« まさかの解決編 | トップページ | わりと平和 »

2011年1月 9日 (日)

あやうく人前で

Greatest_hits2

今日、仕事帰りにファミリーマートに寄ってちょっと買い物をして、さてとレジのところに行きましたらば。

レジの機械の、お客さん側に向いているディスプレイ画面に、ものすごーーく見慣れたロゴがどーーーん!と映っているではありませんか!
そこにはなぜか、クイーンの「グレイテスト・ヒッツVOL.2」のジャケ写が!

うおっ!

と、また絶叫しそうになりましたが、人前なのでかろうじてこらえた凛々さんです。ええ、一応、その程度の分別は持ち合わせがあります。

レジ画面をよくみると、「ファミマミュージック」と小さく書いてあります。家に戻ってから、さっそく検索してみました。

http://famimamusic.jp/

「ファミマミュージックは、全国のファミリーマートで放送中の楽曲や おすすめのコンサートチケット情報などをお届けする音楽情報サイト」

…あ、そうなんですね。
いるいるいる~~、クイーンの「グレイテスト・ヒッツVOL.2」!なぜ「2」なのかがイマイチ謎ですが、たぶん「ボーン・トゥ・ラブ・ユー」が入っているからでしょうね。

それにしてももう一度言うんですが、

ユニバーサルの営業力、すげぇぇぇぇ!

こんなに、「日常の中で偶然クイーンに接する頻度」が高いのって、何年ぶり、いや、何十年ぶりだろう!
感覚として、80年代中盤くらいのイキオイはあるような気がするわ。

なんていうかね、既存のファン相手っていうよりも、「新しい、若い世代のファンを開拓しよう」っていう気概を感じるのよね。なんか凄く「若い人向けの売り方」っていうのを感じる。

いいぞいいぞ、頑張れユニバーサル・ミュージック。

たぶん、実際気が遠くなるような物凄い移籍料払ったと思われるので(笑)、気合入れて回収に励んでくださいねっ!
その気さえになれば、クイーンはどんどん新しいファンを開拓出来るバンドですものね。

オマケ:Queen Official の twitter にあったんですが、こちらの

http://www.telegraph.co.uk/culture/8224233/100-reasons-to-be-excited-about-2011.html

「2011年がエキサイトなものになる100の理由」という記事の77番目に、「クイーンが40周年だから」というのがありますね(ブライアンが「チャールズ2世みたいなヘアスタイル」とか言われてて大笑い。ちなみにチャールズ2世っていうのは

Charles2

 ↑ こういう人です)。

…いやもう、ほんと出だしからエキサイティングでエキサイティングで、1週間ですでに息切れしそうなんですがどうしたもんでしょうか。ああ、判った、「嬉しい悲鳴」ってこういう時にあげればいいのね!

ひえええええええっっっっ!

実は昨日今日とまたちょっと調子が悪くて痛みが酷いんですが、なんかそんなこと全然気にならないくらい、気持ちに張りがあって元気です!自分でも不思議なほど。

ありがとうクイーン!


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

(ブログランキングに登録しています。
1日1回左のバナーをぽちってくださると、凛々さんが張り切って芸をします。何かと暴走しがちですが、わりとそういう芸風です。

なお、このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。
遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。)

|

« まさかの解決編 | トップページ | わりと平和 »