カテゴリー「クイーン」の626件の記事

2017年2月18日 (土)

【ザ・ストラッツ】アコーステイック・ライブレポ、の長い前説

The_struts_george_fairbairn_photogr

ああ、思い起こせば凛々さんが「ザ・ストラッツ The Struts」を知ったのは、忘れもしない2014年の10月。

2014年9~10月にBBC FOUR で、「Oh! You Pretty Things:The Story of Music and Fashion」という、イギリスのミュージシャンとファッションについての3回シリーズの番組がありましてね。

Episode 1 - Tribes(60年代)
https://youtu.be/HXzFYdJxrCQ

http://www.bbc.co.uk/programmes/b04j1wxw

Episode 2 - Idols(70年代)
https://youtu.be/ZpfqPHCSBqE

http://www.bbc.co.uk/programmes/b04j8ttm

Episode 3 - Image(80年代)
https://youtu.be/Y3MznpgTh7w

http://www.bbc.co.uk/programmes/b04jy2s1

この番組の「Episode 2(70年代)」で、我らがクイーンも取り上げられまして、ブライアン・メイが衣装部屋でインタビュー受けてたりして、一部ファンの間で話題になったんですよ。

(…だってアナタ、「ブライアンの衣装部屋」ですよ、「ブライアンの衣装部屋」!
なんかもう、クイーンファンはこのパワーワードだけで脳内いろんなものが駆け巡って話題沸騰ですよ)

で、その「Episode 2(70年代)」の冒頭から、「70年代のヴィジュアルにシンパシーを示すニューカマー」、ザ・ストラッツのリードシンガー、ルーク・スピラーが登場します。

クイーンの音楽をバックにストラッツが映ったり、今にして思えばもの凄い映像です(クイーン+ルーク・スピラーの話題は27:25くらいから)。

クイーンは70年代前半に本来女性服のデザイナーであるザンドラ・ローズに、通称「白鷺ルック」と(日本のみで)呼ばれる衣装をデザインしてもらったんですが、

(余談ですがこのダブル白鷺、展示で日本に来たことがあります。
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-3857.html )

Queen1974

そのザンドラ・ローズに、2014年のワイト島フェスティバルのために新たにステージ衣装のデザインを頼んだルーク・スピラー。

前にも張ったけど、その部分の動画がこちら。

Queenliveattherainbow1974backstage

ルークが、クイーンや70年代のグラムロックを心からリスペクトしているのが伝わって来て、またルックスも、メイクしてると若き日のフレディの面差しにちょっと似てたりして、クイーンファンの間では、「あの子誰?」「日本デビューは?」なんて、一気に気になる存在になってました。
番組内で流れるストラッツの曲も、イイ感じじゃないですか。

その頃「ザ・ストラッツ」で検索すると、最初に出て来たのはこのページ。

http://tower.jp/article/feature_item/2014/08/29/0111

「美獣ルーク・スピラー」(笑)。

美獣ですよ美獣!誰が考えたんだこのキャッチコピー。
「ロックの貴公子」もアレですが、「美獣」も大概凄い。久しぶりに椅子から転がり落ちましたよ。
いやー、日本デビューの時にこのキャッチコピー継承してなくて本当に良かった。

ただ凛々さん、この時は Youtube でチェックしてただけで、英盤CD買わなかったんですよね。
70年代に青春を送った、基本ハードロック好きの者としては、素晴らしくすんなりと違和感なく入って来る音楽だな、と思っていました。個人的には、楽曲自体が特にクイーンに「似ている」とは思いませんでしたけどね。

あと、探したんだけど上記の「ブライアンの衣装部屋」とかについてもブログ記事にしてなかった。こんなに面白いネタなのに!ダメじゃん。す、すいません…

結局凛々さんがザ・ストラッツのCDを買ったのは、北米デビュー後の2016年。
その後の流れは「勇気凛々」的にはこんな感じ。

「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/classic-rock-aw.html

「フレディ・マーキュリー没後25年追悼イベント、他」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/25-0d99.html

「すいませんねぇ、私のために(違います)」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-c5fa.html

祝、ザ・ストラッツ日本デビュー!祝、単独公演来日!

