣く泣く諦めていただけに、本当にもう嬉しくて楽しくて、プレイの数々が心に響いて…

最後にはメンバーとの集合写真をパチリ。後日、メールで写真が届きました。
一応プライバシーには配慮して、メンバーのとこだけ切り取ってアップしますね。

20170214_05

そしてライブが終了し、退出はなんと4人と直にハイタッチでお別れ!という凄いイベントがあったのですが、結果的にハイタッチなんか、誰もしてねぇ(笑)。

始まってすぐ、大ハグ大会になってしまいました。たぶん犯人は先頭にいたルークに違いない。並びはルーク、アダム、ジェド、ゲシンの順。

ああああ、ルークの、これが同じ人類とは信じられない恐ろしく小さい顔、綺麗な瞳と鼻ピアスが凛々さんの目の前10センチに!ああああ!


はぐっ


心肺停止。

って、のんびり死亡してる場合じゃなかった、次にはアダムが、ジェドが、ゲシンが!

なにこの酒池肉林状態!

ああもう、ほんとごめんなさいごめんなさい、こんなおばちゃんハグさせちゃって、ほんと申し訳ない。
頭真っ白で、何も言えなくて結局「ありがとう」しか伝えられませんでした。

バレンタインデーにルークにハグしてもらった!もう、これは一生の思い出だわ。バレンタインデーが来るたんびに胸ときめかすわ。

これからストラッツがどんどんビッグになって、世界中の人気者になって、あと20年くらいしたら、「私、昔ルークとハグしたことあるのよ…」と遠い目をして自慢したい、いや、する(笑)。

だからザ・ストラッツ、これからどんどんビッグになって、もっと大勢の人たちを幸せにしてね。
次の来日には、椅子のある会場でライブが出来るくらいにね。そして体の不自由な人も、気兼ねなくライブを楽しめるくらいに、もっともっと、大きくなってね。

若手ロックバンドの旗手、ザ・ストラッツ The Struts の生末を、これから本当に楽しみにしています。ありがとうございました。

http://www.universal-music.co.jp/the-struts/

Dscn0434


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月18日 (土)

【ザ・ストラッツ】アコーステイック・ライブレポ、の長い前説

The_struts_george_fairbairn_photogr

ああ、思い起こせば凛々さんが「ザ・ストラッツ The Struts」を知ったのは、忘れもしない2014年の10月。

2014年9~10月にBBC FOUR で、「Oh! You Pretty Things:The Story of Music and Fashion」という、イギリスのミュージシャンとファッションについての3回シリーズの番組がありましてね。

Episode 1 - Tribes(60年代)
https://youtu.be/HXzFYdJxrCQ

http://www.bbc.co.uk/programmes/b04j1wxw

Episode 2 - Idols(70年代)
https://youtu.be/ZpfqPHCSBqE

http://www.bbc.co.uk/programmes/b04j8ttm

Episode 3 - Image(80年代)
https://youtu.be/Y3MznpgTh7w

http://www.bbc.co.uk/programmes/b04jy2s1

この番組の「Episode 2(70年代)」で、我らがクイーンも取り上げられまして、ブライアン・メイが衣装部屋でインタビュー受けてたりして、一部ファンの間で話題になったんですよ。

(…だってアナタ、「ブライアンの衣装部屋」ですよ、「ブライアンの衣装部屋」!
なんかもう、クイーンファンはこのパワーワードだけで脳内いろんなものが駆け巡って話題沸騰ですよ)

で、その「Episode 2(70年代)」の冒頭から、「70年代のヴィジュアルにシンパシーを示すニューカマー」、ザ・ストラッツのリードシンガー、ルーク・スピラーが登場します。

クイーンの音楽をバックにストラッツが映ったり、今にして思えばもの凄い映像です(クイーン+ルーク・スピラーの話題は27:25くらいから)。

クイーンは70年代前半に本来女性服のデザイナーであるザンドラ・ローズに、通称「白鷺ルック」と(日本のみで)呼ばれる衣装をデザインしてもらったんですが、

(余談ですがこのダブル白鷺、展示で日本に来たことがあります。
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-3857.html )

