カテゴリー「ブライアン・メイ」の106件の記事

2017年6月15日 (木)

ブライアン・メイ&ケリー・エリス「Panic Attack」リリース

Panicattack

またとーとつシリーズなんですが、6/14にブライアン・メイ&ケリー・エリスが、アルバム「Golden Days」から、「It's Gonna Be All Right(The Panic Attack Song)」を、新たに「Panic Attack - Radio Mix」として、イギリスでシングルリリースしました。

amazon UK
https://goo.gl/rSTl6R

ONKYO UK(なんとハイレゾ!)
https://www.onkyomusic.com/GB/releases/6491624

リリックビデオも公開。

https://youtu.be/AW2HBXYngww

「Panic Attack」って直訳的には症例としての「パニック発作」のことですけど、これは今となってはもっと広い意味に。

いえまあ、始めはパニック障害に対する認知励まし応援ソングだったのかもしれないけど、先ごろのマンチェスターやアジアでのテロ事件や、人種や宗教によるいさかい、国際的な緊張(ブライアン公式ははっきり「トランプ」と言っている)や国内の迷走、我々ひとりひとりがみんな、先の見えない不安と恐怖に押しつぶされそうになって絶望的になっている今、ブライアンがこの曲をシングル発売しようと決めたのはもっと大きな意味も持っている。

PANIC ATTACK is an inspiration to us all to find the way out in moments of blackness. So when the pressures of modern life becomes overwhelming just stop, breathe, and crank up the stereo speakers. Don't panic. It's gonna be all right.

(「PANIC ATTACK」は私たちが暗黒の時代の中から出口を見つけるためのインスピレーションです。現代社会の様々な抑圧に抵抗できなくなりそうになったら、大きく息をしてください。そしてステレオスピーカーの音量を上げてください。落ち着いて。きっと大丈夫。)

http://brianmay.com/brian/briannews/briannewsjun17a.html#14

ああ、今にして思うんですけど、去年の10月にブライアンが「僕の意思やエネルギーを奪う病と戦う」ために、ケリー・エリスとのツアーを無期延期した、あれは、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-cb57.html

私は内心、昔患ったうつ病かな、と思っていたのですが、パニック障害だったのかもしれないですね…上記のブライアン公式サイトのプレスリリースでも「パニック障害は珍しいものではなく、イギリス人の10%、アメリカ人の18%が悩まされている」、と説明しています。

まず自分を鼓舞させるために。
そして、それはいつか、多くの人を慰め鼓舞するために。
ひとりの想いは、いつかみんなの励ましに。
それはきっと、そんな風に生まれた曲。

本当に、ブライアン・メイという人は、優しく、繊細で、そして、とても強い人なんだな、と思いを新たにします。

基本のほほんと生きてるこちら凛々さんですらも、ニュースとか見ても底知れない恐ろしさ、正体の見えない不安がなんとなしに日常の中にじわじわと忍び寄っているのを肌で感じる矢先に、サビのところなんか、リリックビデオ見てて泣けて来ちゃいました。

 It's gonna be all right
 It's gonna be all right
 Somehow it's gonna be all right
 Tell me that you'll always believe

 大丈夫だから
 うまく行くから
 とにかく大丈夫だから
 そう信じてるって言ってみて

「It's all right」じゃなくて、「It's gonna be all right 」なのがね。ぐっと来ますよね。
(これから)うまく行くから、って。未来を見てるのね。

きっとね、優しくて正義感にあふれるブライアンは、(あのマンチェスターのテロなども見て)自分も何か、せずにはおれなかったんだろうな、と、この突然のシングルリリースに思いをはせるのでした。

Brianandkerry


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年6月 6日 (火)

クイーンモノポリー実況

Queen_monopoly_1

とーとつなんですが(いやとーとつなのは私じゃなくて英公式さん!)クイーンの Facebook英公式で、日本時間明日夜9時からブライアン御自らクイーンモノポリーの中継をするようです!

https://t.co/ALgtaxyVgU

何するの?文字通り箱出し?(笑)

あ、いや確かもうアダム・ランバートさんもロンドンに迎えてUSツアーのリハーサル中なハズだから、アダム、ロンドンにいるはずだから、

ブライアンとロジャーとアダムと3人で実際にゲームすりゃいいじゃん!