ただまあ、最後の記事にもある通り、凛々さん障害者手帳持ちなため、オールスタンディングのライブはね…
悩んで悩んで、考えた末に、やはり諦めました。ストラッツ初の単独来日公演、凄く凄く行きたかったけど、無理なもんは無理なんだから仕方がない。

でも全力で応援するから!自分が出来ることを楽しんでやるから!
悪いけど観てないライブの追っかけは得意だ、QALで鍛えたから!(笑)

と精一杯明るく割り切っておりましたところが、来日も近いある日、発売元のユニバーサルさんが急転直下のとんでもないツイートを。

こ、これは、私にとって今回最後のチャンスか…

Youtubeに上がっている過去のアコースティックライブでは、椅子がある。これなら凛々さんも行けるかもしれない!一度は諦めたストラッツのライブが、土壇場の大逆転で、観られるかもしれない!

さあどうするどうなる、凛々さん。以下次回へ!前振り恐ろしく長くてごめん。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月16日 (木)

ONKYOコラボ、再販売!

Header

●昨夜唐突にキタんですが、昨年発売になり、人知れず凛々さんを悶絶するほど悩ませたあの

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-4a63.html

フレディ・マーキュリー生誕70周年と、
音響機器メーカー、オンキヨー株式会社創立70周年
記念コラボレーションモデル

のデジタルオーディオプレイヤー、イヤホン、ヘッドホンが、突如として再販売!
2016年末に予約受付終了してたと思ったんですが、ライセンス延長か!

ユニバ―サルの公式ストアでは、

https://t.co/vWUmdzFy9P

販売終了: 2017年02月26日 23:59

お届け予定日:2017年03月10日

となっています。10日間の受付です、購入の方はお早目に!

念のため、コラボ商品の特設ページに行ってみたところ、

http://onkyodirect.jp/QUEEN.html

こっちは受注生産扱いになっていて、「【受注生産】2017年6月より順次出荷」との断り付きで、こちらでも買い物カゴに入れられるようです。…6月って凄いけど。

ああ、ヘッドホンが欲しいと思いつつQAL来日で出費がかさみ、「早く販売終了してくれ」とひたすら通り過ぎるのをじっと我慢で待っていたのに。2016年が終わってほっとしていたのに!
また煩悩の10日間。
ああー、どうしよう、ヘッドホンが欲しい、リターンズ。

Onkyo

悩ましい!悩ましいぞ!ヒトの物欲の嵐も知らないで、穏やかにほほ笑むじぃじふたり。


●ところでクイーン+アダム・ランバートの2017年北米公演、やはりというかなんというか、追加公演が発表されて、ロサンゼルスが2公演になりました。

クイーン英公式プレスリリース

https://t.co/ELvlva0hK2

さっそく当ブログの「2017年クイーン+アダム・ランバート 北米ツアー」のページに6/27ロサンゼルスを追加しました。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017NorthAmerica.html

うーん、こうしてみると、あと不自然に空いている(笑)のは7/9のカンサスシティと7/13のシカゴの間か!
…いや、いいからね、これ以上増やさなくていいからね、そこはゆっくり休んでおいてくださいね!

なんか、毎回メンバーの体力を心配して、まあ毎回お元気で終了するのではあるけれども、とにかくツアーご一行の心と体の健康を祈るばかりです。

何度も言うけど古希だからね古希!そこの人、自重してね!