Queen1974

そのザンドラ・ローズに、2014年のワイト島フェスティバルのために新たにステージ衣装のデザインを頼んだルーク・スピラー。

前にも張ったけど、その部分の動画がこちら。

Queenliveattherainbow1974backstage

ルークが、クイーンや70年代のグラムロックを心からリスペクトしているのが伝わって来て、またルックスも、メイクしてると若き日のフレディの面差しにちょっと似てたりして、クイーンファンの間では、「あの子誰?」「日本デビューは?」なんて、一気に気になる存在になってました。
番組内で流れるストラッツの曲も、イイ感じじゃないですか。

その頃「ザ・ストラッツ」で検索すると、最初に出て来たのはこのページ。

http://tower.jp/article/feature_item/2014/08/29/0111

「美獣ルーク・スピラー」(笑)。

美獣ですよ美獣!誰が考えたんだこのキャッチコピー。
「ロックの貴公子」もアレですが、「美獣」も大概凄い。久しぶりに椅子から転がり落ちましたよ。
いやー、日本デビューの時にこのキャッチコピー継承してなくて本当に良かった。

ただ凛々さん、この時は Youtube でチェックしてただけで、英盤CD買わなかったんですよね。
70年代に青春を送った、基本ハードロック好きの者としては、素晴らしくすんなりと違和感なく入って来る音楽だな、と思っていました。個人的には、楽曲自体が特にクイーンに「似ている」とは思いませんでしたけどね。

あと、探したんだけど上記の「ブライアンの衣装部屋」とかについてもブログ記事にしてなかった。こんなに面白いネタなのに!ダメじゃん。す、すいません…

結局凛々さんがザ・ストラッツのCDを買ったのは、北米デビュー後の2016年。
その後の流れは「勇気凛々」的にはこんな感じ。

「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/classic-rock-aw.html

「フレディ・マーキュリー没後25年追悼イベント、他」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/25-0d99.html

「すいませんねぇ、私のために(違います)」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-c5fa.html

祝、ザ・ストラッツ日本デビュー!祝、単独公演来日!

ただまあ、最後の記事にもある通り、凛々さん障害者手帳持ちなため、オールスタンディングのライブはね…
悩んで悩んで、考えた末に、やはり諦めました。ストラッツ初の単独来日公演、凄く凄く行きたかったけど、無理なもんは無理なんだから仕方がない。

でも全力で応援するから!自分が出来ることを楽しんでやるから!
悪いけど観てないライブの追っかけは得意だ、QALで鍛えたから!(笑)

と精一杯明るく割り切っておりましたところが、来日も近いある日、発売元のユニバーサルさんが急転直下のとんでもないツイートを。

こ、これは、私にとって今回最後のチャンスか…

Youtubeに上がっている過去のアコースティックライブでは、椅子がある。これなら凛々さんも行けるかもしれない!一度は諦めたストラッツのライブが、土壇場の大逆転で、観られるかもしれない!

さあどうするどうなる、凛々さん。以下次回へ!前振り恐ろしく長くてごめん。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月16日 (木)

ONKYOコラボ、再販売!

Header

●昨夜唐突にキタんですが、昨年発売になり、人知れず凛々さんを悶絶するほど悩ませたあの

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-4a63.html

フレディ・マーキュリー生誕70周年と、
音響機器メーカー、オンキヨー株式会社創立70周年
記念コラボレーションモデル

のデジタルオーディオプレイヤー、イヤホン、ヘッドホンが、突如として再販売!
2016年末に予約受付終了してたと思ったんですが、ライセンス延長か!

ユニバ―サルの公式ストアでは、

https://t.co/vWUmdzFy9P

販売終了: 2017年02月26日 23:59

お届け予定日:2017年03月10日

となっています。10日間の受付です、購入の方はお早目に!

