« いろいろと忘備 | トップページ | 看板息子たち、まさかの復活!他 »

2017年11月 5日 (日)

「僕に何をしてほしいの (Whataya Want From Me)」

2017nov

クイーン+アダム・ランバートの2017年ヨーロッパ&イギリスツアーも始まりましたが、凛々さん前回も申しました通り、家庭の事情でまったく追い掛けられていない状況。

かといってすっぱりと諦められるわけもなく、後からなんとなくさらーっと情報見ては、ああ、こんな演出があったのか、こんなライブだったのか、誰かポイント押さえてニュースとか教えてくれないかなー、なんて思ってからはたと気が付いた。

そうね、「勇気凛々」みたいなサイトって、あったら便利だよね。いや別に自画自賛じゃなくて客観的に見て。
クイーン関係に集中して、ピンポイントでニュースがまとめられてたら、そりゃ便利だよね。そんなん、私が欲しいわ!今!と(笑)。

基本的に「あくまでも自分のためにやっている」スタンスなんですが、その自分のためにやっていることを、他の誰かがこりゃ便利だと喜んでくれるんなら、そりゃラッキーだ、幸せだ。たぶんこれは無意味じゃない。

でまあ、出来ることからだらだらとやっとこう、って感じで、とりあえずヨーロッパ&イギリスツアーの基本セットリストを日程のページに追加しました。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017-Eur-uk-Ire.html

ヨーロッパ時間だとだいたい日本の朝方4時くらいからなんですが、早寝早起きすればいい分、仕事中で手も足も出ない真昼間の北米時間よりは、フォローしやすいですね。…私はできてませんが(笑)。

2017北米ツアーになかったセットは「Tie Your Mother Down」とアダムのヒットシングルの「Whataya Want From Me」ですね?

■Tie Your Mother Down (Munich 2.11.17)

https://youtu.be/cCEygZ5O99o

あ、正確に言うと、「Tie Your Mother Down」は2017年北米ツアーのうち、最終日のヒューストンでだけやってます。それもアンコールの「ろっきゅー」と「ちゃんぴおん」の間に(笑)。なぜそこ。
最終日だけやったってことは、次のヨーロッパの布石!(違うと思う)

■Whataya Want From Me (Budapest 4.11.17)

https://youtu.be/KTT5D4rrsgs

突然のアダムの「Whataya Want From Me」には、アダムファン大歓喜!

2009年のアダムのデビューアルバム「For Your Entertainment」からの2枚目のシングルで、全米で最高位10位のヒット曲です。

チェコで3位、ドイツで5位、ハンガリーで3位、ポーランドでは1位を取るなど、ヨーロッパ各国でヒットした人気曲なので、ヨーロッパツアーにふさわしい選曲。予想もしていなかったオーディエンスが大歓声なのが嬉しくなっちゃいますね。

今までQALツアーでアダムの曲をやったのは、2015年南米の「Ghost Town」、2017年北米の「Two Fux」の2曲、どちらも「新曲のお披露目・後押し」的な感じだったのですが、今回は、

ファンが喜ぶアダムの曲

を、わざわざ選んでいるのが、凛々さんちょっとぐっと来ました。

元々、クイーン+ポール・ロジャースの時だって、バッド・カンパニーの曲とかがんがんやっていたので、アダムのオリジナル曲をやったっていいのに、と凛々さん的には思っていたし、ロジャーもブライアンも、最初っから「何かやろうよ」って提案したのを、アダム本人が、「いや、これはあくまで『クイーンの』ツアーだから」って、固辞したんですね。あの子はそういう子!

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-4150.html

でもここに来てやっと、「新曲の後押しだから!」という大義名分なしに、ファンが喜ぶであろう「アダムの曲」をやったことにね、逆に、ファミリーの結束がより固くなったような、そんな感じがするんですよね。

それでも1曲だけ、なのがアダムさんの奥ゆかしさ(笑)。

あ!それと日本時間今朝のブダペスト公演で、あの!「Tavaszi szel vizet araszt」が31年の時を超えて復活しました!

■Tavaszi Szel Vizet Araszt/Love Of My Life (Budapest 4.11.17)

https://youtu.be/lVFILP8zXOE

泣く!これは泣く!
続けて、「Love Of My Life」でフレディが還って来て、そしてまた行ってしまうのが…

1986年のライブ・イン・ブダペストでフレディが歌った「Tavaszi szel vizet araszt」についてはこちらの記事を。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-eaab.html

ブダペストのファン、どんなにか嬉しいだろう。
たとえ、前回のライブには来ていない、どころか生まれてもいないファンであったとしても、その記憶は、心に刻まれているはず。

ちょうど、武道館公演に対する日本のファンの思い入れが特別なように…

個人的には今回「永遠の翼 Spread Your Wings」が復活しなかったのが、とても哀しい(残念、とかじゃない。哀しい)ですが、まあ、ツアー中に楽曲が変更になることもあるでしょうしね。復活するといいなぁぁぁ。

しかしあの人たち、過去にもツアーのオーラスに「ショウ・マスト・ゴー・オン Show Must Go On」やらないとか(笑)、ファンの想いの熱さがいまいち通じてないことがままあるからなぁ。困った困った。

とりあえずツアーも始まったばかりですし、どうぞ元気につつがなく、心置きなく飛び回ってくれますように!

「Whataya Want From Me」…望みはそれだけです。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« いろいろと忘備 | トップページ | 看板息子たち、まさかの復活!他 »