カテゴリー「恋愛」の4件の記事

2010年3月 6日 (土)

僕の愛が僕を裏切る

初めにご了承いただきたいのですが、今回の記事に限らずこのブログ「勇気凛々」の記事は、「追悼、マイケル・ジャクソン」にしろ「ヘルメスの杖」や「フレディとマイケル・その2」になどにしろ、「絶対にこれが真実だ」と主張したくて書いているわけではありません。

ただの一介の聴衆である私が知りうる情報の、断片をひろい集めて並べ替えたりひっくり返したりして俯瞰的に考えた時に、

そう考えれば説明がつく、辻褄が合う

と、私自身が納得できたことを、文章にしているにすぎません。

真実などしょせん本人にしか判らぬこと。
…いえ、もしかしたら本人にすら、判らぬこと。

なぜ自分はここにいるのか、と、説明できる者などそうはいないはずだから。

  ☆      ☆

一般的にも、また数字の上でもクイーンの代表作と考えられている75年のアルバム「オペラ座の夜」に収録された、一片の美しくも哀しいラブソング。
「ラブ・オブ・マイ・ライフ Love Of My Life」は、作者であるフレディ・マーキュリーが、当時ステディな関係にあったメアリー・オースティンとの別れをテーマに創った曲である、と、現在ではいわれている。

 

 Love of my life you've hurt me
 運命の恋人、君が僕を傷つける

 You've broken my heart and now you leave me
 君は僕の心をずたずたにして、今僕から去って行く

 Love of my life can't you see
 運命の恋人、判らないの?

 Bring it back bring it back
 戻して、愛を戻して

 Don't take it away from me
 それを僕から取り上げないで

 Because you don't know
 だって君は知らない

 What it means to me
 それが僕にとって何を意味するのか

 

しかしこの歌詞が、昔からクイーンファンを悩ませた。
これではまるでメアリーの方がフレディを捨てたように聞こえる。だが現実は逆だ。
メアリーと付き合い同棲していたフレディは、やがて別の人に恋をした。別の、「男性」に。

今まで何度も書いたようにフレディ自身、自分のことはほとんど説明も解説もしようとしない人だったので真実は誰にも判らないまま、この愛の曲は伝説と化してしまった。

 

一部のフレディファンの中には、「フレディ・マーキュリーはゲイだ」と言うとむきになって反論する人がいる。「いや、彼はバイだ。女性とも付き合っていたし」

私は、やはりフレディはゲイだったと思う。ただ、自分がゲイであることを認め、それを受け入れたのが30歳前後と、己が性を意識するにしては比較的遅めだったにすぎないのだと思う。

 自分がゲイであることを、認め、それを受け入れる。

それは言葉で言うほど、字面で読み流すほど、簡単なことではないはずだ。それまでの価値観がひっくり返るのだから。特に保守的な環境にいた者ほど、その葛藤はおそらく大変なものだろう。
フレディはパールシーの上流家庭で厳格に育てられている。フレディの母、ジェー・バルサラさんはインタビューで、「一族には医者や弁護士が多かったので、彼にもそうなって欲しかった」と言っている。

 そんなはずはない、いや、違う。
 でもそうかもしれない。もしそうだとしたら…

二人が「恋人としては」破局した後の、フレディのメアリーに対する絶対の信頼、それはまるで、「愛以外の」すべての人生を彼女に預けているかのように、見えた。

おそらく、フレディは美しく賢くそして献身的な恋人だったメアリーのことが本当に大好きで大好きで、出来ることなら、叶うことならいつまでもふたりで睦まじく愛し合って暮らしていたかったのだと思う。

 けれど、僕の愛が僕を裏切る。

つまり、「Love Of My Life」の「Love」は、アルバムの歌詞カードの和訳にあるような「恋人」という意味ではなく、まさに「愛」、フレディの中にあってメアリーと、そして彼自身とを今まさに裏切ろうとしている彼の愛情、そのものを指しているのだと、私は思う。

そう考えれば、「Love Of My Life」の歌詞は現実味を帯びるのだ。

 

 僕の愛情、それが僕を傷つける

 愛が僕をずたずたにして、僕から去って行こうとしている

 僕の愛情、どうか判って

 戻って来て、戻って来て

 メアリーへの愛を僕から奪って行かないで

 それがどんなに大事なものか、お前は知らない

 

そしてこの血の叫びは、同じアルバムの中の、あまりにも有名なもうひとつのフレディの曲へとリンクする。

 

 ママ、彼を殺してしまった

 彼の頭に銃口をあて引き金を引いた

 今、彼は死んだよ

 

そう、「Love Of My Life」は、「Bohemian Rhapsody」と、対になる曲なのだ。

「Bohemian Rhapsody」の冒頭で殺された「彼」、その断末魔の「彼」の側からの視点の曲が、「Love Of My Life」なのだ。

この心の殺人を告白する相手である「ママ」は、フレディ・ママであり、同時にメアリーでもある。

 