Brian
(↑しない)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月11日 (土)

映画「フラッシュ・ゴードン」初Blu-ray発売

Flash_gordon01

クイーンファンブログのたしなみとして、映画「フラッシュ・ゴードン」についての記事は過去に何度か書いています。

「バカ映画の金字塔」
(この記事のみ、まだ「勇気凛々」がクイーンブログになる前のものです)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-eb3e.html

「唯一にして最高の持ち役」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-d445.html

「ウワサの「テッド」」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-bc36.html

「謎の「フラッシュ・ゴードン」祭り」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1ec4.html

「映画「フラッシュ・ゴードン」DVD再販」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/dvd-f72c.html

最後の「DVD再販」をお知らせする記事に、「だってこんな幸運、きっと今後二度とない。」と書きましたが、

…それがあったんです。

なななんと、まさかの

映画「フラッシュ・ゴードン」初Blu-ray化決定!

とのことで、今度の発売は角川書店さんです。日曜洋画劇場版(1992年)の吹き替え音声も収録という大サービス。
発売予定日は2017年4月28日!

amazonでは定価5184円が既に3970円になっているという謎!(笑)

https://goo.gl/wjqYPe

発売元の角川さんからして、「あの色彩の暴力と、常軌を逸した衣装の数々」とか言っちゃってる底抜け脱線映画が、初めてBlu-rayに!さあ、もう一度みなさんご一緒に!

…誰が嬉しいんだそんなもん(←誉めている)。

いえ、上にあげた記事でも何度か書いている通り、映画としてはいろいろ突っ込みどころがありすぎて、脱力的にくだらなすぎて、かえってカルト化しているというか、みょーに一定数のファンがいる作品なんですよね、これ。

Flash_gordon02

いろんなとこで映画評見ても、賛否真っ二つ。音楽以外は最低(とりあえず音楽だけはどこ行っても褒められるのでクイーンファンとしては嬉しい限りですが、あの印象的な主題曲「フラッシュのテーマ」だけでなく、挿入曲も全部クイーンがやっているとは知らない方も、あるんじゃないかと思われます)、という方がある一方、手放しに大好き!という人もいて。
凛々さん個人としても、あのイキオイ、決して嫌いじゃない。

だから映画っていうのは、格調高けりゃいいってもんでもないんですね、たぶんきっと。

なおこの「フラッシュ・ゴードン」のことを話題にすると必ずついてまわるおピンク映画「フレッシュ・ゴードン」なんですが、ここで意外なトリビア(でもないか?)。

Flesh_gordon

実は映画「フレッシュ・ゴードン」の制作公開は、映画「フラッシュ・ゴードン」よりも、前。

「フレッシュ・ゴードン」は1974年、「フラッシュ・ゴードン」は1980年公開です。

つまり、映画「フレッシュ・ゴードン」は、映画「フラッシュ・ゴードン」のパロディではなく、原作のアメリカンコミックス「フラッシュ・ゴードン」の、パロディです。ああもう、ややこしいな。まあ、どっちにしても観なくていいです(言い切った!)。

ぶっちゃけダメダメZ級映画でありながら、こうしてなんだかんだ細々と命脈をつないでいる不思議な映画、「フラッシュ・ゴードン」。決して音楽がクイーンだから、というだけでもないと、思うんですよね。

まあ、バカな子ほど可愛い、と申しましてね。

https://youtu.be/PK6A1iGyRgs


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月 8日 (水)

逆「聖地巡礼」

1月の末に、ポーランドのクイーンファンという方から突然(英語で)メッセージをいただきましてね。

それがどうも、3~4月くらいに日本に旅行に来るそうなんですが、その時に、「Queen in Japan」の聖地巡礼をしたいと!

