« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の9件の記事

2017年1月31日 (火)

「笑う洋楽展」本

Dscn0425

先週末に、友人Mちゃんが誕生祝いをしてくれました。
ありがたいですねぇ、持つべきものは友ですねぇ。

で、いただいた誕生日プレゼントが、コレ。

Dscn0421

わははは!
さすが我が友。判っていらっしゃる。

「笑う洋楽展」の本が出てるのは知ってて気にはなってたんですが、

http://amzn.to/2kMrlIL

緊急性は低かったため、買ってなかったんですね(ほら、他に緊急性の高いのがいろいろあったから…)。

なにしろ、あの「民衆を導く自由の男神」(命名:凛々)の

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/21-42c9.html

綺麗な印刷のが見たかった!(そこ?)
隣がガガねーさんというのもニヤリです(クリックすると結構大きくなります)。

Dscn0424

(ミニフレディ、またもページ押さえに大活躍。フレディのフィギュアがこんなに汎用性が高いとは思わなかったわ)

NHK的には、これは「民衆を導く自由恋愛の女王」というタイトルなんだそうです。
うーん、正直、個人的にはあまり好きじゃない、というか、ピンと来ない。

…ということで、当「勇気凛々」では公式をがっつり無視して相変わらず「民衆を導く自由の男神 Liberty Leading the People」と呼ぶことにしますので!(言い切った)

他にも、番組内ではなぜかきちんと紹介されない名画の数々を、じっくりたっぷりと鑑賞できます!マイケルもエルトンもいたなんて、知らなかったよ!

で、念願の綺麗な印刷の「民衆を導く自由の男神」は見られましたが、実は本文の方には、クイーンもしくはフレディのネタは、ありませんでした。

あんなに貢献してるのに!

ええーん、なんでなんで。出し惜しみ?パート2あり?

とりあえず内容は、放送されたものからの抜粋で、みうらじゅん氏と安齋肇氏のトークが載録されています。PVの映像とか、アーテイストの顔は似顔絵でしか載っていないのは、おそらく大人の事情です。

ついでに言うと、この番組「笑う洋楽展」は、DVDにはならないそうです。それも「大人の事情」だと。…たぶん難しい(そして高い)のでしょうね、権利関係が。

なんでも、昔からサブカルに強いNHKは、60~80年代くらいの洋楽の映像、たくさん買ってあったんですって(つまり放映権を、ってことですよね?)。でも、それを活かせるような番組がない。ああもったいない、宝の持ち腐れ。
ってことで、「笑う洋楽展」は始まったのだそうです、アーカイブを活かすために!そういう裏話なんかも面白いです。

しかし返す返すも第一回「胸毛男」が載ってないのは残念だなー。
悔しいから勝手に貼ってやる。↓これは載っていません。

http://youtu.be/vNhhAEupU4g

でも観てない回のもたくさん載っていたのでちびちびと楽しく面白く読んでます。Mちゃんありがとう!

なお、時々ぶはっと吹いてしまうので、くれぐれも公共の場で読む際はお気を付けくださいね♪

追記

この記事を書籍『笑う洋楽展』の公式ツイッターさんにお知らせしたところ、このようなツイートをいただきました!

…言うたな?絶対やな?


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月29日 (日)

Happy Birthday Adam !

Adamlambertpressimage

アダム・ランバートさん、
35回目のお誕生日、おめでとうございます♪

クイーン+アダム・ランバートの2017年北米ツアーが発表になったタイミングで、お誕生日!イヤが上にも盛り上がる!ああもう、アダムさん生まれて来てくれてありがとうございます!(スライディング五体投地)

北米プロモーションのためアメリカを訪れているロジャーとブライアン、CBSの「The Late Late Show」にアダムと共に出演、数曲プレイした模様です。放送は2月初めになるみたいなので、そのうちYoutubeにアップされるかもしれませんね。

https://t.co/iPBvWx9DcB

ブライアン・メイ公式が、2017年北米ツアーのプレス/メディア報道をまとめています。

この中のアダムの、

「It was good when it started, but now I feel like it's more second-nature. I feel like I've crawled into these songs and can run around in them now.」

