« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の6件の記事

2018年6月30日 (土)

「はやぶさ2」とブライアン・メイ天文物理学博士

やっとまとまった時間が取れたので、ここ1週間あちこちでみなさまも目にしたであろう、「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの到着と、それに全力で前のめりでからんで行くブライアン・メイ天文物理学博士の話題をまとめようかと思っているのですが…

…いやなにしろ高校ん時物理で赤点取ったことのある(トラウマ。今でも夢に見る)凛々さんだから、専門的なことはほぼすっ飛ばします(断言かい)。

とりあえず、判りやすく時系列で。

ハナシは6月21日にJAXA(国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構)が、小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地の地球近傍小惑星「RYUGU(リュウグウ)」に接近する連続写真を公開したところから始まります。

「これらの写真が大好きです、おめでとう、JAXAのみなさん!世界中の立体写真オタクに代わってお願いするんだけど、時間約10分程度違いの2枚の画像を提供してもらえますか?乾杯! Bri」

それに対するJAXAのお返事。

「ブライアン、我々へのサポートありがとうございます!ハヤブサ2のプロジェクトメンバーは現在、立体写真への適切な画像を準備しています。」

JAXAは、リュウグウの上空約40キロから撮影した写真と、その13分後に撮影した写真の2枚をブライアンに提供した模様。

ブライアンはそれを使って、両目から見る視差角度を利用した3D写真を作成(JAXAによると、画像を送ったその日に速攻で3D写真を返して来たらしい!ブライアンどんだけ)、公表したのが27日。

「リュウグウの史上初の栄光のステレオ写真!詳細はJAXAのサイト、または「Bri's Soapbox」で! Bri」

くしくも27日には、JAXAが公式に、「はやぶさ2」のリュウグウへの到着を宣言。

この場合の「到着」というのは、リュウグウの上空約20kmのホームポジションに「はやぶさ2」が到達したことを指します。この「ホームポジション」を維持しつつ、小惑星の表面を探索し、着陸する位置を入念に調べて決定することになって行きます。だそうです。

「ありがとうブライアン!この立体写真は、リュウグウの表面上のでこぼこを視覚化するのに素晴らしい方法ですね!」

そうか、立体写真って、目て見てクレーターの深さとか突起物の大きさとかが実感できるのに役立つんだ!目からうろこ。

小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星到着に関する記者会見はこちら。

http://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/detail/12184.html

凛々さん、2時間通して観たんだけどこの映像にはブライアン・メイ博士のビデオメッセージは出て来ません。
大人の事情があるのかもしれないけど、JAXAは近く公開しますと言ってますので、各方面調整の問題かも(映像の中で「4人の方からビデオメッセージをいただいた」と言っているのですが、公開されているのは3人分です)。

一応、会見の中ではその話題もあったようで、こういう画像は公開されています。

Jaxa

[画像クレジット:JAXA、東大など]

はやぶさのミッションマネージャーは、

「世界的に有名な人物から関心を持ってもらい、プロジェクトチームは感激している。宇宙に関心のある人だけではなく、そうではない人にもはやぶさ2のことを知ってもらえるのではないか。科学的にもクレーターや岩が立体的に見えることは意義深い」

と語ったとのことです。

宇宙開発研究などに普段さほど興味のない人にも影響の大きいブライアン・メイのような人が「はやぶさ2」ミッションに言及することで、いい意味での「広告塔」になってくれたことは、JAXAでも嬉しい援護射撃だったのではないでしょうか!
実際、ブライアンがらみでの一般紙の報道も多かったです。

朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASL6W6HD4L6WULBJ01D.html

毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180628/k00/00m/040/044000c

サンケイ新聞
https://www.sankei.com/life/news/180627/lif1806270045-n1.html

amass
http://amass.jp/107041/

iza!
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/180623/lif18062315210018-n1.html

NHKの時事番組「持論公論」で放送され、ネットにもアップされています。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/300592.html