…いやまあ、「聖地巡礼」という言葉はさすがに使ってなかったけど、要するにそういうことですよ。日本びいきで知られるクイーンが、日本で訪れたゆかりの場所を訪ねたいとね。

「武道館には行きます!」と嬉々として語られてしまったよ。

凛々さんが驚いたのは主に2点。

1)クイーンが日本びいきだっていうのは、日本の一方的な自惚れじゃなくて、「事実」として世界のファンの間で共通認識なんだなー。

2)「聖地巡礼」っていうのも、何のファンに限らずファンならやりたくなる世界的な共通認識以下同文。

で、凛々さんのところに何の相談かと言いますと、そりゃこんなブログを8年そこらもやってるんだから、日本人クイーンファンであろう、それならこれを知っているかもしれない、ということで、

Jaanesepark

Unnamed_2

この写真の場所はどこなのか教えて欲しい、と!す、凄いとーとつに来ました。

これねー、このフレディ、凛々さんなぜか浜離宮と記憶していたんですが、調べたらクイーンの写真集には「六義園」と書かれてるらしいのね。

困った時のツイッターですよ、三人寄れば文殊の知恵なのだからして、1470人フォロワーが寄ったら天帝クラスですよ。

これって浜離宮?とつぶやいたところ、みなさん親切に反応してくださいまして。
その中で、なんと、さっちゃんさん @sacchan0928 から足で探した情報が!

「実は私も以前気になって、六義園と小石川後楽園をハシゴしたのですが、どちらにも見つけることができず、フレディの写真を引き延ばしてみると、灯籠の脚部に「…AIRES」「JAPO…」云々とぼやけながら読めたんです。それで、フレディの灯籠に似たようなのをネットで、見つけました。これはブエノスアイレスの日本庭園かと思います。」

C4lz81pukaiwbtp
(画像もさっちゃんからです。ありがとうございます!)

どっひゃぁぁぁ!なんと、掟破りの答え、「日本ですらない」

…今って凄い便利なのよね、外国だってどこだって、Googleストリートビューで行けちゃうのよね。
ってことで、ちょっくら行ってみましたよ、ブエノスアイレス日本庭園 Jardin Japones de Buenos Aires まで。

https://t.co/dnac0bppei

Japanesegarden

…ここじゃん。

石灯籠の向こうに浮橋?のようなものも見えるし、何より橋の形が。
そうなの、六義園とか浜離宮には、似たような形の石灯籠はあるんだけど、この形の橋がなかったの!

ということで、この写真は、

Jaanesepark

アルゼンチン、ブエノスアイレスの日本庭園であるということが判りました!おそらく1981年の南米ツアーの時ですね。
さっちゃんさん、貴重な証言ありがとうございます!

…とりあえずフレディ・マーキュリーさんにお聞きしたい、いや突っ込みたいのは

アルゼンチンでなんでわざわざ日本庭園に行く!

素直に南米を楽しもうよ!

…ぜえぜえぜえ。さすがマーキュリー師匠は突っ込みもワールドワイドだぜ。体力使うぜ。

なお、他にもこれは

Nagoya

Tokyo Castle ですかと聞かれたので、これは Nagoya Castle です!と自信満々で答えたのですが、Tokyo Castleって…江戸城か!つまり皇居か!一瞬判らなかったよ(笑)。

せっかく日本にいらっしゃるのだから、目いっぱい楽しんでくださるといいですね!

Have a nice trip!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月 6日 (月)

「オペラ座の夜」の妖精・その2

Dscn0446

…その2、ってその1はどこかといいますとこちら。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-e670.html

って、5年も前かぁぁぁぁ!
この記事でネタばらしした、

「フレディ・マーキュリーがデザインしたクイーンの紋章の、乙女座の右側の子は、

Originalqueenlogo

シシリー・メアリー・バーカーの「アルファベットの妖精」のジャスミンの妖精のパク…オマージュである」

Thejasminefairy_2

の件で、凛々さん前からなんとなく、このジャスミンの妖精のものが何か欲しいな、と思っていたんですね。何か、ちっちゃなものでもね。

http://www.flowerfairies.com/the-jasmine-fairy/

で、ツイッターではちょっと言ってたんですが、こちらのフィービーさんのレシピ本と並んで昨年末からトラブっていた海外通販のもうひとつの方が、やっとこ無事解決し、昨日そのブツを受け取りました。

