« ガンパウダーとゼラチン | トップページ | インターネットって凄いよね »

2011年2月19日 (土)

ピンヒールの突撃隊

Fotoqueen
Youtube のクイーンチャンネルで、ロンドンで開催される「クイーン展/Stormtroopers In Stilettos」のトレーラーが公開されていました。

ユニバーサル・ジャパンのニュースページではあまり詳しく書かれていませんが、このイベントはクイーンの初期5枚のアルバムまでをテーマにした、いわゆる「回顧展」です。

…ま、日本風に言っちゃうと、「クイーン・貴公子時代展」ですね。思わずよだれ出ちゃいますね。

公式サイトはこちら。

http://www.stormtroopersinstilettos.com/

タイトルの「Stormtroopers In Stilettos」は、元々はアルバム「シアー・ハート・アタック Sheer Heart Attack」収録のブライアンの曲「シー・メイクス・ミー She Makes Me」の副題です(副題の方は、正確には「Stormtrooper  In Stilettos」トルーパーが単数です)。

Stilettopumps ユニバーサルのページには「細身の短剣で武装した突撃歩兵」と訳されていますが、確かに Stiletto は細身の短剣の名称なんですが、 In Stilettos と複数形なので、イギリスの俗語でかかとの高ーいピンヒールのこと。ほら、スティレットヒール、って言うでしょ?

つまり、「シー・メイクス・ミー」の副題は「ピンヒールの突撃兵」という意味で、ようするに強く美しく颯爽として、男を翻弄しコントロールする女性(←モロ、ブライアンの好みのタイプですね・笑)のことを指していると思うんです。でないと、この曲の副題として意味が通じないじゃない?

で、その「ピンヒールの突撃兵たち」を、初期クイーン回顧展のタイトルにわざわざ持って来た理由を考えてみた。

Stilettos には細身の短剣と、ピンヒールの両方の意味がある、と書きましたが、たぶんこの回顧展のタイトルは、両方の意味を掛けているのかなーと。だって「初期クイーン」だから。

もしも、クイーン20年史全体を網羅するイベントだったら、このタイトルは付いてないですよね。

Stilettodagger この細身の短剣は、騎士たちのメインの武器にはなりません。接近戦でとどめをさすためだけに使われます。もちろん、本来「突撃隊」が携帯するような武器じゃありません。

武器としてはちょっと頼りない、この優雅で繊細な短剣だけを携えたストームトルーパーズとは、才能ひとつを武器に音楽業界に突っ込んで行った、向う見ずで野心に燃えていて血気盛んだった若き日のクイーンそのもの。

と同時に、70年代初頭のロンドンの、中性的なファッションとかカルチャーとかも具現していたという意味で、スティレットヒールの方の意味も、ちょっと含ませて。

…なんて、凛々さん例によって勝手に理由づけしてるだけなので話半分で聞いててください。

それにしてもYoutube の上の動画のコメント欄で、「アメリカにツアーしてくれ!」と言ってる人がいて、私は思った。

アメリカより先に、日本に来い!

いや、来るべき!
初期クイーン展だったら、まず真っ先に日本に来てくれなくちゃ。ねえ?


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

(ブログランキングに登録しています。
1日1回左のバナーをぽちってくださると、凛々さんが張り切って芸をします。何かと暴走しがちですが、わりとそういう芸風です。

なお、このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。
遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。)

|

« ガンパウダーとゼラチン | トップページ | インターネットって凄いよね »