« 「Planet Rock Magazine」クイーン特集 | トップページ | 【お悔み】笠原正樹氏が亡くなられたそうです »

2017年10月16日 (月)

ロックの殿堂ジャパンミュージアム

Fame

まだ記事にしてないよね、うん、してない。

えーっと、たぶんみなさんすでにご存知だと思いますが、あのアメリカ、オハイオ州クリーブランドにある「ロックの殿堂 The Rock and Roll Hall of Fame and Museum」とライセンス提携した、

「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」

が、9月23日、有楽町インフォスにオープンしました。

2018年3月11日(日)まで開催の予定で、殿堂入りアーティストを中心に、楽器、ステージ衣装や愛用品、及び、アーティストのメモリアルな写真などを展示しています。
展示物は3か月ごとに入れ替えるそうなので、年明けに現在とはまた違う展示物が観られるのかもしれません。

…あれ、そういえばあの金沢のヤツは

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-7084.html

どうしたんだろうね。金沢のが規模場所変更したのか、仕切り直したのかはよく判りませんが。

「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」公式サイトはこちらです。

http://rrhfj.com/

内覧レポートは Udiscover music さんが詳しかったかな。

https://www.udiscovermusic.jp/news/rock-and-roll-hall-of-fame-report

そもそも「ロックの殿堂」とは何か、についてはこちら。

https://www.udiscovermusic.jp/columns/rock-and-roll-hall-of-fame

ようするにロックに大きな影響や功績を残したミュージシャンやプロデューサーなど、デビューから25年を経過した人を対象に、毎年「殿堂入り」する人(たち)が選ばれ、授賞式でその功績を讃えるとともに、彼らの足跡の記録、メモラビアなどが保存、展示されている、音楽(ロック)専門の博物館です。

我らがクイーンは、2001年に、同級生エアロスミスや、史上最年少殿堂入り(43歳)のマイケル・ジャクソンと共に、殿堂入りを果たしました。…あら、何かとご縁があるマイケルさん(笑)。

ただまあ、正直言うと凛々さん、クイーンに関しては、このロックの殿堂ジャパンミュージアムには、実は、さほど、期待はしてなかった…だってアメリカだしなー、という…ね?

実際、現在の展示の中でクイーン関係と言えるものは、エントランスにプリンス、マイケルなどと並んだフレディの大型パネルと、

Fame01

トップに貼った、2001年の「ロックの殿堂」授賞式のポスターだけのようです。…今のところね。

思わずもう1回貼るんだけど、こ、このポスターのクイーン…このフレディ…

Fame_2

1周まわってなんか可愛い。

脱ぎっぷりでは定評のある、かのフレディ・マーキュリーよりも脱いでるジョー・ペリーにも注目だ(笑)。マイケルのデフォルメっぷりも凄い。

2001年の受賞者、

  クイーン
    エアロスミス
    マイケル・ジャクソン
    ポール・サイモン
    スティーリー・ダン

    ソロモン・バーク
    ザ・フラミンゴス
    リッチー・ヴァレンス

のうちの、上5組が描かれています。

しゃれおつなアートみたくなってて、凛々さんは結構好きです、このポスター。似てる似てないはともかくとしてな(笑)。まあ、とりあえず胸毛あるから許す(何を)。

ポスターがあるのは、1986年の第1回から今年までの32年分の授賞式のポスターが貼ってあるエキシビジョンコーナーの、2001年のところです。

Fame04

そして、 ツイッターで Reiko _t( @Reiko_t )さんからいただいた情報なんですが、シアターで週替わりで上映している「ロックの殿堂」授賞式でのパフォーマンス映像が、

12月9日(土) ~ 12月15日(金)の1週間、2001年の映像です!

 Sweet Emotion - Aerosmith エアロスミス

 Graceland - Paul Simon ポール・サイモン

 We Will Rock You - Queen クイーン

 Tie Your Mother Down - Queen クイーン

シアター・スケジュール
http://rrhfj.com/theater/

クイーンファンが行くなら、この週しかあるまいよ!

と、いうことでチケットなんですが、ここで裏技!
前売り販売しているぴあ、イープラス、ローチケのうち、

チケットぴあにだけ、4枚つづりの回数券があります!

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1776847

4枚つづりだと1枚1600円(学生1100円)!単品で前売り買うよりも200円お得!

ってことで、仲間内やSNSなどで、行かれる方を4人集めるのも、テかと思います!
もちろんひとりで4回行ってもいいです(笑)。

2001年「ロックの殿堂」授賞式の時のクイーンのプレゼンターは、フー・ファイターズのデイヴ・グロール(32)とテイラー・ホーキンス(29)でした。

https://youtu.be/RnkTh4I_Zis

げげげ!わ、若い!可愛い!思わず年齢書き入れてしまったわ。

今や押しも押されぬトップロックバンドのフー・ファイターズの二人も、まだクイーン大好きっ子の若造で、もういかにもわっちゃわっちゃしてるのが、このっ!このっ!たまらなく可愛いですね!

そして、ブライアンとロジャーの受賞コメントには、なんとびっくりのサプライズゲストが!

https://youtu.be/e63sQ8Jz57s

フレディのママ、ジャー・バルサラさんに会場一同、惜しみないスタンディングオベーション。ジーンとします。
さりげないロジャーのエスコートにも注目だ!ブライアンはそこで何してる!(笑)

そしてパフォーマンスの「We Wil Rock You」は、大変珍しいブライアンとロジャーのダブルボーカル。ひゃーーー、かっこいい!

https://youtu.be/y38SRlec0E8

続く「Tie Your Mother Down」ではデイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスも混ざって大暴れです。

どうでもいいんですが、よりによってジャーママの前で「かーちゃんシバキ倒せ」って、どうなのその選曲。他に…他になんぼでも曲はあるだろうにその選曲。

https://youtu.be/FHiPF018Nho

結論。デイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスが可愛い(そこ)。

12月9日から15日まで、この下二つの映像が、シアター画面で観られることになります!
…ほら、この週に行くしか!

年明けの展示入れ替えでは、クイーン関係のメモラビアもあるといいのですけれど…。どうなんだろう、前にも書いたけど凛々さん、クイーンのアメリカでの立ち位置っていうのが未だにピンと来ないのだわ…大御所、ビッグバンド、には違いないのだろうけど。

ってことで、とりあえず

「クイーンファン的に偏った、ロックの殿堂ジャパンの歩き方」

でした。入れ替えも期待だ!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 「Planet Rock Magazine」クイーン特集 | トップページ | 【お悔み】笠原正樹氏が亡くなられたそうです »