 ああ、ママ

 泣かせるつもりなんかなかったんだ

 明日の今頃、僕が戻らなくても

 今まで通りやっていって

 まるで何事もなかったように
         (Bohemian Rhapsody)

 いつか僕が年老いた時に

 たぶん僕は君の傍にいて

 思い出させてあげるよ

 どれほど僕がまだ君を愛しているか

 まだ君を愛しているよ
         (Love Of My Life)

 

そしてフレディは、自分がゲイであることを受け入れる。

 

 Nothing really matters
 でもたいしたことじゃない

 Anyone can see
 そうさみんな知ってる

 Nothing really matters
 たいしたことじゃない

 Nothing really matters to me
 本当はたいしたことじゃないんだ

 Any way the wind blows
 人がなんと言おうとね

 

私自身も含めて、聴衆というのは残酷なものだ。
数あるクイーンのアルバム作品の中で、「クイーンII」「シアー・ハート・アタック」「オペラ座の夜」の3枚のアルバムの評価がことさら高いのは、たぶん、フレディ・マーキュリーという芸術家が、もがき葛藤しているから、なのだと思う。

クイーンは「オペラ座」まで。それ以後のクイーンには魅力を感じない、という「初期だけクイーンファン」も、現実に少なからず存在する。

それは、ゲイであることを受け入れ、すっかり開き直ってしまったフレディに(…それにしても振り幅の大きい人である)、違和感を感じてしまうからなのではないかと思う。そして、その気持ちも、まあ判らなくはない。

 

葛藤の途上にあってそれゆえに人の心を揺さぶった名曲「Love Of My Life」は、その後、フレディ・マーキュリーを無条件に、そして無私に愛する彼のファンと彼との、蜜月の曲へと変化する。

ライブコンサートで、ブライアンのギターを伴奏に歌われる「Love Of My Life」を、フレディはしばしば観客をうながし観客に大合唱させる。

 Bring it back bring it back
 Don't take it away from me
 Because you don't know
 What it means to me

彼は満足げに微笑み、そして一言こう言うのだ。

「 Beautiful! 」

フレディ・マーキュリーは昇華したのだろう。苦い葛藤の曲を、無私の愛の曲へと。


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
(ブログランキングに登録しています。
一日一ぽちっとしてくださると、凛々さんが張り切って芸をします。いつもより余計にまわっちゃいます。ってゆーか、いつも本当にありがとうございます。)

|

2009年9月29日 (火)

後朝の別れ

タイトルの「後朝(きぬぎぬ)」とは、平安時代、まだ男女が通い婚だった時代に、お互いの衣と衣を重ねて一夜を共にした(当時まだ掛け布団はなく、衣を体の上に掛けて寝るのが一般的だった)翌朝、別れるときにそれまでひとつに重ねていた衣を別々に身につけることから転じて、愛を交わした男女が別れる朝の、余情のこと。「衣衣」とも書く。

実に色っぽく、また美しい言葉だが、先週末の朝、仕事に向かう地元駅のホームで「うわぁ、超~きぬぎぬ!」と思わずイヤな方向に感心するカップルを見た。
 
 
ダークスーツを着た男性の年の頃はおそらく20代後半から30代前半。女性もまあそんなもんだろうと思うのだが、トレーナーにジャージといったような部屋着丸出しスタイル。土曜の朝8時半、土曜出勤のおじさまや行楽に向かうファミリーもそこここに集う住宅街のローカル駅のホームで、今さっきベッドから出て来ましたムード満載の抱擁&キッスの嵐。
…あ、あの、お子さんも見てますからここはひとつ、もう少し穏便にお願いします。

察するに、アレは金曜の夜にどっかのお店で盛り上がって、そのまま彼女の家に「初」お泊まりした朝だね。駅のホームで盛大にディープキッスということは、男性はこの辺の人じゃないな。知り合いに会う危険がない程度に遠方にお住まい。

双方決して若くはない…いやつまり、勢いで恋愛モードに突入しても苦笑いで許されるような10代のリビドー全開の若気の至りではない「やっちゃった感」が漂う上に、こんな早い時間に男だけ身だしなみをきちんと完璧に整えて帰るってことは…もしや不倫!おくさぁぁぁん!ダンナが浮気してますよー!!

いやまあ、ヒトの恋路をとやかく言う気はないけれど。誰がどんな恋愛してようと別にどうでもいいけれど。

でも、さあこれから仕事に向かおう、あと一日頑張ろう、と、ない気力をなんとか振り絞ってる土曜の朝っぱらから、場所柄をわきまえないバカップルは出来れば見たくはないな…、とうっかり思ってしまった私を誰が責められましょうや?

