« だだだっと何日分かのネタ | トップページ | 地獄の一夜 »

2014年11月 2日 (日)

揺れる爺心

140712_10

ここ数日ちょっと悩んでたんですが、「ULTIMATE CLASIC ROCK」のこの記事と、

Roger Taylor Talks About Solo Work, Queen in the ’70s: ‘We Were Just a Heavy Rock Band’ - Exclusive Interview

(by Matt Wardlaw October 21, 2014)

http://t.co/sx2GoUza3X

「billboard」のこの記事って、

Queen's Roger Taylor Talks Solo Work, Hopes Band Will Record With Adam Lambert

(by Gary Graff October 27, 2014)

http://t.co/fj7oBUxeX2

別取材の記事だと思います?
それとも、同じ取材の、別記者の別切り口での記事だと思います?

ぱっと見、別取材のように読めるんですが、でも同じ取材内容が、別記者のそれぞれの切り口(書き口、というかね)によって、まるで違う記事のように見えるのも、意外によくあることですし。

まあ、「ULTIMATE CLASIC ROCK」も「billboard」も大きなとこなので、それぞれにロジャーに取材したのかな?という結論に、凛々さんの中ではなりかけているのですが…なんとなく確信は持てないです。

あ、ちなみに「ULTIMATE CLASIC ROCK」の翻訳記事は「RO69」(2014.10.23)のこちら。

http://t.co/IvFaEJaSZs

「billboard」の翻訳記事は、「BARKS」(2014.10.29)のこちら。

http://t.co/pzlFCqUtJs

たとえば、アダム・ランバートとのコラボについて、「ULTIMATE CLASIC ROCK」だと、

I think it would be great to do something, yeah. Not an album, probably. He’s got his own stuff to do, and that’s very much a priority for him. I think it would be very interesting, because his voice is so extraordinary and I think we could really do something great with it. I see no end to the possibility and the potential of Adam Lambert. He’s a fabulous performer, and I think it would be very interesting to do something with him.

(同部分、「RO69」では
その一方で今後アダムとの作品制作の可能性はあるかという問いに対してロジャーは「なんかやれたら最高だと思うよ。でも、アルバムはないかな。アダムには自分でやっていることもあるし、アダムにとってはそれがまず最大のプライオリティになってるから」と説明している。)

「billboard」だと

I think it would be a very interesting experiment.It would be nice to just go in and see what came out. I don't know if it would be an album or anything, but I think it's too good a marriage to jsut let it go at touring. I'm sure we'll do something. His voice is so extraordinary, and it's a beautiful instrument. I think it would be nice.

(同部分、「BARKS」では
すごく興味深い試みになると思う。(スタジオへ)入ってどんなものができるか見るだけでもいい。それがアルバムになるかどうかはわからない。でも、ツアーだけで終わらせるには良すぎる結婚だ。僕は、何かやるだろうって確信している。彼の声は類まれで、美しい楽器だ。)

となっていて、仮にこれが別取材だとすると、1週間程度の間に「アルバムはないかな」から、「やれたらいいと思うけどね」的な感じにびみょーに前進していて、

揺れ動く乙女…ジジイ心

が垣間見れます。

そしてこれがもし同じ取材の別記者の記事だとすると…受け取る側によってこうも変わる、と…

結局、記者が介し(日本の場合、さらにそれを翻訳者が介し)たこと、というのはアーティストの生の発言とは必ずしも印象が同じではない、というのは40年も50年も前から変わらないことなんだろうな、という気はします。

フレディなんか、それでいつも怒ってて、結局取材嫌いになっちゃったものね。
「いつも、言ってもいないことを書かれる」って…

ネット時代になって、アーティスト自身が直接ファンに生の言葉を発信できるようになって、多少は状況も変わったけれど、ロジャー・テイラーのようにネット発信に自分ではあまり積極的ではない人の場合は、まだちょっと話7分目くらいに聞いておいた方がいいのかな、となんとなくブレーキ掛けぎみな凛々さんです。

ツイッターで俳優の渡辺謙さんもフォローしてるんだけど、謙さんも「こんなこと書かれてるけど全然違う」と、報道を自分で訂正(修正)してるのを、2回くらい見たことがあります。でもいちいち全部修正して回ってたらキリがないものね。

前にも書いたんですが(…あった、この記事「スターって大変よねぇ…」)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-4d8e.html

 ●やりたい

 ●やる

 ●進行中

 ●考えている

 ●出来るといいな

と言ったことが、軒並み全部「やる」という決定事項のように、ごっちゃに報道されがちなので、見る側も気をつけて走り過ぎないようにしないとなぁ、と改めて自戒。

そうれはさておき、英文読むのいい加減飽きてる今日この頃。最近、目が拒絶しだしてるんですよー。困ったもんだ。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ハザードラボクリック募金

1日1クリックで、日本赤十字社を通じ東日本大震災の被災地を支援できます。

●ゆうゆう京都のクリック募金
http://www.uukyoto.com/

募金先:―あしなが育英会―
津波で保護者が死亡(行方不明)または著しい後遺障害を負った人の子どもさんへ

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« だだだっと何日分かのネタ | トップページ | 地獄の一夜 »