実況とか、してくれればいいじゃん!
ゲームに熱くなってきゃーきゃー言うアダムちゃんとか見たい(笑・そこ)。

ブライアンの実行力に期待する!(勝手に無茶振り)

でもフェイスブックって、アカウントないとちゃんと観られないのかな?(←判ってない)

…まあ、このために「ウォッチ用アカウント」作ったっていいわね、今後もいろいろウォッチするのに便利だしね。

いやー、凛々さんブログとツイッターだけでもういっぱいいっぱいで、現実的にフェイスブックとかインスタグラムとかまで手が出ません。

現在のとこ、ツイッターでインプット、ブログでアウトプット、っていうサイクルが一番効率がいいな、と思ってます、自分では。

そんなワケで、取り急ぎ情報のアウトプットでした(笑)。

6/15追記

英公式さんが、Facebook実況の動画を改めてYoutubeにアップしてくださいましたので、追加しまーす。

箱の匂いを嗅いで「いい匂い♪」とか言ってるブライアンどんなフェチ。
ロジャーやアダムさんを巻き込んだゲーム実況は叶わなかったけど(←当たり前だ)、ブライアンがいきなり「武道館のマス」に止まったのでもう全部許します(笑)。

リンクで飛んでYoutubeのページで観ると、右下に字幕の設定があるので、これをONにすると英語字幕が出ます。残念ながら英語だけですが、耳で聴きとるよりは何言ってるか判る、かもしれない悲しい非英語話者。

https://youtu.be/v8b6_wWpR4Q


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月26日 (金)

マンチェスター!

Manchester

みなさまもご存知のとおり、イギリス・マンチェスターにて22日夜(日本時間23日朝)、アリアナ・グランデのコンサート終了後、会場のマンチェスター・アリーナで爆発事件が起こりました。

アリアナのファンは10代の若い人が多く、死傷された方も多くがそんな若者たちと、子どもたちを迎えに来たご家族でした。

楽しいはずの、ワクワクしたはずの、大好きな音楽のライブ会場を狙った暴力に、怒りを禁じ得ません。
亡くなった方、傷ついた方、そしてそのご家族の方々を、地球の片隅から想います。

音楽は楽しむためにあるのに。なんてなんて卑劣なことを。

また、アリアナ自身もどんなにか傷ついたかと思うと、胸が痛みます。
彼女だって、外国から来た23歳のひとりの女の子にすぎません。
自分のライブで、自分のファンが、年若いファンが、テロの犠牲になったことを、23歳の女の子に受け止めさせるなんて、なんと残酷なことか。

傷ついた方々の心が、少しでも癒えることを、祈ります。
押し寄せる波の前に砂の城を築くかのように、儚く脆いかもしれないけれど…

クイーンとブライアン・メイ、そしてアダム・ランバートのマンチェスターへのコメントをまとめます。

ブライアンは、ツイートの他、もう少しまとめて、英NMEのインタビューに応えています。

英NMEの元記事はこちら。
https://t.co/v3njVLrDeu

NME Japan の翻訳記事はこちら。
https://t.co/J0nKlKalo8

■Brian May on the Manchester attack

https://youtu.be/Jn8U2udwBtc

5/27追記

5月24日(英時間)に行われた「QUEEN in 3D」のプレス向けエキシビジョンの前に、前日のマンチェスターテロについての想いをスピーチした動画が、ブライアンの動画公式チャンネルからアップされましたので、追加します。

https://youtu.be/122rwReP4cw

主義主張が異なる人たちの、間違った主張の仕方は、これからも起こるかもしれません。
「彼ら」は、音楽や芸術などを楽しむことを、享楽、堕落ととらえていると聞きました。

