カテゴリー「2017UK&ヨーロッパツアー」の7件の記事

2017年12月15日 (金)

クイーン+アダム・ランバート2017ツアー大詰め!

Hbr03

●さて、凛々さんほとんど追いかけられなくて残念なクイーン+アダム・ランバートイギリスツアーも大詰め、現在ロンドン三連戦中でございますが、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017-Eur-uk-Ire.html

13日のO2公演を、フレディ映画の主演、ラミ・マレックさんも観に来たみたいです!

Just hanging with Brian May ???#nobiggie

Yanika Watersさん(@yanikawaters)がシェアした投稿 -

2017 12月 13 12:50午前 PST

ああ、良かった、ラミさん監督交代のごたごたの思いっきり渦中にいたので心配してたんですけど、明るい顔で写ってますね。

(それにつけてもブライアン、でかっ!)

Bo Rhap Boys たち、ロンドン公演は観に来ないのかなぁなんて密かに思わないでもなかったので、こうして見られると嬉しいです。
現地時間15日(日本時間明日16日早朝)はウェンブリー(アリーナの方)公演なんですが、そろって視察(笑)とか、来ないかなぁ。観て欲しいなぁ、なんて思う、なんとなく。

ってことで、明日早朝5時から、音声ストリームしてくださる予定のみなさまはこちらです。

本当にありがたいことですね、自分の楽しみを、他の人たちにもシェアしてくださろうとするそのお心が!

自分もその場になって判るけど、たとえばステージをずっと撮影とか、どんだけの労力か。
名も知らぬ世界の天使さまたち(Muse Of The World!)よ、ありがとうございます!

ウェンブリーの後は、16日(日本時間17日早朝)の Barclaycard Arena で大楽となります。早いものですねー。

またしてもとんでもない過密スケジュール組んじゃって…と思ったものですが、またしてもなんなくこなした御大の恐るべき体力。アダムの生き血の恐るべき効力。

古希?なにそれ美味しい?


●イギリスの、ミュージシャンのための音楽サイト(だから楽器の情報なんかも多い)「MusicRadar」が選んだ「現在における世界最高のギタリスト16人」のトップに、我らが博士、ブライアン・メイが選ばれました。

「The 16 best rock guitarists in the world right now」
https://t.co/UfYy14OeN8

「ブライアンはそのクラシックなリフの遺産と個性的なギターサウンドで、この部門の明白な勝者。ロジャー・テイラー、アダム・ランバートと2018年にまたがって大規模なツアーを続け、クイーンの灯を赤々と燃やし続けている。
またそれとは別に今年はケリー・エリスとの2枚目のアルバムもリリース。衝撃的な「アメイジング・グレイス」を含むアルバム「ゴールデン・デイズ」は、ブライアンのロック魂と繊細なアコースティックの完璧な融合だ。」

これに対してブライアンがコメントを。

「THANKS MusicRadar.com folks ! Shocked and stunned to be named Best Live Guitarist. I'm not worthy, but touched and grateful. Happy that my work with Kerry gets a citation. I'm well proud of the Golden Days album. Bri」

(MusicRadar.com のみなさんありがとう!ベスト・ライブ・ギタリスト(「生きてるギタリストの内で最高」)と呼ばれてびっくり仰天したよ!僕はそれにはふさわしくない・・・けど感動して、感謝しています。ケリーとの仕事が評価されてとても嬉しい。「ゴールデン・デイズ」をかなり誇りに思っているから。Bri)

確かに、ツアー真っただ中にいてそれ一色になってるところに、アルバム「ゴールデン・デイズ Golden Days」のことをあげてくれたのは、ブライアンならずとも嬉しいですよね。
…日本とも浅からぬご縁があるアルバムですしね。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/golden-days-68e.html

…しかしそっか…あれ出たの、まだ今年なんだ…(遠い目)

なんかもう、いろいろ起こりすぎてさぁ。まさかの映画撮影も始まったし、2017年、結構アツい年だったよなぁ、と、なんとはなしに今年の締めに入る(笑)。

12/16追記

今朝のウェンブリーアリーナ、ブライアン役のグウィリム・リーさんが観に来たようです!