っていう言葉に凛々さんなんだかぐっと来ました。

凛々さん前回の記事で、「嬉しいけどアダムのソロキャリアは…」なんて余計な心配してたけど、それがほんとに余計な心配だったなぁ、とちょっと反省。

たとえばクラッシックの演奏家は、既存の作曲家の曲を演奏する中で、その中に自己を表現しますよね。
既存の曲、良く知られた曲を通して、聴衆に対してあくまで「自分」を表現する。

上記の発言を見て、アダムは言ってみれば、クラッシックの演奏家のような自己表現の感覚に到達しているんじゃないかと思いました。

アダムはソロデビュー以前、ミュージカルのステージに立っていましたが、その時よりもさらにもっと自由な自己表現が、QALでは出来ているんじゃないかと。そしてそれを、彼自身も気に入っているんじゃないかと。

かなり乱暴な言い方をしてしまうと、QALはクイーン+であると同時に、アダムのソロキャリアでもあるんだな、経験を積んでより深く「芸術」の中に、入ろうとしているんだな、と思うと、なんだかとっても嬉しかったです。

Adamlambert

互いを愛し、愛され、尊敬しあっている、奇跡のようなクイーン+アダム・ランバートのユニットがこうしてまた観られることが、素直に嬉しいです。

アダム、手の掛かるじぃじ二人だけどよろしくね、つい、いいトシこいて無理しがちなとこあるからしっかり怒ってやってね。

そしていつも、いつまでも、アダム自身がその時その時に心から「やりたい」と思うことを、楽しんでやってくださいますように!

Happy Birthday !

https://youtu.be/agWRBGbIevY


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月27日 (金)

クイーン+アダム・ランバート2017年北米ツアー発表!

2017

2016年アジアツアーをだましだまし終えて、ブライアン・メイ博士が体調不良を理由に休養宣言したのが昨年10月の末。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-cb57.html

「しばらくツイートもしないよ」の「しばらく」がもんのすごく短かった、とか、「いつ寝ていつ起きてるのかまったくの謎」とか、いろいろ突っ込まれつつも世界中から心配され、健康を祈願されていた博士ですが、

いよいよ完全復活です!

はい!来ましたクイーン+アダム・ランバート2017年北米ツアー発表!

日本語ニュースは最速がBARKSさん。
https://t.co/S83Yxi7CZf

NME
http://nme-jp.com/news/32854/

いつもの日程ページ作りました。
始まったらここにセットリストとか追加されます、たぶん。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017NorthAmerica.html

6月23日フェニックスから始まって、8月5日のヒューストーンぬ!まで25公演!

…まーたタイトなスケジュール組んじゃって…こっからさらにじわじわ増えるとか言わないよね?
博士今年70なんだからね!古希なんだからね、古希!フレデイもびっくり。

…まあ、「8月お盆の日本の野外」以上に過酷なライブ環境も滅多にないと思いますので(…その節はごめんQAL)アレに比べれば大丈夫だとは思うんですが、ご一行様に於かれましては、くれぐれも体調にだけは気を付けていただきたい。ああ、また祈りの日々ですよ(歓喜)。

ただいまロジャーとブライアンとアダムはプロモーションのためにアメリカにいらはる模様。

https://youtu.be/IE8lxe7R0GU

なんかアダムを見ているじぃじ二人の表情が、いいよねぇ、相変わらず。

2014年から4年連続でQALのツアーがあって、アダムのソロキャリアはいいのか?とちょっと余計な心配もしてしまうおば…おねーさんですが、決めるのは本人たちだし、3人が幸せなら、楽しそうに笑っていてくれるのなら、それが私の幸せさ。

ああ、楽しみですね!1年始まったって感じですね!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月24日 (火)

観られなかった人のために。その28

Dvdqueenunderreview19801991

えーーーーっとですね、「観られなかった人のために」シリーズの27で、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/cat47071685/index.html

MUSIC AIRチャンネルの「クイーン:ヒストリー1973-1980」を書いた際に、「続編もやるんですよねーーー?」と言ってから早9か月。

クイーン・カレンダーの救世主、MUSIC AIRチャンネルさんは、ちゃんと続編の

「クイーン:ヒストリー1980-1991」

も、放送してくださってるんですよ。しかもこちらの記事でお知らせした通り、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-99a1.html

