« 「ハイジ」が「アーデルハイド」の愛称と知った時の衝撃ったら | トップページ | 拝啓、天皇陛下 »

2006年9月26日 (火)

で、この赤ちゃんはイギリス生まれ?カナダ生まれ?

大西洋横断飛行中に乗客が出産
[世界びっくりニュース Excite]

[ロンドン  25日 ロイター] ロンドンからボストンへの大西洋横断便の飛行中、乗客のひとりが産気づき、緊急着陸を余儀なくされるという珍しい事態が発生した。

23日夜に離陸したブリティッシュ・エアウェイズの機中で、女性客のひとりが産気づいた。

すぐに空港に着陸することは不可能だったので、客室乗務員と医大生と思われる2人の乗客の助けを得て、空の上で出産が行われた。

ブリティッシュ・エアウェイズの広報担当者は、「このお客様は何らかの苦痛を感じていました。赤ちゃんは着陸を目前にして生まれました」と、述べた。予定より6週間の早産だったそうだ。(後略)


 まずは無事出産出来て本当に良かったですね!客室乗務員さん&乗り合わせた医学生さん、グッジョブ!(…医学生「と思われる」ってのが微妙にアレなんですが…)

 この航空会社では、妊娠36週を過ぎた妊婦の搭乗は禁止しているとのことですが、この女性はなんと予定日より6週も早い早産。そりゃ、まさか産気付くとは誰も思うまい。にもかかわらず、ちゃんと出産補助の訓練を乗務員に受けさせている航空会社、あっぱれ!


 それにしても、「無事で良かったねぇ」とほっとした後で、いろいろと小さな疑問や突っ込みがムクムクわいて来る。

 気圧と出産の関係とか、どうなんだろうね?出やすいとか出にくいとか。いや、まずその前に、気圧で子宮内収縮は誘発されるのか?

 この赤ちゃんはカナダ・ノバスコシアのハリファックス空港に臨時着陸する直前で産まれたそうですが、じゃあこの子は「カナダ生まれ」?
 それとも、入国審査前、あくまでイギリスの会社の飛行機の中だから、「イギリス生まれ」という認識でおーけー?

 そもそもイギリスで出国手続きをして、カナダで入国手続きをする間って、飛行機に乗ってる人は「法的には」どこにいることになってるの?
 そんなこと、全然考えたこともなかったけど、この女性は出産証明の手続きなんかを、どこですればいーのだろうね?

 カナダはどうなのか知らないけど、確かこれがアメリカだと、両親の国籍問わずアメリカ国内で生まれた子には、成人後希望すれば市民権くれるんだよね?もしこの出来事が予定通りボストン空港に着く直前で起こった場合、アメリカは市民権をくれるのかな?

 …いや一応私も女性なので、今後、どげな状況でどげな場所で思いもよらず生まないとも限らない(出来ればそういう状況は避けたいけど、出産は待ってくれないもんなぁ)。後学のためにぜひ知りたいものです。国際法?に詳しい方、ぜひぜひ教えてプリーズ!

|

« 「ハイジ」が「アーデルハイド」の愛称と知った時の衝撃ったら | トップページ | 拝啓、天皇陛下 »

コメント

え~と・・・
30年前に聞いたところによると、航空会社の所属する国籍だったかと・・・

投稿: ごん | 2006年9月27日 (水) 09時28分

おおー!そうなんですか!
ありがとうございます。

すると、「珍しい事態だけど、ないわけではない」ということなんでしょうね(笑)

投稿: 凛々 | 2006年9月27日 (水) 13時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「ハイジ」が「アーデルハイド」の愛称と知った時の衝撃ったら | トップページ | 拝啓、天皇陛下 »