「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」と世阿弥も言ってます。開けっぴろげは日本の伝統に於いては「美しくない」のです。
 
 
あんたらこの世の終わりですかい!と思うほど後朝の別れを惜しんでいたふたりは、その後女性がホームに残り、男性は私と同じ電車に乗り込みました。

電車が動き出し、手を振る彼女が見えなくなると、男性は速攻で携帯を取り出し鬼のようにメールを乱打。…ああ、キミはやっと今、現実に戻ったんだね…いろいろフォローが大変だよね、うんうん。

と彼の背中に向かって人知れず心でうなずく見ず知らずのおば…おねーさまがここにひとり。


Banner2
(ブログランキングに登録しています。まあ、頑張れよ、とか、まあ、面白かったよ、とか思ってくださった方は、バナーのクリックなど、ひとつよろしくお願いいたします)

|

2009年4月10日 (金)

ワタシ史上最高に紳士的だったナンパ

 昨日はワタシ史上最低のナンパ(というか、すでに「交渉」。もっとも、目的が判りやすいという点では傑出)の話をしたので、今日は逆にワタシ史上「最高に紳士的だったナンパ」の話。

 場所ななぜか同じく渋谷。とある催し物の帰り道、日曜のまっ昼間午後3~4時くらいの時間だったと思うけど、東急プラザの前あたりを大きな荷物を抱えてふらふらと歩いていると、「あの、すいません」と呼び止められた。
 よく考えたらこの時点で立ち止まらなきゃいいのに私も。でももし道を聞きたい人だったら気の毒だし…

 はい?と見れば、40代前半くらい?のちょっと頭の薄い、まあ普通に紳士的な男性。カジュアルな服装だけど、別に変な感じはしない。

「私、こういうものなんですが」

 いきなり指し示されたのは名刺。道の真ん中でいきなり過ぎて意味不明です。
 見れば素人の私でも聞いたことはあるような大きな会社の、デザイン関係の部署の肩書きと、名前。ってゆーか、その前になぜ東急プラザの前でいきなり名刺を出すのか、まずそこから説明してくれ~!

「あなたとお話してみたいと思いまして…」

 この段階で、ようやくナンパと気が付いた私。自慢ではないが、私は突発的なことには極端に弱い。ぽかんと相手を見上げる私に、一流企業は慌てて付け加える。

「あ、いえ、怪しい者ではないです。本当に、よろしければお食事でも、ということで…」

 いや、もう充分怪しいから。

「今から、ということでなくてもいいですから、あの、気が向いたらここにお電話いただけませんか。待ってますから」

 私の手に名刺を渡すと、一流企業はさわやかに去って行った。

 大きな荷物を足下に引きずって、片手に名刺を持ったまま、東急プラザ前にしばし呆然と立ちつくすワタクシ。たぶんモノ凄いあほヅラさげてたと思われる。

 えーっと、えーっと、なんだったんでしょう、今のは。

 翌日、職場の20代の男の子たちにその話をすると「お、大人のナンパだぁぁぁ」とのけぞって感心していました。

 でもね、家に戻って落ち着いてから私は考えたんですよ。ナンパに会社の名刺を使うってことは、携帯電話も含めて家には電話されたくないってことじゃないの?

 き、きさま、さては女房持ちだなっ!?

 その後、その名刺の電話番号に電話が掛かることはありませんでしたとさ。めでたしめでたし。


Banner2
(ブログランキングに登録しています。まあ、頑張れよ、とか、まあ、面白かったよ、とか思ってくださった方は、バナーのクリックなど、ひとつよろしくお願いいたします)

|

2009年4月 9日 (木)

ワタシ史上最低のナンパ

 それは今を去ること数年前、平日夜の7時頃、渋谷のハチ公付近で仕事帰りに友達と待ち合わせしていた時のこと。

 そのあたりをしばらくうろうろしていた見ず知らずの男性が、突然人待ち顔をしていた私の前に立ちふさがると、おもむろに一万円札を扇形にぴらっと広げて見せて来た。

 …えーっと。

 一瞬頭が真っ白になり、お札で出来た扇をまじまじと見つめてしまった。それは交渉か?交渉なのか?

 はっと我に返って、なんだコイツ、気持ちわりー、と思ったので男をニラミつけて場所を移動した。この間、双方無言。

 しかしちょっと待て、ヤツは私を「交渉可能」な女だと思ったのか?ぶ、無礼者ぉぉぉっ!

 後からじわじわと怒りがこみ上げて来る出来事でしたが、よく考えたらソイツは私以外の女性にもたぶん同じことを何度もしてるよな?扇の広げ方も銀行員かと見まごう鮮やかな手並みで(そこに感心してる場合か)、昨日や今日から始めたワケではあるまい。

 でも、そんなにお金持ってるんなら別にすぐ脇に交番もある渋谷駅前ハチ公広場で危険を冒して「交渉」しなくったって、いくらでも、方法が、なあ?

 判らん!男のリビドーは、判らん!


Banner2
(ブログランキングに登録しています。まあ、頑張れよ、とか、まあ、面白かったよ、とか思ってくださった方は、バナーのクリックなど、ひとつよろしくお願いいたします)

|