初回は9月5日のフレディのお誕生日という思いやりのあるスケジュールで。

凛々さん、もちろん初回に録画しました。…録画したんですが、なかなか観ることが出来ずに幾星霜。ああ、すいません、すいません。

なんかね、見る決断が、なかなかできなくてね。

前にもどこかで書いたんですが、こういうドキュメンタリーものだと、どうしても、どんなに願っても、フレディ・マーキュリーが死んでしまうんです。避けられないんです。

いや、それは当たり前なんですが、その事実を何度も何度も目の当たりにするのが、追体験するのが凛々さん、辛くてね。未だに、辛くてね。たぶん、未だに、認めてないんですね、自分の中で。
4か月もうろうろ迷ってたヘナチョコなんです、すいません。

でもせっかくいろいろ探しては放送してくださるMUSIC AIRさんにも申し訳ないし、なにより自分で「やる」と言ったことはやらないとフレディに笑われるので、意を決して自分の誕生日を記念して(笑)視聴いたしました!

(あ、ツイッターなどでお誕生祝いのコメントなどいただきまして、ありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願いいたします)

「1973-1980」と同じく、ライブ映像やPV映像などもふんだんに交えて、クイーンの歴史を振り返っています。

登場する方々はなんかおなじみのメンツなんですが、みんなクイーンを愛しているのが判るので、多少自分とは意見が違うな、と思っても見てて微笑ましいのがいいです。

(でも「RADIO GA GA」の元ネタはロジャーの娘じゃなくて、息子!)

クイーン迷走の80年代前半、低迷の危機からライブエイドでの華麗なる復活、フレディの病と闘う80年代後半、そして1990年代。
フレディが亡くなった後のことも、+ポール・ロジャースまで網羅してあります(この作品自体が2006年のものなので)。

いくつか印象的なことも言っていて、「アンダー・プレッシャー Under Pressure」でデヴィッド・ボウイと共作した時、

ボウイは進化を、クイーンは変化を目指した

って言ってて、あ、なんか判る、と思いました。両者の姿勢の方向性がね。

それと、迷走しながらも、意見が食い違いながらも、その都度クイーンの4人をスタジオに戻らせたのは、創作せずにはいられない芸術的な意欲と共に、長い間不在にしていると忘れられてしまうという恐怖心、と言ってて、ああ、それも判るなぁ、と。

考えてみたら凄く勤勉な、真面目なロックバンド。
20年の歴史の中で、出したスタジオアルバムは実に14枚。

73年のレコードデビューからの最初の7年は(契約的なこともありますが)1年に1作アルバムを出している。74年なんか、2枚もアルバム出している。

クイーンファンはどうしてもクイーンが基準なので(笑、ハードな基準だ)それを当たり前に思ってしまうんだけど、これって客観的に見れば、凄く多作ですよね。
しかも出すたびに笑っちゃうほどテイストが違うアルバムで。

「楽曲がいい」っていうのは、クイーンに対する(ファンも、そうでない人もとりあえず)共通認識だと思うのですが、それをこんなに立て続けに生み出すことが出来た、それ自体がもう、モンスターバンドだと思います。

ひとつ個人的に目から鱗だったのが、アルバム「カインド・オブ・マジック A Kind Of Magic」のことを、凄くファンクなアルバム、と言ってて、凛々さんそう思ったことがなかったので、お?でも言われてみればそうだ、と改めて気が付きました。

あからさまなファンクアルバムの「ホット・スペース Hot Space」が大コケした後に、いったん落ち着いて、「ファンク」をクイーンの中で咀嚼して、うまーいこと違和感なく「いわゆるクイーンサウンド」に練りこんでいるんですね。転んでもタダでは起きないぞクイーン。

https://youtu.be/Cgib8QoBKHE

違う人の音楽に対する意見を見聞きするのって、面白い。違う視点がね、参考になりますね。改めて、うん、これは名曲!と嬉しく思ったり。

音楽ドキュメンタリーってどうしてもピンキリなんですが、このシリーズは堅実というか、仮に意見が違っても、あ、その視点も面白いね、と思わせてくれるところがあるので、いい番組だと思います。

