« クイーン+アダム・ランバート2017年北米ツアー発表! | トップページ | 「笑う洋楽展」本 »

2017年1月29日 (日)

Happy Birthday Adam !

Adamlambertpressimage

アダム・ランバートさん、
35回目のお誕生日、おめでとうございます♪

クイーン+アダム・ランバートの2017年北米ツアーが発表になったタイミングで、お誕生日!イヤが上にも盛り上がる!ああもう、アダムさん生まれて来てくれてありがとうございます!(スライディング五体投地)

北米プロモーションのためアメリカを訪れているロジャーとブライアン、CBSの「The Late Late Show」にアダムと共に出演、数曲プレイした模様です。放送は2月初めになるみたいなので、そのうちYoutubeにアップされるかもしれませんね。

https://t.co/iPBvWx9DcB

ブライアン・メイ公式が、2017年北米ツアーのプレス/メディア報道をまとめています。

この中のアダムの、

「It was good when it started, but now I feel like it's more second-nature. I feel like I've crawled into these songs and can run around in them now.」

っていう言葉に凛々さんなんだかぐっと来ました。

凛々さん前回の記事で、「嬉しいけどアダムのソロキャリアは…」なんて余計な心配してたけど、それがほんとに余計な心配だったなぁ、とちょっと反省。

たとえばクラッシックの演奏家は、既存の作曲家の曲を演奏する中で、その中に自己を表現しますよね。
既存の曲、良く知られた曲を通して、聴衆に対してあくまで「自分」を表現する。

上記の発言を見て、アダムは言ってみれば、クラッシックの演奏家のような自己表現の感覚に到達しているんじゃないかと思いました。

アダムはソロデビュー以前、ミュージカルのステージに立っていましたが、その時よりもさらにもっと自由な自己表現が、QALでは出来ているんじゃないかと。そしてそれを、彼自身も気に入っているんじゃないかと。

かなり乱暴な言い方をしてしまうと、QALはクイーン+であると同時に、アダムのソロキャリアでもあるんだな、経験を積んでより深く「芸術」の中に、入ろうとしているんだな、と思うと、なんだかとっても嬉しかったです。

Adamlambert

互いを愛し、愛され、尊敬しあっている、奇跡のようなクイーン+アダム・ランバートのユニットがこうしてまた観られることが、素直に嬉しいです。

アダム、手の掛かるじぃじ二人だけどよろしくね、つい、いいトシこいて無理しがちなとこあるからしっかり怒ってやってね。

そしていつも、いつまでも、アダム自身がその時その時に心から「やりたい」と思うことを、楽しんでやってくださいますように!

Happy Birthday !

https://youtu.be/agWRBGbIevY


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« クイーン+アダム・ランバート2017年北米ツアー発表! | トップページ | 「笑う洋楽展」本 »