« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の9件の記事

2017年5月26日 (金)

マンチェスター!

Manchester

みなさまもご存知のとおり、イギリス・マンチェスターにて22日夜(日本時間23日朝)、アリアナ・グランデのコンサート終了後、会場のマンチェスター・アリーナで爆発事件が起こりました。

アリアナのファンは10代の若い人が多く、死傷された方も多くがそんな若者たちと、子どもたちを迎えに来たご家族でした。

楽しいはずの、ワクワクしたはずの、大好きな音楽のライブ会場を狙った暴力に、怒りを禁じ得ません。
亡くなった方、傷ついた方、そしてそのご家族の方々を、地球の片隅から想います。

音楽は楽しむためにあるのに。なんてなんて卑劣なことを。

また、アリアナ自身もどんなにか傷ついたかと思うと、胸が痛みます。
彼女だって、外国から来た23歳のひとりの女の子にすぎません。
自分のライブで、自分のファンが、年若いファンが、テロの犠牲になったことを、23歳の女の子に受け止めさせるなんて、なんと残酷なことか。

傷ついた方々の心が、少しでも癒えることを、祈ります。
押し寄せる波の前に砂の城を築くかのように、儚く脆いかもしれないけれど…

クイーンとブライアン・メイ、そしてアダム・ランバートのマンチェスターへのコメントをまとめます。

ブライアンは、ツイートの他、もう少しまとめて、英NMEのインタビューに応えています。

英NMEの元記事はこちら。
https://t.co/v3njVLrDeu

NME Japan の翻訳記事はこちら。
https://t.co/J0nKlKalo8

■Brian May on the Manchester attack

https://youtu.be/Jn8U2udwBtc

5/27追記

5月24日(英時間)に行われた「QUEEN in 3D」のプレス向けエキシビジョンの前に、前日のマンチェスターテロについての想いをスピーチした動画が、ブライアンの動画公式チャンネルからアップされましたので、追加します。

https://youtu.be/122rwReP4cw

主義主張が異なる人たちの、間違った主張の仕方は、これからも起こるかもしれません。
「彼ら」は、音楽や芸術などを楽しむことを、享楽、堕落ととらえていると聞きました。

ブライアンが言うように、根本から、すべきことを見直さなければならないのかもしれません。
けれど、自分には何が出来るのか…と思うと、なんだか絶望的な気持ちになってしまいます。途方に暮れてしまいます。

それでも、私たちは、立って、歩まなければならないのだけれど。
「彼ら」が何と思おうと、どうしようと、それでも、やっぱり音楽は私たちの、大事な宝だから。

美しい、宝だから。

■Queen + Adam Lambert "Love of My Life" Manchester 21 january 2015

https://youtu.be/PgQatEoUgd8


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月23日 (火)

「Journey's End」オーディオ・オンリー発売

Je_720_360

昨日の記事でご紹介した、「QUEEN in 3-D」発売記念トークショーが、すでに完売した模様です。

http://shinko-music-shop.com/?pid=118066282

…いや、そりゃそうだよなぁ、限定30名とか何の冗談だろう?と内心思いましたもん。言わなかったけど(←言ってる)。

まあ、急なことで会場とか自前のとこでやるしかなかったんだろうな、とは思います。やっていただけるだけでありがたいことです。

(ありがたいことですが、2500円×30名で、東郷さんのギャラ出るんだべか、とかつい余計な心配を…笑)

ついては、ここはいつぞやのトークショーのように公式にストリーム配信でも企画されてはいかがでしょうか!誰となく!