MUSIC AIRさんでは「1973-1980」「1980-1991」と続けて放送してくださる機会がまだまだあるので、観られる環境の方はぜひどうぞ。

http://www.musicair.co.jp/timet/?rm=detail&id=192388

あ、前にもご紹介しましたが、元々はこちらのDVDです。

Queen - Under Review 1973-1980
http://goo.gl/X55t3t

Queen - Under Review 1980-1991
http://goo.gl/E2ztHP


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月22日 (日)

「Freddie Mercury's Royal Recipes」

Royalrecipes

…まあ、苦労して手に入れたものほど愛着もひとしおってことで。

こちらの記事でご紹介した、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-dc83.html

フレディの長年のパーソナル・アシスタントだったピーター・”フィービー”・フリーストーンさんが、フレディのお気に入り料理を思い出とともに紹介するレシピ本、「Freddie Mercury's Royal Recipes」なんですが、実は、凛々さん結局あの記事のあと、すぐに購入を決意したんですね。

ところがいくら待っても届かない。清水の舞台から飛び降りたのに!飛び降りっぱなしかい!

まあ年末だしなぁ、でも今年中(2016年ね)には届くとかどこかで見た気がするんだけどなぁ、などとのん気に考えていましたところが。

今年に入ってから、受注業務をしている Fenix Film s.r.o. の Michaela Flenerova さんから突如メールが!

「you did the order of our book “Freddie Mercury’s Royal Recipies” a few weeks / month ago.
 But your order was not finish- no payment was done. 」

な、なんですと?

いや、申し込むフォーム入力した時に、ちゃんと PayPal で払っていて、PayPal からも「お支払い連絡」のメールが届いてるんですが。

さあ、めんどくさいことになったぞ。
とりあえず PayPal のサイトにログインして支払い状況を確認。はい、入金済になっている。

と、そこで気が付いたんですが、PayPal って、サイト内部のマイページから、支払いについての事故案件を報告して売り手に連絡することが出来るのよ!しかもフォームなどが日本語で表示されていて判りやすい!

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/paypal-buyer-protection

発送主へ、これこの通り入金してますよ、と PayPal 内から連絡出来ます。
まあ、さすがに発送主への連絡は、英語で入れなくちゃならないですけどね。

「I finished payment on November 17.
 I would like you to make that confirmation.」

これでいいかなぁ、ちょっとぶっきらぼうかなぁ、などと悩みながら送信。
するとすぐに、

「I'm very sorry , you are right, your payment was done on 17.11. 2016. I checked it now manually.」

と返事が。ああ、良かった、本はすぐに発送してくれるとのことで、発送連絡が1月19日のこと。そしてついに我が家に着いたのが、20日の金曜!

…って、ちょっと待ってちょっと待って、翌日?チェコ共和国から翌日?北海道九州からヤマトで通販するより早いってどゆこと。

さすがにとんでもねー送料取ってるだけのことはあるのね(笑・以前の記事参照)。

今まで海外通販って、割とトラブルなく済んでいたのでちょっと慌てたのですが、こういうのもみなさまの参考になるかなぁ?と思って、あえて長々と前置き書いてしまいました。

Dscn0414
(フィービーさんのサイン)

いやー、PayPal って便利ね。アカウントだけは前に作ってあったんですが、実際に使ったのは実は初めてだったんです。支払い証明しなきゃならない時とか、スムーズだわぁ。もしクレジットカード直接入力だったらもっと面倒くさかったかも、と思うと俄然 PayPal 押しになった凛々さんなのでありました。

以上、前置き終了、以下本題(笑)。

「KING OF ROCK に食事を出していた日々」と副題にある通り、フレディが好んでいた料理のレシピが、その思い出など簡単なコメント付きで、たくさん紹介されているんですが、その他にもフィービーさんのフレディとの日々についてのエッセイが12ページ、思い出の写真が11ページあります。

Dscn0419

この写真がね、なんとなくセピア色に退色しかけていてね…ちょっとぐっと来るんですよ。
これたぶん、いや絶対、フィービーさんの個人的なアルバムにひっそりと、長い時間貼ってあった写真たちなんですよね。