I had the huge pleasure of seeing this legend in action tonight. And I don’t use the term lightly. Brian May is a true legend! I’ve been proud and privileged at the idea of playing him in the Queen biopic since day one, but tonight - the first time seeing him live - I’ve been humbled. What a great night.

(今夜、この生きる伝説を目の当たりにするのをものすごく楽しみにしていた。これはちょっと軽々しく表現できない。
ブライアン・メイは本物のレジェンドだ!
僕はクイーンの伝記映画で彼を演じることを最初からずっと誇りに思っていて、何か特権のように感じてたけど、でも今夜は・・・初めて彼のライブを観て・・・すごく謙虚な気持ちになっている。なんという素晴らしい夜)

グウィリムさんありがとう、凄く嬉しいコメントです。映画が素晴らしいものになるよう、心から祈っています!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年12月 2日 (土)

ブライアンのライダー

Rider

先日…昨日かな、ブライアン・メイのインスタグラムに、「クイーン+アダム・ランバート2017イギリスツアー」中のブライアンの、「ライダー」が公開されてました。

「ライダー rider」というのは、アーティストたちがツアーの契約書の中で、招聘元に要求する「特記事項」のことです。

たとえば「ホテルは最高級、部屋の色は白に統一して、白い薔薇をたくさん飾って」とか「楽屋には〇〇を必ず用意するように」とか、「会場からホテルまでの距離は車で10分以内」とか、ほら、たまにきくでしょ、歌姫と呼ばれる方々のわがま…要望。あれです。

ブライアンの「ライダー」はこちら。

https://www.instagram.com/p/BcK1Uq5DhGr/

「Me and my dressing room 'rider'. See ? All healthy stuff ! Edamame, vegetable crisps, citrus, banana, water, ahem - chocolate, tea, berries, plus an assortment of olives, roasted peppers and other nibbles. Rice cakes. A bottle of red Vino Blotto for after gig - mainly for guests. And a New Zealand Chardonnay in the fridge - mainly for me. Note : No M & M's with the brown ones taken out. No hard liquor. No biscuits - ouch ! I'm not complaining. Like I said, touring is a good life if ya don't weaken !」

僕と僕のドレッシングルームの「ライダー」。見る?すべて健康的なもの!

エダマメ、野菜チップス、柑橘類、バナナ、水、ワインチョコレート、紅茶、ベリー類、オリーブの盛り合わせ、ローストペッパー味とその他のスナック。お煎餅。

主にギグの後のゲストのためのVino Blottoの赤。冷蔵庫にはニュージーランドのシャルドネがあって、これは主に僕用。

注:茶色のものが取り除かれたM&Mはなし。ハードリカーなし、スコーンなし。おっと、別に不満は言ってないよ!

いつも言ってるけど、ツアーは病気してない限りは素敵な生活さ!

(Vino Blottoはどうやらワインのメーカー名とかではなくて「べろべろに酔っぱらうための安ぶどう酒」みたいなニュアンスみたい。一方「自分のため」には最高級のシャルドネ、ってことで、はい、ここ笑うとこ)

  ☆   ☆

ヘルシーなものの筆頭が「Edamame」で、最後は「Rice cakes」なのが、ちょっと嬉しい我々ジャパニーズ。
「Rice cakes」は普通は「餅」だけど、まさか楽屋にお餅でもあるまいと思うので、たぶんこれは米菓(おせんべ)のことではないかと思われます。

…ブライアンいっそ日本に別邸持っちまえ!精進料理食べ放題だ!