ブライアンが言うように、根本から、すべきことを見直さなければならないのかもしれません。
けれど、自分には何が出来るのか…と思うと、なんだか絶望的な気持ちになってしまいます。途方に暮れてしまいます。

それでも、私たちは、立って、歩まなければならないのだけれど。
「彼ら」が何と思おうと、どうしようと、それでも、やっぱり音楽は私たちの、大事な宝だから。

美しい、宝だから。

■Queen + Adam Lambert "Love of My Life" Manchester 21 january 2015

https://youtu.be/PgQatEoUgd8


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月22日 (月)

「QUEEN in 3-D」輸入国内版予約開始

20170415queenin3d

はい!お待たせしました!私が待たせたわけじゃないけど!

シンコーミュージックさんの「QUEEN in 3D」輸入国内版の予約が始まりましたよ!

https://www.shinko-music.co.jp/info/queenin3d/

こちらの記事にありますように、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/queen-in-3-d-16.html

日本語解説書とオマケのノート付きです!

Queen3dtokuten

価格は税込み定価9,720円で、送料無料が嬉しい!

で、凄いのが、なんと世界発売に合わせて来た!
ええええ、さすがにそれはないと思ってました!シンコーミュージックさんなめててごめんなさい。

5月25日から、予約順に発送とのことです!…無茶しやがって…

ででで、それだけでも凄いのに、さらに『QUEEN in 3-D』発売記念イベントも開催されるとのことです!

これがちょっとややこしいんですが、

●入場無料の『QUEEN in 3-D』イベント

が、2017年6月9日(金) 17時~21時 と、
  2017年6月10日(土) 11時~15時 にあって、それとは別に、

●有料(2,500円)のスペシャル・トークイベント

が、2017年6月10日(土) 16時~17時(開場:15:30) にあります!

出演:東郷かおる子(元ミュージック・ライフ編集長/音楽評論家)

川原真理子(『QUEEN in 3-D』日本語解説執筆者)

入場料:2,500円 限定30名

会場はいずれも
株式会社 シンコーミュージック・エンタテイメント
アネックスビル 1階 ブレイクセカンド

https://www.shinko-music.co.jp/corporate/map/

トークイベントの申し込みはこちらから。

http://shinko-music-shop.com/?pid=118066282

「QUEEN in 3D」本体と一緒に購入も可能で、その場合上記のページから買い物かごに入れた後、

http://shinko-music-shop.com/?pid=117951263

こちらのページへ行って3D本を買い物かごにいれてから、レジへ進んでください(もちろんバラでも購入できます)。

ブライアンの動画にも、日本語字幕を付けてくださいました!ありがたいありがたい。

https://youtu.be/uEzBDu1z_wg

また、限定50冊ほど、例のワードレコーズさんから発売される模様!

ワードレコーズさんのサイトはこちら。

http://wardrecords.com/SHOP/SMRE0002.html

内容の試し見もありますよ!

QALのサマソニビデオの時でお馴染みワードレコーズさん通販番組(笑)、

5月27日(土)25:30~26:00放送のBSフジ「伊藤政則のロックTV!」

でも紹介される予定で、放送時から、上記サイトで販売開始になります!

中見せ画像はこちらのNMEさんのページにも!

https://t.co/1WC1rLoqhi

さて、ほとんど他人事だと思ってるそこのアダムさんファン!
ふっふっふ、QALの写真もありますぜ!じゃじゃーん。

246247720x476

まあ、ページは多くないでしょうけどね。さあ困った(←困ってない)。

動画や中見せなどいろいろ見てると、未公開の(というか、ブライアンちに長いこと保管という名の放置してあった)貴重な写真がいっぱいのようです!
やはりこれは見逃せない!

