« 強い人 | トップページ | フレディとマイケル・その2 »

2009年9月 1日 (火)

フレディとマイケル・その1

あ、今週はフレディ週間だからよろしくね(唐突に宣言)。

土曜日のフレ様63回目のお誕生日に向けて、ぶち上げるぜ!あ、ちなみにあまり知られていない事実ですが、戦国武将の伊達政宗公も、9月5日生まれ(ただし新暦で)です。ええい、この傾き者どもめ~~~

ご存知の方も多いと思いますが、マイケルとフレディの競作、というものが、この世には存在します。
今頃はあの世にも存在してることでしょう。

80年代の初めくらいにとフレディとマイケルはちょっと仲良くしてました。
というか、あの時期、マイケルはいろんな人とセッションとかしてたみたいですね。

これは勝手な想像なんだけど、あの頃、スリラー前のマイケルって、子どもから青年への過渡期で、自分の今後の方向性をいろいろと模索してた時期なんじゃないかな。それで、ジャンルを超えていろんな人と一緒にやってみた。あ、これは私の想像ね、あくまで。

フレディの曲をマイケルが歌った音源もあって、Youtubeにもあがってます。

この「There must be more to life than this 」という曲は、作詞作曲フレディ・マーキュリー、最終的にはフレディの85年のソロアルバム、「Mr. Bad Guy」の8曲目に、フレディのソロとして収録されてます。

1)フレディソロ(「Mr. Bad Guy」バージョン)

http://www.youtube.com/watch?v=mgKSv0gK_NA

2)マイケルソロ(デモバージョン)

http://www.youtube.com/watch?v=Bm5HxGUFuE8

たぶん、マイケルのバックで生ピアノ弾いてるのはフレディ(出だしいきなりトチってますね・笑)。1言2言、フレディの声が聞こえる(ヘッドフォン推奨)。

実はマイケルが、曲のある部分で実際の主旋律より2音高い音で歌っているので、一瞬フレディが正しい音に直しかけて、やめてるんですよね。個人的に超・萌えポイント♪

いかにもフレディらしい、綺麗なバラード。マイケルバージョン、いいなぁ。
「ここよりいい人生がきっとあるはず」という歌詞も泣けます。

フレディとマイケルがデュエットしてる「っぽい」音源もYoutubeにありますが、私がみっけたのは実際のデュエットじゃなくて、誰かが1に2を合成したものだと思います。…どうせ合わせるなら、もっとうまく合わせて欲しいなぁ。
クイーンファンは「合わせ」にはちとうるさいっすよ。なにしろ、あの超絶合わせ技炸裂なクイーンのアルバムを、30年以上耳たこで聴いてますからね。

その後いろいろあって、結局ふたりのコラボは正式なリリースには至らず、本当に残念でした。

最近は「お互い忙しかったから」とかなんとか、曖昧な理由になっているようだけど、リアルタイムで当時もれ聞いた話では、ケンカした、らしいんですよね…いやまあ、ケンカというか、フレディが当時遊びでコカインやってたのが、ドラッグ嫌いのマイケルにバレた。
ああ、すいませんすいません、ファンとしてお詫びします、ウチのフレディがご迷惑お掛けしました(…と、当時のクイーンファンはみんな思ったことだろう、たぶん)。

一応、フレディはフレディなりに年若い(あ、12歳年下です)マイケルに気を遣って、トイレで隠れてコカイン吸ってたらしいんだけど(って、おまえは隠れ煙草する高校生かっつーの)、気を遣う方向性が根本的に間違ってますから!

…え、この話のソース?ソースは、私の記憶(笑)。だから信じない人は信じなくていいですよー。証明はできません!いばってどーする。

でもこのエピソード、古参のクイーンファンの間では有名な話ですけど…。仮にデマだったとしても、「ああ…(当時の)フレディならやらかしそうだ…」というか…。
70年代の終わりから80年代初めくらいのフレディは、フレディ史上最高にめちゃくちゃやってた時期だしね。

そうそう、だから、マイケルが亡くなった直後「薬物中毒云々」って話があったじゃないですか。それ聞いて、私は「え、それはおかしい」とすぐ思ったんですよ。

だって、「僕はフレディ・マーキュリーのファンだよ」とまで言っていたマイケルが(このエピソードは明日書きます)、ドラッグが原因でフレディと絶縁したのに、そのマイケルがいわゆる「ドラッグ」の中毒になるなんて、ちょっと考えられないじゃないですか。

だから、「これはなんかあるな」と思っていろいろネットで調べて、「追悼マイケル・ジャクソン」に続く。

ずっと仲よくしてたら、スケールが(別方向に)破天荒な者同士、結構いいコンビだったような気がするなぁ。

今頃はいろんなものから解き放たれて、またふたりで肩を並べて歌ってるのかな。
亡くなった年齢がフレディ45歳マイケル50歳だから、「僕の方が年上になっちゃった」とか、笑ってるのかな。

ああ、そうだといいね。


Banner2
(ブログランキングに登録しています。まあ、頑張れよ、とか、まあ、面白かったよ、とか思ってくださった方は、バナーのクリックなど、ひとつよろしくお願いいたします)

|

« 強い人 | トップページ | フレディとマイケル・その2 »