« たまには原点 | トップページ | 星空を見上げて »

2011年4月25日 (月)

レプリカ?(レプリカ!追記あり)

さて今週末からいよいよ「クイーン&MUSIC LIFE展」ですが、先日の記事で凛々さんを悶々とさせたフレディの「マーキュリースーツ」、もしかしてもしかするとレプリカではないか?という情報が、ロンドン支部長・ケイトさんよりゲストブックに寄せられました!

-------投稿ここから-------

「クイーン&MUSIC LIFE展」に展示予定の衣装についてちょっと思い出したことが…
ロンドンSIS展ではフレディのウイング付き白スーツは型紙と一緒に外に展示されており、新品(レプリカ?)に見えました。念のため。(オリジナルは3着あるらしいのですが。)
黒のバージョン?の展示はありませんでした。
白鷺トップ、ダイヤ柄レオタード、ブライアンの矢印トップは、ガラスのショーケース内に展示されていて、綻びなどもあったので実際に使用されたものだと思います。

-------投稿ここまで-------

ケイトさん、いつも現地からならではの貴重なタレコミ…じゃなくて情報、本当にありがとうございます!

そ、そうか、マーキュリースーツ(白)はレプリカかも??か…

なんか、それならそれで凛々さん、ちょっとほっとしてる。
…だ、だってだって、実物だったら怖すぎるんだものっ!(じゃあダイヤ柄は怖くないのかとか、突っ込みたいのはごもっともでございます)

いや、ほっとしてる場合ではなく。

確かに、展示されている写真(「S.I.S.展」のものかな?)見た時にやけに綺麗だなぁ、とは思ってたんですが、
(詳細ニュースと写真の大きいものがあります↓)

http://www.barks.jp/news/?id=1000069365&p=0

来日するものは特にそうとは書かれてませんよね…

もう、こうなったら見てのお楽しみだ!(←結局開き直る)

みんなで確かめに行きましょうね!

あ、そうそう、クイーンファンのみなさまは先刻承知だとは思いますが、新しい世代のファンの方のために一応注釈付けとくと、「白鷺(しらさぎ)」というのは別に凛々さんの造語ではなくて、70年代にフレディがあの白いケープ型のトップスを着てひらひらしてたのが、「白鷺ルック」って呼ばれていたんですよ。

「ルック」っていうのがすでに死語

なわけですが、それにしてもなぜ、

 「白鳥」

でも

 「白孔雀」

でもなく、あえて

 「白鷺」

だったのか、ついに凛々さんは解き明かしました!

●浅草寺の「白鷺の舞」↓

Sirasagi01

●武道館の「白鷺の舞」↓

 …あー、ほとんど同じですね。(4:18あたりから)

東武池袋店の催事案内のページに、各グッズの販売価格も載っていましたので、ご予算のお見積もりにお役立てください。

http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/other/event_2011ss_queen_musiclife.html

4/26追記:確認しました。「ホワイト・ウイング」と同ブラックはレプリカだそうです。


このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。
遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。

このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーですよー。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« たまには原点 | トップページ | 星空を見上げて »