« 今更だけどカレンダーのオマケ | トップページ | ゲストブックについての業務連絡です »

2010年3月 2日 (火)

ふおーんつり~ほえばぁ

たとえば友人と遊びに行ったり、仕事関係の宴会の二次会だったり、そういう機会にじゃあカラオケでも、ということになると、個人的に大変困る事態に陥ります。

世間では、洋楽好き、いやさ洋楽「しか」知りません、というのは大変少数派です。

エグザイル?なにそれ美味しい?まあ両陛下の前でパフォーマンスするくらいだから、きっと有名なんだろうね?
…という化石レベルの人間です。なにしろ洋楽派なのは小学校からの筋金入りなのですものー。許して見逃して。

同じ洋楽でもジャズとかスタンダードナンバーとかをクールにかっこよく歌えれば、それはそれで「大人の女」っぽくていいんだけど、なにしろクイーンだから…
オーバーアクトで「伝説のチャンピオン」歌うくらいしか、ウケを取る手立てがありません(…なぜ目的が「ウケを取ること」なのだ私よ)。

でも、元々歌うこと自体は好きなので、カラオケには結構行く方だと思います。上記の理由により、いわゆる「ひとカラ」も平気で行きます。

あ、誤解のないようにはっきり申し上げておきますが、私は歌は下手です。下手の横好きってヤツです。学生時代、演劇部だったので声量だけは無駄にあるのですが、歌自体は率直な友人いわく、「普通」。

ってちょっと待て。声量だけはあって歌は下手で、歌うこと自体は好き。それって…

まさにジャイアン

じゃありませんか!ボヘ~~~~~♪なんてハタ迷惑な。…すいません、ひとカラ行っときます…とぼとぼ。

 

知ってます?今、カラオケにクイーンの曲って、130曲以上入ってるんですよ(DAMの「BBサイバーDAM」以上の機種を推奨)。

…これねー、間接的にはキムタク様のおかげなんですよ。

例のドラマの時に、第何次かのクイーンブームがあって、「ジュエルズ」が売れたじゃないですか(その年の洋楽部門の売り上げ第一位になって、年末にブライアンがTVで嬉しそうにお礼のコメント言ってたのを見た日にゃ、「売れた事情がどんなになってるかも知らないで、ああもう、ブライアンってば…」と遠い目をしたものです)。

カラオケにはまず「ジュエルズ」の曲が全曲入って、それから他の、オリジナルアルバムの曲も、随時どかどかと増えて行って、現在に至ります。
ああ、木村さんありがとう…ドラマは観なかったけど。す、すいません、察してください。

クイーンファン必見のカラオケは、なんと言っても「リヴ・フォーエバー Who Wants
To  Live Forever 」のカラオケ映像です。今度カラオケ行ったら絶対見てみて。歌わなくてもいいから見て。死ぬほど笑えます。

ご存知の通り、この曲は映画「ハイランダー」の挿入曲で、不老不死の主人公が普通の女性と恋をするんだけど、彼女だけがひとり年老いて、自分の腕の中で死んでいくシーンで歌われた、人生のむなしさ、愛の儚さ、そしてそれゆえのいとおしさを歌った、クイーン屈指の名曲です。

PVでは、タキシードに身を包んだマーキュリー先生が(関係ないけど客観的に見て「フレディが一番似合う服」って、礼装だよね。それもクラシカルならクラシカルなほど似合う。…だからぁ、アナタは本来Tシャツなんか着ちゃいかん人なんだってば!)、オーケストラをバックに従え、問答無用のチカラ技で朗々と歌い上げちゃったりなんかしてます。

で、DAMのカラオケの映像の方はというと、この映画「ハイランダー」の雰囲気を、必死に出そうとしています、

…奥多摩あたりの山中で。

日本人キャスティングで。中世風の鎧と剣(でも張りぼて)なんか出てきたりして。

もう、その努力と熱意だけは認めるんですが、いかんせん資金力に難あり。
何も知らずにカラオケに入れて、笑っちゃって笑っちゃって途中で歌えなくなりました。

いや、努力は素晴らしいのよ、ホントに!作った人は絶対「ハイランダー」知ってて、狙ってるな、ってファンなら判るのよ。そこはとっても嬉しいの!そ、それだけにその残念さ加減が半端ないの。
でも見てるうちに、なんか逆の意味で切なく愛しくなって来て、憎めない。なんだかんだで凛々さんのお気に入りでございます。

とりあえず、初見で笑わずに最後まで歌えたら、ぜひご報告ください。
ふおーんつり~ほえばぁ~♪


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
(ブログランキングに登録しています。
一日一ぽちっとしてくださると、凛々さんが張り切って芸をします。いつもより余計にまわっちゃいます。ってゆーか、いつも本当にありがとうございます。)

|

« 今更だけどカレンダーのオマケ | トップページ | ゲストブックについての業務連絡です »