念のため、コラボ商品の特設ページに行ってみたところ、

http://onkyodirect.jp/QUEEN.html

こっちは受注生産扱いになっていて、「【受注生産】2017年6月より順次出荷」との断り付きで、こちらでも買い物カゴに入れられるようです。…6月って凄いけど。

ああ、ヘッドホンが欲しいと思いつつQAL来日で出費がかさみ、「早く販売終了してくれ」とひたすら通り過ぎるのをじっと我慢で待っていたのに。2016年が終わってほっとしていたのに!
また煩悩の10日間。
ああー、どうしよう、ヘッドホンが欲しい、リターンズ。

Onkyo

悩ましい!悩ましいぞ!ヒトの物欲の嵐も知らないで、穏やかにほほ笑むじぃじふたり。


●ところでクイーン+アダム・ランバートの2017年北米公演、やはりというかなんというか、追加公演が発表されて、ロサンゼルスが2公演になりました。

クイーン英公式プレスリリース

https://t.co/ELvlva0hK2

さっそく当ブログの「2017年クイーン+アダム・ランバート 北米ツアー」のページに6/27ロサンゼルスを追加しました。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017NorthAmerica.html

うーん、こうしてみると、あと不自然に空いている(笑)のは7/9のカンサスシティと7/13のシカゴの間か!
…いや、いいからね、これ以上増やさなくていいからね、そこはゆっくり休んでおいてくださいね!

なんか、毎回メンバーの体力を心配して、まあ毎回お元気で終了するのではあるけれども、とにかくツアーご一行の心と体の健康を祈るばかりです。

何度も言うけど古希だからね古希!そこの人、自重してね!

Brian
(↑しない)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月11日 (土)

映画「フラッシュ・ゴードン」初Blu-ray発売

Flash_gordon01

クイーンファンブログのたしなみとして、映画「フラッシュ・ゴードン」についての記事は過去に何度か書いています。

「バカ映画の金字塔」
(この記事のみ、まだ「勇気凛々」がクイーンブログになる前のものです)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-eb3e.html

「唯一にして最高の持ち役」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-d445.html

「ウワサの「テッド」」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-bc36.html

「謎の「フラッシュ・ゴードン」祭り」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1ec4.html

「映画「フラッシュ・ゴードン」DVD再販」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/dvd-f72c.html

最後の「DVD再販」をお知らせする記事に、「だってこんな幸運、きっと今後二度とない。」と書きましたが、

…それがあったんです。

なななんと、まさかの

映画「フラッシュ・ゴードン」初Blu-ray化決定!

とのことで、今度の発売は角川書店さんです。日曜洋画劇場版(1992年)の吹き替え音声も収録という大サービス。
発売予定日は2017年4月28日!

amazonでは定価5184円が既に3970円になっているという謎!(笑)

https://goo.gl/wjqYPe

発売元の角川さんからして、「あの色彩の暴力と、常軌を逸した衣装の数々」とか言っちゃってる底抜け脱線映画が、初めてBlu-rayに!さあ、もう一度みなさんご一緒に!

…誰が嬉しいんだそんなもん(←誉めている)。

いえ、上にあげた記事でも何度か書いている通り、映画としてはいろいろ突っ込みどころがありすぎて、脱力的にくだらなすぎて、かえってカルト化しているというか、みょーに一定数のファンがいる作品なんですよね、これ。

Flash_gordon02

いろんなとこで映画評見ても、賛否真っ二つ。音楽以外は最低(とりあえず音楽だけはどこ行っても褒められるのでクイーンファンとしては嬉しい限りですが、あの印象的な主題曲「フラッシュのテーマ」だけでなく、挿入曲も全部クイーンがやっているとは知らない方も、あるんじゃないかと思われます)、という方がある一方、手放しに大好き!という人もいて。
凛々さん個人としても、あのイキオイ、決して嫌いじゃない。

