« 「ロックの貴公子」って日本限定かと思ってた | トップページ | グッド・モーニング・アメリカ! »

2014年3月 1日 (土)

今日の本題は最後の7行

フレディ映画のきらびやかなキャスティング(ウワサ)に関して、ロンドン支部長ケイトさんとも言ってたんですが、「問題はライブエイドまで、ってことだよねぇ…(遠い目)」。

フレディの「極端から極端へ」の変容に関してはブログでも何度か書いてはいますが、でも当時のファンが受けた衝撃たるや、真面目な話とてもとても凛々さんの文章力では表現しきることは出来ません。

だってほら、一度頭をまっさらにして、その後のフレディを知らないこととして考えてみてくださいよ。

これが、

0301_02

一夜明けたらこうなっていた

Playthegame

んですよ?
10代のイタイケな乙女にこの仕打ちはあまりにムゴくないですか?

私の6年間を返せ。

的な。

初めて「プレイ・ザ・ゲーム Play The Game」のPV観た時の阿鼻叫喚の地獄絵図たるや。
あまりの絵ヅラに元々決して活発とも言えない脳細胞活動根こそぎ全部持ってかれて、「プレイ・ザ・ゲーム」自体がどんな曲だったかなんて、記憶の片隅にも残りませんでしたよ!

そりゃ、それまでも短パンとかレオタードとか胸毛サスペンダーでクリストファー・ストリートとか、それなりの鍛えられ方はしてましたよ、してましたけどね。どこ鍛えてんだって話ですけどね。

いやいや!待て待て、別に!「顔だけファン」じゃないし!要は音楽性にホレてるわけだし!

とか自分を手動操縦に切り替えようとケナゲにも試みたわけですが。

不幸にしてアルバム「ザ・ゲーム The Game」ってのがこれがまた、過去最高にアメリカナイズなアレでして、実際過去最高にアメリカで売れたアルバムであるわけでして、ロカビリーなろけんろーで全米一位取っちゃったりなんかしたりして、初期のクイーンの重厚な物語性、今で言うところの中二病風味のファンタジー、万華鏡のように変幻自在な光と闇の洪水に脳髄浸らして心酔してた世界観とはあまりの別世界直行便で、自分を納得させるには、ちょーっと厳しい作風だったんだな、アレはアレで。

ってゆーか、この胡散臭い謎のおっさんが「クイーン」とかいうバンド名なのはあれでしょ、いわゆる不当表示でしょ、原材料偽造でしょ、記者会見開いて社長が頭下げるレベルでしょ。

もうほーんと気を取り直すのが大変だったんだからね!
82年に西武球場で再会するくらいまで、そりゃもう生暖かく見守っていたものさ。
ま、おかげさまでその後の女装だのイセエビだのなんて、もうぬるくてぬるくて。はっはっは。今更そんなので驚かないもーん。

大概のことには動じない強靭な精神を培うことが出来たのは、ひとえにヒゲの衝撃の賜物です。っていらねぇ、そんな賜物。

今では短髪ヒゲのフレディの方が、「フレディ・マーキュリー」のブランドイメージになっているのが、だからちょっと面白いです。

 ☆   ☆

あ、それはそうと、来週の木曜にクイーン+アダム・ランバートの何か重大発表が、NYのマディソン・スクエア・ガーデンで行われるらしいですよ。

http://goo.gl/yN5dG4

アメリカツアーのことなんだろうな、っていうのは判るんですが、その場でパフォーマンスもあるかも?ってウワサもあるみたい~。

現地時間6日木曜の午前中、らしいので、日本時間だと6日の夜~深夜くらいになります。ネット上とかで観られるのかなぁ?


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「ロックの貴公子」って日本限定かと思ってた | トップページ | グッド・モーニング・アメリカ! »