Nhk

また、ツングースカ大爆発が110年前に起こった本日6月30日は、ブライアンとその一味(笑)が提唱している「アステロイド・デイ」ですが、

このアステロイド・デイと「はやぶさプロジェクト」の関係なども記事になっています。

https://t.co/7IERKuNGmU

最初に書いたように「リュウグウ」は「地球近傍小惑星」という区分なのですが、この地球近傍小惑星というのは、

地球に接近する軌道を持つ天体(地球近傍天体、NEO (Near Earth Object))のうちの、小惑星を指す

とのことで、ようするにブライアンが提唱している、

「小惑星の地球への衝突の可能性と危機回避を考えるアステロイド・デイ」

にも、深く関係している研究だと言えるわけで、だから、メイ博士は「はやぶさプロジェクト」に関心を持って、興奮しているというわけなのです。

…おーけー?凛々さんも書きながら、ざっくりだいたいのとこおーけー(笑)。

現実問題として、小惑星が地球に衝突する危険は現在のところ限りなく限りなく小さいそうですが、だからこそ、危険が小さい今のうちに考えましょうよ、というのがブライアンのアステロイド・デイなわけ。
慌てなくてもいいけど、備えあれば憂いなし、という、災害大国日本にはお馴染みの思想ですね。突然のブライアン日本人説(笑)。

うん、だいたいのとこ時系列でまとまったかな?
これから、「はやぶさ2」のプロジェクトはリュウグウ探査のフェイズに入るので、今後ますますいろんな研究成果が発表されて、ますますブライアンが興奮するかもしれません。楽しみですね、いろんな意味で!カミング・スーン!

…いや、なにしろブライアンのオタク魂が爆発してると我々門外漢のファンとしても単純に見てて嬉しい(笑)。

https://youtu.be/3m40P3_elmY


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年6月25日 (月)

彼方の永遠 その9

Sunflower


 言ったでしょう?


 人が本当に死ぬのは、その人が忘れられた時。


 だから


 あなたは死なないよ。


https://youtu.be/eOC0hp7ItPQ


|

2018年6月23日 (土)

「Grammy Salute To Music Legends」詳細!

Queenhotspaceconferenceinnewyork198

映画の話題やヨーロッパツアーなどのどさくさで案の定すっかり忘れてたけど、今年の初めにクイーンがグラミー賞2018年の

「特別功労賞 生涯業績賞 Lifetime Achievement Award」

を受賞し、記念セレモニーがグラミー賞授賞式とは別枠で夏頃にある、とお知らせしましたが、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-0646.html

詳細は後程発表があるようですと言ってから早や半年。

…長い。半年は長いよレコーディング・アカデミー!こちとらすっかり失念してたよ。ってことでやっと正式発表が出ました!

https://t.co/rBUfrXZFY7

7月14日、ハリウッドのドルビー・シアター(旧コダック・シアター)にて、特別賞授賞式とスペシャルトリビュートコンサートが行われるとのことで、我らがクイーンの出演もすでに報じられています。ちょうどヨーロッパ&UKツアーが終ったばかりのナイスタイミング!
他にティナ・ターナーおばさま、ニール・ダイヤモンド、エミルー・ハリスなども。

チケットはこちらから(どうでもいいけどこの「チケットマスター」のシステム、ほんといいよねぇ。なぜこれが日本でも出来ないのか)。

https://t.co/54JajjWBXq

アメリカの公共放送局(有名なとこだと「セサミ・ストリート」を放送している)PBS の「Great Performances」という番組枠で放送もされるみたい。

アメリカ PBS はイギリス BBC と並んで公共放送つながりで NHK 様とは仲がいいので(どんな「仲」)、少しくらい遅れたっていいから NHK 音楽枠で放送してくれないかなーーーーという、淡い期待が!

えぬえちけーさまぁぁぁぁぁ!(祈願の五体投地)

いやー、しかしめでたいですね。クイーンはグラミー賞にはご縁がなくここまで来たことも含めてね、感慨深いですね。

凛々さん個人的に思うんですけどね、もちろん、クイーンは世界的音楽業界に輝ける金字塔を打ち立ててはいるんですが、全米ナンバー1楽曲だって2曲持ってるわけですが、ほら、なんとなくアメリカ(北米)での評価って、よく判らないところがあったじゃないですか。

70~80年代のクイーンのアメリカでの浮き沈み(ほんとに極端に浮いて、そして沈んだ)、そしてクイーン自身が北米制覇にある意味背中を向けた(1982年の「ホット・スペース・ツアー」以降、北米ツアーに行こうとしなかった)ことを覚えているファンの方にはおんなじ思いがあると思うんですが、なんか未だによく判らない。クイーンってアメリカでは、ぶっちゃけどうなの?と未だに思ってしまう。

だから、今こうして縁のなかったグラミー賞の特別功労賞を、アメリカのザ・レコーディング・アカデミーがクイーンに贈ろう、と判断してくれた材料の中には、今もブライアン・メイとロジャー・テイラーが、「クイーン」名義でツアーをしてくれている、2006年(+ポール・ロジャース)、2014年、2017年(+アダム・ランバート)と、3回も北米ツアーをしてその存在感を、レガシーを改めて輝かせている、ことも、なんとなーく端っこの方に含まれているのじゃないかなぁ、とかね、思うんですよね。勝手に個人的にね。

(だってビートルズでさえ、特別功労賞もらったの2014年ですよ!)