ところで「茶色のものが取り除かれたM&M」っていうのは、これはヴァン・ヘイレンの有名なエピソードを踏まえたジョークです。

Mm_spokescandies

なんでも、ヴァン・ヘイレンの「ライダー」には、

「楽屋に茶色のものがすべて取り除かれたM&Mをボウル1杯用意すること」

っていうのがあって、デヴィッド・リー・ロスは楽屋に入ると真っ先にすっ飛んで行ってこれをチェックして、1粒でも茶色のものがあると、怒り爆発で楽屋をめちゃくちゃにしたこともあったらしいです。

ところがこの「茶色のものが取り除かれたM&M」には、実は陰の重大な理由があって、ディヴいわく。

「M&Mの中に茶色のものがあった場合は、ステージ設備の総点検をする。それはつまり『契約書をちゃんと読んでない』ってことだから。ほぼ間違いなく、技術的なミスが見つかる」

つまり、「茶色のものが取り除かれたM&M」という一見突拍子もない要求は、「ツアー契約書を隅々までちゃんと読んでいるかどうか」のチェック機能になっている、らしいんですよ。いや、本人が言うには、ですけど。

まあ、ブライアンがジョークにするくらい有名になっちゃったら、もうチェック機能としての役割は果たしません(笑)。

ブライアンも、ライダーの中にチェック機能を潜ませていたりするのかしら。神経質だから意外になんかあるかも!枝豆って、ヨーロッパの地域によってはハードル高いと思うんだけど、こいつ怪しくない?(笑)

こうなるとロジャーの「ライダー」も知りたい気持ちがわいて来ますけど、知ったところで

「ビールしこたま。あとなんかつまみ」

くらいしか、書かれてないような気も、しないことはありません(笑)。

あ、そんで今更なんですけどこの記事に限らず、凛々さんそんなに英語が得意ではないので、なんかとんでもねー誤訳があったらこっそりと教えてくださいねっ☆てへぺろ。

■リトアニア・カウナス11/17のフルコンサートの編集版。消されないうちにどぞー。

https://youtu.be/dx7EPqdYI4w


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年11月16日 (木)

映画三連発+オマケ

Live01

●ところで私この写真貼った?
…貼ってないよね、ダメじゃんね、こんな凄い写真を監督おんみずからリークしてくださっているというのに!

フレディ・マーキュリーの伝記映画、「ボヘミアン・ラプソディ Bohemian Rhapsody」のライブシーン。この原色も眩しい青ヒザあて付き赤パンツは1981年!(笑)

あまりにもフレディが憑依してて、監督も黙っていられなかったようです(ナニゲに、奥のジョンの佇まいもジョンです)。

「自分を抑えられなかった。このiPhone写真は投稿しないと by監督」

https://www.instagram.com/p/BaVKy23hTxG/

ラミさん凄いよねぇ。足の長さ以外はほぼ完璧じゃないですか!?(…いや、足の長さはさ…フレディのあの長さはしょうがない、特別製だもん)

もう何度言ったか自分でも覚えていない、俳優って凄い!

…ってゆーか、最大のリーク元が監督っていう(笑)。どうなの、そこんとこ。
ブライアンも競ってたけど、ツアー入っちゃったからね(それまでは入り浸っていた・笑)。

Live02

こちらのBARKSさんの記事で、監督のリークっぷりをまとめてくださっているのでありがたく参照。

https://t.co/jqXxUJtRtO

ドラムのセッティングにこだわりまくって周囲にドン引かれているロジャー(これは動画です)がお茶目。
フレディの妹のカシミーラさんがセットに来た写真は、上記リンク先に載っていなかったのでこちらにアップ。

Honored to have #kashmirabulsara #frediemercury 's sister on set. #queen #brianmay #bohemianrhapsody

Bryan Singerさん(@bryanjaysinger)がシェアした投稿 -

2017 10月 19 11:33午前 PDT

とりあえず、インスタのアカウント持ってる方は、ブライアン・シンガー監督のアカウントは要フォローですね♪

https://www.instagram.com/bryanjaysinger/


諸般の事情で、記事でご紹介するの迷ってたミック・ロックさんのドキュメンタリー映画

「SHOT! 写真家ミック・ロック-ロック・レジェンドの創造主-(仮題)」

の東京上陸(ゴジラか)なんですけども、先週から、吉祥寺の「ココロヲ・動かす・映画館〇」にて上映されています。

https://www.cocomaru.net/schedule

ちょっと上映形態が特殊で一言で説明しづらいのですが、1階の映画館での上映と、2階の喫茶コーナーでの(飲食しながらの)イベント上映の、2種類の上映があります。

んで、18日(土)の1階での上映と、2階でのイベント上映の後に、トークイベント開催とのこと!