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/queen-forever-d.html

…いつぞやっていつよ、と思って探したらあった、2011年だった。え、もうそんな?あれから遠くに来たもんだ。

ニコ生とか、ストリーム配信すれば日本全国から視聴出来て、いいと思うんだけどな。宣伝効果も抜群じゃないですか!ねえ。
今回だけじゃなくて、今後各イベントの公式ストリーム、ぜひ検討していただきたいものですよね。

でもって、本日の本題。

5月5日に突然発売された、ロジャー・テイラーの新曲ショート・ムービー「Journey's End」が、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-79f9.html

新たに6月2日に、オーディオ・オンリーでダウンロード発売になります!

https://t.co/sRKQPAWUt2

日本版は、

iTunes
https://t.co/NWT7YWiTFU

amazon
https://t.co/kabuL2ElQg

Google Play
https://t.co/DYXs5XLpYn

で250円、絶賛予約受付中です。

オーデイオ機器に入れて、日常で聴きたい!と思っていたアナタ!お待たせしました!私が待たせたわけじゃないけど!

「音」だけでしみじみと聴いたらぐっと来ること間違いなしの予感。

来月からはいよいよQAL北米ツアーも始まりますが、ロジャーもブライアンも、今は英気を養って、ツアーの大海原に元気に乗り出して欲しいものですよね!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月22日 (月)

「QUEEN in 3-D」輸入国内版予約開始

20170415queenin3d

はい!お待たせしました!私が待たせたわけじゃないけど!

シンコーミュージックさんの「QUEEN in 3D」輸入国内版の予約が始まりましたよ!

https://www.shinko-music.co.jp/info/queenin3d/

こちらの記事にありますように、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/queen-in-3-d-16.html

日本語解説書とオマケのノート付きです!

Queen3dtokuten

価格は税込み定価9,720円で、送料無料が嬉しい!

で、凄いのが、なんと世界発売に合わせて来た!
ええええ、さすがにそれはないと思ってました!シンコーミュージックさんなめててごめんなさい。

5月25日から、予約順に発送とのことです!…無茶しやがって…

ででで、それだけでも凄いのに、さらに『QUEEN in 3-D』発売記念イベントも開催されるとのことです!

これがちょっとややこしいんですが、

●入場無料の『QUEEN in 3-D』イベント

が、2017年6月9日(金) 17時~21時 と、
  2017年6月10日(土) 11時~15時 にあって、それとは別に、

●有料(2,500円)のスペシャル・トークイベント

が、2017年6月10日(土) 16時~17時(開場:15:30) にあります!

出演:東郷かおる子(元ミュージック・ライフ編集長/音楽評論家)

川原真理子(『QUEEN in 3-D』日本語解説執筆者)

入場料:2,500円 限定30名

会場はいずれも
株式会社 シンコーミュージック・エンタテイメント
アネックスビル 1階 ブレイクセカンド

https://www.shinko-music.co.jp/corporate/map/

トークイベントの申し込みはこちらから。

http://shinko-music-shop.com/?pid=118066282

「QUEEN in 3D」本体と一緒に購入も可能で、その場合上記のページから買い物かごに入れた後、

http://shinko-music-shop.com/?pid=117951263

こちらのページへ行って3D本を買い物かごにいれてから、レジへ進んでください(もちろんバラでも購入できます)。

ブライアンの動画にも、日本語字幕を付けてくださいました!ありがたいありがたい。

https://youtu.be/uEzBDu1z_wg

また、限定50冊ほど、例のワードレコーズさんから発売される模様!

ワードレコーズさんのサイトはこちら。

http://wardrecords.com/SHOP/SMRE0002.html

内容の試し見もありますよ!

QALのサマソニビデオの時でお馴染みワードレコーズさん通販番組(笑)、

5月27日(土)25:30~26:00放送のBSフジ「伊藤政則のロックTV!」

でも紹介される予定で、放送時から、上記サイトで販売開始になります!

中見せ画像はこちらのNMEさんのページにも!

https://t.co/1WC1rLoqhi

さて、ほとんど他人事だと思ってるそこのアダムさんファン!
ふっふっふ、QALの写真もありますぜ!じゃじゃーん。

246247720x476

まあ、ページは多くないでしょうけどね。さあ困った(←困ってない)。

動画や中見せなどいろいろ見てると、未公開の(というか、ブライアンちに長いこと保管という名の放置してあった)貴重な写真がいっぱいのようです!
やはりこれは見逃せない!