さらにクイーン+アダム・ランバートは、今年の9月には北米エンターティンメントの都、ラスベガスでの定期公演「THE CROWN JEWELS」も控えている。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-f7cf.html

人が本当に死ぬのは、その人が忘れられた時。

そして「時間」というのは存外たやすく、人に忘却を与えてしまう。

アダム・ランバートはQALツアーライブの中でオーディエンスに向かって必ず、必ずこう言ってみんなを促します。

「君たちと僕とで、一緒にクイーンとフレディ・マーキュリーを讃えよう!」と。

おそらくこれが、彼の本心。心からの言葉(ありがとうアダム)。
そしてそれは、私たちファンの、尽きぬことない心からの願い。

クイーンとフレディ・マーキュリーを讃えよう。讃え続けよう。
その人が永遠に生き続けるように、永遠に輝けるように。

改めて、グラミー賞生涯業績賞受賞、おめでとうございます、我らがクイーン!

Freddiemercury1676x406


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年6月11日 (月)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」にキミも参加!

Kimimosanka

ごめんなさい、これちょっと前から公式さんが拡散してたんですけど、記事にし損ねてました。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」にアナタも参加しよう!

…ってことで、特設サイト上からモバイル/タブレット端末で「ボヘミアン・ラプソディ」を歌って録音、それを映画製作者に送信することが出来ます!

制作側からチョイスされると、あなたの歌声が、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のライブシーンの、クイーンファンはお馴染み

観客一糸乱れぬ大合唱!

に、使用されます!

特設サイトはこちら。

https://www.putmeinbohemian.com/

面白いこと考えましたよねーこれ。

…ま、凛々さんはガラケーだけどねっ!

ぷすんぷすん、参加できないけどねっ!で、PCからだと、トップページから身動き出来ないけどねっ(笑)。

従いまして、トップから先がどーなっておるのか凛々さん的には未知の世界なのですが、たぶんこれ、「あなたのは使用します」「あなたは残念」とかっていちいち個別に通知は来ないんでしょ?来ないよねぇ?

つまり、録音を送った人はもれなく(使われていようがいまいが)、

実はアタシ映画に参加してるんだー、
ほら、ライブエイドの大合唱!

…と、誰彼かまわず自慢することが可能!となるわけですたぶん。
うまい!うまいなー!

締め切りとか書いてないのでいつまで可能かは判らないのですが、スマホ/タブレットの方は今すぐGO!
日本語なまりの歌声があったっていいじゃないか!むしろリアルじゃないか!

映画をより楽しめること、請け合い!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年6月 7日 (木)

2018年ヨーロッパツアーはリスボンから

Qal_2

はいっ!
映画関係のニュースが怒涛のように押し寄せていて、うっかり忘れてましたが(ほーら、6月なんてあっという間だった。だから11月もあっという間よ)いよいよ今日(日本時間は明日早朝)から、クイーン+アダム・ランバートの2018年ヨーロッパツアーの開始です!

一応、ツアー日程はこちら。ここに、ツアー始まったら基本セットリストも加わります。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018Europa.html

(この各ツアーの日程とセットリストのページって、普段の記事とは別のページに作ってあるんだけど、探しにくいかなぁと今、思案中)

でもって、見て見て、トップ写真。

クイーンのプライベートジェットに「+ADAM LAMBERT」のペイントがっ!

…なーんかしみじみと感慨深いねい。

思えば「アメリカン・アイドル」シーズン8のファーストオーディションで「ボヘミアン・ラプソディ」を歌ってハリウッド進出を手に入れた歌の上手い人懐っこそうな若者が、今クイーンのプライベートジェットに名前を入れて、一緒にツアーをしている。

運命って、凄い。

本人はもちろん誰も、凛々さんも、「アメアイ」の時点ではこんな未来が待ってるなんて、思ってないわけです。

2009年に、凛々さん、こんなこと書いてます。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-d2cf.html

「こんな嬉しそうなロジャーやブライアンがこの先も観られるのなら、なんかもう、それだけでしみじみと幸せな私です。

「この先」があるって、本当に素晴らしいことです。」

安心しなさい9年前の私。

クイーン+アダム・ランバートのプロジェクトは、5年後と7年後に来日公演します。
そして9年後にもまだ、世界中をツアーで飛びまわっています。

時は永遠じゃない。時は変わる。

ブライアンとロジャーが(そしてジョンが)「今」満足して幸せなら、私はそれで幸せです。
アダムちゃん、二人を幸せにしてくれて、ありがとね。ほんと感謝してます。ありがとう。

ってことで、ヨーロッパツアー初日はポルトガルのリスボンです。
日本時間は明日8日(金)の早朝5時から!