ブライアン・メイ博士、この本には凄く思い入れが深いみたい。
たぶんこれが、ブライアン版の「輝ける日々」なんだろうな、となんとなく思いました。

大切な大切な、彼らのあの日々。

3d04


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月17日 (水)

【速報】「QUEEN in 3D」日本版価格

3d02

【QUEEN in 3D】輸入版日本仕様の売価が発表されました。

英公式で直に購入する場合、書籍本体は50ポンド、日本までの送料が19ポンド、合計69ポンド掛かります。1ポンド146円として、10.074円。

http://shop.londonstereo.com/BOOK-Q3-D.html

シンコーさんは日本語解説+オマケ付き

https://www.shinko-music.co.jp/info/queenin3d/

で9,720円。

あとは送料がどうなるかですけど、まあ、解説やオマケが付いてて、なおかつ国内便で届くのはアドバンテージですね。

トップ写真は、ファンクラブの依頼で3D本の蔵書票にサインするブライアン。

「早く書いて!ってせかすんだ!」

と言いながらサインしてます(笑)。

https://www.instagram.com/p/BUHvGT3Dsdt/

そしてなぜか、自分用にもサインしてます。貼るのか、自分の分に!

3d03

5月26日には、ロンドン・ピカデリーで発売記念のブライアンのサイン会が行われるようです。

https://t.co/JcZeD3DocC

入場無料で早い者勝ち、サインするのは3D本だけ!というシバリ。
やっぱ、いいなぁ、地元は。

ついでに地元はいいなぁ、その2。

5月13日からロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にて、ピンク・フロイドの大回顧展「The Pink Floyd Exhibition: Their Mortal Remains」が開催されているのですが、

http://pinkfloydexhibition.com/

オープン前の9日に行われたオープニングレセプションに、ブライアン・メイとロジャー・テイラーがそろって出席したようです。

Pinkfloydexhibition

ボブ・ゲルドフさんと。

ライブ以外でふたりがそろうのは、割とレア。それがクイーン(笑)。
まあ「一緒に」行ったワケではないようですけどね。

たまたま、そろった(笑)。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月14日 (日)

「QUEEN in 3-D」日本版予約延期

Queen3d03

金曜日12日に、凛々さん華麗に仕事をさばきながら(…すいません、ちょっと嘘を言いました)ふと思い出したんだ。

そういえば例のブライアンの3D本の日本版、シンコーミュージックさんは、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/queen-in-3-d-16.html

今日予約開始とか言ってなかったかい?

で、すたこらとサイトに行ってみたところがまだ近日詳細公開のままになっている(その時点ではね)。
おやぁ?と思って素直にツイッターでつぶやいたところ、確認をしてくださった方が!

電圧降下DenAtsuKo-Ka @redspecial_bm さん、情報ありがとうございました!
ま、まあ、間違えたってことは、ないでしょうけど…あれ?おや?

ほどなくして、慌てたシンコーミュージックさんからお詫びツイートが。

…まあ、翻訳も、いろいろ添付物もあるしね、あの

レッド・スペシャル本が4か月遅れたことを思えば、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-5c85.html

10日やそこらは、へでもない。

…ああ、飼い慣らされてるなぁ、クイーンファン。

(一応、ディスク・ユニオンさんの名誉のために言っとくと、「レッド・スペシャル」本は完全翻訳書籍だったから!洋書に日本語解説を添付するのとは、違うから!ね!)

ということで、「QUEEN in 3-D」予約は5月22日から、シンコーミュージックさんのサイトで!

https://www.shinko-music.co.jp/info/queenin3d/

でもそうすると、発売自体も押されて延びるのかしらね?

まあ、本国イギリスでの発売が5月25日なので、

http://www.queenin3-d.com/

日本でも同時に出る、なんてよもや思ってないです、大丈夫です、慣れてます(笑)。

「見たこともない写真もある」とか漏れ聞いておりますので、楽しみです。
ゆっくりじっくりと、待つ楽しみを満喫しましょう!

Queen3d01

…か、買いますから!判ってますから!

