カテゴリー「文化・芸術」の67件の記事

2018年3月29日 (木)

フレ「ティー」・マーキュリーさんの紅茶ターイム!

Fred_tea

ツイッターで「みわ(@queen_frema)」さんからいただいた情報です!

「The TeaBook」というカリフォルニアの紅茶とテイーブックの専門店が、「LGBTQ」の 「T」と 「tea」を掛けたダジャレで「LGBQ TEA」シリーズを出してるみたいで、その中に、

フレ「ティー」・マーキュリー - オーガニック・ボヘミアン・ラズベリー

というモノがあると!また、きっついダジャレだな(笑)。

Fred TEA Mercury - Organic Bohemian Raspberry
20 Pack (LGBQTEA: Freddie Mercury) 7.99ドル

https://t.co/pbVe3m6rOA

100 Pack (LGBQTEA: Freddie Mercury) 34.99ドル

https://goo.gl/ZCrjdU

日本までの送料は、安い方のUSPS(まあ、アメリカの公共郵便だよね)で13.54ドルでしたが、数とか重さで変わると思います。

えっとね、なんか、日本ではあまり馴染みがないですが、「Tea Book」って、判りやすく言うと、紅茶のティーバッグの「切手帳」みたいなもの。

ティーバッグのあの包装の部分のアートワークの、コレクターが、どうやらいるみたいなんですね。こんな感じ。

Teabook

飲んで美味しく、飲み終わった後も袋がコレクションになる、という。
凄い綺麗な装丁の本になっているものなどもあって、プレゼントにも定番のようです。

この「The TeaBook」という会社は、どうやらそういうティーブックとアートワークの専門店みたいですね。

一応、フレ「ティー」・マーキュリー の「ボヘミアン・ラズベリー」は、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーをブレンドしてあるようで、有機栽培でヴィーガンにも安心(笑)。

ワートワークはアーロン・ロドリゲス Aaron Rodriquez さん。
そんなわけでコレクターズアイテムなので、堂々「初版(First Printing)」と明記してあるのが誇り高い(笑)。

そして、売り上げの10%は「マーキュリー・フェニックス・トラスト」に寄付されますとのこと!あら素敵。ソレ言われると買いやすい(笑)。

凛々さん、いつもの「人柱」精神で試しに20パックを2個買ってみたんですが、27日にポチって、28日に発送案内が来ました。お手続きは迅速です。問題は郵便です(笑)。ここからいつ到着するかがお楽しみ。待て続報。

あ、20×2個買ってUSPS便で、込み込みだいたい3500円くらいでした、ご参考まで。

いやー、これ来たら一人でしんみり飲むより何人かでバカ盛り上がりしたいよねぇ…ってことで、会社に持ってって配りたい誘惑に物凄ーく駆られている現在。

「みわ」さん、楽しい情報ありがとうございました!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年2月12日 (月)

A Kind of Magic:カシミラ・バルサラのコレクション

Dscn0344

フレディの妹、カシミラ・クック(旧姓バルサラ)さんのアールデコのバニティケースのコレクションを中心として、20~30年代のアールデコ、ジャズエイジの女性たちのライフスタイルとその美学を、宝石歴史家サラ・ヒュー・ウィリアムズが、ロンドンのアールデコ作品の取扱業者ピーター・エドワーズの協力を得てまとめた書籍が発売されました。

タイトルは

A Kind of Magic: Art Deco Vanity Cases
The Kashmira Bulsara Collection

https://goo.gl/E2298n

タイトルの「A Kind of Magic」は、そのクイーンの楽曲の作曲者ロジャー・テイラー氏から快く許可を得て付けられた、と前書きにあります。

前書きから。

Dscn0343

「これはアカデミックな論文や、終わりのない引用や参照や参考文献に満ちた博物館員によるカタログではありません。

これは、時代の魔法を浮かび上がらせる物語です。
同時に、自身の兄を心から誇りに思っている、元々収集趣味のなかったある一人の女性の、決意の物語です。

彼女の兄は、美しいものすべてのコレクター、素晴らしい美的感覚を持つ洗練されたアーティスト、そして非常に優れた音楽家でした。

彼女の兄は、フレディ・マーキュリーです。

宝石をちりばめエナメルで装飾されたケースは必然的な選択で、さらにフレディのあらゆる日本的なものすべてに対する愛情を思えば、カシミラのコレクションの一番最初の品が、ダイヤモンドとエナメルで日本のしだれ柳が描かれた、ラクローシュ製の凍った水晶のようなケースでなければならないのは、当然のことでした。」