まだ着いたばかりで全然読めてないんですが、日本料理に言及した、「TERIYAKI,
TENPURA, PRAWN TOASTS」っていうページもありまして、そこだけはまずしっかり読みました(笑)。

Dscn0415
(CHICKEN TERIYAKI…ミニフレディ、ページ押さえに大活躍)

フィービーさん、こう言ってます。

「日本のすべてに対するフレディの全面的な愛情は、寿司と刺身にだけは、及ばなかった」

(笑)生魚だけはダメだったんですね。
そして、フレディの料理人だった Joe Fanelli さんの1ページの短いエッセイを紹介しています。

それによると、日本の美術や工芸は19世紀末からのヨーロッパのアールヌーボーでも大きな位置を占めていたので、それらを愛するフレディは日本の美術工芸が本当に大好きで、ステージや取材の合間をどう切り抜けたのか、クレジットカードの使用状況は半端なかった、と、ユーモアたっぷりに紹介されています。

フレディは日本に来ると本当に「皇居に隠してある宝物を除くあらゆるものを買いつくした」ので付き添いは大変だったけど、フレディ・マーキュリーの審美眼に叶うような見た目も味も素晴らしい「洗練された料理、形、テクスチャーと一貫性」のご相伴に預かれることが光栄の至りだった、と書いています。

「…we had bought on our trip, wearing the kimonos we had bought on the trip, using the chopsticks... Uh huh. Chopsticks needed a little work...」

この「TERIYAKI, TENPURA, PRAWN TOASTS」のコーナーの中で、PRAWN TOASTS だけよく判らなかった(写真も付いてなかった)ので、ちょっと調べましたところ、中華圏や、そこから伝わった長崎などで食べられている「ハトシ(蝦多士。多士(トーシー)は英語のトーストの音訳)」と呼ばれるもののようです。

エビのすり身に卵の白身やみじん切りの野菜などを混ぜたペーストを、食パンに塗って揚げるらしいです。パンに塗ること以外は、材料的に海老しんじょ揚げに近いです。
こんなの↓(この写真はフィービーさんの本からではありません)。

Prawntoasts21907_l

フィービーさんも「中国と日本のミール」と書いていますが、ちょっと中国寄りですね。長崎の人、知ってるー?食べたことないから一度作ってみようかな。

冒頭のフィービーさんのエッセイを除いて、レシピに添えられた一文一文がそれほど長くないのでちょっとした合間合間に拾い読み出来るのがいい感じです。

あ、あと凛々さん密かにこっそり心配していた材料の重さ単位なんですが、グラム表示だった!歓喜!
実用性も高いので主婦層が多い、日本のクイーンファンにお勧めだ!(笑)

ああ、前にも書いたけど、どこかで翻訳しないですかねぇ。して欲しいですよねぇ、これ…

ご注文はこちらから(今見たら、送料が安いTNT配送が増えてます!送料12ユーロ!私は30ユーロの本に送料35ユーロ払ったけど!www)。
http://www.freddiemercurysroyalrecipes.com/


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月14日 (土)

ファントム・ゾーン

昨日1月13日に、イギリスのエリザベス女王の妹、マーガレット王女の元夫で写真家のアンソニー・アームストロング=ジョーンズ氏(初代スノードン伯爵)が亡くなられたそうです。

スノードン卿といえば、クイーンの「グレイテスト・ヒッツ(1) Garetest Hits」(81年)のジャケット写真や、

51sovc21kl

この有名なフレディのポートレイトを撮影した方でもあり、

Freddiemercury1981

ブライアンも追悼文を寄せています。

このブライアンの追悼文の中で個人的に興味深い、と思ったのが、「グレイテスト・ヒッツ」のジャケット写真は、クリストファー・リーヴ版映画「スーパーマン」から着想を得て、元々のスノードン卿の写真を、まるでガラスの平面上に閉じ込められて回転しているようにゆがめた、というところ。

ああ、あれかあ!