だから映画っていうのは、格調高けりゃいいってもんでもないんですね、たぶんきっと。

なおこの「フラッシュ・ゴードン」のことを話題にすると必ずついてまわるおピンク映画「フレッシュ・ゴードン」なんですが、ここで意外なトリビア(でもないか?)。

Flesh_gordon

実は映画「フレッシュ・ゴードン」の制作公開は、映画「フラッシュ・ゴードン」よりも、前。

「フレッシュ・ゴードン」は1974年、「フラッシュ・ゴードン」は1980年公開です。

つまり、映画「フレッシュ・ゴードン」は、映画「フラッシュ・ゴードン」のパロディではなく、原作のアメリカンコミックス「フラッシュ・ゴードン」の、パロディです。ああもう、ややこしいな。まあ、どっちにしても観なくていいです(言い切った!)。

ぶっちゃけダメダメZ級映画でありながら、こうしてなんだかんだ細々と命脈をつないでいる不思議な映画、「フラッシュ・ゴードン」。決して音楽がクイーンだから、というだけでもないと、思うんですよね。

まあ、バカな子ほど可愛い、と申しましてね。

https://youtu.be/PK6A1iGyRgs


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月 8日 (水)

逆「聖地巡礼」

1月の末に、ポーランドのクイーンファンという方から突然(英語で)メッセージをいただきましてね。

それがどうも、3~4月くらいに日本に旅行に来るそうなんですが、その時に、「Queen in Japan」の聖地巡礼をしたいと!

…いやまあ、「聖地巡礼」という言葉はさすがに使ってなかったけど、要するにそういうことですよ。日本びいきで知られるクイーンが、日本で訪れたゆかりの場所を訪ねたいとね。

「武道館には行きます!」と嬉々として語られてしまったよ。

凛々さんが驚いたのは主に2点。

1)クイーンが日本びいきだっていうのは、日本の一方的な自惚れじゃなくて、「事実」として世界のファンの間で共通認識なんだなー。

2)「聖地巡礼」っていうのも、何のファンに限らずファンならやりたくなる世界的な共通認識以下同文。

で、凛々さんのところに何の相談かと言いますと、そりゃこんなブログを8年そこらもやってるんだから、日本人クイーンファンであろう、それならこれを知っているかもしれない、ということで、

Jaanesepark

Unnamed_2

この写真の場所はどこなのか教えて欲しい、と!す、凄いとーとつに来ました。

これねー、このフレディ、凛々さんなぜか浜離宮と記憶していたんですが、調べたらクイーンの写真集には「六義園」と書かれてるらしいのね。

困った時のツイッターですよ、三人寄れば文殊の知恵なのだからして、1470人フォロワーが寄ったら天帝クラスですよ。

これって浜離宮?とつぶやいたところ、みなさん親切に反応してくださいまして。
その中で、なんと、さっちゃんさん @sacchan0928 から足で探した情報が!

「実は私も以前気になって、六義園と小石川後楽園をハシゴしたのですが、どちらにも見つけることができず、フレディの写真を引き延ばしてみると、灯籠の脚部に「…AIRES」「JAPO…」云々とぼやけながら読めたんです。それで、フレディの灯籠に似たようなのをネットで、見つけました。これはブエノスアイレスの日本庭園かと思います。」

C4lz81pukaiwbtp
(画像もさっちゃんからです。ありがとうございます!)

どっひゃぁぁぁ!なんと、掟破りの答え、「日本ですらない」

…今って凄い便利なのよね、外国だってどこだって、Googleストリートビューで行けちゃうのよね。
ってことで、ちょっくら行ってみましたよ、ブエノスアイレス日本庭園 Jardin Japones de Buenos Aires まで。

https://t.co/dnac0bppei

Japanesegarden

…ここじゃん。

石灯籠の向こうに浮橋?のようなものも見えるし、何より橋の形が。
そうなの、六義園とか浜離宮には、似たような形の石灯籠はあるんだけど、この形の橋がなかったの!