Dscn0349

(文中にある、コレクションの最初の品)

カシミラさん、美しいものに対するフレディの愛情へのリスペクトというか、特別な想いのためにこのコレクションを始めたそうなんですが、現在この48個のバニティケースのコレクションは、ヴィクトリア&アルバート博物館に寄贈され、宝石ギャラリーのハイライトとして、いつでも楽しむことが出来るそうです。

Dscn0346

Dscn0347

こうして1冊に体系的にまとめられ、カシミラさんの想いが形になり、そしてそれを誰もが楽しめることで、美しいものが大好きなフレディもきっと喜んでいることでしょうね。

なお、この本の収益は、エイズ撲滅のため基金「マーキュリー・フェニックス・トラスト」に寄付されます。

昨年の11月にクイーン英公式さまの告知ツイートを見て、凛々さんびっくりして思わず即効でアマゾンで予約してしまったのですが、それが土曜日10日に届きました。…あら?発売前じゃありませんか?(笑)

なぜびっくりしたかというと、実は凛々さん、ヴィンテージのコンパクトケースのコレクターでもありまして、バニティケースにも馴染みがあり。
あらま!趣味が謎のシンクロ!と、ちょっと嬉しくなって思わずポチってしまったのです。衝動って怖い。

あ、バニティケースというのは、元々良家の子女はあまり外を出歩くことがなかったのが、第一次大戦後に女性の社会進出が増え、必然的に、化粧道具や鍵や小物などをまとめられる携帯用のケースが必要となり、より美しく発展したものです。いわば宝飾と、実用品の華麗なる融合(笑)。

書籍の前半は、10~30年代くらいのいわゆるアールデコの時代の上流の女性のライフスタイルやファッションなどの記事、

Dscn0345

そして後半がカシミラさんのコレクションの解説となっています。
中には日本の蒔絵の印籠も!

Dscn0348

そ、そうか、印籠もバニティケースには違いない!…のか?

…まだ前書きくらいしかちゃんと読んでないんですけどね(笑)。もう、本当に美しい美術書で、ぱらぱら見てるだけでもうっとりです。

蛇足ですいません。凛々さんのコレクションから、同じ年代のものだと、

Caranome

20年代のLanglois ラングロワの「CARA NOME」

Chained01 Chained02


20~30年代のチェーンドコンパクト



化粧用小物って、昔のものの方が断然素敵なんです、不思議なことに。…ただし、重い(笑)。金属製ですからねー。
カシミラさんのバニティケースも、すごく素敵だけど絶対恐ろしく重いはずです。殴れば護身にも使えて一石二鳥(笑)。

ああ、美しいって耐えることなのね。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年1月12日 (金)

「ガラス玉演戯」リターンズ

1970年代、クイーンの情報といえば「ミュージックライフ」誌と、あとはラジオとFM誌くらいしか、得る手段がありませんでした。まあ今更ですが。

で、1975年のだったか76年のだったか、ミュージックライフのクイーン増刊号に、メンバーの手書きプロフィールが載ってたんですね。

以前、「初期クイーンはその物語性ゆえに文学少女にウケた」関係の記事を書きましたが、

「愛と青春の(笑)トルバドゥール」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-a9e4.html

「「クイーン」という複合芸術」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-452e.html

その手書きプロフィールを見た10代の文学少女たちは、雪崩の如くいっせいに本屋に駆け込んだのです。

なぜならそこに、ブライアン・メイの愛読書がヘルマン・ヘッセの「ガラス玉演戯」、ロジャー・テイラーの愛読書がジャック・ケルアックの「路上(オン・ザ・ロード)」、と書かれていたから!

当時まだ「路上」は文庫本では出ていなかったと思うので、お小遣いの乏しい10代少女たちは新潮文庫の「ガラス玉演戯」を、我先にと手に取ったのです。必死だったのよ、ファンも!今みたいに情報あふれてないから。

凛々さん、上記の記事の例に漏れず「文学全集も読むけどサブカルにもちょっとうるさいのよ」的なタチの悪いこまっしゃくれ女子だったので、小学生から新潮文庫や岩波文庫の古典的名作にも親しんでいたし、まあそれと同じくらいのノリ?なんて「ガラス玉演戯」を手にしたのですが…

見事玉砕。

いや、難しかったんですよ。内容が?表現が?どっちも。

凛々さん、「確かに日本語で書かれているのに言ってる意味がさっぱり判らない」という読書体験を、生まれて初めてしましたよ、「ガラス玉演戯」で!