『写真家ミック・ロック』トークイベント
https://t.co/7PCdXiWRWT

ゲストは長谷部 宏さんと 東郷かおる子さん。うわー、物凄くお馴染み(笑)。

この日のみ、映画代特別料金(1300円)+ワンドリンク制。
ただし、チケットはネットでは購入出来ないようで、現地お支払いです。
「SHOT!」の特製ポストカードも、受付で販売中とのことです。

詳しくは上記のサイトで。

ついでに、3階のイベントホールでは、「SHOT!」のパネル展もやっているようです。…象と一緒に(謎)。
https://t.co/YKegpahPrV

あと、来年の1月にまたしても突如、鹿児島の映画館「ガーデンズシネマ」で、1/4(木)~1/8(月祝)の5日間、「写真家ミック・ロック-ロック・レジェンドの創造主-(仮題)」が上映されます。

http://kagocine.net/next.html

こんな風に、ゆっくりでも徐々にじわじわ全国で観られるといいですね!


●こちらの記事でもご紹介した、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/cat72158319/index.html

映画「ベイビー・ドライバー」が、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場で爆音上映されます!

「ベイビー・ドライバー」の上映時間は

 12/9(土)09:30、21:40
 12/10(日)14:40

の3回!価格は1800円均一です。たぶん、日にちが近くなればネットで購入出来ると思います。

爆音の「ブライトン・ロック Brighton Rock」を大画面で!
(映画自体も面白いよ…)


●んでもって、映画の話題ではないですが、オマケ。
ルークは凛々さんにえこひいきされているので、何かとオマケに付きがち。

こちらの記事で、ルーファス・テイラーがフー・ファイターズのライブに飛び入り参加で「アンダー・プレッシャー Under Pressure」を叩いた、と書きましたが、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-1dc7.html

今度は現地時間11/13、カンザス州ウィチタでのフー・ファイターズのライブで、サポートバンドとして同行しているザ・ストラッツのルーク・スピラーが、「アンダー・プレッシャー Under Pressure」をテイラー・ホーキンスと共に歌いました。

(ルークは昨夜のフー・ファイターズのライブで、デイヴ・グロールがドラムをやっている間ボーカルに参加し、まさに、もンの凄い「アンダー・プレッシャー」状態)

https://youtu.be/uKwSqCSzw-s

「Luke was “Under” a lot of “Pressure”」…うむ、確かにルーク、ガチガチじゃん!ああ、若いなぁ、可愛いなぁ。
掛け合い曲を打ち合わせナシで(?)歌うのは難しいよねぇ。それも、ルークの大好きなクイーンの曲だしねぇ。

以前にも、フーファイは「アンダー・プレッシャーのドラムいらない?」というバナーを上げていたファン(笑)を舞台に上げて一緒に演奏していて、

https://rockinon.com/news/detail/168634

するってーとなにかい?「アンダー・プレッシャー」は、ゲスト枠かい?

フー・ファイターズはデイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスがふたりともドラムが出来てボーカルが出来て、というちょっと変則的な構成なので、誰がドラムやってもいーし、誰がボーカルやってもいーし、ボーカルは一人でも二人でもいいよ、というユルさに、「アンダー・プレッシャー」の曲構成が合ってるように思います。

そうだよねぇ、ドラムがふたりいたら、ロジャーも楽だよねぇ…歌えるしねぇ…って、

やってる!(笑)

ってことで、クイーン+アダム・ランバートのヨーロッパツアー、11/12(現地時間)のフランス・アムネヴィル公演から、突如ロジャー・テイラーが歌う「カインド・オブ・マジック A Kind Of Mgic」がセットリストに追加されました!

https://youtu.be/nUuvzhPc14U

ロジャー2曲!
ああ、ありがとう!タイラー・ウォーレン!あなたがいてくれるおかげで!

