« 日本でも情報解禁 | トップページ | 2018年ヨーロッパツアーはリスボンから »

2018年6月 4日 (月)

「フラッシュ・ゴードン」サム・ジョーンズのドキュメンタリー

Flash

最初、映画「フラッシュ・ゴードン」の主演、サム・ジョーンズさんのドキュメンタリーがある、ときいて困惑した凛々さんなんですが、

困惑してる場合じゃなくて、なんとそのドキュメンタリー「Life After Flash」に、どうやら我らがブライアン・メイも、インタビューでご出演、してるらしくて、おかげでまったく無視はできなくなりました(笑)。

はい、トレーラー。

なんか、6月20日から7月1日まで開催される「エジンバラ国際映画祭」にて、6/28と6/30にヨーロッパ・プレミアとして初上映されるらしいです。

http://www.edfilmfest.org.uk/whats-on/2018-06-28

実は当「勇気凛々」が、まだクイーンファンブログになる前(笑)の遠い遠い昔、A long time ago,in a galaxy far,far away....に、なぜか「フラッシュ・ゴードン」の映画評を書いたことがあるんですが、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-eb3e.html

タイトルからして「バカ映画の金字塔」って、凛々さん酷くない?(笑)

でもって、「この映画最大の欠点は、なんと言っても主演の筋肉バカに、ひとかけらすらの魅力もないこと。」とか、きっぱりと言い切ってるんですけど、ほんっと凛々さん、酷くない?

ただ、上記の記事でも言ってるんですが、

「ここまでとことん馬鹿映画だと、逆に一部熱狂的ファンが付くのが映画芸術のマカ不思議なところで、この映画に関しても堂々と胸張って大ファンだと言う方が、どこにでも必ず一定数いるんですよね。」

っていうのは、映像関係やSFファンジン界隈をうろうろしていた凛々さんのまさに実感で、その結果があの映画「テッド」のまさかのカメオ出演だったり、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-bc36.html

今回のドキュメンタリーだったりするわけなんだと思うんだ。

ほんと、不思議な映画ですね、「フラッシュ・ゴードン」。…バカ映画だ、っていう個人的評価(褒めている、念のため)は揺るがないけどね(笑)。

なんだかんだで愛され映画。

こういうのに1本主演しちゃうと、一生言われ続けるのは日本に於けるウルトラヒーローとか仮面ライダー役者とかと、たぶん一緒です。

…まあ、この「Life After Flash」が日本で上映されることは、おそらくないとは思うんですけどね。

あ、でも「テッド」がヒットしちゃったからなぁ…判らないかな?

FLASH !!! Look ! Life after Flash - at the Edinburgh Film Festival ! http://www.edfilmfest.org.uk/2018/life-after-flash/06-28_17-10 - for all Flash-O-Files !!! (I'm in it !)  Bri


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

« 日本でも情報解禁 | トップページ | 2018年ヨーロッパツアーはリスボンから »