« 読売新聞「フレディ・マーキュリーinザンジバル」 | トップページ | キスの日。 »

2013年5月21日 (火)

計算式

(A + B)× C = D


: Badgers (Weebl's cartoons)

http://www.youtube.com/watch?v=EIyixC9NsLI

: Dr.Brian May

659023937

: Flash Gordon (Hawkmen vs Ajax)

http://www.youtube.com/watch?v=VnTHypbLlkE

: Save The Badger Badger Badger (Weebl's cartoons)

http://www.youtube.com/watch?v=EllYgcWmcAY

…まあ、そういうワケで。
http://amass.jp/22408

 ☆   ☆

イギリスの畜産農家を悩ませている「牛結核」という伝染病があります。
これは字の通り牛の結核なのですが、これに感染した牛は殺処分、同じ牛舎の牛は隔離措置。2012年上半期だけで、イギリスで1万8000頭の牛が処分されました。

このウシ型結核菌を野生のアナグマが媒介するために、畜産農家は野生のアナグマを駆除したがっているわけです。

ところが、実際に駆除してみたらかえって牛結核の感染が広がった、とか、実は牛から牛への感染が主だ、とかいう研究もあって、アナグマ駆除に効果があるかどうかに疑問もあり、元々アナグマはイギリスでは保護動物でもあるので、保護団体は闇雲な駆除からワクチン接種に対策をシフトするべきだ、と主張しているわけです。

現在、イギリスの複数の動物保護団体が合同でアナグマ保護の「チーム・バジャー」を立ち上げ、ブライアン博士がその、言葉は悪いけど「広告塔」の役割を果たしているという状況です。

参考:【今、何が問題なのか】アナグマを殺さないで
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/596238/

(上の記事の中の署名運動は「一定数」に達し、イギリス議会は2012年に予定されていた駆除の、2013年への延期を決めました)

日本ではどうなんだろう、とちょっと調べたんですが、日本でもウシ結核は「家畜の監視伝染病」に指定されていて、発見次第早期の処分で蔓延を抑えているようで、発生数は年間0~1件と極めて少ないようです。
http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_fact/k11.html

一番いいのはたぶん、ウシにも有効なワクチンの開発、なんですよね?
現在、アナグマ用のワクチンはあるようなんですが…ああ、研究者さま頑張ってください!と願わずにはおれないです。


●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 読売新聞「フレディ・マーキュリーinザンジバル」 | トップページ | キスの日。 »