« Happy Birthday Roger ! | トップページ | なんとなくカウント・ダウン 7/25 - Uncasville »

2014年7月27日 (日)

そろそろ日本視野 7/23 - E. Rutherford

20140723_01

現地時間7月23日夜(日本時間24日朝)のイースト・ラザフォード公演が始まる前、凛々さんがドトールで出勤前のアイスコーヒーなぞ優雅に飲みながら、何気なくネットをのぞいてみると、とんでもないニュースが駆け巡っていました。

会場の Izod Center でのサウンドチェックで、なんと「ボーン・トゥ・ラブ・ユー I Was Born To Love You」を練習していた!という。

のええええ!?

■ I Was Born to Love You - E. Rutherford, July 23,2014

http://youtu.be/UIwyl6Ss1vo

たぶん、このことの、真の意味が理解できるのは日本のクイーンファンだけだと思います。

2004年1月~3月までフジテレビで放送された木村拓哉さん主演のドラマ「プライド」で、1995年に発売されたアルバム「メイド・イン・ヘヴン Made In Heaven」に収録されていたクイーン版の「I Was Born To Love You」が主題歌に使用されました。

同時に「プライド」のサウンドトラック兼日本独自のベスト盤である「ジュエルズ Jewels」が2004年1月に発売され1週目でオリコン1位を獲得、なんとその年の洋楽チャートの年間での1位に輝く大ヒットとなりました。

(年末に確かNHKの番組でブライアンの「1位ありがとう!」というメッセージ映像が流れたのを覚えてます)

なにしろ「華麗なるレース A Day at the Races」以来、27年ぶりにオリコンアルバムチャート1位となったため、英クイーン側には

「I Was Born To Love You」は日本で物凄く人気があるんだ!

という、確固たるスリコミがなされておりまして、2005年の+ロジャースの来日公演では本来のセットリストにはない同曲を、「日本のファンのために」と急遽ロジャーが、ブライアンのアコースティックギターの伴奏で歌っています。
また、ミュージカル「ウィ・ウィル・ロック・ユー」でも、日本でのみ、アンコールで同曲が演奏されています。

…ぜえぜえぜえ、ごめん、説明長かったよね、知ってる人にはイマサラな話かもしれませんけど、新しい世代のファンやアダム君のファンの方のために、きちんと背景を説明しておきたかった。

と、いうわけで!凛々さん何が言いたいのかというと、

これはサマソニで「I Was Born To Love You」、やるね!

たぶん、日本だけのセットだね!

それにしても、こういうタイトなスケジュールだと、ツアー中にフェス用のセットリスト組みなおして、新曲のリハもやらざるを得ないんですね…考えてみたら「まあ、そうだろうな」とは思うけど、大変だなぁ。

逆にこのリハ音源聞いたアメリカのファンは、意味不明でしょうね…「やらないのにリハ?」って。

20140723_03

さて、この日の公演は、こちらの方が部分的にストリームしてくださったようです。

http://www.ustream.tv/channel/queen-adam-lambert-izod

ライブ会場でストリームしてくださる方や、撮った写真をその場でネットにアップしてくださる方って、本当に凄いと思うわ。
遠い国のファンには有難いけど、ちゃんとライブを楽しんでくれているのかしらと心配になりますよね。

セットリストは基本リストから、「Don't Stop Me Now」と「The Show Must Go On」が抜けています。

■ Bass Solo, Drum Battle & Under Pressure - E. Rutherford, July 23,2014

http://youtu.be/po2Q8GLxVbY

3回連続「Under Pressure」貼ってるのは偶然です(笑)。目的はそっちではなくて、ニールさんのベースソロが貼りたかったから。

フィーチャーされているのは「Nevermore」「Don't Try Suicide」「Body Language」「Dragon Attack」の4曲?「Body Language」のベースラインって全編に渡ってかっこいいですよね。

ジョンのベースソロなんて思いもよらなかったけど、こういう名ベースラインの組み合わせだったら面白かったかもしれないなー。…まあ、本人がやりたがらなかったから、なかったんでしょうけれどね。

■ These Are the Days of Our Lives - E. Rutherford, July 23,2014

http://youtu.be/HjnQehVUbgM

ジョンが映し出されるところで歓声が起こります。
「元気かい、たまには顔見せてくれよ」っていう意味の、「うぉー」だと思うの。

「Au revoir IZOD - that was one of the best for me. I was lost in it - thanks New Jersey folks !!! Bri 」

https://twitter.com/DrBrianMay/status/492167177697759232

博士としては、満足出来る内容のライブだったようです。

20140723_11

次の公演は、7月26日アトランティック・シティ、夜8時(日本時間27日朝9時)から!
ロジャーのお誕生日公演です!頼んだぞ、アダム!(笑)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ハザードラボクリック募金

1日1クリックで、日本赤十字社を通じ東日本大震災の被災地を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« Happy Birthday Roger ! | トップページ | なんとなくカウント・ダウン 7/25 - Uncasville »