« 「ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」再放送! | トップページ | 「ハンガリアン・ラプソディ」11/24上映時間 »

2012年11月21日 (水)

英公式様が日本語で

Freddie_mercury_wearing_crown

先ほど、ツイッターのタイムラインに驚愕のツイートが。

ぬわんと、イギリスのクイーン公式アカウントが、突如日本語でつぶやいたのです!

https://twitter.com/QueenWillRock/status/270840745924124673

「日本のファンの皆さんへ 」

はい!はい!はいぃぃぃぃ!
と画面に突っ込むイキオイでリンク先に飛んでみますと、クイーン公式の facebook のページにも、日本語のメッセージが。

http://www.facebook.com/photo.php?pid=10845579&l=91c64c8434&id=17337462361

要は、日本での「ハンガリアン・ラプソディ」の上映会場27ヶ所で、日本版パンフレットと公式グッズ販売するから買ってね♪という、ぶっちゃけ宣伝なのですが、

こ、公式様が日本語でっ!

というだけで感動してしまう単純お人よし日本人でございます。

ひょえーと驚いて、ヒト呼吸してからふと考えた。
えーーーーっと、これは、誰がツイートしてるんだ。

仮説1)
 公式のスタッフに日本語が判る方がいる。

…ヤ、ヤバくないか?それ。
凛々さん的に、あーんな記事やこーんな記事が瞬時に脳裏を駆け巡ってお茶むせたぞ。

懺悔しますが、今まで日本語ブログってことに結構甘えてた部分はあるの、自分的に。
どーせ英語圏の人には読めないし♪検索でも表示されないだろうし♪とか。

もちろん、内容的にはそんな傍若無人なことは、書いてないつもりだけど、それにしても

叩けばホコリの出るカラダ

であることには間違いありません。胸毛祭りとか胸毛祭りとか胸毛祭りとか…ごほごほ

Freddiemercury17

   「にやり…」

仮説2)
 ユニバーサルジャパンや公式グッズ販売の bravado.jp の担当者など、日本側の誰かが書いたものを、アップロードだけしている。

…あ、その方が現実的だ、そうだそうだ、きっとそうに違いない(と思いたい、全力で思いたい)。

でもそんなこんなで思ったんだけど、たとえば公式さんが英語でツイートする時、それは日本も含めた全世界に向けてのインフォメーションなわけですよね。相手を限定していない。

逆に言うと、イギリス国民にだけインフォメーションしたくても、出来ない。

ところが、日本語を公用語にしている国は日本だけなので(正確に言うと、世界中にもう1ヶ所だけ、パラオ共和国アンガウル州が日本語を公用語のひとつにしています)、日本語でツイートしたら、それはもう思いっきし日本だけに向けたメッセージになるわけで。

今までいろんな状況で、「英語が母国語でないのはそれだけでハンデだ」と思うことも多々あるけれど、ここぞという時に親密感、親近感がわく、という意味では、独自の言語を持っているのも悪くないかもしれないな、とちょっと思いました。

日本のファンがクイーンの新しいニュースを知りたいがために頑張って英語を勉強するのも、日本語なんていうなじみのない言語をアーティストが一生懸命覚えてくれることも、その行為、そのものがお互いの距離を縮めてくれる。

たとえばほら、ライブでフレディやブライアンが、コンニチハー、イカガデスカーと言ってくれるだけで、それだけでうわぁぁぁ!と嬉しくなるものね。こんな嬉しさは、逆に英語圏の人にはわからないでしょ?

あ、あとついでにもうひとつ、英公式がツイッターで流していた情報。

今週末に、Youtube にフレディ・マーキュリー個人の公式チャンネルが開設するそうです。

https://twitter.com/QueenWillRock/status/270886258329407488

ソロのPVはもちろん、インタビュー映像なども、もしかしたら発信してくれるかもしれませんね。

ぜひ、外部リンクも提供して欲しいなぁ。
今まで、なぜかフレディのソロのPVは公式のものは外部リンク不可で、ブログ記事には仕方なく非公式のものを貼ってたから、できたら公式から貼りたい。

だって公式なら消される心配がないもん。


●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」再放送! | トップページ | 「ハンガリアン・ラプソディ」11/24上映時間 »