« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の4件の記事

2018年3月29日 (木)

フレ「ティー」・マーキュリーさんの紅茶ターイム!

Fred_tea

ツイッターで「みわ(@queen_frema)」さんからいただいた情報です!

「The TeaBook」というカリフォルニアの紅茶とテイーブックの専門店が、「LGBTQ」の 「T」と 「tea」を掛けたダジャレで「LGBQ TEA」シリーズを出してるみたいで、その中に、

フレ「ティー」・マーキュリー - オーガニック・ボヘミアン・ラズベリー

というモノがあると!また、きっついダジャレだな(笑)。

Fred TEA Mercury - Organic Bohemian Raspberry
20 Pack (LGBQTEA: Freddie Mercury) 7.99ドル

https://t.co/pbVe3m6rOA

100 Pack (LGBQTEA: Freddie Mercury) 34.99ドル

https://goo.gl/ZCrjdU

日本までの送料は、安い方のUSPS(まあ、アメリカの公共郵便だよね)で13.54ドルでしたが、数とか重さで変わると思います。

えっとね、なんか、日本ではあまり馴染みがないですが、「Tea Book」って、判りやすく言うと、紅茶のティーバッグの「切手帳」みたいなもの。

ティーバッグのあの包装の部分のアートワークの、コレクターが、どうやらいるみたいなんですね。こんな感じ。

Teabook

飲んで美味しく、飲み終わった後も袋がコレクションになる、という。
凄い綺麗な装丁の本になっているものなどもあって、プレゼントにも定番のようです。

この「The TeaBook」という会社は、どうやらそういうティーブックとアートワークの専門店みたいですね。

一応、フレ「ティー」・マーキュリー の「ボヘミアン・ラズベリー」は、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーをブレンドしてあるようで、有機栽培でヴィーガンにも安心(笑)。

ワートワークはアーロン・ロドリゲス Aaron Rodriquez さん。
そんなわけでコレクターズアイテムなので、堂々「初版(First Printing)」と明記してあるのが誇り高い(笑)。

そして、売り上げの10%は「マーキュリー・フェニックス・トラスト」に寄付されますとのこと!あら素敵。ソレ言われると買いやすい(笑)。

凛々さん、いつもの「人柱」精神で試しに20パックを2個買ってみたんですが、27日にポチって、28日に発送案内が来ました。お手続きは迅速です。問題は郵便です(笑)。ここからいつ到着するかがお楽しみ。待て続報。

あ、20×2個買ってUSPS便で、込み込みだいたい3500円くらいでした、ご参考まで。

いやー、これ来たら一人でしんみり飲むより何人かでバカ盛り上がりしたいよねぇ…ってことで、会社に持ってって配りたい誘惑に物凄ーく駆られている現在。

「みわ」さん、楽しい情報ありがとうございました!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年3月28日 (水)

フレディ映画、公開日前倒し!

Yang

ここに来ても個人的にはまだ密かに「お蔵入り」におびえる映画「Bohemian Rhapsody」ですが、2018年12月25日全米公開だった予定が、2018年11月2日に公開日前倒しになりました!

amassさんのニュースにもありますが、配給の20世紀フォックスが、いくつかの映画の公開日を入れ替えた模様です。

…まあ、冷静に考えると、アメリカでのクリスマス休暇向け映画群から外れた、とも考えられますが(笑)、あんまし深くは考えまい。

念のためIMDb(インターネット・ムービー・データベース)を確認しに行きましたところが、

https://goo.gl/ygoL2A

公開日もなんですが、前回見た時よりも、Full Cast & Crew が増えていることを発見!でもって、

ファルーク役!

Faroukh

Adam Rauf アダム・ラウフ君!きゃぁぁぁ、カワイイカワイイ♪公開日のことなんか一瞬で吹っ飛んだくらいカワイイ!可愛いは正義。

偶然にも腕組んでるポートレートが、あのセント・ピーターズ時代のフレディがスポーツ大会のカップを前にしてる写真とポーズそっくりじゃないですかぁ?凛々さん思わずうるうる。

さらにボミ・パパ!Ace Bhatti エース・バッティさん。

Bomibulsara

濃ゆい。ああ、なんて濃ゆい一家。
しかしお若い俳優さんなので、やはりボミ・パパ、ジャー・ママはフレディ幼少期、「ファルーク」の時代だけのご出演っぽい?それともびっくりの特殊メイク?CG?(笑)

他にも前回見た時にはなかったボブ・ゲルドフさんとかマックさんとかケニー・エヴェレットさんとかの、「名前のある人」の配役も追加になってますので、詳しくはこちらへ!

http://www.imdb.com/title/tt1727824/fullcredits?ref_=tt_cl_sm#cast

ちょっとびっくりしたのが「Larry Mullen Jr. 」って、U2のラリー・マレン・ジュニアだよね?ライブ・エイドでからむのかなぁ?