それがこれです。

Dscn0441

「ジャスミンの妖精」のボーンチャイナ。証明書付き。直径約20.5センチ。縁取りの金箔も落ちてなくて、綺麗です。
着払い運賃になんと4000円も掛かったんですが(笑)それでもまだ、国内のヴィンテージショップから購入するよりは安い、という謎。…そんなに珍しいものでもないんですけどね。

いつ頃のものかはよく知らないんですが、通し番号付きで丸Cマークは1987年になっています。
可笑しいのが、「料理には使わないで」と書いてある(笑)。使いませんから!

Dscn0443

もちろん、別に絵皿でなくても良かったんですが、もうちょっと小さいもので、普段使い出来るような小物で良かったんですが、長く鑑賞するなら絵皿もいいかな?美しさ長持ちかな?とも思いますし。
まあ、たまたま探して目についたので、ご縁があったものと思っています。

…トラブったけどね。
今回のトラブルは支払い関係ではなくて、一度送られて来たものの、絵柄が違った、というとんでもねー間違いで!

いやいや、「ジャスミンの妖精」じゃないと、凛々さん的には意味ないんですってば!先方にはなんのこっちゃ判らないでしょうけど!

Dscn0444

ああ、可愛い。ああ、綺麗。
少女の頃、ハイクラウンの花の妖精カードを集めていた日々がよみがえります。

そして若き日のフレディが、この絵柄を凝視して模写してたかと思うと!…こみ上げるモノがありますね。

でもまあ、これをきっかけに、「ジャスミンの妖精」ものを集めるとか、そんなことは…しませんよ!ええ、しませんってば!キリないから!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月 3日 (金)

フィリコ ジュエリーウォーター【QUEEN限定デザインボトル】

Fillico

拍手コメントでグランマさんから情報いただきました!

フィリコ ジュエリーウォーター【QUEEN公式ライセンス限定デザインボトル】が、2月1日リリース!う、うづぐすい…(思わず仙台弁)

https://t.co/wkLKJoNi7a

く、くうううう、このファン心をくすぐるデザイン!水なのに!

Fillico02

Fillico Ginza は「これまでにないスペシャルなものを提供するというコンセプトで誕生したブランド」ということで、確かにこれはいろんな意味でスペシャルです。水なのに!

本物のスワロフスキーをふんだんに使ったブラックボトル!クイーンを、フレディを語るのに欠かせないゴールドの王冠!そしてお馴染み、4人の星座をかたどったクイーンの紋章!水なのにぃぃぃ!(ゴロゴロ転がってもだえる)

Fillico04

------引用ここから------

不死鳥や2頭のライオン、カニ、妖精、王冠などが象られたプレートとスワロフスキーR・クリスタルが輝きを放つゴールドのQUEENのロゴが、艶感のあるリッチなブラックボトルに飾られ、ヴィクトリア調の装飾をイメージしたキャップをセッティングした姿はQUEENの王冠を彷彿とさせます。フィリコを象徴するやキャップにもスワロフスキー・クリスタルが贅沢に飾られ、クイーン・ファン、フィリコ・ファンを共に魅了するラグジュアリーなデザインです。

------引用ここまで------

こ、困った、このラグジュアリーなデザイン!と、お値段!
バレンタインデーの大人のプレゼントに…するくらいなら自分に買うわい。

Fillico03

それにしても、こういう高級志向なブランドに、クイーンは合いますねぇ。
ね、ブライアンは大反対したけど、結果的にバンド名「クイーン」にしたのは正解だったよね。普遍的だものね。
それになんたってこの紋章が効いている。フレディ、偉い!

