« ジーン・アンソニー・レイ | トップページ | ふたつの「ブレイクスルー」 »

2010年12月11日 (土)

ロックの貴公子

Howardbarlow

ども。さっきふと、「そういえば70年代当時は、クイーンは『王子様』よりも、『貴公子』と呼ばれてたよな…」と突然思い出した凛々さんです。

「ロックの貴公子」ですよ、「ロックの貴公子」!

間違っても「奇行氏」じゃないですからね。

…まだ当時はね、ほら、まだそれほどでも。いやでもちょっとは。いやいや待て待て(←混乱中)。


き‐こうし【貴公子】

1 高貴な家柄の男子。貴族の子弟。
2 容貌(ようぼう)・風采(ふうさい)がすぐれ、気品のある青年。

(デジタル大辞泉より)


貴族の子弟なら「王子様」の方が偉いですね。そういう問題じゃないか。

なんかねぇ、最近、巷に「○○王子」があふれすぎててバブル崩壊というか、株価最安値更新というか、王子様の価値が下落ぎみなので、ここはあえて

貴公子の華麗なる復活!

でもいいような気がするな。「王子様時代」改め、「貴公子時代」ってことで。
あ、Mちゃん、「貴公子にも見えない」とか言わないようにね。…仮に思っても心の奥底に秘めておいてください。頼むぜダーリン。

Whitequeen01

さてその貴公子時代、ロンドンのクイーンファンクラブに、フレディ宛のファンレターが届きました。差出人はおそらく10代の少女ですが、その内容は、

フレディをベッドに縛り付けていたづらしたい

というものだったそうです。
フレディ、大爆笑。手を叩いて大喜び。

…あ、嬉しいんだ、この貴公子ってば…

http://www.youtube.com/watch?v=HivQgkNSO8k

(そういえばウチのゲストブックにも、大喜びしそうなお方が若干名…ぼそぼそ…)


●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« ジーン・アンソニー・レイ | トップページ | ふたつの「ブレイクスルー」 »