« 「本日のお題」回答編 | トップページ | だってそういう顔に見えたんですもん »

2012年2月 6日 (月)

スターって大変よねぇ…

以前、クイーンのステージ写真で、フレディとブライアンのポーズと表情が時を越えてまったく同じ、という2枚をご紹介した記事を書きました。

(余談ですが過去記事見なおしててしみじみ実感。ほんと、クイーンの動画、削除されているのが多いですね。一昨年までは、クイーンの動画はほぼ放置状態だったのになぁ。「クイーンって太っ腹だなぁ」と誉めた記事も確か前に書いた。なんだか残念。ネットに動画があがってようがなんだろうが、公式DVDが出たらファンは買うのにね)

それでまたちょっと見つけたんですよ、フレディとブライアンが「一緒じゃん!」な写真2枚(それぞれクリックすると大きくなります)。

1985birthday_2 Freddiemercuryandbrianmayin1986_2

左は85年のフレディの誕生パーティ、右は86年のクレイジーハットパーティ。

…なんつーか、たぶんこの二人、漫才の相方と一緒でブライアンは自分の右側にフレディがいないと、フレディは自分の左側がブライアンでないと、調子が狂うんですよたぶん。

ってそんなワケあるかいっ!(←お約束突っ込み)

85年の誕生パーティは、例の「リヴィング・オン・マイ・オウン Living On My Own」のPV撮影も兼ねてまして、事前に参加者には「男性は全員女装のこと!」というドレスコード(やなドレスコードだな)のお達しがあったそうです。

それでブライアンは張り切って魔女のコスプレで参加したところが、フレディだけしれっと男装だったので怒った、という話を前に聞いたんですが、この写真なんか見ると、「怒った」っていうより「なんだよお前ばっか(笑)」という感じで冗談めかして文句言った、って感じじゃないのかな、と改めて思いました。

だから、文章とか、何かの記事とかだけで「怒った」「笑った」「否定した」「憤慨した」とだけ見ると、やっぱり細かいニュアンスっていうのが伝わらなくて、そういうことから誤解って生まれるのだろうなぁと思うんですよね。

記者の力量が足りなくてニュアンスを伝えきれない場合もあるだろうし、わざとセンセーショナルな方向に捻じ曲げて報道する輩もあるだろうし。
上の例だと、「誕生パーティでフレディとブライアンが大げんか!」と書いた方が、タブロイドが売れますもんね。

去年のクイーン祭りでメディアへのブライアンとロジャーの露出も多くて、報道もいろいろ多かったですけど、薄々感じてたのが、ふたりが

 ●やりたい

 ●やる

 ●進行中

 ●考えている

 ●出来るといいな

と言ったことが、全部「やる」という決定事項のように、ごっちゃに報道されてるな、ということです。
そりゃ、頭にあるだけでまだ具体化してないことを迂闊に話す方も悪いのかもしれないけど、「こんなことが出来るといいなぁ」を「やる」と断定報道されたんじゃ、何も言えなくなっちゃいますよね。

「早さ」を重要と考えるか「正確さ」を重要と考えるかは、情報を受け取る人それぞれの価値観だと思いますが、凛々さん個人は、クイーンがロンドンオリンピックでパフォーマンスするかどうかなんて、開会式の1週間前くらいに判れば別にいいよ、という程度に、今は思ってるんですよね。

まったりまったり、これでも見てみんなで癒されてましょう!

Freddiemercuryandcat


このブログはコメント欄トラバ欄を解放しておりませんので、コメントなどはゲストブックの方にお願いいたいます。

ゲストブックには複数のテーマのスレッドがありますので、なんとなーく適したスレに書き込みをお願いいたします。
「はじめまして」のご挨拶は「はじめましてスレ」に、このブログの記事へのご感想などは「勇気凛々についてスレ」に、クイーン関係などは「サロンF」にお願いしますね。

遊びに来てくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。

このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーですよー。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「本日のお題」回答編 | トップページ | だってそういう顔に見えたんですもん »