ということで、この写真は、

Jaanesepark

アルゼンチン、ブエノスアイレスの日本庭園であるということが判りました!おそらく1981年の南米ツアーの時ですね。
さっちゃんさん、貴重な証言ありがとうございます!

…とりあえずフレディ・マーキュリーさんにお聞きしたい、いや突っ込みたいのは

アルゼンチンでなんでわざわざ日本庭園に行く!

素直に南米を楽しもうよ!

…ぜえぜえぜえ。さすがマーキュリー師匠は突っ込みもワールドワイドだぜ。体力使うぜ。

なお、他にもこれは

Nagoya

Tokyo Castle ですかと聞かれたので、これは Nagoya Castle です!と自信満々で答えたのですが、Tokyo Castleって…江戸城か!つまり皇居か!一瞬判らなかったよ(笑)。

せっかく日本にいらっしゃるのだから、目いっぱい楽しんでくださるといいですね!

Have a nice trip!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月 6日 (月)

「オペラ座の夜」の妖精・その2

Dscn0446

…その2、ってその1はどこかといいますとこちら。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-e670.html

って、5年も前かぁぁぁぁ!
この記事でネタばらしした、

「フレディ・マーキュリーがデザインしたクイーンの紋章の、乙女座の右側の子は、

Originalqueenlogo

シシリー・メアリー・バーカーの「アルファベットの妖精」のジャスミンの妖精のパク…オマージュである」

Thejasminefairy_2

の件で、凛々さん前からなんとなく、このジャスミンの妖精のものが何か欲しいな、と思っていたんですね。何か、ちっちゃなものでもね。

http://www.flowerfairies.com/the-jasmine-fairy/

で、ツイッターではちょっと言ってたんですが、こちらのフィービーさんのレシピ本と並んで昨年末からトラブっていた海外通販のもうひとつの方が、やっとこ無事解決し、昨日そのブツを受け取りました。

それがこれです。

Dscn0441

「ジャスミンの妖精」のボーンチャイナ。証明書付き。直径約20.5センチ。縁取りの金箔も落ちてなくて、綺麗です。
着払い運賃になんと4000円も掛かったんですが(笑)それでもまだ、国内のヴィンテージショップから購入するよりは安い、という謎。…そんなに珍しいものでもないんですけどね。

いつ頃のものかはよく知らないんですが、通し番号付きで丸Cマークは1987年になっています。
可笑しいのが、「料理には使わないで」と書いてある(笑)。使いませんから!

Dscn0443

もちろん、別に絵皿でなくても良かったんですが、もうちょっと小さいもので、普段使い出来るような小物で良かったんですが、長く鑑賞するなら絵皿もいいかな?美しさ長持ちかな?とも思いますし。
まあ、たまたま探して目についたので、ご縁があったものと思っています。

…トラブったけどね。
今回のトラブルは支払い関係ではなくて、一度送られて来たものの、絵柄が違った、というとんでもねー間違いで!

いやいや、「ジャスミンの妖精」じゃないと、凛々さん的には意味ないんですってば!先方にはなんのこっちゃ判らないでしょうけど!

Dscn0444

ああ、可愛い。ああ、綺麗。
少女の頃、ハイクラウンの花の妖精カードを集めていた日々がよみがえります。

そして若き日のフレディが、この絵柄を凝視して模写してたかと思うと!…こみ上げるモノがありますね。

でもまあ、これをきっかけに、「ジャスミンの妖精」ものを集めるとか、そんなことは…しませんよ!ええ、しませんってば!キリないから!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月 5日 (日)

フロントマン対決勃発!