ブライアン・メイ博士、この本には凄く思い入れが深いみたい。
たぶんこれが、ブライアン版の「輝ける日々」なんだろうな、となんとなく思いました。

大切な大切な、彼らのあの日々。

3d04


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月17日 (水)

【速報】「QUEEN in 3D」日本版価格

3d02

【QUEEN in 3D】輸入版日本仕様の売価が発表されました。

英公式で直に購入する場合、書籍本体は50ポンド、日本までの送料が19ポンド、合計69ポンド掛かります。1ポンド146円として、10.074円。

http://shop.londonstereo.com/BOOK-Q3-D.html

シンコーさんは日本語解説+オマケ付き

https://www.shinko-music.co.jp/info/queenin3d/

で9,720円。

あとは送料がどうなるかですけど、まあ、解説やオマケが付いてて、なおかつ国内便で届くのはアドバンテージですね。

トップ写真は、ファンクラブの依頼で3D本の蔵書票にサインするブライアン。

「早く書いて!ってせかすんだ!」

と言いながらサインしてます(笑)。

https://www.instagram.com/p/BUHvGT3Dsdt/

そしてなぜか、自分用にもサインしてます。貼るのか、自分の分に!

3d03

5月26日には、ロンドン・ピカデリーで発売記念のブライアンのサイン会が行われるようです。

https://t.co/JcZeD3DocC

入場無料で早い者勝ち、サインするのは3D本だけ!というシバリ。
やっぱ、いいなぁ、地元は。

ついでに地元はいいなぁ、その2。

5月13日からロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にて、ピンク・フロイドの大回顧展「The Pink Floyd Exhibition: Their Mortal Remains」が開催されているのですが、

http://pinkfloydexhibition.com/

オープン前の9日に行われたオープニングレセプションに、ブライアン・メイとロジャー・テイラーがそろって出席したようです。

Pinkfloydexhibition

ボブ・ゲルドフさんと。

ライブ以外でふたりがそろうのは、割とレア。それがクイーン(笑)。
まあ「一緒に」行ったワケではないようですけどね。

たまたま、そろった(笑)。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月14日 (日)

「QUEEN in 3-D」日本版予約延期

Queen3d03

金曜日12日に、凛々さん華麗に仕事をさばきながら(…すいません、ちょっと嘘を言いました)ふと思い出したんだ。

そういえば例のブライアンの3D本の日本版、シンコーミュージックさんは、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/queen-in-3-d-16.html

今日予約開始とか言ってなかったかい?

で、すたこらとサイトに行ってみたところがまだ近日詳細公開のままになっている(その時点ではね)。
おやぁ?と思って素直にツイッターでつぶやいたところ、確認をしてくださった方が!

電圧降下DenAtsuKo-Ka @redspecial_bm さん、情報ありがとうございました!
ま、まあ、間違えたってことは、ないでしょうけど…あれ?おや?

ほどなくして、慌てたシンコーミュージックさんからお詫びツイートが。

…まあ、翻訳も、いろいろ添付物もあるしね、あの

レッド・スペシャル本が4か月遅れたことを思えば、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-5c85.html

10日やそこらは、へでもない。

…ああ、飼い慣らされてるなぁ、クイーンファン。

(一応、ディスク・ユニオンさんの名誉のために言っとくと、「レッド・スペシャル」本は完全翻訳書籍だったから!洋書に日本語解説を添付するのとは、違うから!ね!)

ということで、「QUEEN in 3-D」予約は5月22日から、シンコーミュージックさんのサイトで!

https://www.shinko-music.co.jp/info/queenin3d/

でもそうすると、発売自体も押されて延びるのかしらね?

まあ、本国イギリスでの発売が5月25日なので、

http://www.queenin3-d.com/

日本でも同時に出る、なんてよもや思ってないです、大丈夫です、慣れてます(笑)。

「見たこともない写真もある」とか漏れ聞いておりますので、楽しみです。
ゆっくりじっくりと、待つ楽しみを満喫しましょう!