だからその無言の圧力顔はやめてと何度言えばっ!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月 4日 (木)

ブライアンとケリーの「Golden Days」

Kimg0018

息を飲んだ。

ケリー・エリスの「ゴールデン・デイズ Golden Days」の出だしの「Golden corn~」のところが、美奈子ちゃんそっくりに聴こえて…その瞬間、ぶわっと涙があふれた。

ケリーもプロ中のプロだから決して似せたわけではないんでしょうけど、他にもコーラスや、聴かせどころの Say you hear me~ のところとか、あのキュートな笑顔がちょこちょこといたずらっぽく顔をのぞかせて、まるで美奈子ちゃんが一緒に歌っているかのようです。

と、同時に、「そういう風に」聴こえたとしても、あえてブライアンがダメ出ししなかった、そのこと自体にも、ブライアンとケリーの、本田美奈子への敬意を愛を感じました。

偶然にも(…偶然なのかな?)今年は本田美奈子さんの「クレイジー・ナイツ/ゴールデン・デイズ」リリースから、ちょうど30周年なんだそうです。だからちょっとだけ、天使が遊びに舞い降りたのかしら?

https://youtu.be/6mS3nTszWLQ

もう1曲、本田美奈子さんの代表曲のひとつであり、ブライアンが美奈子ちゃん亡き後アレンジし直した「アメイジング・グレース Amazing Grace」(前回の記事で貼りましたね)については、本当に天使のような、可憐な歌声の美奈子バージョンよりも、ケリーの歌声はどちらかというと、もっと年齢を重ねた、女性の、今をしっかりと生きる女性の、味わいと力強さがあってまったく似ては聴こえないので、「Golden Days」のこの、

美奈子ちゃんがいる!

という感じは、特別なんだな、と思いました。ブライアンが、

「このアルバムが発売されその曲(Golden Days)が流れた時、小さなミナコ・ホンダは永遠に忘れ去られることはないだろう」

と言ったのは、こういうことだったのかな。

収録曲はこちらなどご参照ください。

https://goo.gl/wiUERS

全13曲、今までにブライアン・メイとケリー・エリスのコラボで単発的に発表していたのが

「Roll with You」
「Amazing Grace」
One Voice
「Born Free」
「Parisienne Walkways」
The Kissing Me Song
「I Who Have Nothing」

の7曲(…凛々さんの覚えている限り、なので、絶対ではない・笑)に、初聴きなのが6曲でボリュームもたっぷりです。

ただ、「The Kissing Me Song」の最高潮のとこでブライアンの「わんつーすりーふぉー!」がないので、既存の曲もアレンジはし直したのかな?(個人的には、なぜあれを外した!大好きなのに!)

「Born Free」と「The Kissing Me Song」のドラムが、現ザ・ダークネスのルーファス・タイガー・テイラーとの表記なので、新録ではないと思いますけどね。

ブライアンのレッド・スペシャル、ぎゅいーんぎゅいーんを堪能したい方にお勧めなのは、羽生結弦選手で一般にも有名になった「パリの散歩道 Parisienne Walkways」が凄いです、まあ、ああいう曲なので、これでもかっていう泣き節です(笑)。
あとは「I Who Have Nothing」「The Kissing Me Song」などが、楽しそうにぎゅんぎゅん言ってます。

ブックレットの謝意の中で、to Minako Honda だけ1行別になっているのには、やはりぐっと来ますね。

それと、個人的にはアニタさんへの謝意がアニタ・ドブソンではなく、アニタ・メイになっているのがきゅんきゅんしましたよー。

まるでブライアンが、「『アニタ・ドブソン』はみんなのものだけど、『アニタ・メイ』は僕だけの奥さんだからね!」と言っているようです。このこのー!(肘でつんつん)

実は凛々さん、このCDを、先月の発売日直前になって予約したら、なんと在庫なしの入庫待ち!まさかの1ヵ月遅れの今日、5月4日に受け取ったのです!

ああ、ばかばか、これだけ嬉しそうに紹介しておきながらこの体たらく!