Latelateshow

こちらのアダムハピバ!の記事で、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/happy-birthday.html

「北米プロモーションのためアメリカを訪れているロジャーとブライアン、CBSの「The Late Late Show」にアダムと共に出演、数曲プレイした模様です。」

と書きましたが、動画が「The Late Late Show」の公式サイトからアップされました。

The Late Late Show with James Corden / Front Man Battle w

https://youtu.be/LUuuWyCkS_U

大まかな流れは、元々イギリス人で俳優・コメディアンである司会のジェームズ・コーデン氏がクイーン+アダム・ランバートの北米ツアーを発表、「実は子どもの頃からクイーンの大ファンで、フロントマンやりたいと思ってたんだよなぁ、今誰がやってるんだっけ?アダム?アダム・ランバート?やっぱフロントマンはイギリス人の方がいいんじゃない?僕の方がいいフロントマンになれると思うよ」なんて軽口言ってるところにアダム登場!

「僕よりクイーンのフロントマンにふさわしいんだって?」
「NO,NO.NO、ちょっと、ちょっと待って、えーっと、まあね」
「ほんとに?じゃあ比べてみようよ!」
「いや、無理だよ、だってほら、クイーンがいないから、ね、比べられないよ、ね?はい終了」

アダム、にやり。
「…ヘイ、ガイズ!カモン!」

で、ロジャーとブライアンが、やる気満々で登場!
ジェームズさん、いやいやいやいやと言いながら、テーブルの下からおもむろにマイクを取り出し(笑)アダムとのフロントマン対決が始まります。

ジェームズ・コーデンさん、実はミュージカルの舞台にも立っていたし、最近では車の中での有名人とのカラオケ大会でも有名で、これが結構イケるクチです(笑)。
まあ、アダムが相手じゃ到底太刀打ちは出来ないですけどね。

「判ったよ、君はアメージングだよ、(もの凄ーく悔しそうに)君は…僕よりも…あー…クイーンのフロントマンに、ふ、ふさわしいよ」

コーデンさんの大袈裟に泣く動作の隣で、腕を組み頭を振るブライアンの小芝居(笑)。アダムが慰めに入ります。

「ヘイ、ジェームズ、哀しむことはないよ、ほら見てごらん(会場を指して)、ここの人たちはみんな君を愛しているよ、僕も愛してるし(ブライアンとロジャーを指して)彼らも君を愛してるよ」
「判ってる…判ってるけど…僕はどうやって愛する誰か(Somebody to love)を見つけたらいいんだい」

で、すかさず「Somebody to Love」のイントロが入ってみんなで歌って大団円。
コーデンさん最後に「クイーン+アダム・ランバートの北米公演チケットは絶賛発売中!」と叫ぶのも忘れません。

…えーーっと、なんですかこのベタなコントは!(←褒めている)

C3x1yacwqaapcau

アダムは演技も出来るので、こういう宣伝も出来ていいですね!
また、芝居心があることでは密かに(勇気凛々的に)定評のあるブライアンが地味ーーーーに小芝居打ってるのも、大きな見どころです!

そしてロジャーは後ろから楽しそうに、傍観してます(笑)。…うん、いいんだ、ロジャーはそれでいいんだ…

で、ここで驚愕の事実なんですが、ジェームズ・コーデンさん、なんとアダムと3歳しか年が違わないんですよ!同世代。ええええ。
それもあって、アダムも遠慮なく突っ込んだりできるんでしょうね。

Latelateshow02

アダムがなんだかのびのびと楽しんでプロモーションしてるようで、観てて嬉しくなっちゃいますね。

このプロモーションかなり話題になったようで、ブライアン・メイ公式が掲載プレスをまとめています。もの凄い量です。みんなベタなコントが大好き(笑)。

https://t.co/M9hB6UaUgA

北米ツアーのチケット、売れるといいですね!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月 3日 (金)

フィリコ ジュエリーウォーター【QUEEN限定デザインボトル】

Fillico

拍手コメントでグランマさんから情報いただきました!

フィリコ ジュエリーウォーター【QUEEN公式ライセンス限定デザインボトル】が、2月1日リリース!う、うづぐすい…(思わず仙台弁)

https://t.co/wkLKJoNi7a

く、くうううう、このファン心をくすぐるデザイン!水なのに!