Fillico05

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-e670.html

ファンとしては、お値段の「桁」は、ここまでにして欲しいですけど(笑)。まあ、これ以上になると、もうどうあっても手が出ないのでむしろすっぱり諦めがつくんですが、この「桁」だとぎりぎりで迷う。これは困った。

ローリングストーンズみたいに、バレンタインならチョコレートくらいにして欲しかったわ…

Stones

https://t.co/IEdzYqLymv

ちょっと奥様、これどうします?

グランマさん、情報ありがとうございました!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月31日 (火)

「笑う洋楽展」本

Dscn0425

先週末に、友人Mちゃんが誕生祝いをしてくれました。
ありがたいですねぇ、持つべきものは友ですねぇ。

で、いただいた誕生日プレゼントが、コレ。

Dscn0421

わははは!
さすが我が友。判っていらっしゃる。

「笑う洋楽展」の本が出てるのは知ってて気にはなってたんですが、

http://amzn.to/2kMrlIL

緊急性は低かったため、買ってなかったんですね(ほら、他に緊急性の高いのがいろいろあったから…)。

なにしろ、あの「民衆を導く自由の男神」(命名:凛々)の

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/21-42c9.html

綺麗な印刷のが見たかった!(そこ?)
隣がガガねーさんというのもニヤリです(クリックすると結構大きくなります)。

Dscn0424

(ミニフレディ、またもページ押さえに大活躍。フレディのフィギュアがこんなに汎用性が高いとは思わなかったわ)

NHK的には、これは「民衆を導く自由恋愛の女王」というタイトルなんだそうです。
うーん、正直、個人的にはあまり好きじゃない、というか、ピンと来ない。

…ということで、当「勇気凛々」では公式をがっつり無視して相変わらず「民衆を導く自由の男神 Liberty Leading the People」と呼ぶことにしますので!(言い切った)

他にも、番組内ではなぜかきちんと紹介されない名画の数々を、じっくりたっぷりと鑑賞できます!マイケルもエルトンもいたなんて、知らなかったよ!

で、念願の綺麗な印刷の「民衆を導く自由の男神」は見られましたが、実は本文の方には、クイーンもしくはフレディのネタは、ありませんでした。

あんなに貢献してるのに!

ええーん、なんでなんで。出し惜しみ?パート2あり?

とりあえず内容は、放送されたものからの抜粋で、みうらじゅん氏と安齋肇氏のトークが載録されています。PVの映像とか、アーテイストの顔は似顔絵でしか載っていないのは、おそらく大人の事情です。

ついでに言うと、この番組「笑う洋楽展」は、DVDにはならないそうです。それも「大人の事情」だと。…たぶん難しい(そして高い)のでしょうね、権利関係が。

なんでも、昔からサブカルに強いNHKは、60~80年代くらいの洋楽の映像、たくさん買ってあったんですって(つまり放映権を、ってことですよね?)。でも、それを活かせるような番組がない。ああもったいない、宝の持ち腐れ。
ってことで、「笑う洋楽展」は始まったのだそうです、アーカイブを活かすために!そういう裏話なんかも面白いです。

しかし返す返すも第一回「胸毛男」が載ってないのは残念だなー。
悔しいから勝手に貼ってやる。↓これは載っていません。

http://youtu.be/vNhhAEupU4g

でも観てない回のもたくさん載っていたのでちびちびと楽しく面白く読んでます。Mちゃんありがとう!

なお、時々ぶはっと吹いてしまうので、くれぐれも公共の場で読む際はお気を付けくださいね♪

追記

この記事を書籍『笑う洋楽展』の公式ツイッターさんにお知らせしたところ、このようなツイートをいただきました!

…言うたな?絶対やな?


