« 酒とクイーンは百薬の長 | トップページ | 本当にあった(らしい)笑い話 »

2010年9月11日 (土)

夢をあきらめない…ってゆーか

Brian_may

子どもの頃から思ってたんですが、ブライアン・メイさんのサインの「B」って、

ペンギンに見えるよね。

意識してかどうかは知りませんが、願望が現われているのかなー、とか、ずっと思ってました。だってそう思った方が面白いもん♪

デビュー直後の「生まれ変わるならペンギンになりたい」という発言があまりにも有名で、ファンからペンギンのブローチとかペンダントトップとか、ペンギングッズを山のようにプレゼントされて「うっかりしたことは言えん」と反省したのか、その後しばらくペンギンの話題は封印してましたが、例の「狂気への序曲 I'm Going Slightly Mad」のPVで実に20年ぶりに「ペンギン愛」を爆発させ、

「え…まだペンギンになるのあきらめてなかったんだ…」

とファンを驚愕させたブライアン。

「狂気への序曲」の時もそうですが、あの博士号論文だって35年ぶりに研究再開とか、このお方は宇宙単位で気が長いのか、それとも30年周期で戻ってくる彗星みたいなものなのか。

でもまあ、たぶんこの40年、頭のすみっこのどこかにずっと天文物理学のことは引っ掛かっていたのでしょうね(…ペンギンは?)。

ブライアンがヨソのバンドのギターに誘われてクイーン抜けるかも、みたいなウワサがたった時に、フレディが「ブライアンがクイーンをやめるのは、天文学者になる時だけだよ」みたいなことを言ってたけど、フレディの言葉は半分当たってて、半分間違ってました。

フレディも、元気で還暦過ぎていたら、今頃また絵とかデザインとか楽しみながら描き出してたのかなぁ。相変わらず「ゲンダイアートは判らん!」とか言いながら(笑)。

ああ、それで思い出した、確か「Magic Years」の中でフレディが「自分は音楽以外、何も出来ないから」みたいな話をしてて、「家事なんかカラキシだめだし、イラストレーターに戻ろうと思っても、もうコネもないしね」(←つまり学校卒業直後ならなんとかなったけど、みたいなニュアンスですよね?)とか言ってたんだけど、私は86年当時それを観ておいこらちょっと待てと思いました。

あのフレディ・マーキュリーがイラストレーターに転身!

とか言ったら、それだけでどこの誰も持ち得ない、地球規模の、超特大のコネだと思うのですが。絵だって飛ぶように売れたと思いますけど。ええ、買います、私。

…何言ってるんだろうこの人、と不思議に思ったのをよく覚えています。


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

(ブログランキングに登録しています。

1日1回左のバナーをぽちってくださると、凛々さんが張り切って芸をします。いつもより余計にまわっちゃいます。ってゆーか、何かと暴走しがちですが、わりとそういう芸風です。

遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。)

|

« 酒とクイーンは百薬の長 | トップページ | 本当にあった(らしい)笑い話 »