« New Year に愛を込めて | トップページ | 骨董ジャンボリー 2012 Winter »

2012年1月 5日 (木)

観られなかった人のために。その10

1984

今年2012年はロンドンオリンピックの年、ということで、NHKで不定期に放送される「洋楽倶楽部80's」が今回はロンドンスペシャルでした。ゲストブックにて情報をくださったあれんちゃん、ありがとうございます。

NHK総合だし、みんな観られるからいいかな、と思ったところで気が付きました。そうだ、ウチには海外からブログに遊びにいらしてる方も、複数いらっしゃるじゃありませんか。
というわけで、「その10」は「洋楽倶楽部80's 2012ウインター~ロンドン・スペシャル」です。

この「洋楽倶楽部80's」という番組、いつもはいろんなアーティストのPVをちょっとずつ出来るだけ多く紹介するタイプの進行なので、まあ、いつも通りならクイーンもちょこっとバンド紹介があって、PVが流れて、くらいの感じなんだろうな、と予想していたのですが、予想はいい方向に大きく裏切られました。

司会は高嶋政宏さんと高樹千佳子さん、イギリスの80年代の音楽を、ビジュアル(イイ男)系とか大御所系とかダンスビート系とかヘビメタ系とかにざっくりと分けて、デュラン・デュラン、ヒューマンリーグ、ジャパン、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、デビッド・ボウイなどなどが次々と紹介されて行きました。

あれー、クイーンはこのくくり(80年代)だとどういうカテゴリーになるんだ?と思って観ていたのですが、番組の最後になって高嶋(兄)さんいわく。

「そしてその全ての要素を持っているバンド、クイーン」

うぉぉぉ。そうだそうだその通りだ。
思わず、「上手い!」と膝を打ちました。

「カテゴリー分け出来ない」というクイーンの音楽性の最大の特徴を、逆手に取った。

そうなんだよね、クイーンって、なんでもあるんだよね。大御所バンドであり、ダンスナンバーありぃのハードロックありぃのミドルテンポのバラードありぃのパンクっぽい曲までありぃの、もちろん

イケメン部門ももれなく完備。

Rogertaylor_2

上手い進行だなぁ。
そして字幕には「ブリティッシュロックの至宝 QUEEN」とあるじゃありませんか!

至宝ーーーー!?

とか凛々さんがのけぞっている間に画面はこの前の東京タワーのクイーン展の映像に。
は、入ってたのかNHKのカメラ!そして高嶋(兄)さんがさらっと一言、

「僕も行きましたけど」

き、来たのか高嶋(兄)さん!

あっけに取られている間に曲は「ハマー・トゥー・フォール Hammer To Fall」。
おや珍しい曲をチョイスしたな。ハードロック面においての「クイーンらしい曲」ではあるけれど、どれか1曲だけ、っていう時にこの曲が来ることってあんまりないよね?

で、他のアーティストだったらそれで終わるとこなのだけど、クイーンのコーナーはそこで終わらなかった。
次にブライアンとロジャーのインタビュー映像が来て、その後クイーンだけが番組中唯一2曲目紹介という、別格扱い。そりゃ「至宝」だもんね、しょうがないよね。

インタビューは、前に「観られなかった人のために。その2」で紹介した、NHK-BSプレミアムが開局した時に撮ったインタビューを再編集したものでした(ただし訳はちょっと簡単になっていた)。
BSプレミアムの時になかったシーンは、

B:(ファンのみんなと)一緒に年を重ねられて嬉しく思っています。これからもずっと、みんなのことを想い続けます。

というブライアンのコメント。

そしてそれを受けるように高嶋(兄)さんが、「ブライアンが、フレディもいない、ジョンも引退しているような状態で、本当にクイーンを続けていいのだろうか、と言ってる記事を読んだんですけど、ファンからするとね、複雑な想いにかられますよね」と言っていて、あ、その記事私も読んだ!決して番組上のお愛想で言ってるんじゃなくて、ほんとにクイーン好きなんだな、と嬉しくなりました。

そして2曲目は「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー I Was Born To Love You」だったのですが、クイーンバージョンの方(1995)だったので、ツイッター上で「これって80年代じゃないじゃん!」とみなさん嬉々として突っ込みまくってました(笑)。

でもって最後の最後で一番笑ったシーン。
それは番組が終了する時に、画面の右端に写った「終」の文字が、「フラッシュ・ゴードン」のアルバムジャケットのパロディだったこと!いっさいの説明もなしに突然に!

Flash

「Flash Gordon」ジャケのカーブした文字の部分が「洋楽倶楽部80's」になっていて、左下に「終」、右下に「NHK」と黄色地に赤文字で書いてありました。

って、こんなのクイーンファンしか判んねえよ!

NHKの小道具さんが、フォトショップかなんか駆使してちまちまパロディジャケット作ったのかと思うと笑いがこみ上げますね。

そして、この番組で凛々さんの高嶋(兄)さんに対する好感度は爆発的にアップしたことを、ここに明言しておきたいと思います。

1/6追記

呼び捨てというのは失礼かなとふと思ったのでさん付けに直しました。ちなみに読み方は、「たかしまあにさん」です。


このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。

ゲストブックには複数のテーマのスレッドがありますので、なんとなーく適したスレに書き込みをお願いいたします。
「はじめまして」のご挨拶は「はじめましてスレ」に、このブログの記事へのご感想などは「勇気凛々についてスレ」に、各種イベントなどは「サロンF」にお願いしますね。

遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。

このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーですよー。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« New Year に愛を込めて | トップページ | 骨董ジャンボリー 2012 Winter »