« 吹き替え育ちの洋画ファン | トップページ | ファンキーな街 »

2010年11月10日 (水)

Queen Rock Montreal その2

Freddie1981

何度か書いたように、現在この「勇気凛々」は、一日だいたい300名様前後がお越しになってくださっているのですが、昨夜、12時過ぎに帰宅してココログの管理画面を見たところ、昨日のご訪問者様が350名となっていて、ん?と思いました。

あれ?微妙に多くない?

うん、凄く微妙なんだけど。なんだろう、もしかして

これですか?

Kokoniiru_3

何度か書いた「Queen Rock Montreal cine sound ver.」ですが、サマザマな葛藤や紆余曲折を経て(笑)、昨日友人Mちゃんとふたりで観に行って来ました。
というか昨日でないと、勤め人が観るのはムリな時間帯です、しくしく。

http://www.queenrock-cinesoundver.net/

Mちゃんは特別クイーンファンというわけではなく、「音楽全般」狂なのですが(CDの保有数は2000枚!)上映が始まってすぐ、凛々さんの耳元でささやくに、

「このフレディ、胸毛薄くない?」

って、開口一番の感想がソレかいっ!

あの、とりあえずゲストブックでまとまった意見としては、「時々トリミングしている」説が有力です。

でもMちゃん、帰りの駅の雑踏の中で、「乳首が小さくてカワイイ♪」発言はちょっとどうかと思うんですよ?レディのたしなみとして(ホントはもっと際どい発言があったんだけど、自主規制させていただきます…)。

で、「Queen Rock Montreal cine sound ver.」一番のウリである「シネ・サウンド」なんですけど…
なんか…ああいうものなのか、それとも単にその会場だけの問題なのか、微妙に音が割れてて聴き辛かったんですが…

なんというか、凄くカサカサした音。
「その会場単独の問題」だと思いたいんですが、好きか嫌いかで言ったら、凛々さんは個人的にはああいうカラカラに乾燥した音は好みではないなぁ。残念ながら。
(もちろん、そういう音が好き、という方もいらっしゃると思うので、あくまで好みの問題です、ということで)

とはいえ、やはり映画館の、他のものが一切意識に入って来ない闇と静寂の中、大画面・大音響で観るライブは格別なものがあります。視野いっぱいに広がるフレディの肌色!そしてこぼれる歯!

1981年のモントリオールライブはDVDも出ているので、内容的にはファンのみなさまご存知だと思うので繰り返しは避けますが、やはり「愛にすべてを Somebody To Love」は圧巻でした♪聴き甲斐がありました。
フレディ、喉が絶好調だなぁ。時々聴かせる小技も良かった。なんていうんだろ、音で遊ぶ感じの。元キーちょっとひねったりね。楽しそうだった。

で、そんなことより凛々さんが一番ショックを受けたのは、広い会場内に観客が、10人程度しかいなかったことです。
その人数ではスタンディングも何も…ええ、凛々さんの心配なんか、まったくの杞憂だったわよっ(怒)。

…え…いくら平日とはいえ、首都圏でこれだったら他はどうなんだろう…
クイーンのファンって…少ないの?
いやいや、そんなはずはないよね、単に、みんなこのイベントのことをご存知なかっただけよね。

そうよ、宣伝・周知が足りないのよっ!

やっぱり動員数増やそうと思ったら組織力だよなぁ。
でも今、日本にクイーンのオフィシャルファンクラブってないし、このブログやってる実感として、日本のクイーンファンって、みなさん、なんというか、「単独」でしょ?日本中にファンが「点在」している状態。
だから、こんな一個人のブログにみなさま集まってくださるのだと思うんですよね。

入ってないから知らないのですが、mixiなんかのSNSのコミュはどうなっているの?
「みんなで行こうよ!」みたいな話になってないのかしら。

やっぱり映画館だって商売でやってるワケだから「クイーンは動員が見込める」と思われないと、「次」に続かないような気がするし、何より、近場に上映会場がない、行きたくても行けない北海道・東北・四国・沖縄のクイーンファンのみなみなさまに申し訳が立たないわ!

さあみなさん、次は12日(金)ですよ!

http://www.queenrock-cinesoundver.net/

スケジュール的に無理なら仕方ないとして、もしも迷っている段階なら、行きましょう!行っちゃいましょう!そして若干薄めなフレディの胸毛にまみれましょう!
「でもひとりだから…」という方、ひとりで観に来てる人の方が多かったですから大丈夫ですよ。


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

(ブログランキングに登録しています。
1日1回左のバナーをぽちってくださると、凛々さんが張り切って芸をします。何かと暴走しがちですが、わりとそういう芸風です。

なお、このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。
遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。)

|

« 吹き替え育ちの洋画ファン | トップページ | ファンキーな街 »