 ZZZ…


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年11月 5日 (日)

「僕に何をしてほしいの (Whataya Want From Me)」

2017nov

クイーン+アダム・ランバートの2017年ヨーロッパ&イギリスツアーも始まりましたが、凛々さん前回も申しました通り、家庭の事情でまったく追い掛けられていない状況。

かといってすっぱりと諦められるわけもなく、後からなんとなくさらーっと情報見ては、ああ、こんな演出があったのか、こんなライブだったのか、誰かポイント押さえてニュースとか教えてくれないかなー、なんて思ってからはたと気が付いた。

そうね、「勇気凛々」みたいなサイトって、あったら便利だよね。いや別に自画自賛じゃなくて客観的に見て。
クイーン関係に集中して、ピンポイントでニュースがまとめられてたら、そりゃ便利だよね。そんなん、私が欲しいわ!今!と(笑)。

基本的に「あくまでも自分のためにやっている」スタンスなんですが、その自分のためにやっていることを、他の誰かがこりゃ便利だと喜んでくれるんなら、そりゃラッキーだ、幸せだ。たぶんこれは無意味じゃない。

でまあ、出来ることからだらだらとやっとこう、って感じで、とりあえずヨーロッパ&イギリスツアーの基本セットリストを日程のページに追加しました。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017-Eur-uk-Ire.html

ヨーロッパ時間だとだいたい日本の朝方4時くらいからなんですが、早寝早起きすればいい分、仕事中で手も足も出ない真昼間の北米時間よりは、フォローしやすいですね。…私はできてませんが(笑)。

2017北米ツアーになかったセットは「Tie Your Mother Down」とアダムのヒットシングルの「Whataya Want From Me」ですね?

■Tie Your Mother Down (Munich 2.11.17)

https://youtu.be/cCEygZ5O99o

あ、正確に言うと、「Tie Your Mother Down」は2017年北米ツアーのうち、最終日のヒューストンでだけやってます。それもアンコールの「ろっきゅー」と「ちゃんぴおん」の間に(笑)。なぜそこ。
最終日だけやったってことは、次のヨーロッパの布石!(違うと思う)

■Whataya Want From Me (Budapest 4.11.17)

https://youtu.be/KTT5D4rrsgs

突然のアダムの「Whataya Want From Me」には、アダムファン大歓喜!

2009年のアダムのデビューアルバム「For Your Entertainment」からの2枚目のシングルで、全米で最高位10位のヒット曲です。

チェコで3位、ドイツで5位、ハンガリーで3位、ポーランドでは1位を取るなど、ヨーロッパ各国でヒットした人気曲なので、ヨーロッパツアーにふさわしい選曲。予想もしていなかったオーディエンスが大歓声なのが嬉しくなっちゃいますね。

今までQALツアーでアダムの曲をやったのは、2015年南米の「Ghost Town」、2017年北米の「Two Fux」の2曲、どちらも「新曲のお披露目・後押し」的な感じだったのですが、今回は、

ファンが喜ぶアダムの曲

を、わざわざ選んでいるのが、凛々さんちょっとぐっと来ました。

元々、クイーン+ポール・ロジャースの時だって、バッド・カンパニーの曲とかがんがんやっていたので、アダムのオリジナル曲をやったっていいのに、と凛々さん的には思っていたし、ロジャーもブライアンも、最初っから「何かやろうよ」って提案したのを、アダム本人が、「いや、これはあくまで『クイーンの』ツアーだから」って、固辞したんですね。あの子はそういう子!

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-4150.html

でもここに来てやっと、「新曲の後押しだから!」という大義名分なしに、ファンが喜ぶであろう「アダムの曲」をやったことにね、逆に、ファミリーの結束がより固くなったような、そんな感じがするんですよね。

それでも1曲だけ、なのがアダムさんの奥ゆかしさ(笑)。

あ!それと日本時間今朝のブダペスト公演で、あの!「Tavaszi szel vizet araszt」が31年の時を超えて復活しました!

