« 具体的にロマンティック | トップページ | ランキング・13年3月 »

2013年3月14日 (木)

「御家人斬九郎」明日、伝説の最終回

Zanku02

えー、タイトル通りです。念押しです。
明日15日の午前11時から、時代劇専門チャンネルにて、「御家人斬九郎」伝説の最終回放送です。

http://www.jidaigeki.com/program/detail/jd00000415_0010.html

昼間、お仕事などでご不在の方は、今夜中に予約をお忘れなく!
これを逃すと、次にいつ観られるか判りません!…たぶん。

ファンが多い、評価の高い作品でありながらなぜかDVDになっていないため幻の名作と化している、渡辺謙主演の時代劇「御家人斬九郎」、可笑しいというか、嬉しいのが時代劇専門チャンネルのサイト上にも、

※QUEENの曲を使用した、あのラストシーンがここに完全復活!

と書いてある(笑)。

http://www.jidaigeki.com/regular/zankuro/index.html

まあ、それくらい衝撃的、というか…いや正直なところ、リアルタイム当時は大方の視聴者は「なんじゃこりゃーーーー」状態だったんですよ。

あ、オリジナル版放送は2002年2月です。
まだ、2004年に突如訪れるクイーンブームの前です。
「斬九郎」自体が時代劇ファンの、通好みの人気作品だったので、

何考えてるんだ、斬九郎!

と思われても仕方ない情勢だったんですよ。結果、物凄い賛否両論でね。
「記念すべき最終回なのに」と言う人やら、「いや、斬新でいい」と言う人やら。

凛々さんは元々渡辺さんファンなので(宮城県民は問答無用で謙さんを贔屓にすることが条例で定められています。…嘘です)「斬九郎」も毎回楽しみに観ていたのですが、最終回にはさすがに驚愕しました。
渡辺謙さんがクイーンを始めとするクラッシックロック系がお好きなことは知ってたんですが、それはそれ、これはこれ。

いやだって、時代劇に洋楽(歌詞あり)ですよ!
どっちも好きだけど、双方に共通点はない、というか、双方を同時に並べて考えたことすらなかった「斬九郎」とクイーンのまさかのコラボ!

ああ、自室でひとり絶叫したあの夜のことが走馬灯のように蘇るわ(笑)。

明日視聴できる環境の方は、「明るい眠狂四郎」と言われる松平残九郎の太ももチラリの華麗な殺陣、蔦吉姐さんの徒な艶っぽさ、

Zanku01

そして番組最強のラスボス・麻佐女様をお楽しみください。

なにより時代劇の最終回としてそれはどーなの的なアレを、ぜひ実際にお確かめくださいね♪


●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 具体的にロマンティック | トップページ | ランキング・13年3月 »