« まさにハンガリー狂詩曲 | トップページ | 観られなかった人のために。その16 »

2013年3月30日 (土)

胸毛祭りもあるにはある。

200man02

 200万PV記念・必殺の横尻!

…とか、出だしから何言ってんだかよく判りませんが、おかげさまをもちまして、本日日付が変った頃くらいに当「勇気凛々」はめでたく200万PVをいただきました。

いつも遊びにいらしてくださるみなさま、本当にありがとうございます!
楽しんでいただけていればいいのですが…

「100万PV御礼、胸毛祭り」っていつだった?と確認しましたら、昨年の1月でした。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/100pv-899f.html

ついでに「150万PV御礼、胸毛祭り?」は昨年9月。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/150pv-00a4.html

ああ、月日の経つのは早いものでございます。
…っていうか、なんで毎回胸毛なんだ。

答え:それが「勇気凛々」です。

んで、今回はなんか久しぶりに参加型のイベントがしたいな、とか思ってちょっと考えていたのですが…

以前ツイッターでもつぶやいたのですが、なんかこの頃、「クイーンの」とうたいながらパッケージに載っているのはフレディだけ、みたいな状況に、凛々さん、実は微妙に違和感を覚えているのですよ。

これとか

1986

これにしても。
(私信:私もこれが裏焼きだってすぐに判りましたよ!ええ、こねこさんと同じ理由で!

Willrockyou

86年ウェンブリーだって、当時のビデオはこうだったのに、

Wembley86vhs

今、これだし。

Wembley86dvd

昔、というかフレディ生前は、こうではなかった気がするの。
少なくとも日本では(個人主義のヨーロッパとも違って)、「クイーン」といったら当たり前にクイーン4人、だったと思うんですよね。

このブログでも「カテゴリー:クイーン」の記事の時は、なるべく4人が写っている写真を使うようにしています。
私の感覚だとそれが当然なので、改めて「こうしよう」と考えるまでもなくどうも無意識にそうしてたみたいです。

公式さんがやってることなので文句をつける筋合いではないんですが、「クイーンは4人でクイーン」を叩き込まれて育った凛々さんには、どうにもかすかな違和感が、ひっかかりが、ぬぐえなくて困ってます。
…たぶん、ブライアンとロジャーが大人になったんだろうな、という気もするんですけどね(笑)。

というわけで(あー、長い前置きだった)、今回、

「日本人の愛する洋楽アーティストベスト50」1位&「勇気凛々」200万PV記念!

アンケートを開催いたします!

クイーンは4人でクイーン!
才能ある、そしてその才能の方向性が恐ろしくバラバラな4人が奇跡的に出会い、運命を共に歩んだ結果、生み出された珠玉の芸術の結晶こそが、クイーン。

4人のクイーンがつむぎだしたそれぞれの楽曲で、それぞれ一番好きな曲はなんですか?

http://enq-maker.com/fTKIvLk

楽曲に順位をつけるというよりは、4人のそれぞれの才能に改めてスポットを当てたい、という気持ちから、開催することにしました。

携帯からでもご参加いただけます。締め切りは4月25日。
ぜひぜひ、みなさまのご参加をよろしくお願いいたします。

えーーー、じゃあ今回は胸毛祭りはやんないのぉ?

 

いえ、それはそれです。

200man03

ででーん。

200man06

ででーん。

200man01

ででーん。

200man07

ででーん。

えーまー、相変わらずのマイペースなブログですが、ふらっと遊びにいらしてなんとなーく楽しんでいただければ、それだけでとても嬉しいです。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


●「日本人の愛する洋楽アーティストベスト50」第1位記念
 &「勇気凛々」200万PV記念アンケート

Banner_3
http://enq-maker.com/fTKIvLk

みなさまのご参加心よりお待ちしております。

●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« まさにハンガリー狂詩曲 | トップページ | 観られなかった人のために。その16 »