■Tavaszi Szel Vizet Araszt/Love Of My Life (Budapest 4.11.17)

https://youtu.be/lVFILP8zXOE

泣く!これは泣く!
続けて、「Love Of My Life」でフレディが還って来て、そしてまた行ってしまうのが…

1986年のライブ・イン・ブダペストでフレディが歌った「Tavaszi szel vizet araszt」についてはこちらの記事を。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-eaab.html

ブダペストのファン、どんなにか嬉しいだろう。
たとえ、前回のライブには来ていない、どころか生まれてもいないファンであったとしても、その記憶は、心に刻まれているはず。

ちょうど、武道館公演に対する日本のファンの思い入れが特別なように…

個人的には今回「永遠の翼 Spread Your Wings」が復活しなかったのが、とても哀しい(残念、とかじゃない。哀しい)ですが、まあ、ツアー中に楽曲が変更になることもあるでしょうしね。復活するといいなぁぁぁ。

しかしあの人たち、過去にもツアーのオーラスに「ショウ・マスト・ゴー・オン Show Must Go On」やらないとか(笑)、ファンの想いの熱さがいまいち通じてないことがままあるからなぁ。困った困った。

とりあえずツアーも始まったばかりですし、どうぞ元気につつがなく、心置きなく飛び回ってくれますように!

「Whataya Want From Me」…望みはそれだけです。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年11月 2日 (木)

いろいろと忘備

えー、ワタクシ事で恐縮なんですが、凛々さん家族の病気のため家と実家を行き来しててなかなか余裕がない上に実家はネット環境にないもんですから、しばらくブログ更新は間が空いたり不定期になるかと思います…ってか、元々「間が空いたり不定期」にはよくなるんですが(笑)。一応、長期未更新になったらご了承ください。

てことで取り急ぎ。

●現在池袋パルコで「THE BRITISH ROCK VOL.2」を開催している、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/the-british-roc.html

オフィシャルグッズ専門店の【PGS】さんが、クイーングッズの福袋を販売します。

2018年QUEEN公式カレンダーが必ず入りますとのことですので、カレンダーまだの方はご検討されてもよろしいのでは!
…いえ、もちろん2個3個とご購入されて家中クイーンだらけにしても全然よろしくってよ。

https://t.co/6u03XChnIq

男女別で各サイズあるのが嬉しいですね!クイーンだけでなく、ボウイさんとかThe Whoとかクラプトンさんとか、いろいろ取り揃えているようです。

…こ、こんな福袋なんて見ちゃうと、「ああ、押し詰まって来たなぁ」なんてイヤが応にも思うわけですが、またしてもワタクシ事だらけで恐縮ですが、凛々さん誕生日が1月なもんですから、トシ明けた途端にトシ取っちゃいますんで、押し詰まるの全然嬉しくないんです!詰まりたくないです!


●ニューオーリンズで開催された「Voodoo Music & Arts Experience 2017」フェスの10/28に「勇気凛々」的に最近何かと話題に上がるフー・ファイターズが出演したんですが、そこになんとルーファス・タイガー・テイラーがゲスト出演し、なぜかクイーン+ボウイの「アンダー・プレッシャー Under Pressure」を演奏するという、遺伝子的な意味でもよく判らない事態が起こりました。

https://youtu.be/4vofALn_zHo

これ、全然観客として観てたでしょルーファス(笑)。

元々フーファイとは親子で仲良しのルーファスですが、今やザ・ダークネスのドラマーとして新譜に貢献し、なんと、

歌まで歌っている。

https://twitter.com/modern_drummer/status/925366141064794113

いえまあ、考えてみればQALのツアーでも一生延命コーラスは入れてたはずなんですが、あまり「声」のイメージがなかった。

ザ・ダークネスのニューアルバム「Pinewood Smile」の中で、「Why Don't the Beautiful Cry」と「Stampede of Love」の2曲でその歌声を披露しています。

ダークネスファンの間では、この「Pinewood Smile」は「過去最高かも?」との呼び声もあるみたい。ルーファスがいいケミストリーを生んでいる、なんてネット上の評価を見ると、おば…おねーさんも我が子のことのように嬉しいですよ、ほろほろ。

ちょっと思ったんですけど、さっき冗談で「遺伝子的な意味で」と言いましたが、クイーンとザ・ダークネスとフー・ファイターズって、なんか、伯父さんと甥っ子たち。と、その息子(ルーファス)。

