« まったり日曜雑談 | トップページ | Fundamentality act.11 »

2012年2月22日 (水)

ソニスフィア・フェスティバル、その他

Mtvema2011_04

いつもはそこそこほどほどに穏やかな凛々さんですが、時々満を持してぶっ切れることがあります。
そして普段から若干理屈っぽい凛々さんは、怒るとさらに輪を掛けて理屈っぽくなります。

何の話かと申しますと、例の「重大発表」、今年の7月7日にイギリス・ネブワースで行われるソニスフィア・フェスティバルに、クイーンがアダム・ランバートをボーカルに迎えて出演する、

http://sonisphere.co.uk/

という公式発表に対する、一部のファンの心無いコメントに対してです。

http://www.queenonline.com/en/news-archive/press-release-queen-return-knebworth/

http://www.facebook.com/Queen

「フレディじゃなきゃ」とか「ポール(ロジャース)の方がいい」とか、なんたらかんたら。
ポールさんの時だって散々いやだいやだ言ってたくせして、アダムになったら「ポールがいい」とか、まったくよく言うわ。

そりゃ、「フレディでないのが哀しい」とか「他のボーカルでは聴きたくない」とか、感情的に、感傷的に、心で思ってしまう分には仕方ない部分もあると思います。
でもそれを公式の、もしかしたらアーティスト本人も見るかもしれない公式のコメント欄で言うのは下品というか、無神経です。

以下、荒ぶる凛々さんのツイート。

「ブライアンとロジャー(とジョン)に、一生フレディの喪に服してろっていうのも残酷な話だと思うんですけど。フレディは亡くなって、彼らは生きているのだから、彼らがやりたいと思うことを好きにやってくれる方が、私は嬉しい。」

「3人がどんな想いをしてフレディの死から立ち上がって、未来に目を向けよう、新しいことをしようと思えるようになったかを考えたら、誰が嫌だ何が嫌だと平気で言える神経が判らない。今も「クイーンを名乗っていいのか」と悩みながらも前に進もうとしているブライアンの想いをなんだと思っているのだ!」

…いやぁ、140字以内で理屈っぽく荒ぶるのもそれはそれで大変だった。

ブライアンとロジャーのふたりで「クイーン」を名乗っていいのか、なんて、そんなことは誰に言われるまでもなく、本人たちが一番葛藤していること。

けれど、彼らが悩みながらも、葛藤しながらも、「クイーン」として活動してくれているおかげで、クイーンは20年も前の過去のバンドではない、今を生きているバンド、現役のバンド、新しい世代のファンを獲得し続けているバンドとして、「今」、輝いているんじゃないのでしょうか。

去年の40周年祭りで、どれだけ新しい世代のクイーンファンが生まれました?

そしてそれは、二人が「クイーン」として活動してくれているからこそじゃないのですか?

第一、アダム・ランバートはクイーンの大ファン。フレディ・マーキュリーをアーティストとして、人として、心から尊敬している若者です。だからクイーンファンの複雑な想いも判っているだろうし、反発が起こることも十分承知の上で、この大役を引き受けてくれたのです。

http://ro69.jp/news/detail/64369

26年ぶりにクイーンがフレディ最後のライブの地、ネブワースに還って来る日に全力を尽くしてくれる(と確信する)この若者に対して、感謝こそすれくさす理由など、少なくとも私にはひとつもありません。

未来があるということが、先の予定があるということが、どんなに幸せなことか。
失ってから気が付いたって、遅いのですよ。私はそのことを、21年前に思い知りました。

私は見守りたい。いつまでも見守っていたい。あの大きな、美しい星の輝きを。

日本では、7月7日は特別の日です。
運命の手に遠く引き離されてしまった恋人たちが、1年に1度だけ、もう一度めぐり逢える日。
そんな素敵な日だということを、ブライアンとロジャーにも、教えてあげたいですよね。


●2月21日の朝(イギリス時間)に、ロジャー・テイラーがクリス・エバンスのBBC2のラジオ番組に電話出演しました。

http://www.queenonline.com/en/news-archive/roger-chris-evans-tomorrow/

ロジャーの登場は1時間44分頃から。その前に「We Will Rock You」が掛かるので、その前から聴いてもいいかも。

前日に発表されたソニスフィア・フェス出演について、「フレディと最後にライブしたネブワースでやるんだぜ、ひゃっほう♪(意訳)」みたいな(笑)。


●そして21日の夜(イギリス時間)には2012年ブリット・アワード(イギリスのレコ大)に、ブライアンとロジャーが International Group のプレゼンターとして出演しました。

http://www.queenonline.com/en/news-archive/brit-awards/

でもって、ゲストブックにて「しましま」さんからの情報!
このブリット・アワードが日本のインターFM76.1で、2月25日土曜日の13~15時に放送されるそうです!

http://guyperryman.com/

インターネットラジオでも聴けますよ!

http://www.interfm.co.jp/

ブリット・アワードの日本放送はこれが史上初だそうです。そういえばなかったね、今まで。
ラジオなのが残念ですが、聴ける方は楽しまれてくださいねーーー(…ええ、凛々さんは仕事ですとも…)

しましまさん、情報ありがとうございました♪


ユニリーバ・クリック募金(無料)
http://www.unilever-sabd.jp/click/

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。
小さなクリックが被災地の未来につながります!
無理のない範囲の支援をすると共に、「忘れてないよ」というお気持ちをお寄せください。

このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。

リンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« まったり日曜雑談 | トップページ | Fundamentality act.11 »