Queen3d01

…か、買いますから!判ってますから!

だからその無言の圧力顔はやめてと何度言えばっ!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月 9日 (火)

「Journey's End」全英1位

Journeysend01

先日突然発売のロジャー・テイラーの「Journey's End」MVですが、イギリスのiTunesのビデオランキングで貫録の1位獲得!
クイーン英公式が、各国のランキングをまとめて発表しています。

公式さんの記事が5月8日なので、8日付のランキングなのかな?

イギリス1位の他、ヨーロッパ各国で上位なのはさすがですが、Japan16位がちょっと悔しい!じゃぱにーずとしては!

ただまあ、自国以外では日本と並んでクイーン人気が高いと言われる南米、アルゼンチンも24位なので、もしかするとこれは習慣の違いというか、「MVをダウンロード購入する」という文化に(特に、クイーンなどのクラッシックロック系のファンのコアと思われる中高年の間で)あまりなじみがないせいもあるかもしれません。ないかもしれません。

今日、ランキングを確認してみたら、18位でした。

https://www.apple.com/jp/itunes/charts/music-videos/

実はロジャーの上にいるのはいずれもJ-popのアーティストばかりで、唯一洋楽で上位にいるオースティン・マホーンの「Dirty Work」は、例の「35億」のブルゾンちえみさんのBGMになっているせいだと思われますので、ロジャーの「Journey's End」は、洋楽では実質1位ではあるのです。

ユニバーサルジャパンさんがニュースにするはずもなく(自分とこじゃないしね)、洋楽ニュース系のサイトでは、先日ご紹介した uDiscover さん以外では amass さんくらいしか

http://amass.jp/88333/

見つけられなかったことを考えれば、群雄割拠のAKB系の牙城に食い込んで16位、というのは、日本的にはなかなか快挙なのですが、世界的にはそこんとこは伝わりにくいでしょうしねぇ。

凛々さん含め日本のとしよ…中高年に「ブツ派」が多いのはいかんともしがたいですが、「ブツ」がないものはダウンロードするしかないワケで、ブライアンの「地獄の一夜」とか今回は、凛々さんもダウンロード購入しました。まあ、そうやってうまく使い分けられればいいかなぁ、と。

いずれにしても、ロジャーもブライアンも母艦クイーンの活動の他に、こうしていろいろ個人的に楽しんでクリエイトしてくれると、私たちもますます嬉しいですよね!

Journeysend02

(↑ほぼ唯一の「なるべく出したくない顔」笑)

https://t.co/s6XeaEo1WQ

https://youtu.be/Yjq5DV-oNl0


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月 6日 (土)

突如ロジャー・テイラー新曲発売!

Journeysend

5月に入ってから、突然 Youtube のロジャー・テイラー公式が、数十秒ずつの映像をティーザーし始めました。

https://t.co/rK9izCnsrb

1日に「Skull」
2日に「Sunset」
3日に「Dream Like... 」(インタビュー音声)
4日に「Journey's End」

で、いきなり4日目に、「5月5日、Journey's End、iTunesで発売」と来てクイーンファン右往左往の大騒ぎ。

https://youtu.be/MSga9XmXptE

なぁにぃぃぃぃ?

ブライアンと違って「今何してる」「これしてる」とさほどオープンにしない人なので、この嬉しいサプライズに本当にびっくりしてしまいます。

そして5月5日に、クイーン英公式からプレスリリースが出ました。

https://t.co/N7eFMVOPW7

長いプレスリリースを要約した日本語記事はこちら。

https://t.co/KN2ceLGKDZ

要約記事にない部分には、やはりクイーンとも関わりの大きかったデヴィッド・ボウイやジョージ・マイケルの逝去の影響について語られています。

早すぎるボウイの死は、クイーンのメンバーの中でも特にボウイと親しかったロジャーの「Journey's End」にも影を落としていて、「20代の頃には考えもしないけど、我々はそれに直面せざるを得ない」と語っています。