と、映画「スーパーマン」を封切り劇場で観た世代(←笑)は膝を打ったわけであります。

(あれ↓)
Pz7

映画「スーパーマン」(78年)「スーパーマンII」(81年)に出て来るテレンス・スタンプ演じるゾッド将軍、スーパーマンの故郷クリプトン星の犯罪者で、「更生の見込みなし」ということで刑罰としてファントム・ゾーンと呼ばれるおそらくは二次元(平面)の空間に、幽閉されてしまいます。

そのシーンがこちら。

https://youtu.be/2u3eQc_rx54

うわー、アレとソレ、全然結び付けて考えなかったよ!
あれ、ファントム・ゾーンだったのか!
ゾッド将軍に匹敵するようなどんな罪を犯したんだクイーン!(笑)

「ゾッドにひざまずけ!」(←好きなセリフ)ってゆーか「クイーンにひざまずけ!」?

考えてみたら、クイーンが音楽を担当した映画「フラッシュ・ゴードン」が1980年で、あの頃ああいう空想科学映画のブーム真っ只中、フラッシュの参考のため(と同時にブライアンやロジャーの個人的趣味)「スーパーマン」シリーズは観ただろうしなぁ。ジョン・ウィリアムズのテーマ曲、かっこええなぁ。

「時代性」を考えると面白いつながりだな、と思いました。

やっぱりね、文化って時代と無縁ではないのよね。いろんなものが、双方向でつながっていて、その「つながり」に、個人的に凄く興味をそそられます。
こんなふうにたまにぽろっと、あまりにも予期しないところからあまりにも予期しない「つながり」が発覚するのが、楽しいなぁ、と。
…いや、追悼文を楽しいとか言うのも不謹慎だけど。

なおブライアンは、2011年にユニバーサルに移籍して再発売した際に、「グレイテスト・ヒッツ」のジャケットは元々のスノードン卿のオリジナルに戻した、僕はこの方が好きだ、と、スノードン卿を悼んでいます。

Gratesthits_2_2

現在発売されている正規国内盤CDのジャケットはこのスノードン卿オリジナルですが、

https://goo.gl/1ZQqC7

去年の9月にQAL来日記念に発売された「紙ジャケット仕様」のCDの方は、「ファントム・ゾーン」の方になっています。あ、そりゃそうだよね、紙ジャケ(=レコード)だもんね。

https://goo.gl/POKhjl


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月10日 (火)

「招き猫展」横浜高島屋で開催

C1o4xw9vqaa_br_

●クイーン・カレンダーには反映してあるんですが、こちらの記事でご紹介してます

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-f379.html

人形作家の「あべ夏」さん出展の、高島屋の「招き猫展」、新春は横浜で明後日から開催です!

《横浜高島屋》開運招福 招き猫「福の市」

 ■1月11日(水)→16日(月)

 ■8階 ギャラリー

 ※連日午前10時から午後8時まで開催。
 ただし最終日は午後6時閉場。

http://www.takashimaya.co.jp/yokohama/event/#os5292

トップ写真はあべ夏さんのツイッター( @pisutanyan )からお借りしました。
新作の張り子の女王様たち!お正月らしく、鶴の着物柄が素敵ですね!

今回はポストカードもありますとのことですので、みなさまぜひお出掛けください♪

Dscn0379

●なんか年明けからこっち、偶然にもお人形ネタばっかりになってるのが可笑しい。

実家にフレディフィギュア連れてった時に、実はその辺にあったこういうソフトポーチに入れてったんですね。

Case1

でもこれだと荷物につぶされたり、あっちこっちひん曲がったり、なんかフレディが息苦しそうじゃないですか。

いいケースないかなーと前から思ってたんですが、先日ふっと思いついたのが、缶タイプの眼鏡ケースですよ!

Case4

凛々さん近眼なので、うち、眼鏡ケースはその辺にごろごろ転がってるんです(←片付けましょうよ)
これがチビフレのサイズに見事にぴったりで!ほらほら。

Case2

元々眼鏡ケースには眼鏡を傷つけないようにフェルトの内張がしてあるので、ケースの中でごつごつカラカラぶつからないし、マイクや手と顔のスペアパーツもちゃんと収まって、閉まります。

Case3

こういうコロンと丸いタイプなら、旅行やお出掛けの荷物のスキにもつるんと入ってつぶれないし、出して手元に置いても違和感なし(よもやフレディ・マーキュリーが中に入っているとは誰も思うまい)、デザインも豊富だし、イイことづくめじゃありませんか!

