« ランキング・12年9月 | トップページ | うっかり。その6 »

2012年9月21日 (金)

ひとりひとりの役割

Pziczr

は、博士が、博士が危なーい!

9月16日(現地時間)にロンドン・ロイヤルアルバートホールで行われた、癌患者支援のチャリティーコンサート、「The Sunflower Jam」(日本語にすると…ひまわり演奏会?)でのひとこま。
博士、アリス・クーパーに完璧に襲われてます。が、動じてません。…まあ、

ボーカルに無茶なからみ方されるのは慣れてるし。

無関心貫くのもギタリストの役の内。

この「The Sunflower Jam」、今年で6回目だそうです。
参加メンバーやチャリティの詳しいいきさつなどはこちらをご参照ください。

http://www.barks.jp/news/?id=1000083258

当日のファン撮影の動画はこちらにいっぱいありますが、

http://amass.jp/10844

凛々さんのツイッターのTLで、一番最初に動画を教えてくださったのは「あぐに」さんでした、「あぐに」さんありがとうございます。

↓アリス・クーパーにカラまれてる現場。

http://www.youtube.com/watch?v=nl_BipycRoQ

あ、なんかこれ見ると博士、自分からカラマレに行ってる気も(笑)。

このところ博士、例の「アナグマ駆除反対運動」

http://ro69.jp/news/detail/73098?rtw

で、険しい顔ばかりしていたので、こういうふうに楽しそうにしているのを見ると、ほっとしますね。

この頃、日本もなんだかいやなニュースばかりでしょう。
ブライアンの活動とか見てても思うんですよ。「自分の役割」ってなんだろうなぁ、って。

私は博士みたいにスーパー有能ではないので一度にあっちもこっちも、って出来ないんですよ、不器用だから。
でも家族も子どももいないので、守るものがない分「社会」に役立てるようなことをしたいなぁと思っていて、だからあの震災以降、とにかく「東北の復興」にポイントを定めてこつこつ地道に、でもみなさんに対してウザくならない程度にじわじわと(笑)、

「忘れてないよ、忘れないでね」

というメッセージを出し続けているつもりなんですが(被災した人たちが今一番恐れているのは「忘れられること、もう復興したんでしょ?と思われて忘れられること」だと思うんです)、それだけでいいのかな、もっと自分に出来ることはないかな、と迷っています。
…いやまあ、その前に自分の仕事をなんとかしろ、って段階なんですけどね(仕事ください、ワリとマジで・笑)。

だから、博士の八面六臂の活躍を見てると、本当に凄い人だなぁと感動します。尊敬します。
一方で、世の中に何が起ころうと「人を楽しませること」に徹してブレることがなかったフレディも、やっぱり凄いよなぁ、とも思うしね。

子どもの頃から、あらゆる意味で「尊敬する人たち」が目の前をずっと走り続けていてくれたのは、私にとって幸せなことだったのだな、と改めて感謝する昨今です。

659023937


●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« ランキング・12年9月 | トップページ | うっかり。その6 »