本当に多くは語らない人だから気が付かなかったけれど、やはり「同世代」の、同じあの時代を生きた友の死に、ロジャーは人知れず静かに傷ついて、そして心の中で昇華していたんだな、と改めてその心境に思いをはせます。

「僕たちももう若くはないから、物語のおしまいのことを考え始めるべきなんだ。フレディの死と共にクイーンは終わったと思ったけど、「クイーン」は自ら人生を続けていると気が付いた。人々が僕たちに会いたいと願う限り、それに応えることが僕たちの幸せなんだと思う」

母艦クイーンは、来月から+アダム・ランバートのツアーに乗り出しますが、その合間合間には今回のような、「自分のちょっとした楽しみ」の音楽を作ったりすることをやめる気はない、とのことで、今後もその「ちょっとした楽しみ」を共有してくれることが、ファンとしては楽しみですね。

いつまでも、元気で人生を楽しんでね、ロジャー。

でも、「"I didn't really want my face in it", Taylor laughs. 」、できるだけ、Journey's End の中に自分の顔は映したくなかったんだ!と笑うロジャーですが、

ファンはそれが
できるだけ観たいんだからね!

…ったくもう、シャイなんだからこのロックスターは…

「Journey's End」のショート・ムービーは、主にロジャーの故郷のコーンウォールで撮影されていて、ロジャーが子どもの頃聖歌隊に参加していた大聖堂も観ることができます。

「旅の終わり」と題された映像に故郷の地を選ぶことも、なんとなくね、年を取るとね、ああ、判る気がする、と思うんですよね、おば…おねえさんには。

日本版iTunes では、「Journey's End」は300円で購入可能です。

https://t.co/s6XeaEo1WQ


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月 4日 (木)

ブライアンとケリーの「Golden Days」

Kimg0018

息を飲んだ。

ケリー・エリスの「ゴールデン・デイズ Golden Days」の出だしの「Golden corn~」のところが、美奈子ちゃんそっくりに聴こえて…その瞬間、ぶわっと涙があふれた。

ケリーもプロ中のプロだから決して似せたわけではないんでしょうけど、他にもコーラスや、聴かせどころの Say you hear me~ のところとか、あのキュートな笑顔がちょこちょこといたずらっぽく顔をのぞかせて、まるで美奈子ちゃんが一緒に歌っているかのようです。

と、同時に、「そういう風に」聴こえたとしても、あえてブライアンがダメ出ししなかった、そのこと自体にも、ブライアンとケリーの、本田美奈子への敬意を愛を感じました。

偶然にも(…偶然なのかな?)今年は本田美奈子さんの「クレイジー・ナイツ/ゴールデン・デイズ」リリースから、ちょうど30周年なんだそうです。だからちょっとだけ、天使が遊びに舞い降りたのかしら?

https://youtu.be/6mS3nTszWLQ

もう1曲、本田美奈子さんの代表曲のひとつであり、ブライアンが美奈子ちゃん亡き後アレンジし直した「アメイジング・グレース Amazing Grace」(前回の記事で貼りましたね)については、本当に天使のような、可憐な歌声の美奈子バージョンよりも、ケリーの歌声はどちらかというと、もっと年齢を重ねた、女性の、今をしっかりと生きる女性の、味わいと力強さがあってまったく似ては聴こえないので、「Golden Days」のこの、

美奈子ちゃんがいる!

という感じは、特別なんだな、と思いました。ブライアンが、

「このアルバムが発売されその曲(Golden Days)が流れた時、小さなミナコ・ホンダは永遠に忘れ去られることはないだろう」

と言ったのは、こういうことだったのかな。

収録曲はこちらなどご参照ください。

https://goo.gl/wiUERS

全13曲、今までにブライアン・メイとケリー・エリスのコラボで単発的に発表していたのが

「Roll with You」
「Amazing Grace」
One Voice
「Born Free」
「Parisienne Walkways」
The Kissing Me Song
「I Who Have Nothing」

の7曲(…凛々さんの覚えている限り、なので、絶対ではない・笑)に、初聴きなのが6曲でボリュームもたっぷりです。

ただ、「The Kissing Me Song」の最高潮のとこでブライアンの「わんつーすりーふぉー!」がないので、既存の曲もアレンジはし直したのかな?(個人的には、なぜあれを外した!大好きなのに!)