ってことで、お出掛けにチビフレをお連れのみなさま、個人的に、缶タイプの眼鏡ケースを超おススメします!あ、お出掛けしなくても、お片付けにも便利だと思います。

…まあ、そこはかとなく棺桶っぽい気配がしないこともない…とは、思っても言ってはいけません。やだなぁ、保護のためよ、保護のため!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月 8日 (日)

フレ子!

Fureko3

2017年も明けたある日、凛々さんちに謎のお届け物が…

Fureko1

さっそく開けてみるとそこには

Fureko2


「ブレイク・フリー I Want To Break Free」のPVフレ子が!

https://youtu.be/f4Mc-NYPHaQ

どっひゃぁぁぁぁぁ!

トップ写真でチビフレもびっくり。

ああ、どこから話そう、えっと、アダム・ランバートさんの大々々々ファンで、ツイッターで仲良くさせていただいている kardam( @kardamdoll )さん、アダムが新しい衣装やおりおりのイベント、ライブなどのたびに、その衣装を着たアダム人形をとんでもない工夫と愛とテクニックを駆使して続々と生み出していらっしゃる方なんですが、

Cfjwpohvaaahqqk

その方が、なななんと、「ブレイク・フリー」PVの女装クイーン4人の人形を作られましてね。それが昨年の後半のこと。

それがもう、クイーンファンにも大好評でして。
そりゃそうです、見よ、このクオリティ。

Kl15ibhcjpg_large

わははは、そっくり!こんなにも特徴をとらえている!もう、細かなところまで再現度パーフェクトでしょう?

もちろん、最初フレ子はひとりだったんですが、この1月に誕生日を迎える凛々さんへのプレゼントにと、なななんと、わざわざフレ子の双子をウチにお嫁に出してくださったのであります!

きゃああああ♪フレ子可愛いよフレ子。

これ、お洋服ちゃんと脱げるんですよ。そしてそこにはちゃんと胸毛も(重要)。

1za8fwvjpg_large

なんて芸が細かいの~!
この掃除機も凄いでしょ!?これも kardam さんの手作りなんですよ!

1sm9embvjpg_large

あんまり可愛くて嬉しくて、昨日友人Мちゃんとの新年会の席にも連れて行って自慢しちゃいました!Мちゃんもびっくり感心してましたよー。

Dscn0396

(こ、これだとフレ子がビールぐい飲みしたみたいだな…いや、したのかな・笑)

kardam さんはほんと好意だけで作ってくださったので、たとえばお代を払って受注するとか、そういうことは一切なさっていません。動機は「愛」だけですからね!ああ、愛って偉大だわ。

凛々さんの誕生日のためにわざわざ作ってくださって(この子は1月1日生まれらしい…なんて目出度い幸運の女神…あ、女神でいいのか?笑)、本当に光栄です、kardam さん、ありがとうございました!

実際の誕生日はまだ2週間先なんですが、一足早く、素敵なプレゼントいただいてしまいました。
なんか、年明け早々幸運が舞い降りたような…フレ子と一緒に、素敵な1年が訪れたような、そんな心楽しい気持ちです。

どこに飾ろうかなー、なんて嬉しく迷っているのですが、ベッドの枕元に座らせて、一緒に寝るかな、とか♪浮かれてます♪


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

昨年は大変楽しく過ごさせていただきました。
本年もみんなで楽しみましょう(断言)。

それはさておき、よもや実家にフレディ・マーキュリーを連れて帰る日が来ようとは、微塵も思いませんでしたよ。

新幹線ーーー

Sinkansen

こけしーーー

Kokesi

五大堂ーーー

Godaido_02

政宗ーーー(フレディなし)

Date02

…ひとやすみ。

Rate

そんなわけで(どんなわけ)本年もたぶん例のごとくマイペースだと思いますが、ゆるゆるとどうぞよろしくお願いいたします。ぺこり。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »