« 「胸毛男」再放送決定! | トップページ | マスコミの勇み足 »

2014年5月31日 (土)

フレディのことを考えない日はない、と

Thecross_04

長期アメリカツアーや年末予定のコンピレーションアルバムの話題もあって、ネット上でもクイーン関係の記事が結構いろいろ華やかになってて正直全部拾い切れてない嬉しい悲鳴状態ですが、偶然見かけたちょっとイイ記事があったので、短かったので翻訳してみました。

http://teamrock.com/news/2014-05-19/freddie-would-love-lambert-says-taylor

[タイトル]
フレディはアダムが気に入ると思う、とテイラーは語る

[小見出し]
クイーンのドラマーはかつてのフロントマンを取り替えるつもりではないようだ―そして未だに毎日、彼のことを考える、と

[本文]
クイーンのロジャー・テイラーは、フレディ・マーキュリーはクイーンのUSツアーで自身の役目をしている男を「なかなか良い」と思うんじゃないかな、と語った。

ドラムのテイラーとギターのブライアン・メイは、ボーカルの任を与えられたアダム・ランバートと共に、クイーンの長期ツアーのためにアメリカに滞在する。

テイラーは、1991年にエイズの合併症で亡くなったマーキュリーの代わりなど誰にも出来ない、と力説しつつ、このクイーンの伝説的なフロントマンが、アメリカンアイドル準優勝者であるランバートのスタイルのことは好きだろう、と、確信している。

テイラーは、ドイツのBluewinチャンネルに語った。

「ブライアンと俺がクイーンとしてコンサートをするなら、フレディのイミテーションなんか欲しくなかった。だってヤツの代わりなんて誰にも出来ないから。俺たちにとってはね」

「それは間違った解釈だ。アダム・ランバートは別個の独立したアーティストだ。彼はとても演劇的で、本物のディーヴァで、そこが凄くクイーンに合ってる。フレディもきっとアダムを気に入ると思うよ」

そしてテイラーは、マーキュリーが彼の想いから決して遠くないと付け加える。
未だにフレディのことを考えるか?と問われてテイラーは答えた。

「毎日、少なくとも1回はね。ブライアンと俺にとって、自分の人生、自分の土台の一部なんだ。あまりにも長い間、同じ時を共に歩んで来たから」

 ☆   ☆

ドイツのBluewin、とあったのでダメ元で探してみたら、元記事(ドイツ語!)を見つけました。

http://goo.gl/eFg6zj

これによると、英語記事のロジャーの回答の最後に、もう一文あったようで

「実際、フレディは今でも俺たちと一緒にいるよ」

(Eigentlich ist Freddie immer noch bei uns.

…ああ、なんでこの一言を省略したかなー。判ってないなー TEAMROCK.COM!

元記事はご覧の通り結構長いもので、メインの話題はクイーンの公式トリビュートバンド、「クイーン・エクストラヴァガンザ」のドイツ公演についての周知宣伝のようです。

が、他にもいろいろ話題が飛んでいるようで、

Q:「レディー・ガガ」の名前の元があなたの作った「ラジオ・ガガ」なのを誇りに思いますか?

A:始めは信じてなかったんだけど、本当みたいだね。次の世代のミュージシャンに影響を与えることができるというのは素晴らしいことだよね。ちょっとうぬぼれそうだけど、でも実はそのタイトルは小さかった息子がカーラジオを聞いていて発した言葉が元なんだ。

Q:91歳のフレディのお母さんとは今でも接触はありますか?

A:もちろん!年に2~3回は会ってると思うよ。エイズチャリティのイベントとかね。あの素敵な小さな女性は、クイーンズランドの一部だよ。

Q:ブライアンがガンの恐れがあったと読んだのですが。

A:心配ないよ。いくつかテストを受けて、空騒ぎに終わって、ブライアンは大活躍してる。

Q:ブライアンは自然科学の研究者でもありますが、「テイラーと月」の間の会話をどう想像すればいいですか?

A:俺たちはあらゆることについて熱心に話し合い、そして常に一致しないんだ。フレディの場合は何かしら平和的な解決方法をヤツが持って来たものだけどね。
でも今は(自分とブライアンが)クイーンとして活動できる全てなので、協力関係を保つことを第一にしてる。

 ☆   ☆

…お、オトナになったねロジャー…(ほろほろ)

ドイツ語記事に関しては、さすがに自動翻訳とネット辞書を参考にしながらの要約なので、なんか間違ってたらすいません。まー、だいたいこんなこと言ってるんじゃないかな、くらいの感じでここはひとつ。

それにしても、英公式やブライアン公式、オフィシャルファンクラブなどで、世界のクイーン関係のニュース記事などはいろいろと取り上げて紹介されるんですが、日本語のニュースって、英語圏でない悲しさ、公式さまに拾われないんですよねぇ。

アメリカツアーからいきなりオーストラリアツアーににぎやかな話題が飛んでて、ちょっと寂しい。

あ!それで思い出したけど、オーストラリア公演、日程が増えたんですよ!またしても!
こちらで紹介した4公演に、新たにシドニーとメルボルンが1公演ずつ追加になって、

パース8/22 シドニー8/26、8/27 メルボルン8/29、8/30 ブリスベン9/1

の6公演になりました。
たぶん9/5にはMPTのイベントか何かでロンドンには戻るんじゃないかと思うのですが…

…あっという間に来るのね、9月5日。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ハザードラボクリック募金

1日1クリックで、日本赤十字社を通じ東日本大震災の被災地を支援できます。

●ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

1日1クリックで、東日本大震災の被災地の復興を支援できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「胸毛男」再放送決定! | トップページ | マスコミの勇み足 »