なーんて、キャスト一覧見てるだけで夢は枯野を駆け巡る~~~♪
「歌うロシア兵士」とか、感動しかしなさそうな予感!

…しかし相変わらずマイク・マイヤーズだけ役名が空欄になっているのはなぜだ(笑)。なぜでもいいけど別に(笑)。

あと、なんとなくブライアンがカメオ出演しそうな微妙な空気も?
だってブライアン、インスタグラムに髪の毛押さえるネットみたいなのを被った写真をアップして、すぐ削除したんだもん!

あのネット被ってたってことは、かつら被ったってことよね?ね?

ヒッチコックよろしく、「ブライアンを探せ!レベル25!」みたいになっても楽しいなぁ。探し出すまで何度でも見に行こう!的な。
(しかしあの髪を封印されたとなると、デカさしか探す手段がないので意外と難問)

あ、でね、トップ画像なんですけど、なんせ今まで映画関係でリークされてた写真がヒゲ時代ばっかりだったじゃないですか。だもんで凛々さん、「よもや貴公子時代、やらないんじゃないでしょうね…」とめっちゃ心配していた貴公子時代の画像!

あった、あったよロンゲ時代!

Yang2

いやそりゃ、なきゃおかしいよねぇ、タイトルの「ボヘミアン・ラプソディ」ヒットかましたのだって、貴公子時代だもんね!

それにしても…ラミさん(&グウィルさん)、ほんっっっと凄くない?
パッと見、フレディとブライアンのレア写真にしか、見えないんだけどっ!注釈付いてなかったら見逃すレベル。
ああっ!もうほんと、日本公開までは死ねない!

みんな!先が見えないご時世だけど、頑張って日々を生きよう!

(↑興奮のあまりハナシが壮大になっている)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年3月21日 (水)

穏やかな優しい夜を。

えっと、まだ記事にしてなかったニュース。
今月がまた更新亀ですいませんー。

●まず、こちらの記事など、何度か話題になってます

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-26ae.html

「MUSIC LIFE CLUB」が、ニュースメールの配信を始めました。

けっこうな濃ゆい内容です(笑)。
クイーンファンだけでなく、「あの時代」ですからねー。無料ですので登録してソンはないですぜ、だんな。

なお、4月14日には公式サイトもオープンするそうです。
「MUSIC LIFE」さんはなにしろ過去の財産がいっぱいあるんだから、どんどん放出して楽しませていただきたいですよね!

聞いたハナシなんですが(確か情報源は勝手にイギリス特派員のケイトさん)、70年代くらいだとまだ本国イギリスでもクイーンに関するカラー写真の充実した雑誌記事とかそんなになかった時代なので、あの頃の日本の音楽雑誌って現在の本国クイーンファンには一種の「お宝」らしいですよ。


●「ロッキング・オン」の4月号で、レッド・ツェッペリンの結成50周年を記念した過去記事のジミー・ペイジさんのQ&Aを特集しているそうなんですが、その「Q」の中に、なぜかブライアンの質問もありまして。

----------引用、ここから----------

Q:“ブラック・ドッグ”の弾き方を教えてください。ずっと悩んでいます。ー ブライアン・メイ(クイーン)

A:ブライアンの質問となったら、これは答えなきゃね! “ブラック・ドッグ”のコードはなんだっけ? Aで始まって、それからなんとなくEになっていくんだけど、フレーズをいろいろ重ねていく間にAに戻っていく3連符とかも出てくるんだよ。だから、ちょっと難しいんだよね。この曲のカウントの仕方がわかってないとうまくいかないんだ。

----------引用、ここまで----------

(爆笑)