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年1月14日 (土)

ファントム・ゾーン

昨日1月13日に、イギリスのエリザベス女王の妹、マーガレット王女の元夫で写真家のアンソニー・アームストロング=ジョーンズ氏(初代スノードン伯爵)が亡くなられたそうです。

スノードン卿といえば、クイーンの「グレイテスト・ヒッツ(1) Garetest Hits」(81年)のジャケット写真や、

51sovc21kl

この有名なフレディのポートレイトを撮影した方でもあり、

Freddiemercury1981

ブライアンも追悼文を寄せています。

このブライアンの追悼文の中で個人的に興味深い、と思ったのが、「グレイテスト・ヒッツ」のジャケット写真は、クリストファー・リーヴ版映画「スーパーマン」から着想を得て、元々のスノードン卿の写真を、まるでガラスの平面上に閉じ込められて回転しているようにゆがめた、というところ。

ああ、あれかあ!

と、映画「スーパーマン」を封切り劇場で観た世代(←笑)は膝を打ったわけであります。

(あれ↓)
Pz7

映画「スーパーマン」(78年)「スーパーマンII」(81年)に出て来るテレンス・スタンプ演じるゾッド将軍、スーパーマンの故郷クリプトン星の犯罪者で、「更生の見込みなし」ということで刑罰としてファントム・ゾーンと呼ばれるおそらくは二次元(平面)の空間に、幽閉されてしまいます。

そのシーンがこちら。

https://youtu.be/2u3eQc_rx54

うわー、アレとソレ、全然結び付けて考えなかったよ!
あれ、ファントム・ゾーンだったのか!
ゾッド将軍に匹敵するようなどんな罪を犯したんだクイーン!(笑)

「ゾッドにひざまずけ!」(←好きなセリフ)ってゆーか「クイーンにひざまずけ!」?

考えてみたら、クイーンが音楽を担当した映画「フラッシュ・ゴードン」が1980年で、あの頃ああいう空想科学映画のブーム真っ只中、フラッシュの参考のため(と同時にブライアンやロジャーの個人的趣味)「スーパーマン」シリーズは観ただろうしなぁ。ジョン・ウィリアムズのテーマ曲、かっこええなぁ。

「時代性」を考えると面白いつながりだな、と思いました。

やっぱりね、文化って時代と無縁ではないのよね。いろんなものが、双方向でつながっていて、その「つながり」に、個人的に凄く興味をそそられます。
こんなふうにたまにぽろっと、あまりにも予期しないところからあまりにも予期しない「つながり」が発覚するのが、楽しいなぁ、と。
…いや、追悼文を楽しいとか言うのも不謹慎だけど。

なおブライアンは、2011年にユニバーサルに移籍して再発売した際に、「グレイテスト・ヒッツ」のジャケットは元々のスノードン卿のオリジナルに戻した、僕はこの方が好きだ、と、スノードン卿を悼んでいます。

Gratesthits_2_2

現在発売されている正規国内盤CDのジャケットはこのスノードン卿オリジナルですが、

https://goo.gl/1ZQqC7

去年の9月にQAL来日記念に発売された「紙ジャケット仕様」のCDの方は、「ファントム・ゾーン」の方になっています。あ、そりゃそうだよね、紙ジャケ(=レコード)だもんね。

https://goo.gl/POKhjl


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年12月25日 (日)

Thank God It's Christmas♪

Christmas

ども。サンタさんうちにもそれ配達してくれないかなーと毎年毎年…(延々)思う凛々さんです。

何はともあれクイーンファンはクリスマスにはこれを聴かないといけませんので(義務かい!)、さっそく貼っちゃいますね。

https://youtu.be/fu3uA8K6ApQ

なんか最近アメリカでは、キリスト教徒以外の人に配慮して、「メリークリスマス!」ではなく「ハッピーホリディ!」と言うのが推奨らしいですね。

戒律の厳しい宗教の人は大変だなぁ、と、あいまいな宗教観を持ついかにも日本人の凛々さんはのん気に思うわけです。
いーじゃん別にクリスチャンでなくたって、とりあえず、

