« Happy Birthday Brian ! | トップページ | 観られなかった人のために。その22 »

2014年7月19日 (土)

作曲家集団としてのクイーンの非凡さ 7/13 - Toronto , 7/14 - Montreal

●7/13 - Toronto, CANADA

140713_02

こんなに!こんなに!
こんなに幸せそうな、楽しそうな、この上なく満ち足りた顔をしたブライアン・メイとロジャー・テイラーを2014年の今、観ることができるのならそれだけで、ただその一点だけでも、アダム・ランバートとの長期ツアーには意味があったのだ、と凛々さんは断言します。力説しちゃいます。

ちなみにこの写真の向かって右側には実はアダムがいて、二人を見ながら「きゃーーーーっ♪」って感じですんげえ嬉しそうに拍手してます。動画でご確認ください。

■ Toronto PART 1 OF 6 - July 13,2014

http://youtu.be/LQG-NEJ6PSc

PART 2 OF 6
http://youtu.be/vZbOe4uhoEE

PART 3 OF 6
http://youtu.be/i6OqbLzxp1w

PART 4 OF 6
http://youtu.be/jxS_FjA0qok

PART 5 OF 6
http://youtu.be/Az3kvwnd678

PART 6 OF 6
http://youtu.be/LEZs_e5rwZo

パートナーとしてのアダムの一番いいところは、才能ある対等なアーティストとしての部分と、クイーンが、ブライアンとロジャーが素直に大好きなファン目線の部分とが、無理なく彼の中に共存できているところなんじゃないかな、と思います。

偉大なる「クイーン」と突っ張って戦おうとはせず、「アダム・ランバート」として溶け込もうとしている。その「クイーン」世界を、一ファンとして、大事にしようとしている。
凛々さんは、そこが一番嬉しいです。

それと、やっぱりクイーンって楽曲がいい!
全編サビ、みたいなキャッチーさ、耳触りの良さ。親しみやすくありながら、正調ハードロックからバーレスク風(これはフレディの仕業)、そして歌い上げバラードまで、バラエティに富む曲調。「似たような曲」なんてものが、ただの1曲もない。

アダムが「アダム・ランバート」としてクイーンの曲を歌うことで、その楽曲の良さ、

作曲家集団としてのクイーンの非凡さ

が、改めて証明されている、と感じます。

140713_01

…そりゃ、ロジャーもこーんな笑顔でアダムを見るさ!そりゃ可愛いさ!このこの!


●7/14 - Montreal, CANADA

140714_04

ところで実はこのカナダ2公演、トロントとモントリオールには、このブログにもたびたび情報や資料を共有してくださっている「Kyo」さんが遠征なさいました!

実際に体感したお土産話も楽しくおうかがいしているのですが、その Kyo さんがモントリオールのフルオーディオ音源をアップしてくださっています!

Queen + Adam Lambert 2014-07-13 by Kyo_jp by Kyo_Jp on Mixcloud

http://www.mixcloud.com/Kyo_jp/queen-adam-lambert-2014-07-13-by-kyo_jp/

映像があるとつい見入っちゃうから、音源だけていうのは個人的に作業中に嬉しい!(ブログ書いたりブログ書いたりブログ書いたり。いやもう、書いても書いても追いつかなくてねぇ、もうどうしたもんかと)
Kyo さん、いつもありがとうございます!

さてそのモントリオールで博士の「ご当地シリーズ」再び。

140714_05

今回は、カナダで一番人気のあるスポーツ、アイスホッケーの地元チーム、「モントリオール・カナディアンズ」のユニフォームです!
ブライアンのスタッフ、相変わらず抜かりなしです。

140714_02

…うん、まあ、野球のユニフォームよりはちょっとはマシ、と一部で好評。ま、あくまで比較の問題です。

この「ご当地シリーズ」(勝手に命名)も最後にずらっとまとめてみたい。
あと、まとめたいと思っているのはエンディングシーンなんだよなー。「チャンピオン」後のカーテンコール集、みたいなのやりたいです。「God Save The Queen」集。

…たぶんそんなヒマないわねぇ(笑)。

■ Who Wants to Live Forever - Montreal, July 14, 2014

http://youtu.be/79sQlDcEesU

博士の、アダムを見つめる瞳がとても優しいです。

さて、記事の方はフィラデルフィア公演とNY公演がまだ記録できてないんですが(この連休でぜってー追いつく!)、次の公演はコネチカット州アンカスビルで7月19日(博士の誕生日!)夜8時から(日本時間は20日朝9時)。
でもここんとこ、ちょっと開始時間が遅れ気味みたいですね。

せっかく滅多にないブライアンのお誕生日公演なんだから、「ハッピーバースデー」くらい、歌うんだろうな?

アンカスビルのオーディエンスのノリに勝手に期待している!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ハザードラボクリック募金

1日1クリックで、日本赤十字社を通じ東日本大震災の被災地を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« Happy Birthday Brian ! | トップページ | 観られなかった人のために。その22 »