…まーた日本にいながらにしてヨーロッパ時間生活が始まるよ。梅雨時だから、みんなよく寝て体調管理には気を付けようねっ!

こちらのみなさまが、ストリームしてくださる予定だそうです。

http://mixlr.com/qal-lisbon-07062018-alticearena/

http://mixlr.com/carlarctelo/

ほんとありがたいことですね。
自分も来日公演行ったからこそ実感するんだけど、警備係もWOWOWの魔の手(笑)もかいくぐってあの場でストリーミングしようっていう気概と手間暇、どう考えても天使様です!

明日の早朝はポルトガル方面に向けて合唱と合掌をいたしましょう。

御大やアダムや、お馴染みクイーンファミリーやスタッフのみなさまも、どうか体調にだけは気を付けて、まず第一に自分たちが、ツアーを楽しんでくださればいいなぁ、と陰ながら願っています。

Nice rehearsal space ! Just happens to be where our first show will take place .... soon ! Getting acclimatised to Lovely Lisbon. We're shakin' up the show - a LOT !! I think there will be some shock on some faces !!! Ouch ! Some heavy stuff go in' down ! Ha ha ! Can't wait !!! Bri


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年6月 4日 (月)

「フラッシュ・ゴードン」サム・ジョーンズのドキュメンタリー

Flash

最初、映画「フラッシュ・ゴードン」の主演、サム・ジョーンズさんのドキュメンタリーがある、ときいて困惑した凛々さんなんですが、

困惑してる場合じゃなくて、なんとそのドキュメンタリー「Life After Flash」に、どうやら我らがブライアン・メイも、インタビューでご出演、してるらしくて、おかげでまったく無視はできなくなりました(笑)。

はい、トレーラー。

なんか、6月20日から7月1日まで開催される「エジンバラ国際映画祭」にて、6/28と6/30にヨーロッパ・プレミアとして初上映されるらしいです。

http://www.edfilmfest.org.uk/whats-on/2018-06-28

実は当「勇気凛々」が、まだクイーンファンブログになる前(笑)の遠い遠い昔、A long time ago,in a galaxy far,far away....に、なぜか「フラッシュ・ゴードン」の映画評を書いたことがあるんですが、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-eb3e.html

タイトルからして「バカ映画の金字塔」って、凛々さん酷くない?(笑)

でもって、「この映画最大の欠点は、なんと言っても主演の筋肉バカに、ひとかけらすらの魅力もないこと。」とか、きっぱりと言い切ってるんですけど、ほんっと凛々さん、酷くない?

ただ、上記の記事でも言ってるんですが、

「ここまでとことん馬鹿映画だと、逆に一部熱狂的ファンが付くのが映画芸術のマカ不思議なところで、この映画に関しても堂々と胸張って大ファンだと言う方が、どこにでも必ず一定数いるんですよね。」

っていうのは、映像関係やSFファンジン界隈をうろうろしていた凛々さんのまさに実感で、その結果があの映画「テッド」のまさかのカメオ出演だったり、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-bc36.html

今回のドキュメンタリーだったりするわけなんだと思うんだ。

ほんと、不思議な映画ですね、「フラッシュ・ゴードン」。…バカ映画だ、っていう個人的評価(褒めている、念のため)は揺るがないけどね(笑)。

なんだかんだで愛され映画。

こういうのに1本主演しちゃうと、一生言われ続けるのは日本に於けるウルトラヒーローとか仮面ライダー役者とかと、たぶん一緒です。

…まあ、この「Life After Flash」が日本で上映されることは、おそらくないとは思うんですけどね。

あ、でも「テッド」がヒットしちゃったからなぁ…判らないかな?

FLASH !!! Look ! Life after Flash - at the Edinburgh Film Festival ! http://www.edfilmfest.org.uk/2018/life-after-flash/06-28_17-10 - for all Flash-O-Files !!! (I'm in it !)  Bri


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »