« 「世界に捧ぐ」40周年記念スーパー・デラックス・エディション | トップページ | 「THE BRITISH ROCK VOL.2」開催! »

2017年10月 5日 (木)

「ロック・ユー! A Knight's Tale」CS放送

Rockyou

今月来月、ザ・シネマさんで映画「ロック・ユー!」の放送がありますよ、クイーン・カレンダーチェックしてね♪

https://t.co/EJjSPzmfrw

「ロック・ユー!」の内容についてはこちらの記事で♪

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-05d3.html

クイーンの楽曲が使われていなかったとしても、凛々さん個人的に好きな映画なので、放送があると知るとついわくわくと記事にしちゃってます。

ユーモアもたっぷりの冒険活劇で、友情ありーのロマンスありーの親子の情ありーの。
かっこいい王子様がかっこよく助け舟を出してくれるところなんかも胸きゅんですね。

今回はエンディングロールあるかなぁ。以前の放送の時にエンディングのロビー・ウィリアムズのカバー「We Are The Champions」が省略されちゃったので、完全版録画したい。

で、この記事書くので念のため「ロビー・ウィリアムズ」で検索してみたら、面白い記事を見つけてしまいました!

「ロビー・ウィリアムス、クイーンの決定にご不満」

https://www.barks.jp/news/?id=1000004788

お馴染みBARKSさんの2005年の記事です。

クイーンがポール・ロジャースをボーカルに迎えて(!)大規模ツアーを再開することに、かつて映画「ロック・ユー!」で「We Are The Champions」をカバーしたロビー・ウィリアムズが、不満を漏らしているらしい、と。

「彼らをバックに歌えるなんて! ああもう、ほんとにクールなことになったのに。俺は映画のサントラ(『A Knight's Tale』)で“We Are The Champion”を歌ったこともあるんだ。彼らはよくできたって褒めてくれたんだよ」

…つまりはっきり言えば、「俺がやりてぇ!」と(笑)。

2017年の今現在に於いて見ると、いろんな想いが去来する記事ですね。
ロビーについてのジョンのコメントも載っているところが感慨深いです。

それでふと気が付いたんですけど、このジョンのコメント、「ロック・ユー!」が2001年の映画なので、ジョンの発言もその前くらいのものだとすると、引退する直前くらいでしょうか、

「意地悪なことは言いたくないが、ロビーはフレディ・マーキュリーじゃない。フレディの代わりなんていない……。まあ、少なくともロビーじゃないことは確かだね」

この中の、「フレディの代わりなんていない」のところだけ切り取られて、一人歩きしている気がします。結構いろんな場面で。
そのあとの「まあ、少なくともロビーじゃないことは確かだね」があるとないとで、だいぶ発言の印象が違うようにも思えます。

元々の状況とか、コメント全文とかを見るのって、大事だなぁ、と、こういうブログやってると折々に思うのですが、なかなか元記事見つけられなかったり状況が把握できなかったりして、自分が意識しないうちに凛々さんも何か「言葉が独り歩きしている」ことを書いてしまっているかもしれません。

自分の都合のいいように(好みなように)解釈したりね。あるなぁ、それは。

ああ、難しいなぁ。
結局、「その発言はどういう意図でなされたか」なんて、しょせん本人にしか判らないことなんだろうけど、だからといってあきらめ切ってしまうのも悔しい。

有名人なんてそんな風に、悪気なく曲解されることもほんとに多いんだろうな…

なんて、暗澹たる気持ちになった時にも、明るく元気な「ロック・ユー!」お勧め。とかムリヤリにも程がある締めで書き逃げしてしまえー!

ああヒース可愛いよヒース。

https://youtu.be/_KzsTKqTq1M


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「世界に捧ぐ」40周年記念スーパー・デラックス・エディション | トップページ | 「THE BRITISH ROCK VOL.2」開催! »