よく、クイーンはあまりにも独特過ぎて我が道突っ走り過ぎてて、ロック界には何の影響も与えていない(後継者がいないという意味で)とも言われますが、たとえ音楽的に直接は似通って聴こえなくても、ちゃんとその遺伝子は継承されているのだなぁ、と、ここんとこしみじみと思ってしまうのであります。


●ラミ・マレックさんが、イギリスのテレビ/ラジオパーソナリティ、ジョナサン・ロスのハロウィンパーティに登場。
「シザーハンズ」のエドワードの仮装です。お隣はルーシー・ボイントン。

Ramimalekedwardscissorhandscostume0

…え、ってことはちょっと待って、これは映画的には「フレディとメアリー」!ふたりでお出掛けとかするんだー。にやにや。

フ、フレディがシザーハンズのコスプレしてる…と混乱中です(←違います)。


●さて、クイーン+アダム・ランバートのヨーロッパ&イギリスツアーが始まりました!

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017-Eur-uk-Ire.html

…が、凛々さん、始めに申し上げました理由で、今回は追っ掛けられないかもです。
ちゃんと腰を据えて記事にしたいのですが、いかんせん、ちゃんと腰を据えられない現状でして。

そのうち、落ち着いたらなんとかしたいです。…まあ、主に自分の忘備のために!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年4月25日 (火)

クイーン+アダム・ランバート2017UK&ヨーロッパツアー!

C97neqwxsaamhvd

はい!そんなワケで、こちらでブライアンが確信犯的リークをした、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/queen-in-3-d-95.html

クイーン+アダム・ランバートのヨーロッパ・UK & アイルランドツアーが満を持して公式に発表になりました!

…なりましたが、なった次の日、そのまた次の日と、すでに追加公演(笑)の発表が続いたもんですから、凛々さん記事にするタイミングを外されまくってましたよ。

1日2日の違いなら最初の時に言いなさいよ…

公式様のプレスリリースはこちら。
https://t.co/Xg2BLJ4ug8

で、ブライアン&ロジャーとアダムのコメントの翻訳付き日本語記事はNMEさんが一番詳細だった。
http://nme-jp.com/news/36898/

これによると、どうも今度はプログラムを変えて来るらしい!

今まではもちろん、みんな大好きクイーン怒涛のヒットソング攻勢だったのが、今度は「クイーンは本来アルバムバンドだ」というのを出して来る?みたいです。
シングルにはなってないけどアルバムの珠玉曲、とか、やるのかな?(個人的にはアダムの「Nevermore」とか聴いてみたい!)

たぶん、どんな曲でも(これまたクイーンは難しい曲が多いんだ、特にマーキュリー作)「アダムなら大丈夫、アダムなら歌いこなしてくれる」という、ロジャーとブライアンのアダムに対する絶対の信頼あってこそ、なんだろうな、と思います。

Qal_poster_2017_690x962

イギリス&アイルランド公演分のチケット販売はこちら。
https://goo.gl/ln6B1a

その他、各国公演のチケットは、すまん、公式さんを見てくだされ。
https://goo.gl/nAaRDJ

一応、こちらにいつもの日程&基本セットリストのページは作っておきました。よもや北米始まる前にこれを作ることになろうとは。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017-Eur-uk-Ire.html

今のところ、23公演ですがまだ予断を許さない(笑)。ちなみに北米が26公演なので(今のところ←疑心暗鬼のカタマリ)、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017NorthAmerica.html

49公演もするんですよ今年70歳になるあのおぢさま一味ってば!大丈夫なのか…(と、毎回言っていて、毎回大丈夫なのがおぢさまたちの凄いところだ)

英語プレスリリースから日本語(地名とかね)に直して一覧にするだけでも面倒くさかったのに、これ全部ライブするってどんな体力よ、と思いながら、夜中にぽちぽちキーボード打ってましたよ凛々さん。