お、恐るべし、ブライアン・メイのインテリジェンス。

今にして思うと、「ガラス玉演戯」という、哲学・精神と音楽の融合、のような観念が、ローティーンの自分には理解しづらかったし、ガラス玉演戯の具体的な、言ってみれば即物的な演奏描写、楽器の形状などの具体的な描写が本文にないので頭に思い描けなくて、そこでつまずいたんだと思われます。

子ども心にも密かにわりと自信を持っていた文学系で鼻っ柱へし折られたので、「私なんか、たいしたことないんだぁぁぁぁ」と深く深く刻み込まれ、適度にほどよく謙虚になることを学びましたよ。あれはいい経験になった。ありがたいありがたい。

しかしこの「哲学・思想と芸術の融合」ってさー…

確かなんか今、「天文学と芸術の融合」みたいなイベントやってる天文物理学博士が、いらっしゃいますよねぇ?凄く身近に(笑)。

「第4回スタームス・フェスティバル」
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/nhk-8dff.html

ああ、三つ子の魂百まで。

ブライアン本人が意識してるかどうかは判りませんが、未来社会の学問のユートピア都市を舞台にした、瞑想と芸術の融合表現であるガラス玉演戯の演戯名人、ヨーゼフ・クネヒトの架空伝記である本作「ガラス玉演戯」が、その後のブライアンの思想や志向に、深いところで影響を与えたのかもしれません。…与えてないかもしれません。

なお、後に出た角川文庫版は、「ガラス玉遊戯」というタイトルになっています。
個人的な好みで言えば、「遊戯」よりも「演戯」の方が好きだな。「縁起」と同音異語になってるのがいいと思うんですよ、伝記(伝奇)っぽくて。

それにしても新潮文庫も角川文庫も、今は絶版になってるんですね!ヘッセなのに!ノーベル文学賞なのに!

ってなわけで、凛々さんここんとこ個人的都合で何度も実家と家を行き来したついでに、挫折して以来、実家の本棚に埋もれたまま朽ちようとしていた新潮文庫刊「ガラス玉演戯」上下巻を、42年ぶりに引っ張り出して持って帰って来ましたよ。

Dscn0332

一応は大人というものになって(一応ね)、「観念」的なことも、10代の頃よりは理解できるようになったのではないかという希望的観測(ってか、なっててくれてなきゃ困るわ)の元、再チャレンジしてみようかと。

奥付見て笑っちゃったのが、上巻が1976年4月の5刷、下巻1975年9月の4刷になってて、いつ頃買ったのか丸わかり。見る人が見れば何がきっかけだったか丸わかり。

Dscn0333

そして一緒にまとめて買ったにもかかわらず、上巻が5版なのに対して下巻が4版なのは、

上巻で挫折して下巻を買わなかった人がいかに多かったか

ってことですね(笑)。大丈夫大丈夫、私だけじゃない。

ヘッセが11年の歳月を掛けて書き上げたノーベル文学賞作「ガラス玉演戯」を、42年掛けて今年こそ読ませていただこうと思います。ああ、花も嵐も老眼も踏み越えて。

なお、同じミュージックライフの手書きプロフィールで、フレディ・マーキュリーの愛読書は「ビアトリクス・ポター」、ジョン・ディーコンは「QUEEN MAGAZINE」(なんのこと?)と書いてあったと思うのですが、資料引っ張り出すのがめんどくて(めんどいんかい!)凛々さん相変わらず記憶だけでモノ言ってますのでなんか違ったら申し訳ございません。

ああ、ブライアンに比べてなんとファンに優しいフレディの愛読書よ。原語でもイケる。

Dscn0334

結局、10代のあの一時期クイーンというバンドは、音楽や文学にとどまることなく、精神が未だ幼い自分がこれまで知らなかった(あるいは触れたことのなかった)世界への、新しい扉を数限りなく、めまぐるしく次々開けてくれる人たち、だったのだなぁ、と今もとても感謝しています。

オベロンにタイタニア、さあ踊ろうよファンダンゴ。

 ☆    ☆

余談。

「ガラス玉演戯」挫折事件の後、萩尾望都さんの漫画「あそび玉」をコミックスで読んだ時に、主人公が「あそび玉」を自在に繰るイメージが萩尾さんの表現の美しさ豊かさと相まって、なんとなく「ガラス玉演戯」ってこんなかな、なんて脈絡もなく思ったことを、この記事書きながらふと思い出しました。
関係ないとは思うんだけどね。イメージイメージ。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年10月16日 (月)