Fillico02

Fillico Ginza は「これまでにないスペシャルなものを提供するというコンセプトで誕生したブランド」ということで、確かにこれはいろんな意味でスペシャルです。水なのに!

本物のスワロフスキーをふんだんに使ったブラックボトル!クイーンを、フレディを語るのに欠かせないゴールドの王冠!そしてお馴染み、4人の星座をかたどったクイーンの紋章!水なのにぃぃぃ!(ゴロゴロ転がってもだえる)

Fillico04

------引用ここから------

不死鳥や2頭のライオン、カニ、妖精、王冠などが象られたプレートとスワロフスキーR・クリスタルが輝きを放つゴールドのQUEENのロゴが、艶感のあるリッチなブラックボトルに飾られ、ヴィクトリア調の装飾をイメージしたキャップをセッティングした姿はQUEENの王冠を彷彿とさせます。フィリコを象徴するやキャップにもスワロフスキー・クリスタルが贅沢に飾られ、クイーン・ファン、フィリコ・ファンを共に魅了するラグジュアリーなデザインです。

------引用ここまで------

こ、困った、このラグジュアリーなデザイン!と、お値段!
バレンタインデーの大人のプレゼントに…するくらいなら自分に買うわい。

Fillico03

それにしても、こういう高級志向なブランドに、クイーンは合いますねぇ。
ね、ブライアンは大反対したけど、結果的にバンド名「クイーン」にしたのは正解だったよね。普遍的だものね。
それになんたってこの紋章が効いている。フレディ、偉い!

Fillico05

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-e670.html

ファンとしては、お値段の「桁」は、ここまでにして欲しいですけど(笑)。まあ、これ以上になると、もうどうあっても手が出ないのでむしろすっぱり諦めがつくんですが、この「桁」だとぎりぎりで迷う。これは困った。

ローリングストーンズみたいに、バレンタインならチョコレートくらいにして欲しかったわ…

Stones

https://t.co/IEdzYqLymv

ちょっと奥様、これどうします?

グランマさん、情報ありがとうございました!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月31日 (火)

「笑う洋楽展」本

Dscn0425

先週末に、友人Mちゃんが誕生祝いをしてくれました。
ありがたいですねぇ、持つべきものは友ですねぇ。

で、いただいた誕生日プレゼントが、コレ。

Dscn0421

わははは!
さすが我が友。判っていらっしゃる。

「笑う洋楽展」の本が出てるのは知ってて気にはなってたんですが、

http://amzn.to/2kMrlIL

緊急性は低かったため、買ってなかったんですね(ほら、他に緊急性の高いのがいろいろあったから…)。

なにしろ、あの「民衆を導く自由の男神」(命名:凛々)の

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/21-42c9.html

綺麗な印刷のが見たかった!(そこ?)
隣がガガねーさんというのもニヤリです(クリックすると結構大きくなります)。

Dscn0424

(ミニフレディ、またもページ押さえに大活躍。フレディのフィギュアがこんなに汎用性が高いとは思わなかったわ)

NHK的には、これは「民衆を導く自由恋愛の女王」というタイトルなんだそうです。
うーん、正直、個人的にはあまり好きじゃない、というか、ピンと来ない。

…ということで、当「勇気凛々」では公式をがっつり無視して相変わらず「民衆を導く自由の男神 Liberty Leading the People」と呼ぶことにしますので!(言い切った)

他にも、番組内ではなぜかきちんと紹介されない名画の数々を、じっくりたっぷりと鑑賞できます!マイケルもエルトンもいたなんて、知らなかったよ!

で、念願の綺麗な印刷の「民衆を導く自由の男神」は見られましたが、実は本文の方には、クイーンもしくはフレディのネタは、ありませんでした。

あんなに貢献してるのに!

ええーん、なんでなんで。出し惜しみ?パート2あり?

