« 来日直前!スペシャルトークショー&「クイーン|ボヘミアの夜」アンコール上映会(長い) | トップページ | 来日直前駆け込みニュース三連発! »

2016年9月15日 (木)

「耳の虫」になりやすい曲

Queenwewillrockyou

フレディのお誕生日と前後して、いくつか興味深い英文ニュースがあったのでいまさら?ですがご紹介、第一弾。第二弾もある予定。あくまで予定。

Scientists name the ultimate earworm and explain what makes songs addictive
Top 20 official earworms includes a lot of Queen
https://t.co/DDXfYOwRLU

----記事要約----

セント・アンドルーズ大学の哲学・人類学と映画学の合同研究チームは、いわゆる「この曲一日頭ん中で鳴りっぱなし」現象、英語で「earworm」を研究し、科学的要素から選ぶ、earworm 化しやすいポピュラー楽曲20曲を選出しました。

The Top 20 earworms named by the University of St Andrews are:

 1) Queen -‘We Will Rock You’
 2) Pharrell Williams -‘Happy’
 3) Queen -‘We Are The Champions’
 4) The Proclaimers -‘I’m Gonna Be (500 Miles)’
 5) The Village People -‘YMCA’
 6) Queen -‘Bohemian Rhapsody’
 7) Europe -‘The Final Countdown’
 8) Bon Jovi -‘Livin’ On A Prayer’
 9) James Pierpoint -‘Jingle Bells’
 10) Baha Men -‘Who Let The Dogs Out?’
 11) Psy -‘Gangnam Style’
 12) Rick Astley -‘Never Gonna Give You Up’
 13) Journey -‘Don’t Stop Believin’
 14) Mark Ronson -‘Uptown Funk’
 15) Taylor Swift -‘Shake It Off’
 16) Michael Jackson -‘Beat It’
 17) Kaiser Chiefs -‘Ruby’
 18) The Rocky Horror Show -‘The Timewarp’
 19) Meghan Trainor -‘All About The Bass’
 20) Culture Club -‘Karma Chameleon’

最古の曲は「ジングル・ベル」、最多はクイーンの曲。

研究者のビード・ウィリアムズは、earworm 化するには5つの構成要素が必要で、数式にすると

メロディの親しみやすさ + (予定調和 - 驚き) + メロディの説得力 + (リズムの繰り返し x1.5) = earworm

となるとしています。

 ☆   ☆

…なぜ数式にしたし。

特筆すべきはやはり我らがクイーンの楽曲が3曲も入っているということですね。「耳に残る」曲が、多いのですね、やっぱり。

(ただ公平に言えば、セント・アンドルーズってスコットランドの大学なので、クイーンに偏りがちになるのは地域的なものもあると思います。アメリカならこうはならない、たぶん)

クイーンってキャラが濃すぎて(注:フレディだけを指しているわけではない。断じて、ない)つい後回しになってしまうけど、

そもそも楽曲がいいのよ、楽曲が。

むしろ、キャラが濃すぎて正当な評価の邪魔をしているとさえ言えます。
凛々さん、何度か「勇気凛々」でも主張しておりますが。

「クイーンは過小評価されている」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-ebf8.html

「飲んだくれの夕べ」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-b4d1.html

「知ってるつもり。」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7587.html

「クイーンはスペクタクルを出し惜しみしない 7/16 - Philadelphia」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-f7e1.html

メンバーのキャラだけだったら、「伝説」と言われるほどのバンドには、なっていません。
クレイジーな若者なんて、いつの時代にもいくらでもいますもんね。

まず楽曲の芸術性が高く、なおかつ親しみやすく耳に残り、セールス的にもヒットした上での、さらにあのキャラだからこそ、クイーンは今もなお変わらず愛されているのである、ということは、折に触れて主張して行きたいです。

ちなみに調べてみたら earworm「耳虫」を退治する研究がこちらに!

http://irorio.jp/kondotatsuya/20150426/224484/

なんか知らんけどガムを噛むといいらしい!
しかも、これを強迫性障害、強迫神経症の改善に応用できないかと研究しているらしい!

この研究も偶然なのかイギリスなんですけど、イギリス人って earworm になんか並々ならぬコダワリが?

https://youtu.be/JmcA9LIIXWw

「We Will Rock You」貼ると思ったでしょ!

ここはフェイントで20位の耳虫を!
さあ延々頭の中で繰り返そう、か~まかまかまかま…♪

Awards16logo

「CLASSIC ROCK AWARDS
              2016」

 リイシュー・オブ・ザ・イヤー

「QUEEN-The Studio Collection」
  一日一回投票しよう!

 https://t.co/sC8CW4KoJ6

 投票締め切りは2016年9月28日(水)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 来日直前!スペシャルトークショー&「クイーン|ボヘミアの夜」アンコール上映会(長い) | トップページ | 来日直前駆け込みニュース三連発! »