ロックの殿堂ジャパンミュージアム

Fame

まだ記事にしてないよね、うん、してない。

えーっと、たぶんみなさんすでにご存知だと思いますが、あのアメリカ、オハイオ州クリーブランドにある「ロックの殿堂 The Rock and Roll Hall of Fame and Museum」とライセンス提携した、

「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」

が、9月23日、有楽町インフォスにオープンしました。

2018年3月11日(日)まで開催の予定で、殿堂入りアーティストを中心に、楽器、ステージ衣装や愛用品、及び、アーティストのメモリアルな写真などを展示しています。
展示物は3か月ごとに入れ替えるそうなので、年明けに現在とはまた違う展示物が観られるのかもしれません。

…あれ、そういえばあの金沢のヤツは

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-7084.html

どうしたんだろうね。金沢のが規模場所変更したのか、仕切り直したのかはよく判りませんが。

「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」公式サイトはこちらです。

http://rrhfj.com/

内覧レポートは Udiscover music さんが詳しかったかな。

https://www.udiscovermusic.jp/news/rock-and-roll-hall-of-fame-report

そもそも「ロックの殿堂」とは何か、についてはこちら。

https://www.udiscovermusic.jp/columns/rock-and-roll-hall-of-fame

ようするにロックに大きな影響や功績を残したミュージシャンやプロデューサーなど、デビューから25年を経過した人を対象に、毎年「殿堂入り」する人(たち)が選ばれ、授賞式でその功績を讃えるとともに、彼らの足跡の記録、メモラビアなどが保存、展示されている、音楽(ロック)専門の博物館です。

我らがクイーンは、2001年に、同級生エアロスミスや、史上最年少殿堂入り(43歳)のマイケル・ジャクソンと共に、殿堂入りを果たしました。…あら、何かとご縁があるマイケルさん(笑)。

ただまあ、正直言うと凛々さん、クイーンに関しては、このロックの殿堂ジャパンミュージアムには、実は、さほど、期待はしてなかった…だってアメリカだしなー、という…ね?

実際、現在の展示の中でクイーン関係と言えるものは、エントランスにプリンス、マイケルなどと並んだフレディの大型パネルと、

Fame01

トップに貼った、2001年の「ロックの殿堂」授賞式のポスターだけのようです。…今のところね。

思わずもう1回貼るんだけど、こ、このポスターのクイーン…このフレディ…

Fame_2

1周まわってなんか可愛い。

脱ぎっぷりでは定評のある、かのフレディ・マーキュリーよりも脱いでるジョー・ペリーにも注目だ(笑)。マイケルのデフォルメっぷりも凄い。

2001年の受賞者、

  クイーン
    エアロスミス
    マイケル・ジャクソン
    ポール・サイモン
    スティーリー・ダン

    ソロモン・バーク
    ザ・フラミンゴス
    リッチー・ヴァレンス

のうちの、上5組が描かれています。

しゃれおつなアートみたくなってて、凛々さんは結構好きです、このポスター。似てる似てないはともかくとしてな(笑)。まあ、とりあえず胸毛あるから許す(何を)。

ポスターがあるのは、1986年の第1回から今年までの32年分の授賞式のポスターが貼ってあるエキシビジョンコーナーの、2001年のところです。

Fame04

そして、 ツイッターで Reiko _t( @Reiko_t )さんからいただいた情報なんですが、シアターで週替わりで上映している「ロックの殿堂」授賞式でのパフォーマンス映像が、

12月9日(土) ~ 12月15日(金)の1週間、2001年の映像です!

 Sweet Emotion - Aerosmith エアロスミス

 Graceland - Paul Simon ポール・サイモン

 We Will Rock You - Queen クイーン

 Tie Your Mother Down - Queen クイーン

シアター・スケジュール
http://rrhfj.com/theater/

クイーンファンが行くなら、この週しかあるまいよ!

と、いうことでチケットなんですが、ここで裏技!
前売り販売しているぴあ、イープラス、ローチケのうち、

チケットぴあにだけ、4枚つづりの回数券があります!

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1776847

4枚つづりだと1枚1600円(学生1100円)!単品で前売り買うよりも200円お得!

