« クイーン+アダム・ランバート、ラスベガスで定期公演 | トップページ | 【速報】映画「ボヘミアン・ラプソディ」日本公開日決定! »

2018年5月16日 (水)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」11月日本公開決定!

Poster2

ひえええええ!

昨夜は日本全国津々浦々から、悲鳴が響き渡ったのが聞こえました。ええ、聞こえましたとも。

どうしよう、時系列でまとめる?

まずは5月14日の夜。映画「ボヘミアン・ラプソディ」の海外ポスターと、

Poster1

ミニトレーラーが、英国クイーン公式様から発表になったんですね。

https://youtu.be/HlRd9Zy25zo

ぐっはぁ!(吐血)

こんな短い映像だけでも脳細胞が活動停止する(←死にます)のに、

「正式トレーラー第一弾は、北米太平洋時間15日午前6時に解禁!」

とのコメントが Youtube の記事欄に!

ぎゃぁぁぁぁ!

北米太平洋時間15日午前6時ってことは、日本時間で午後23時か…あ、待て待て、落ち着け落ち着け、夏時間だ、すると15日夜22時!

思わず「シン・ゴジラ」の泉さん呼んで来て「まずは君が落ち着け」と言われたくてたまらない状況!
仕事なんかしてる場合じゃねぇ!(しなさい)とばかりに、定時退社で帰宅し、ネットに張り付くクイーンファン一同(笑)。

そして夜22時ジャスト。

ど、どこから言葉にすれば…!

撮影時にリークされてた画像がほぼ「ヒゲ時代」だったため、まだ免疫が出来ていない「貴公子時代」で動く BoRhap ボーイズの若々しさ、軽やかさ、そして若干盛りすぎのロン毛にぐっさりと心貫かれてツイッター上はシカバネ累々。
免疫大事!ハシカやってない人は予防注射しようね!凛々さんとの約束だ!

プロの俳優さんってほんとにほんとに凄い!

顔かたち自体はさほど似ているとも思えないラミ・マレックさんのしぐさ、動き、しゃべり方に、ふわっとただよう20代の頃のフレディ・マーキュリーの香り。

フレディ、フレディじゃないか!どこにいたんだよ!どこ行ってたんだよ!凄く探したのに!ずっとずっと探してたのに!

思わず涙目になる凛々さん。

でまたブライアン役のグウィリム・リーさんのすさまじさたるや!
元々姿かたち自体が似てるのに、声やしゃべり方までおんなじ!似てるとかじゃないよ、ブライアンだよ、これブライアンのしゃべりだよ!
本家ブライアン・メイの元には、「これって、ブライアンが吹き替えたんですよね?」という問合せが殺到しているとか!(爆笑)

元々が似てることに掛けてはグウィリムさんの上を遥かにかっ飛ばしてるジョン役のジョゼフ・マゼロさん、まだどどーんと映ることはないのに、画面の端に引っかかってる姿がいちいち、いちいち、ジョン!(笑)フレディみたいに派手でないからこそ、入り込むのって難しいでしょうに、この地道な作り上げたるや。

ロジャー役のベン・ハーディさんを、今までロジャーに似てると思ったことはなかったんだけど、サングラス掛けるだけであーら不思議!フレディと並んでるロジャーにしか見えない!ニワトリにちょっかい出したらブライアンが怒るからね、やめようね(いかにもやりそうで笑う)。

なんかねぇ、若造たちがねぇ、恐れ知らずにも世界に喧嘩売ってる感じがねぇ…
ああ、70年代こうだった、と、思わせてくれる映像なんですよねぇ…遠いあの日の追体験。

クイーンの名曲の数々をマッシュアップしたBGMもクォリティ高いですよね!
なんかこちらの記事に、

https://t.co/c1LQfzHYsS

「歌の場面ではフレディ自身の歌声とラミが歌っている部分があるそうだ。」

ってあるんですけど、そ、そうなの?
個人的には、そこはすっぱりと割り切ってクイーンの音源使う方が、と思うけどなぁ…でもまあ、フタ開けてみないと判らないですよね。ラミさんならやってくれるかもしれない!