とりあえず内容は、放送されたものからの抜粋で、みうらじゅん氏と安齋肇氏のトークが載録されています。PVの映像とか、アーテイストの顔は似顔絵でしか載っていないのは、おそらく大人の事情です。

ついでに言うと、この番組「笑う洋楽展」は、DVDにはならないそうです。それも「大人の事情」だと。…たぶん難しい(そして高い)のでしょうね、権利関係が。

なんでも、昔からサブカルに強いNHKは、60~80年代くらいの洋楽の映像、たくさん買ってあったんですって(つまり放映権を、ってことですよね?)。でも、それを活かせるような番組がない。ああもったいない、宝の持ち腐れ。
ってことで、「笑う洋楽展」は始まったのだそうです、アーカイブを活かすために!そういう裏話なんかも面白いです。

しかし返す返すも第一回「胸毛男」が載ってないのは残念だなー。
悔しいから勝手に貼ってやる。↓これは載っていません。

http://youtu.be/vNhhAEupU4g

でも観てない回のもたくさん載っていたのでちびちびと楽しく面白く読んでます。Mちゃんありがとう!

なお、時々ぶはっと吹いてしまうので、くれぐれも公共の場で読む際はお気を付けくださいね♪

追記

この記事を書籍『笑う洋楽展』の公式ツイッターさんにお知らせしたところ、このようなツイートをいただきました!

…言うたな?絶対やな?


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月29日 (日)

Happy Birthday Adam !

Adamlambertpressimage

アダム・ランバートさん、
35回目のお誕生日、おめでとうございます♪

クイーン+アダム・ランバートの2017年北米ツアーが発表になったタイミングで、お誕生日!イヤが上にも盛り上がる!ああもう、アダムさん生まれて来てくれてありがとうございます!(スライディング五体投地)

北米プロモーションのためアメリカを訪れているロジャーとブライアン、CBSの「The Late Late Show」にアダムと共に出演、数曲プレイした模様です。放送は2月初めになるみたいなので、そのうちYoutubeにアップされるかもしれませんね。

https://t.co/iPBvWx9DcB

ブライアン・メイ公式が、2017年北米ツアーのプレス/メディア報道をまとめています。

この中のアダムの、

「It was good when it started, but now I feel like it's more second-nature. I feel like I've crawled into these songs and can run around in them now.」

っていう言葉に凛々さんなんだかぐっと来ました。

凛々さん前回の記事で、「嬉しいけどアダムのソロキャリアは…」なんて余計な心配してたけど、それがほんとに余計な心配だったなぁ、とちょっと反省。

たとえばクラッシックの演奏家は、既存の作曲家の曲を演奏する中で、その中に自己を表現しますよね。
既存の曲、良く知られた曲を通して、聴衆に対してあくまで「自分」を表現する。

上記の発言を見て、アダムは言ってみれば、クラッシックの演奏家のような自己表現の感覚に到達しているんじゃないかと思いました。

アダムはソロデビュー以前、ミュージカルのステージに立っていましたが、その時よりもさらにもっと自由な自己表現が、QALでは出来ているんじゃないかと。そしてそれを、彼自身も気に入っているんじゃないかと。

かなり乱暴な言い方をしてしまうと、QALはクイーン+であると同時に、アダムのソロキャリアでもあるんだな、経験を積んでより深く「芸術」の中に、入ろうとしているんだな、と思うと、なんだかとっても嬉しかったです。

Adamlambert

互いを愛し、愛され、尊敬しあっている、奇跡のようなクイーン+アダム・ランバートのユニットがこうしてまた観られることが、素直に嬉しいです。

アダム、手の掛かるじぃじ二人だけどよろしくね、つい、いいトシこいて無理しがちなとこあるからしっかり怒ってやってね。

そしていつも、いつまでも、アダム自身がその時その時に心から「やりたい」と思うことを、楽しんでやってくださいますように!

Happy Birthday !

https://youtu.be/agWRBGbIevY


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

«クイーン+アダム・ランバート2017年北米ツアー発表!