ジミー・ペイジに「ギターの弾き方教えてーーー」ってねだるブライアン・メイ、プライスレス。これだけでご飯3杯はイケる。

眉間に皺寄せて固まったまま「ずっと悩んでる」ブライアンの図も容易に想像できて可笑しいんですが、それよりもペイジさん、これ、答えになってないような、気が。

「Aで始まって、それからなんとなくEになっていく」

その「なんとなく」のとこをききたいんではないかと(笑)。

結論としては、「この曲のカウントの仕方を理解せよ」ということでよろしいか。ブライアン理数系だから、そういう感じにかちっと明確に答えてあげないと…

この後、ブライアンが果たして「ブラック・ドッグ」を弾けるようになったのか、興味は尽きないところです。
なお、ブライアンを悩ませた三連符入りのギターリフはこちら。ででで でで でんでん♪

https://youtu.be/6tlSx0jkuLM


●ブライアンが、3月14日に亡くなったスティーヴン・ホーキング博士を追悼し、想いをしたためています。

https://brianmay.com/brian/brianssb/brianssbmar18b.html#10

ホーキング博士は実質ブライアン主催の「天文学と芸術の祭典」Starmus Festivalの執行委員も務めており、何度かパネルディスカッションにも登壇されてました。

Starmus の公式サイトでも、ホーキング博士を偲ぶ映像がアップされています。

https://www.starmus.com/

https://youtu.be/Yt--6HTDcqE

スティーヴン・タイラー、ブライアン・メイら、スティーヴン・ホーキング博士を追悼
https://www.barks.jp/news/?id=1000152938

このホーキング博士の死去のニュースが日本を駆け巡った時、ブライアン的にはまだおそらく寝ているなー、という時間だったので(←把握しきってるツイッターの民)、クイーンクラスタがみんな、目が覚めてニュースを知った時、ブライアンがどんなに悲しむだろう、大丈夫だろうか、とその心情を思って祈るように心配していたのが忘れられません。

誰かの命が消える時、もちろん亡くなったその方にとっての悲劇であるのと同時に、残された者、その人を愛し信じ共に歩んで来た人たちすべてにとって、それは何重にも耐えがたい悲劇で、だから、残された者がきちんと受け止めて立ち上がれるまでになるように、直接的な関わりのない私たちのような者ですら、祈り、願い、心を砕く、それが、「追悼」の意味なんじゃないかな…と何人も何人も、いいヤツばかりを見送った地球の反対側のひとりは、ぼんやりと思うのです。

逝ってしまった人たちに、平安を。
そして今も地上に住まう者たちにも、穏やかな優しい夜を。

Stephenhawking


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年3月 9日 (金)

ルーファスの誕生日と夏ツアー

Rufustigerlilyanddad

去年もなぜか一日遅れだったんですけど、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-090b.html

Happy birthday, Rufus!

ってことで、昨日、3月8日はロジャー・テイラー自慢のご子息、ルーファス・タイガー・テイラーさんの、27歳のお誕生日でした。

物凄いキャリア積んでるからうっかり忘れるけど、まだ27歳なんだよなー。
年上のおにーさまやおじさまたちに可愛がれられまくってますね、嬉しいですね。

これからも、悠々と、のびのびと、ルーファスがしたいことを存分にできますように!陰ながらお祈りしております。

…いやー、陰から祈ることがあっちこっちいっぱいあってだな(笑)。

んで、ルーファス在籍のザ・ダークネスが、先日…おとといか、おととい6日に、グラスゴーのフェスに出るよー、という告知をしていたのですが。

はい?

なんかとっても見慣れたロゴがどどーん。

ということで凛々さん、6~7月にイギリス・グラスゴーで開催される「TRNSMT Festival」の7月6日のヘッドライナーがクイーン+アダム・ランバートである、というニュースを、なぜかダークネスのツイートで知る(笑)。

ヘッドライナーってオーラスでしょ?
もういっそ、最後はQALとダークネスと、混ざってなんかやればいいのに!
「We Will Rock You」→「We Are the Champions」の大団円、みんなで混ざってにぎにぎしくやればいいのに!デカい!音デカい!ああ、夢が広がりんぐ。

ついでなので、今まで英公式様が日程を小出しに小出しにして来てたクイーン+アダム・ランバートの、2018年夏のヨーロッパツアーの日程ページ、ルーファスの誕生日のイキオイでやっと作りました!どんなイキオイだ。ありがとうルーファス。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018Europa.html

ツアー始まったらここにセットリストも加わります。

いやー、作ろう作ろうと思ってるハシから新しいライブ日程が入りまくって、なかなかタイミングがつかめずー。なんかモレてない?モレてないよね?

ってか、まだ増える?という心配の方が大きい(笑)。

QALはつい先日、オセアニアツアーが終わったばかりですが、きっと6月なんてあっという間に来る、と予言しておきます。カニカニ。

◆A Kind Of Magic - Adelaide Entertainment Centre 27th Feb 2018

https://youtu.be/tqvcGd4VdVs


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »