« めざせ孤高のおばはん | トップページ | 雑談です。 »

2010年1月26日 (火)

クイーンは過小評価されている

Youtubeの検索窓に単語を入れると、例によって下にずらずらっと候補語句って出るじゃないですか。それで、

Crazy Little Thing Called Love elvis

と検索してる人がいて爆笑した。違うから。気持ちは判るけど。

 

クイーンの曲を、他のミュージシャンがカバーしてるのを聴くのは結構好きです。
それぞれのジャンルの一流の人たちが、クイーンの曲をどう料理してるか、が興味深くて楽しい。
たとえば「クイーン・トリビュート」のような、最初から企画としてカバーしてるのじゃなくて、そのアーティストが突如として自発的にカバーしてる作品の方が、やっぱり面白いです。

過去、私が聴いた中でぶっ飛んだカバーの双璧は、ケイコ・リーの「We Will Rock You」とドワイト・ヨアカムの「Crazy Little Thing Called Love」。

ケイコ・リーさんの方は車のCMで使われたのでお馴染みかと思いますので、カントリーミュージック界のスター、ドワイト・ヨアカムさんの方をどうぞ。

ドワイト・ヨアカム「Crazy Little Thing Called Love」

https://youtu.be/NWiGnRFUbas

クイーンをカバーする場合、そのアーティストにとって良い点悪い点がそれぞれあると思うんですよ。

良い点
 楽曲そのものが良い。親しみやすく、なおかつ作品として高度。

悪い点
 フレディ・マーキュリーの印象があまりにも強すぎる。

ケイコ・リーさんにしろ、ドワイト・ヨアカムさんにしろ、アレンジを自分の側に引き寄せることで成功してると思います。

一方、アレンジをあまり変えずに楽曲と真っ向勝負?してるのは、やはり「歌いあげ系」の人たち。

サラ・ブライトマン「Who Wants To Live Forever」

http://www.youtube.com/watch?v=X6Jb-4Zo548

エレイン・ペイジ「Love of my life」

http://www.youtube.com/watch?v=zZ-9BL_o70o

こんな一流の人たちに愛されるクイーンの楽曲。
プロの、一流のアーティストが「この曲いい!歌いたい!」って思ってくれるのって、凄いことじゃないですか。

作曲家としての、コンポーザーとしてのクイーンって、もっと評価されてもいいと思うんですよね。
「クイーンの印象=フレディのインパクト」だけになってしまうのは、それはそれで残念。

曲もいいんだよ、曲も!

もっともっと、ジャンルを超えたシンガーが、クイーンの楽曲に注目して歌ってくれたらいいなぁ。
とりあえず、ジャズ畑の人が「マイ・メランコリー・ブルース」とか「ジェラシー」とか歌ってみてくれないかなぁ。…いい感じになる予感がしません?

映像ばかり並ぶのもあれなので、あとはURLで。

メタリカの「Stone Cold Crazy」
https://youtu.be/O3IrqmsC2rY

ヴァレンシアの「Bohemian Rhapsody」
http://jp.youtube.com/watch?v=a6h49_5VjRA

ケイコ・リーの「We Will Rock You」
http://www.youtube.com/watch?v=8GHQAGWteEA

(…でもやっぱり、クイーンの方がいいな…
なんて思うのは、客観的にみればきっとファンのひいき目だから大声では言いません。小声でつぶやきます。「…でもやっぱり私はフレディの方がいいけどね…」

1/27追記

「マイ・メランコリー・ブルース」、ドイツの歌手エレン・エバースがカバーしてました。思った通り、いい感じです。この方、クイーン好きみたいですね。…でもやっぱり私はフレディの方がいいけどね…
http://www.youtube.com/watch?v=SeIa-u4-vME

「My Melancholy Blues」、ほんとにいい曲だもんなぁ。スタンダードになって欲しいくらい。


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
(ブログランキングに登録しています。まあ、頑張れよ、とか、まあ、面白かったよ、とか思ってくださった方は、バナーのクリックなど、ひとつよろしくお願いいたします)

|

« めざせ孤高のおばはん | トップページ | 雑談です。 »