« 「フレディ・マーキュリー ロックを歌舞いた異端児」放送 | トップページ | なにゆえかタイトル変更 »

2013年2月 5日 (火)

「日本人の愛する洋楽アーティストベスト50」放送日決定

Queen_050

去年の暮れにこちらの記事でご紹介した(…ああ、月日が経つのはなんと早いのでしょうね?)NHK-BSプレミアム・洋楽倶楽部

「日本人の愛する洋楽アーティストベスト50」

の、放送日が決定しました。

2013年3月26日(火)午後11:45~午前2:44

http://www.nhk.or.jp/yougaku80/artist50/index.html

って、3時間!

…そして思いっきし平日!

まあ、どっちみち録画はすると思うのですが、リアルタイムで観たいよなぁ…うーむ。
今から作戦を考えなければなりませんなぁ。

アンケートの方の締め切りはまだ明記されておりませんが、

https://www.nhk.or.jp/yougaku80/artist50/enqute.html

そろそろ締め切ってないと番組的に構成出来ないんじゃないかと思うので(←余計なお世話)、うっかり先延ばしにして忘れてた方(凛々さんとか凛々さんとか凛々さんとか)は急いだ方がいいかもですよー。

クイーンのコンサートもそりゃ思い出深いんだけど、以前にもどこかで書いたように、凛々さんが生まれて初めて観に行った洋楽のコンサートは、ミッシェル・ポルナレフさん(1975年仙台公演)でした。

照明の使い方が凄く綺麗で、ポルナレフがまるで魔法使いみたいで(腕を差し出した方向から、スッ、スッ、と青い光のスポットが飛んで来るの。あれは確か「ラース家の舞踏会」)、ほんとに夢を見ているようで、コンサートが終わった時に「終わり」が哀しくてボロボロ泣いてしまったのだったわ。

ああ、あの頃私は若かった。
・・・なーんていう思い出話がどんどんがんがんと寄せられるのでしょうね、楽しみですね。

実はその頃って、まだステージに大型のライブビジョンがなかった時代なんですよ。

たぶん、そういう技術そのものが、まだなかったんじゃないかな?と思うのですが、ちょっと調べたところ、日本初の大型街頭ビジョンが登場したのは1979年。
あの、新宿アルタのディスプレイが最初なんですって。

だから、コンサートステージに大きなライブビジョンが登場したのって、80年代に入ってからだと思うんですよね。
つまり、70年代までは、ちょっと大きい会場で後ろの方とか2階、3階席だった場合。

…いや、1976年4月2日に宮城県スポーツセンターの2階席にいた凛々さんが言うんだから間違いないんですが、ステージ上のフレディは、

跳ねまわる白い米粒(インディカ種)

でした。ああ、なんて元気な歌のうまい米粒(インディカ種)。

Indica_rice

…だからねぇ、当時は武道館くらいの大きさで、ちょうど良かったんですよ、コンサート会場は。

大きなライブビジョンが登場して、会場がスタジアム級になって、観客動員数はどんどん増えて行ったけど、米粒だからこそ必死だった、濃密な異次元が発生した、みたいなところはあったような気がしますよね。

http://youtu.be/9IkAbgoNkXA


●NHK『日本人の愛する洋楽アーティストベスト50』アンケート参加はこちらから

Yougaku_bunner

●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「フレディ・マーキュリー ロックを歌舞いた異端児」放送 | トップページ | なにゆえかタイトル変更 »