« 骨董ジャンボリー 2012 Winter | トップページ | ロック・モントリオール、山形・名古屋上映! »

2012年1月10日 (火)

「戦慄の王女」の元写真

以前、「世界に捧ぐ News Of The World」のジャケットの元イラストをこちらでご紹介しましたが、本日は記念すべきクイーンのデビューアルバム「戦慄の王女 QUEEN」のジャケット。

↓これの、

Queenqueen

Freddie11

↑元ネタ写真がこちら。
背中を向けている黒い影は、もちろん言わずと知れたペンギンの人ですとも。

ここで改めてお断りしておきたいのは、時は1972年(たぶん)。
世の中にはまだ、フォトショもイラレもありません。つまりこれは

切り張りです。手動です。人力です。

まずはおもむろに、ハサミと糊を準備いたします。

おそらく、フレディを輪郭線で切り取った後、背景を引き延ばした上で、照明が左上から降り注ぐように斜めにずらして、そこに再びフレディを「置いて」ますよね、これ。

フレディの輪郭がやけにくっきりしていること、背景の光の粒子が人物に対して粗いことの説明が、これでつきますね。

こういうことをちまちまとやったのって、やっぱりデザイン系の某ボーカルの人なんだろうなぁ。
でもって「なんでフレディひとりが表なんだよ」という他のメンバーの不満を豪快にそらすため、裏ジャケはこれでもかといわんばかりのメンバーの写真てんこ盛りコラージュに。

ああ、フレディんちのハサミと糊が大活躍。

(余談。時は流れてアルバム「ザ・ミラクル The Miracle」のジャケット写真の合成に、画像ソフト「フォトショップ Ver.1」が使用されたのはその16年後のこと。文明の利器万歳)

話しは違うんですけど凛々さんが初めてこの「戦慄の王女」のレコードジャケットを手にとって見たのはたぶん中学生の頃。
最初ね、なぜかジャケットの人影、フレディだと思わなかったんですよ。

じゃあ誰なんだよ。

と、当時の自分に正攻法で突っ込みたいところですが、輪郭で切り取られているせいか?あんまりフレディっぽくない、じゃないですか?シルエットが。
なんだかお人形というか、オブジェというか、そういう、人ならざるもの、あいまいなもの、幽玄のもの、に見えたんですよね。だからこのジャケット、ちょっと怖かった。

まあ、今にしてこうして見れば、まぎれもなくフレディなんですけどもね。デジタルって容赦ないな。

Freddie20


このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。

ゲストブックには複数のテーマのスレッドがありますので、なんとなーく適したスレに書き込みをお願いいたします。
「はじめまして」のご挨拶は「はじめましてスレ」に、このブログの記事へのご感想などは「勇気凛々についてスレ」に、クイーン関係などは「サロンF」にお願いしますね。

遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。

このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーですよー。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 骨董ジャンボリー 2012 Winter | トップページ | ロック・モントリオール、山形・名古屋上映! »