« 観られなかった人のために。その14 | トップページ | 「国歌になったクイーン」についての補足 »

2012年12月24日 (月)

メリークリスマス♪

Kanpai

「Let's party on !」

●…というわけで、突如 BBC からクリスマスプレゼントが。

http://amass.jp/15503

37年前の今日、1975年12月24日にハマースミスオデオンにて開催された、例のクイーンのクリスマスライブの音源が、期間限定で公開中です。あと5日間!

http://www.bbc.co.uk/programmes/b01pbsz4

この時のライブの詳細はこちらの記事をご覧いただくとして、凛々さんもわーい♪と喜び勇んでさっそく聴きに行ったんですが。

…あれ?これって、これって、も、ものすごく、ものすごく聴き覚えがっ!
ああ、懐かしい、懐かしすぎる、

コレだ…

Dscn0125

…コレねぇ、76年とかそのくらいに、BBC と仲良しの(笑) NHK-FM で放送されたものをエアチェック(死語?)して録音したものなんですよ。
(ちなみに補足。当時宮城にはFM局は、NHK 1局しかありませんでした…)

当時はまだ「ライブキラーズ」も出てないし、もちろんライブビデオなんてないし(そもそもビデオデッキが我が家にまだなかった)、インターネットなんて影も形もない時代ですからね、宮城の田舎の女子中学生が手に入れることが出来た、スタジオアルバム以外のクイーンの音源って、

これだけ!ほんとにこれだけだったの!

10代の凛々さんの宝物でした。
そりゃもう何度も何度もむさぼるように聴き倒しては、憧れをつのらせたものですよ。

35年以上も処分出来ずに今でもこうしてカセットを持っているのは、そうだね、大事な大事な、宝物だったからだね。

元々このクリスマスライブは、前にも書いたように最初からテレビで放送されること前提で行われたギグなんですが(テレビ放送版はこちらでご視聴ください)、ラジオ版は編集が違っています。

以前、ツイッターでこのカセットのことを話題にしたところ、抹茶クリームさんから「私も持ってます!1984年に NHK-FM から録音しました!」と教えいただいたので、おそらく何度か日本でも放送されていた模様です。

カセットに手書きした曲名の「See What A Fool I've Been」の「See」が「She」になっているのはご愛嬌。

ちゅ、中学生が一生懸命タイトル耳コピして意味も判らず書いたんだ、許してくれ!

この曲はイギリスでの2枚目のシングル「輝ける7つの海 Seven Seas Of Rhye」のB面曲でアルバム未収録なんですが、日本ではシングル「輝ける7つの海」のB面は「ルーザー・イン・ジ・エンド The Loser In The End」だったんです(日本でのロジャー王子人気を当て込んだ?)。

つまり、この時点では日本未発表曲(=「聴いたことない曲」)だったんですよ。だから曲名に覚えがなかったんですね。

今みたいに海外盤を気軽に買える時代ではなかったので、「See What A Fool I've Been」のスタジオバージョンは、日本では長いこと「幻の音源」でした。

まあ、それを言ったら日本でイギリスのラジオ放送やらウクライナのテレビ放送やらがネットで手軽に視聴出来るなんて、ほんとに凄い時代になったもの。
こんな時代が来るなんて思ってもいなかったです。長生きして良かった。

いろんなことにいちいち一生懸命だった懐かしの10代に思いをはせつつ、メリー・クリスマス。


●で、クリスマスといえば毎年おなじみの、「ノーラッド(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)のサンタさん追跡」が、今年も始まりました。

http://www.noradsanta.org/ja/

NORAD TRACKS SANTA のきっかけについては、こちらの記事をご参照ください。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-edc2.html

世界中の子どもたちと、元・子どもたちに楽しい幸せなクリスマスが訪れますように。

http://www.youtube.com/watch?v=hV0W4GwpQLY


●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 観られなかった人のために。その14 | トップページ | 「国歌になったクイーン」についての補足 »