« 6ペンスの唄を歌おう | トップページ | えびばでぷれいざげーー♪ »

2015年6月 4日 (木)

アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭

Gala

ここのところブライアン関係の記事ばかり続いていますが、なにしろクイーンで今一番アクティブなおぢさまですからー。

ということで、6月1日、オペラの音楽祭である「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」のオープニングガラコンサートに、アクティブなブライアン・メイおぢさまが、ケリー・エリスちゃんと一緒にご出演しました。

アレーナ・ディ・ヴェローナというのは古代ローマ時代の円形闘技場。バリバリ古代遺跡です。出来たのは紀元前30年頃(笑)。

6verona0

さすが歴史の国イタリアはスケールが違う。

Verona01

「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」は毎年6月から8月いっぱいまで、夏中、オペラの野外公演が繰り広げられる一大イベントのようです。

繰り返します。オペラの音楽祭です。

さっそく、「Who Wants Live Forever」「Bohemian Rapsody」「Somebody to Love」「We Will Rock You」の動画がアップされていました。

さんばで歌う博士は初めて見た!

https://youtu.be/HcQx36nJZpk

https://youtu.be/xrRLNZpEwHA

https://youtu.be/n-i9ZGDF9PI

オマケ「Brian May parla di Freddie Mercury(フレディー・マーキュリーについて語るブライアン・メイ←自動翻訳的な何か)」

https://youtu.be/3JGGW0oQ2VE

そうか!博士が金サギ着たのは「Bohemian Rapsody」なのね!

…いえ、先に金サギの画像だけ見たので、「い、イタリアに持ってったのか博士…恐れおーくもファッションの本場に!」と驚いていたのです(笑)。

Verona03

共演のヴィットリオ・グリゴーロさんは、1977年生まれのテノール歌手で、「パヴァロッティの再来」ともいわれる今注目の若手歌手、なんだそうです。

伸びやかな素晴らしい声ですね!

http://www.sonymusic.co.jp/artist/vittoriogrigolo/

それはいいとして

Verona02

そ、その黄色ジャケットはっ!
(笑)

グリゴーロさんのこと、凛々さん不勉強にして存じ上げなかったのですが、とりあえず

ものすごく空気を読む人

だということは判った、よく判った。今後注目します。

…しかしそぅかぁ…77年生まれかぁ…
もはや、「Bohemian Rapsody」がリアルタイムじゃないんだね…(感慨)。

それにしても、「オペラの音楽祭」にお呼ばれして、自分たちのオリジナル楽曲を演奏して違和感がないロックバンドっていうのも、考えたら凄いね。

それはつまり、「いかに楽曲そのものに力があるか」ってことだと思うんですね。クラシカルなアレンジにも負けない、楽曲そのものの、強さ。

なんだか誇らしいですよね。

ところでイタリア・ヴェローナの地は暑いのか、もしくはリゾート気分ですっかり開放的になったのか、いや、元々がこういう人だったのか(←有力説)、会場周辺で髪をひっつめにくくった短パン姿の博士がちらほらと目撃された模様です。

Verona05

後ろ姿はこう…

Verona04

いる。こういうおばさんいる。日本の夏にもいる。そこここにいる。

またくこのレジェンドはーーーー。

※追記6/10

こちらの記事に、クイーン楽曲部分の通しの動画を貼りましたので、ご覧ください♪

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-8d9a.html


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ハザードラボクリック募金

http://www.hazardlab.jp/bparts/click

1日1クリックで、日本赤十字社を通じ東日本大震災の被災地を支援できます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 6ペンスの唄を歌おう | トップページ | えびばでぷれいざげーー♪ »