祭りには乗っとけ。

その方が楽しいから。
クリスチャンではないフレディ・マーキュリーさんだって、しれっとクリスマスソング歌ってるわけですし!
クリスマスツリーも飾るし、サンタさんの扮装だってへーきでしちゃうぞこの人。

https://youtu.be/HEhhQwcrWYg

フレディの「あいまいな宗教観」については6年前のクリスマス記事に書いてました。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-36b4.html

…って、うひゃーーーもう6年も経っちゃってるのか。それはそれでびっくり。

今でも、「フレディ・マーキュリーはゾロアスター教徒だった!」とか音楽ニュースなんかでことさら書かれてると、ちょっと、しっくり来ないというか、まあ、そういうわけでもないんじゃないかな、家系がそうだったというだけで、と、こっそり感じている凛々さんなのであります。

まあとりあえず、どうやら「祭りには乗っとく」主義らしいマーキュリー先生が、今宵、みなさまの夢ににっこにこで訪れますように。

Happy Merry Christmas!

Il_570xn1113606843_1sl7


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年12月20日 (火)

サンタがQALファンにやって来た!(否ロジャー)

Summersonic02

さあ、「クイーン+アダム・ランバート ライブ・イン・ジャパン サマーソニック2014」DVD/Blu-ray は本日発売!

そして発売元のワードレコーズさん、ノリノリなんですが!

こちらの記事でもご紹介しました、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/2014dvdblu-ray-.html

「伊藤政則のロックTV! クイーン+アダム・ランバート60分拡大スペシャル」で放送され、こちらの記事でご案内している、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/74-b6d0.html

NHK BSプレミアムで12/28に放送される「Queen Live at Rainbow 1974」の時にも、もしかしたら放送されるんじゃないか疑惑の、

来日前にシンガポールで収録された、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、アダム・ランバートの3人の独占インタビュー

をDVD化したものが、ななななんと、「サマーソニック2014」購入者もれなく全員に、配送手数料のみ負担でプレゼントされます!
スーパーデラックスボックスを購入した人は、配送手数料すら無料!

な、なんというゴージャスでブリリアントなクリスマスプレゼント!

す、すごい、ワードレコーズさん太っ腹!

ワードレコーズから通販で申し込んだ人(というか、全員だ)に、12/27以降に案内のメールが届く模様です。申し込み方法はそちらに。要チェックですよ!

今から作る(笑・蕎麦屋の出前か)ので、お届けは2月以降になるとのこと!
ま、待ちます!なんぼでも待ちます!クイーンファンは待つのは得意です!

なんか、「サマソニ」DVD/Blu-ray に最初から映像特典で付いてるよりも、後から急遽プレゼント出来ることになりました!っていう方が、いかにも「あまりの反響に嬉しくて、つい調子にのって」感があって、嬉しい気がします(笑)。

上映会でいまどき凝ったチケットをわざわざ印刷したのも含めてね。なーんか、手作りっぽくて、暖かいですよね、ワードレコーズさん。

BARKSさんのこちらの記事によると

https://t.co/2JjOCnIZ8F

DVDの盤面も特別デザインだそう。

あの、ロジャーの「この仕事をしてる時、俺は36歳なんだ。だから鏡をふと見ると(アクション付き)うわぁぁぁ!」とか、ブライアンのすべったジョークとか、アダムの「靴、命!」とか、あーんなシーンやこーんなシーンがいつでもお好きな時に!ああ、なんて素敵。

考えてみたら、QALの3人そろったインタビュー映像が公式にDVD化するのももちろん初めてなワケで、日本ってほんとに、ほんとに、恵まれています。
やはり、そこは永きに渡り応援し続けた賜物です。継続は力。
プラス、アダムの若い血ね。吸い尽くされて大丈夫なのかアダム!(…大丈夫だ、プリプリだから)

これからもまだ見ぬ、まだファンではない後世のファンのために、今の私たちが、応援し続けましょうねっ♪

https://youtu.be/WisbTIZUznA


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

より以前の記事一覧