« 時空を超えたファンタジー | トップページ | まさにハンガリー狂詩曲 »

2013年3月26日 (火)

「日本人の愛する洋楽アーティストベスト50」本日放送!

82404973_queen

…ああ、「本日」になってしまって申し訳ございません。

昨日、DVD 「QUEEN WILL ROCK YOU(ドキュメンタリー)」
http://goo.gl/HeeBt

Willrockyou
が職場に届いちゃったもんですから、夕べはそっちを観てしまいました。

あー、うー、とりあえず、お値段がお手ごろ価格な理由は判りました。
映像内にクイーンの(公式PVを含めた)オリジナルの楽曲を使用していないため、楽曲使用料が掛かっていないんです(笑)。たぶん、その分お安い。

発売元が日本コロンビアさんという時点で「…え?」だったんですが、それも含めて諸々合点が行きました。

内容についてはDISK1はバンドとしてのクイーンの歴史、DISK2はクイーンのスタジオアルバムについての順を追っての解説です。
DISK1にはクイーンのメンバーの過去のインタビュー映像なども入っていますが、2の方は、当時を知るプロデューサーや雑誌編集者の解説のみになっています。

DISK1で目新しいことと言えば、フレディが亡くなって以降、1991年から40周年の2011年までのバンドの活動についても時間を取っていることでしょうか。
フレディの主治医のインタビューが、ナニゲに目玉だったのではないかと思います。

ただ致命的なのはナレーションの解説と、バックの画像、映像の時代が合っていない。貴公子時代の話の背景映像がヒゲフレだったりするんですよ。その辺大雑把というか、造りが雑な感じです。

DISK2の方は、アルバムの解説でありながらアルバムのオリジナル音源を使用していないという、ウルトラアクロバティックな造りで、音楽は全てライブ映像でした(1982年西武球場と、1981年アルゼンチン公演のが多かったです)。

解説者の好き嫌いがあるのでアルバムの解説に納得出来ない、同意出来ない人も出て来るだろうなぁ、という感じでした。…アルバム「フラッシュ・ゴードン Flash Gordon」なんて、「聴かなくてもいい」とほぼすっ飛ばされてましたもん(笑)。

ちなみに凛々さん、アルバム「ザ・ミラクル The Miracle」をデキが悪いと言われたところでブチっと来ました。

…まあなんというか、「2500円だからね」という感じです(あ、定価は3500円なんですね…正直、3500円は出せないかなぁ)。

っていうか、

前置き長くないですか?

そうなんですよ、本日NHK-BSプレrミアムにて夜11:45から3時間!

ついに「日本人の愛する洋楽アーティストベスト50」本編の放送です!

http://www.nhk.or.jp/yougaku80/artist50/index.html

ああ、長かったような短かったような3ヶ月。

この3ヶ月ほど積極的に周知活動していた当「勇気凛々」でありますが(ひみさん、ありがとうございました)、凛々さん、とてつもなく大事なことを失念しておりました。つまり、

ランキング上位になるほど登場時間が遅くなる

という単純な理屈が(たぶんね)。

そして明日は平日です。終了時間は午前2時44分。
おーまいが。27日朝しかばね累々。

いやいや、内容がカウントダウン形式とは限らない。
番組の趣旨から考えて、意外と年代順の登場かもしれない。それもアリだ。

いやまあ、ようするに全編観なさいってことですね、すいません。

凛々さんは帰宅後、すぐに仮眠を取って11:30頃起きようかと思っているのですが、今入った情報によると、「日本人の愛する洋楽アーティストベスト50」の前の番組が

「岩合光昭の世界ネコ歩き「エーゲ海の島々 ジャンプ!」」
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/wk.cgi?area=001&tz=night&ch=10&mode=2&next=

こ、これは11時起きに変更せざるを得ない!

猫とクイーンの組み合わせとは、平日の夜でなければ天国なのにー。酒飲みながらのんびりと観るのにー。あうあう。

しかも年度末の最終週。絶対に休めない週。

みんな!明日は死ぬ気で頑張りましょうね!(←放送前から明日の心配)。

Queen1973


●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 時空を超えたファンタジー | トップページ | まさにハンガリー狂詩曲 »