「Born Free」と「The Kissing Me Song」のドラムが、現ザ・ダークネスのルーファス・タイガー・テイラーとの表記なので、新録ではないと思いますけどね。

ブライアンのレッド・スペシャル、ぎゅいーんぎゅいーんを堪能したい方にお勧めなのは、羽生結弦選手で一般にも有名になった「パリの散歩道 Parisienne Walkways」が凄いです、まあ、ああいう曲なので、これでもかっていう泣き節です(笑)。
あとは「I Who Have Nothing」「The Kissing Me Song」などが、楽しそうにぎゅんぎゅん言ってます。

ブックレットの謝意の中で、to Minako Honda だけ1行別になっているのには、やはりぐっと来ますね。

それと、個人的にはアニタさんへの謝意がアニタ・ドブソンではなく、アニタ・メイになっているのがきゅんきゅんしましたよー。

まるでブライアンが、「『アニタ・ドブソン』はみんなのものだけど、『アニタ・メイ』は僕だけの奥さんだからね!」と言っているようです。このこのー!(肘でつんつん)

実は凛々さん、このCDを、先月の発売日直前になって予約したら、なんと在庫なしの入庫待ち!まさかの1ヵ月遅れの今日、5月4日に受け取ったのです!

ああ、ばかばか、これだけ嬉しそうに紹介しておきながらこの体たらく!

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-9f78.html

す、すまんブライアン、ケリーちゃん。ヘビロテするから許してくれ。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月 1日 (月)

アメイジング・グレイス

本田美奈子さんが亡くなったのは2005年11月6日。

偶然にも、ブライアン・メイは10月25日から11月4日まで、クイーンとしては20年ぶりの、クイーン+ポール・ロジャース公演のために来日していた。

ミナコが白血病で入院している、と聞いたブライアンは、人づてに入院先にメッセージを託した。

けれど、それを彼の「小さなミナコ」が読んだかどうか、ブライアンは今も知らない。 「間に合わなかったんじゃないかと思う」とのちに語った。

2008年、本田美奈子の新しいアレンジアルバムの企画があがり、その内の1曲、「アメイジング・グレイス」を、ブライアンはプロデュースしている。
クイーンの、ポール・ロジャースとのコラボアルバムを作っている忙しいさなかだったが、ミナコのために何かしたい、と彼は言った。

「ミナコの声にインスパイアされて、途中でやめることができなかった。レコーディングしている間中、僕は微笑んでいたよ…でも作業を終えて、スタッフと一緒に聴いていたら…涙が止まらなかった」

その透明な声、天上にまで冴えわたる美しい声は、今も生きている、彼の中に。
そしてこの地上に。

https://youtu.be/kYbnWMUIhZ0

(本田美奈子. 「Eternal Harmony」収録)

 ☆   ☆

考えてみると、フレディ・マーキュリー、コージー・パウエル、本田美奈子、と、ブライアンはその才能を見込んでいた音楽的パートナーを、立て続けに失っている。

「なぜ」

きっと何度も、そのたびに思ったことだろう。打ちのめされて来たことだろう。ブライアンの心情を想うと、胸が苦しいほどだ。

だからこそ、ブライアンは今、ケリー・エリスやアダム・ランバートと共に音楽を紡ぐことができる悦びを、その瞬間瞬間を、心から大事に、大事にしているのだろうと思う。

今、生きて、共に奏でることが出来る。
ただそれだけのことが、どんなに「奇跡的な恩寵」であるのかを。

そのことをきっと誰よりも、痛いほど苦しいほど、彼は知っているのだろうと。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 2017年4月 | トップページ