あまりの事態に右往左往するツイッター民クイーンクラスタの中、程なくてして…どなたか…どなただ、ごめんちょっと探して来る…あ、あったあった、Nao(Queenie)さん(@QUEEN70789839)が、速攻で20世紀フォックスジャパンの日本語訳トレーラーを発見してくださいました!

https://youtu.be/0w9yHfNmSXQ

え、嘘、早い、20世紀フォックスJPさん仕事早い。

そして Youtube の記事欄にある説明文は!

--------引用ここから--------

映画『ボヘミアン・ラプソディ』特報解禁!

伝説のバンド、Queen

彼らの音楽を唯一超えるのは

“彼”の物語。

地上で最も愛されたエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの物語がついに 明かされる。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』 11月日本公開決定!

監督:ブライアン・シンガー
音楽プロデューサー:ロジャー・テイラー、ブライアン・メイ
キャスト:ラミ・マレック、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ジョセフ・マッゼロ
製作:グレアム・キング
配給:20世紀フォックス映画

--------引用ここまで--------

11月日本公開決定!

11月日本公開決定!

11月日本公開決定!

11月日本公開決定!

(エコー)

す、すいません、懺悔します!
凛々さん今までこの「伝記映画」カテゴリーで、散々、散っ々、

どうせ日本公開は2019年になるんでしょ。

と、やさぐれておりました!申し訳ございません!ワタクシが間違っておりました!
(ああ、こういうお詫びならなんぼでも喜んでする)
なんでしょうか、20世紀フォックスさんのこの気合は。

あ、それで名前出たついでなんですけど、20世紀フォックスジャパンさんにくれぐれも、くれぐれもお願いしたいんですが、日本語字幕ね、

字幕監修に、「状況が判ってる人」を付けてください。

どうかお願いします、お願いします。

たとえば一人称ひとつにしても、もしブライアン・メイが「俺」なんて言おうものなら、おそらくその場で暴動が起きますから!マジで!

俳優さんたちがここまで作り込んで来てくださっているのですから、字幕で世界感が壊れるようなことだけは、避けていただきたいです。本当に、そこはよろしくお願いいたします。

(でもさ、ふと思ったんだけど、原題が「Bohemian Rhapsody」で、日本タイトルがそのまんま「ボヘミアン・ラプソディ」になって、ほんとに良かったですよね。
…いやほら、だってよくあるじゃないですか、「愛の『ボヘミアン・ラプソディ』」とか、「青春の『ボヘミアン・ラプソディ』」とか、余計な枕詞が付く例が。そこはほんっとーーーーに良かったなぁ、と)

ブライアン公式さんによると、北米公開は11月2日のところ、全英公開が10月24日に早まったそうです!さすがは地元です!

イギリス公開日の入ったポスターはトップ写真。ラミさん頑張った!

いや、やったことがある人は判ると思うけど(そしてファンはやったことある人多数だけど)、このポーズ、難しいのよ!あのラミさんにして、ちょっとのけぞりが足りないくらい、難しい!(笑)

なにしろのけぞらせたら世界一ですからね、フレディ・マーキュリーは。

しかしトレーラーでこんなに興奮させられてたら、本編公開したらどうなるんだ自分。
あと半年かぁ…

もしかして、11月公開って、11月24日のフレディのメモリアルデーにぶつけて来るのかなぁ…なんて、おろおろしてるんですけど、トレーラーとか広告とかって、まだまだ小出しに来るんですよね?

ああ、心臓が持たないわぁ(持たすけど!11月までは何があっても死ねない!)。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« クイーン+アダム・ランバート、ラスベガスで定期公演 | トップページ | 【速報】映画「ボヘミアン・ラプソディ」日本公開日決定! »