« 父性 | トップページ | スーパークールビズ »

2011年7月 5日 (火)

エアロスミス7年ぶりの来日!

●さてみなさま、お忘れではございませんわね!?

本日深夜午前1時30分より、「SONGS・クイーン」の再放送がございます。

http://www.nhk.or.jp/songs/archive/110629.html

前回見逃したアナタも、録画したくせに再放送も観たいアナタも(それはワタシだ)、ご用とお急ぎでない方、お時間に余裕のある方は、ぜひご覧ください。
…まあ、時間遅いですけど。

ゲストブックの「【臨時】NHK「SONGS クイーン」実況スレ」も、一応開店営業中となっております。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/music/25284/1309322510/

臨時スレは、放送終了後、まあ、様子を見て書き込みなくなったなーと思った頃になんとなく過去ログ倉庫に移動したいと思います。

Aerosmith_1977

●いつだっけ、2月だっけ、「4月にキッスが来日する!」とか記事書いてたら震災で延期になってしまって、その後音沙汰がないな…なんて思っておりましたらば(確か、8月に延期とか言ってなかった?)、今度はイキナリ

エアロスミスが11月に7年ぶりの来日決定!

http://www.barks.jp/news/?id=1000071203

というか、もうチケットの先行予約が始まっているという。
前回、2004年の来日の時は、ちひろちゃんと東京ドームに観に行ったんだったわよね!あれからもう7年も経つんだ…トシ取ると1年1年が早くてのぅ、ごほごほ。

以前、「7月からオリジナルアルバムの製作に入る」というニュースもあったので、

http://www.barks.jp/news/?id=1000070590

新譜録音 → 新譜販売 → ワールドツアー

という、この年代のバンド(クイーンとは結成もレコードデビューも同級生)にしては、驚くほど律儀に正しく営業ツアー。
オリジナルアルバムが出るのも10年ぶりなので、凄く凄く楽しみ。

…なにしろここんち、ボーカルのスティーヴン・タイラーとギターのジョー・ペリー(↑写真のふたりね)が飽きもせず懲りもせずイヌも食わない夫婦喧嘩を定期的にするので、メンバーの仲がいいうちにまとめていろいろやっとかなくちゃならないから大変(笑)。

 

●そういえば去年、「スティーヴン・タイラーがアメリカの人気オーディション番組の審査員に」という記事を書いたんですが、そんなわけでとりあえず観ましたよ、今年の「アメリカン・アイドル」。そのハナシ書いてなかったですよね?

なんかスティーヴン・タイラーもジェニファー・ロペスも見た目濃いわりに「イイ人」キャラで、辛口審査がなかったのはちょっと単調だったかなぁ。…まあ、実際「イイ人」なんだから仕方ないですけど。

本選に入る前にグループ審査っていうのがあって、オーディショナーたちが適当に組んでパフォーマンスをするんですが、今回、若い、10代の参加者たちがグループ組んで歌ったのが、クイーンの「愛にすべてを Somebody To Love」。

その若い世代の生き生きとしたパフォーマンスを観たスティーヴンの講評は。

「フレディ・マーキュリーが天国で微笑んでるぞ」

今や60代の不良、スティーヴンの口から、同時代のロックシーンを生き、そして逝ったフレディの名前が出るのを見た、聞いた瞬間、凛々さん、もうテレビの前で大号泣。

…まあ、今年の「アメアイ」のハイライトは、凛々さん的にはそこだった。…そこがすべてだったと言っても過言ではない。

 

●オマケの写真。ええ、ウチのブログ的に。

Steven_michael

1977年、マイケル・ジャクソンとスティーヴン・タイラー。イギリスにて。


このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。
遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。

このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーですよー。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 父性 | トップページ | スーパークールビズ »