英公式さんがアップした、ヨーロッパ&イギリスツアーについてのEPK映像。

https://youtu.be/53xXh9jtW2U

EPK(Electric Press Kit)っていうのは、ようするに宣伝用の映像素材のことで、たとえば映画の配給会社が他国の配給会社などに資料として配るもの。宣伝する側はその映像から独自のトレーラーを作ることが可能なわけですね。

インタビュー部分はQALの3人にそれぞれ質問をして、答えている形式なのが面白いです。
ロジャーとブライアンの、アダムが可愛くて仕方がない、って感じが萌え萌えです。ロジャー、ダンディでかっこええなぁ(←ブライアンがかっこよくないという意味ではない・笑)。

そして最後に映像資料でサマソニ!使えるものはとことん使うぞクイーンオフィシャル!

したがいまして、イギリスツアーのテレビCMはサマソニ映像になる(笑)。

https://youtu.be/6GANGWxa_Dw

冒険して来るという今度の新しいプログラム、どんなセットリストになるのか、楽しみですね!

またヨーロッパ時間の生活か!(笑)
…まあ、平日の午前中とかいう、北米の手も足も出ない時間帯よりはマシだ、たぶん。

C9xptduuqaibic9


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年4月 5日 (水)

「Queen In 3-D」のフレディ・イエローに釣られる(そこ)

C8pamxowaaaiepv

すいません、またなんかいろいろ小ネタ溜め込んでます。

えっと、ブライアン・メイのステレオ写真集「Queen In 3-D」が、5月25日に発売されまして、先日その宣伝動画がアップされました。

https://youtu.be/G1IU70hxQ6Y

動画の英文書き出しはこちらのブライアン公式で。

http://brianmay.com/brian/brianssb/brianssbmar17.html#16

クイーンの1970年代から現在までの「黄金の日々」を記録したステレオ写真をチョイスするのに3年費やしたそうで、ブライアン特許の「3Dフクロウ眼鏡」が付属します。色はフレディ・イエローです(笑)。

…いや、凛々さんずっと前にこの記事で

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-e79c.html

もう「あの色」はフレディ・イエローと呼んじゃっていいんじゃない?と冗談半分本気半分で提言したわけですが、ここに来てよもや公式が

「1986 Freddie Mercury Jacket Yellow」

とか言い出すとは思ってもいませんでしたよフレディ。

Freddie1986

「僕がフレディを撮る時、フレディも僕を見ている。そこにフレディがいる。この3Dを見る時、きっと君もフレディがそこにいると感じると思うよ」

そして嬉々としてフクロウ眼鏡の使い方を解説しだすブライアン。ああ、博士ってば…
…あ、フクロウ眼鏡がどんなモノかはこちらの過去記事をご参照ください。

「ブライアン・メイ博士のサイン」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-e511.html

「現在までの歴史」ということで、なんとポール・ロジャースやアダム・ランバートのページもあるとか!

…ほらほら、まったくの他人事だと思ってたそこのアダムファンのアナタ!他人事じゃないですよ、いつの間にか巻き込まれてますよ、アダムが!「僕たちはファミリーだから」とか言いくるめられてうっかり撮られちゃってますよ3D写真を!

ご購入予約はこちらから。各種クレジットとペイパルが使えるようです。

http://shop.londonstereo.com/BOOK-Q3-D.html

書籍代50ポンド、プラス日本までの送料は19ポンドです(1ポンド約138円4/5現在。って、この前の記事より下がってるやんポンド!)。

で、可笑しいのが動画の最後で、

「もうすぐツアーで会えるよ!6月にアメリカで!あと、たぶん10月にヨーロッパ、12月にイギリスツアー…おおっと、シー!内緒!」

とかお茶目こいてるんですがこの69歳9か月が!
モノポリーを他人にリークされたのがよほど悔しかったらしい!(違)

ヨーロッパ・イギリスツアーについてまだ英クイーン公式から正式にプレスリリースは出てないんですが、英公式は上記の動画のことを、「Tour Teaser」と言っているので間違いはないようです。

またそんなに働いて…ニュースがいっぱいあるのは嬉しいんですが、やっぱりちょっと心配にもなりますよねぇ。

まあ、それは毎回、杞憂で終わるのですけどね。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|