« 猫とピアノとフレディと | トップページ | 観られなかった人のために。その27 »

2016年4月26日 (火)

周回遅れでゆっくりと

Cybnbvvw8ael8sd

ここんとこ「いつの話だ」がシリーズ化しちゃってます。

1月にボウイさんが亡くなってから、世間も、そして凛々さんももやもやした心の風景の中をうろうろと彷徨っていた約3ヶ月の間。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/1972-1c87.html

どうも自分が思っていた以上にその衝撃が大き過ぎ、どう向き合っていいのか判らなくて、なんだか思考が低調モードに突入してしまって、ざっと振り返ると当「勇気凛々」の1月の記事数は8件、2月は7件、3月10件。

ちゃんと検証したわけじゃないけど、東日本大震災後お休みした期間を除いてたぶん「勇気凛々」始まって以来の少ない記事数だったと思われます。

3月始めに「春のクイーン祭り」の全容がどんどこどんと発表されて、低調とか、ンなもん、悠長なこと言ってられなくなったのは大変ありがたいことでした。

私を助けてくれるのはいつもクイーン。

よっこらせ。ムリヤリ体持ち上げました。ま、心は後から付いて来るしね。

その「春のクイーン祭り」の第一報の頃、実はこの Rolling Stone 日本版の記事も、凛々さんの内側を向いた心にカツを入れてくれたんですよ。

「フレディ・マーキュリー、死と対峙したクイーン最後の傑作とは」
https://t.co/FSdolagvPb

アルバム「★(Black Star)」を、ファンへの最後のプレゼントに届けてくれたデヴィッド・ボウイの死の衝撃から、最後のアルバム「イニュエンドウ Innuendo」を渾身の力で作り上げたクイーンのフレディ・マーキュリーを改めて思い起こした記事です。

フレデイがその10ヵ月後に亡くなるなんてまだ知らなかったから、凛々さんはアルバム「イニュエンドウ」を1991年2月に狂喜乱舞して聴きました。

-------引用ここから-------

バンドが見せた華麗なエレキサウンドへの回帰は、80年代にクイーンが経たニューウェイブ、R&B、インチキ臭いシンセポップの紆余曲折に耐えてきたファンの溜飲を下げたに違いない。

-------引用ここまで-------

インチキ臭いシンセポップ!(笑)

耐えてきたファン!(笑)

さすが「ホット・スペース Hot Space」を一刀両断の元に切り捨てたアメリカの記事!

いやでも、まさに「クイーンが還って来た!」と思ったんですよね、「イニュエンドウ」。
私が信じて待っていたクイーンは、これだ!と。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-d979.html

そこに、アーティストの命そのものがこもっているとも、まだ何も知らずにね。

そして同じことが、2016年にもう一度起こった。

…でもボウイさんもフレディも、私たちを「哀しませよう」なんて思ってなかったはずで、エンターテインメントの権化のようなあの人たちは、やっぱり根本的に「楽しんで欲しい」と思って作ってたんだろう、と思うんです。

マイケル・ジャクソンの時にも書いたんですけど、アーティストに対する最大の賛辞は、「作品を受け止めること」。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-ff16.html

偉そうに自分でそう書いておきながら、私はちょくちょくそれを忘れます。何度も。誰かに何かが起こるたびに。

ああ、そうだった。

思い出させてくれたこの Rolling Stone の記事、タイミング的に、とてもありがたかった凛々さんです。
平素のテンポに戻るにはまだちょっと掛かるかもしれないけど、周回遅れでもその遅れをゆっくり楽しんで味わって行こうかな、と。今は思っているワケです。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●Yahoo!ネット募金・熊本地震災害緊急支援募金

Banner_top_pc

http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/

Yahoo!ネット募金はTポイントでも1ポイントから寄付できます。

●楽天クラッチ募金・熊本地震被害支援募金

http://corp.rakuten.co.jp/csr/contribution/kumamoto_201604.html

楽天ポイントでも募金できます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 猫とピアノとフレディと | トップページ | 観られなかった人のために。その27 »