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-9f78.html

す、すまんブライアン、ケリーちゃん。ヘビロテするから許してくれ。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年5月 1日 (月)

アメイジング・グレイス

本田美奈子さんが亡くなったのは2005年11月6日。

偶然にも、ブライアン・メイは10月25日から11月4日まで、クイーンとしては20年ぶりの、クイーン+ポール・ロジャース公演のために来日していた。

ミナコが白血病で入院している、と聞いたブライアンは、人づてに入院先にメッセージを託した。

けれど、それを彼の「小さなミナコ」が読んだかどうか、ブライアンは今も知らない。 「間に合わなかったんじゃないかと思う」とのちに語った。

2008年、本田美奈子の新しいアレンジアルバムの企画があがり、その内の1曲、「アメイジング・グレイス」を、ブライアンはプロデュースしている。
クイーンの、ポール・ロジャースとのコラボアルバムを作っている忙しいさなかだったが、ミナコのために何かしたい、と彼は言った。

「ミナコの声にインスパイアされて、途中でやめることができなかった。レコーディングしている間中、僕は微笑んでいたよ…でも作業を終えて、スタッフと一緒に聴いていたら…涙が止まらなかった」

その透明な声、天上にまで冴えわたる美しい声は、今も生きている、彼の中に。
そしてこの地上に。

https://youtu.be/kYbnWMUIhZ0

(本田美奈子. 「Eternal Harmony」収録)

 ☆   ☆

考えてみると、フレディ・マーキュリー、コージー・パウエル、本田美奈子、と、ブライアンはその才能を見込んでいた音楽的パートナーを、立て続けに失っている。

「なぜ」

きっと何度も、そのたびに思ったことだろう。打ちのめされて来たことだろう。ブライアンの心情を想うと、胸が苦しいほどだ。

だからこそ、ブライアンは今、ケリー・エリスやアダム・ランバートと共に音楽を紡ぐことができる悦びを、その瞬間瞬間を、心から大事に、大事にしているのだろうと思う。

今、生きて、共に奏でることが出来る。
ただそれだけのことが、どんなに「奇跡的な恩寵」であるのかを。

そのことをきっと誰よりも、痛いほど苦しいほど、彼は知っているのだろうと。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年4月14日 (金)

フレディの映画は2018年公開?

昨日、ほんとはこの記事アップしようと思って途中まで書きかけてたんですが、シンコーミュージックさんにすっかりヤラれてしまいましたよ。

で、例のフレディ・マーキュリーの伝記映画「Bohemian Rhapsody(仮題)」なんですが、来年2018年に公開される、とブライアン・メイが発言したという!

BARKS
https://t.co/eIbMzWawKL

いろいろたどってみると、どうも元はイギリスのタブロイド、Daily Star の4月12日付のこの記事らしいんですが、

https://goo.gl/DFFVmj

Dailystar

短いので全文引用。

Brian May has revealed the Freddie Mercury biopic will be released next year.

Queen’s lead guitarist let slip that the movie has a release date, telling me: “The Freddie film is coming...sooner than you might think, next year.”

The biopic has been in development for eight years but this is the first time anyone has confirmed when it will hit the big screen.

Brian also hinted Queen are set to play in the UK after their North America tour with Adam Lambert.

He revealed: “We will be in America most of the summer and then probably back around these parts at the end of the year.”

 ☆   ☆

…ソースがタブロイドなんでねー、どこまで信用していいもんか判りませんが、これがけっこうあっという間にいろんなところで報道されて、試しに「Daily Star Brian May」で検索してみると各国の報道がわらわらと出て来ます。

まあ、それだけ「フレディの映画」はネタになるというか、みんな注目してるんだな、ということが判りますね。
おかげさまでこうして日本にまでも届いているわけなんですが、それにしてもブライアンが言った(とされる)のは

「フレディの映画は公開されるよ。君たちが思っているよりも早くね。来年だよ」

だけなわけですが、それをここまで

http://nme-jp.com/news/36634/

長い記事に出来る NME は凄いと思います、いろんな意味で。
ハナシがモノポリー経由で最後アダム・ランバートの訪米ツアーについてのコメントになっててもう、趣旨が迷子。

