« How can I go on, Freddie? | トップページ | ヘルメスの杖 »

2009年11月28日 (土)

正しい11月24日の過ごし方

今年も心穏やかに、静かに11月24日を過ごすことが出来ました。感謝。

仕事帰りにフレディのために黄色い薔薇を買って(本当は水仙が良かったんだけど、この時期だと難しい)、本棚の所に飾ってある、王子様時代のフレディとヒゲフレディが両方写っている写真を見ながら、「バルセロナ」をはじめとして好きなアルバムを数枚ノンストップで聴いて過ごしました。

私にしては珍しく、今年はめそめそ泣かなかったんですよ。
なんとなく、理由はこのブログじゃないかな、と思うんです。

ここ3ヶ月くらい、大きく振りかぶったあげくの大暴投で楽しくフレディのことを書けたこと、それに共感して、喜んでくださった方があったこと。そんなことが、私の心を暖かく、そして強くしてくれたのだと思います。ありがとうございます。

うん、なんだかね、凄いほのぼのとした気持ちでフレディの命日を過ごすことが出来ました。
フレディ、ありがとう。みなさんもありがとう。また1年頑張るぜい!

さて。

このブログにおいてはなぜか数少ない(笑)フレディファン、クイーンファンのみなさん!フレディの命日が過ぎたからといって気を抜いてはいけませんよ!

12月1日は「世界エイズデー」です!

東京では今日28日夜、「RED RIBBON LIVE 2009」が開催されます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000002b3i.html
 
 
エイズは何も、特別な人たちの特別な病気ではありません。
日本でも、若い層を中心に未だじわじわと感染者の数を増やしています。それは私やあなたと同じ、日々を営むどこにでもいる人たちです。
そして私やあなた自身だって、無関係ではありません。

今はフレディの時代と違って良い薬もどんどん開発されて、感染しても発症を抑える効果が格段に上がりました。ちょっとしたことを注意すれば、なんら変わりなく仕事も出来るし生活も出来ます。

私たちからフレディを奪ったこの憎い病を打ち倒すまで、あとちょっとです。
もうあんな涙を誰にも流させないために、エイズに対する正しい知識を持ちましょう。セイフセックスを推進しましょう。

これは、「どこか知らない世界のお話」ではありません。セックスが生物の営みから切り離せないものである以上、すぐそばにある「日常」です。

特別なことなんか出来なくても、声高に啓蒙活動なんかしなくても、まず、ひとりひとりがそういう意識を持つこと。「自分のこと」として考えること。それが、大事なんじゃないかな。
うん、私はそう思っています。


Banner2
(ブログランキングに登録しています。まあ、頑張れよ、とか、まあ、面白かったよ、とか思ってくださった方は、バナーのクリックなど、ひとつよろしくお願いいたします)

|

« How can I go on, Freddie? | トップページ | ヘルメスの杖 »