« 「オデオン座の夜 A Night At The Odeon」劇場上映キターーー! | トップページ | ブライアン&ケリー「ワンヴォイス・ツアー」 »

2016年2月 9日 (火)

スーパーボールのスーパーなCM

Somebodytolove

プロアメリカンフットボールリーグNFLの優勝決定戦「スーパーボール」の第50回大会が昨日(現地の日付では一昨日)開催されましたが、このスーパーボール、アメリカ最大の(ということはほぼ世界最大の)スポーツイベントと言われています。

今年は恒例のオープニングの国家斉唱をレディー・ガガ様が務めた映像が、すでにあちこちで話題になっていますね。

https://youtu.be/tyqkN3zezso

アメリカ国中こぞってスーパーボールで注目度が著しく高く、そのテレビ中継はたびたび年間の最高視聴率をマーク。ここ十数年は40%台を下らないとか。

なもんですから、提供スポンサーもこのスーパーボール用に(40%を越える高い視聴率を当て込んで)手の込んだ新作テレビコマーシャルを続々投入することでも有名です(ちなみにスーパーボールのCM枠は、夏季オリンピックやサッカーワールドカップを上回る、世界一高額なCM枠らしいですよ)。

老若男女が視聴するCMなので耳になじみのある曲、というわけでもないのでしょうが、今年のCMにはヴァン・ヘイレンやテッド・ニュージェント、ガンズ・アンド・ローゼズ、ELOなど、クラッシックロック系の音楽が結構使われてたみたいで、それらの中には我らがクイーンの名曲も!

●ヒュンダイ・アメリカ

https://youtu.be/-R_483zeVF8

娘のデートに自分の新車を貸してやる理解あるパパ…には裏があって、コムリンクで車がどこにあるか一目瞭然、カップルが行く先々にパパの監視が…というコメディCM。

使用楽曲の「地獄へ道づれ Another One Bites the Dust」は、可愛い娘に近づく男は皆殺しにしてやるぜーーーというパパの心情でしょうか(笑)。


●スキットルズ

https://youtu.be/21ivbtgqJkg

アメリカのキャンデイ「スキットルズ」で出来た自身の肖像画を見せられたスティーヴン・タイラー(本人・笑)、なんだこれはと憤慨していると突然肖像画が「まだ俺の歌を聴いてないじゃないか!聴いてから評価してくれ!」とエアロスミスの名曲「ドリーム・オン Dream On」を歌いだします。が、満足出来ないスティーヴン、「もっと高く!」「もっと!」とあおると、スキットルズ製の肖像画は気張りすぎてバラバラに。

…いや、この絵じゃそりゃ本人怒るでしょ(笑)。


●アウディ・アメリカ

https://youtu.be/yB8tgVqmKzw

年老いて生きる活力を失っていた元宇宙飛行士を心配した息子が、アウディの新車のドライブに父を誘います。宇宙を飛ぶような夜のドライブに、かつてロケットに乗り込んだ若き日がシンクロしてみるみる表情を取り戻して行く元宇宙飛行士。

流れる曲はデヴィッド・ボウイの「スターマン Starman」。ぴったりですね。


●ホンダ・アメリカ

https://youtu.be/kTaCT8ZmdJA

ピックアップトラックの荷台に付いたスピーカーから流れる「トラックベッドオーディオ」という世界初の装備をアピールしたCM。
牧場に羊を移動するピックアップトラックから流れる「愛にすべてを Somebody To Love」を聴いた羊たちが、人間がいなくなるとクイーンばりの見事なコーラスで「Somebody To Love」を歌いだします。

途中で、「シッ!人間が来たぞ」という合図に1頭だけ間に合わなくて「あー」とズレて歌っちゃうところが可愛い♪

 ☆   ☆

クイーンを使った2社がどっちもアジア系企業なのは偶然?まあ、アメリカ法人なので関係ないとは思いますけど。

日本でのスーパーボールの放送はNHK-BS1だったので、どっちみちコマーシャルとは無縁の世界(笑)。

でもこうして現地のCMがリアルタイム、どころか放送日の前からネットで視聴できてしまう、というか企業的にはむしろ積極的に観せたい、とういう事情も、使われる楽曲が世界的に有名な曲、グローバルな曲になりがちな理由のひとつ、なのかな?


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「オデオン座の夜 A Night At The Odeon」劇場上映キターーー! | トップページ | ブライアン&ケリー「ワンヴォイス・ツアー」 »