フレディの映画に関して、当「勇気凛々」が把握しているのは

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/16-103e.html

この記事が最新情報。

ソニー・ピクチャーズから20世紀フォックスに配給が代わって

監督ブライアン・シンガー

脚本アンソニー・マッカーテン

主演(つまりフレディ役)に「Mr. Roboto」のラミ・マレック

Mrrobot

2017年春からクランクイン

とのことでしたが、とんとんとーんと(この話題にしては珍しく、奇跡的に)調子よく話が進んでいるとしても、まだクランクインしたばかりくらいのタイミングですよね。20世紀フォックスがやる気出してるのかしら。

…まあ、上記の記事と同じことをまた言ってしまうんですが、「クランク・アップしたら教えてください…」。

だって、「エリック・クラプトンがプロデューサーで、ジョニー・デップがフレディ役」って話から始まって、もう何年経つと思うの。フレディ役だけで、噂も含めて5人は知ってますよ。
その年に中学に入学した子がもう今年成人してますよ。その年にクイーンがデビューしてたら、今年はもう「アンダー・プレッシャー」歌ってますよ、これが「RADIO GA GA」まで延びたって少しも驚きませんよ、はっはっは。

とにかく良い映画を、ファンならずとも鑑賞に耐え得る、「映画」として面白いものを、焦らずじくりと創ってください、と静かに願うばかりでございます。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年4月13日 (木)

【速報】「QUEEN in 3-D」 日本発売決定

3d

バークスさんがすんごい速報出して来たんですけど、こちらの記事でご紹介した、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/queen-in-3-d-95.html

ブライアン・メイのクイーン立体写真集「QUEEN in 3-D フレディ・イエローのふくろう眼鏡付き(笑)」の、日本発売が決定した模様です。

20170415queenin3d

https://www.barks.jp/news/?id=1000140838

追記:amassさん
https://t.co/Le9IUYcTwg

NMEさん
https://t.co/04Y5DPMEc8

今日現在発売日未定(5/下旬とだけ)、価格未定でまだアマゾンにもあがっていないようですが、でもまあイギリスから送料込み約1万円で買うよりは、安いでしょ?たぶん。

さすがはクイーンに強いシンコーミュージックさんだ!
クイーン40周年記念本の時と同じく、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/queenin-2802.html

原書輸入版+日本語解説書、のパターンになるようで、さくっと翻訳して日本語解説書を別途添付、という、鉄は熱いうちに打て的ご商売!(笑)

そしてそれだけで済まさないのが嬉しいところで、日本独自のオマケとして「MUSIC LIFE 1975年9月号表紙ノート」付きですって!あらまあ素敵(←オマケという言葉に弱い)。

…これです(笑)。

Ml197509

これが表紙のノートが付きます。さっすがシンコーミュージック!こういうタマはいくらでも出て来るぞ。

もちろん、日本語版の発売が一番いいのは当たり前なんですが、ブライアンのレッド・スペシャル本の例を出すまでもなく、翻訳して新たに書籍にまでするのはとにかく時間が掛かりますもんね、下手すると年単位で。

個人で海外通販することを思えば、シンコーミュージックさんでまとめて輸入していただいて、日本語解説にオマケまで付けていただけるなんて、とてもありがたいです。

まだシンコーミュージックさんのサイトにも、

https://www.shinko-music.co.jp/info/queenin3d/

アマゾンなどにも販売ページがないのですが、購入できるサイトがアップされ次第、ブログでお知らせしますね。待て続報!

https://youtu.be/c-wBLRpCpyo

また、今週末に近づいた「The Queen Day Vol.03」会場において、3-D写真の一部を実際に見ることが出来るようですよ。

…忘れてませんかー?チケット買いましたかー?まだお席ございますよー。

https://goo.gl/aMv1tZ

この記事書くのに久しぶりに(をい)特設サイト見に行ったら

http://cittaworks.com/queen/news_0406/

当日の Gueen のセットリストが出てました。やはり発売40周年の「世界に捧ぐ News of the World」に特化したメニューになるようですよ!

みなさまお誘いあわせの上、羽田へGO!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

より以前の記事一覧