ってことで、仲間内やSNSなどで、行かれる方を4人集めるのも、テかと思います!
もちろんひとりで4回行ってもいいです(笑)。

2001年「ロックの殿堂」授賞式の時のクイーンのプレゼンターは、フー・ファイターズのデイヴ・グロール(32)とテイラー・ホーキンス(29)でした。

https://youtu.be/RnkTh4I_Zis

げげげ!わ、若い!可愛い!思わず年齢書き入れてしまったわ。

今や押しも押されぬトップロックバンドのフー・ファイターズの二人も、まだクイーン大好きっ子の若造で、もういかにもわっちゃわっちゃしてるのが、このっ!このっ!たまらなく可愛いですね!

そして、ブライアンとロジャーの受賞コメントには、なんとびっくりのサプライズゲストが!

https://youtu.be/e63sQ8Jz57s

フレディのママ、ジャー・バルサラさんに会場一同、惜しみないスタンディングオベーション。ジーンとします。
さりげないロジャーのエスコートにも注目だ!ブライアンはそこで何してる!(笑)

そしてパフォーマンスの「We Wil Rock You」は、大変珍しいブライアンとロジャーのダブルボーカル。ひゃーーー、かっこいい!

https://youtu.be/y38SRlec0E8

続く「Tie Your Mother Down」ではデイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスも混ざって大暴れです。

どうでもいいんですが、よりによってジャーママの前で「かーちゃんシバキ倒せ」って、どうなのその選曲。他に…他になんぼでも曲はあるだろうにその選曲。

https://youtu.be/FHiPF018Nho

結論。デイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスが可愛い(そこ)。

12月9日から15日まで、この下二つの映像が、シアター画面で観られることになります!
…ほら、この週に行くしか!

年明けの展示入れ替えでは、クイーン関係のメモラビアもあるといいのですけれど…。どうなんだろう、前にも書いたけど凛々さん、クイーンのアメリカでの立ち位置っていうのが未だにピンと来ないのだわ…大御所、ビッグバンド、には違いないのだろうけど。

ってことで、とりあえず

「クイーンファン的に偏った、ロックの殿堂ジャパンの歩き方」

でした。入れ替えも期待だ!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年10月10日 (火)

「THE BRITISH ROCK VOL.2」開催!

Original02

毎度お世話になっております公式グッズ専門店の【PGS】さん、現在池袋パルコで10月22日まで「THE AMERICAN ROCK」展開催中なんですが、そのあと、10月27日から2018年1月15日まで(!長い)、

「THE BRITISH ROCK VOL.2」

が開催されるようです!

https://t.co/DEELmRF240

場所は前回VOL.1

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/the-british-roc.html

と同じく、池袋パルコ 本館M2F・特設会場です。

今回は、「Happy Xmas(War Is Over)英国発売45周年」らしく、ジョン・レノンのメモリアルデー12月8日も絡めてキャンペーンがある模様。

…あ、あの、PGSさん、ビートルズ推しなのは重々判るのですが、あの、イギリスの国民的バンドにして、NHK「日本人の愛する洋楽アーティスト50」にて堂々1位の

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/16-a164.html

クイーンのフレディ・マーキュリーさんのメモリアルデーも、

11月24日です。

もちろん、クリアファイルプレゼントの期間、10月27日~12月8日には含まれておりますが、その、なんとかひとつ、イベントページの中でも言及していただけると嬉しいかなーーーーー、なんて、贅沢を申してます、すいません(謎の低姿勢)。

いえまあ、言及がなかったところでこのクイーンファンどもは勝手に盛り上がって池袋パルコに押し寄せることとは思うんですけどね。勝手に盛り上がるの、ワリと得意ですしね。

ってことで、10月27日~12月8日の期間に全商品対象でお買上げの方、もれなく写真の

Original

THE BRITISH ROCK × PEACE クリアファイルをプレゼントいたします、とのことです!
全商品対象なので、もちろんクイーングッズでもおーけー。
おお、PGSさん太っ腹!

なお前々回の記事でお知らせしたクイーン公式2018年カレンダーですが、PGSさんでも入荷予定のようですよ。

https://t.co/rs5jPdmHlc

入荷したらお知らせメールを送ってもらえるメール登録もありますので、こちらもご検討を。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年8月12日 (土)

目指せ「LEGO GA GA」商品化!

4697269q4saa8xlxy2s_qjathumbnailful

ブロックおもちゃのLEGO社には、ファンのアイデアを商品化するプロジェクト「LEGO Ideas」があり、現在クイーンの「RADIO GA GA」のMVセットがポーランドのファンから提案されていると、英公式さんから告知がありました。

「LEGO Ideas」は、アイデアに賛同するサポーターを10000人集めると、LEGO社が公式セット化を検討する仕組みになっていて、審査チームが実際にモデルを制作、「Lego Review stage」でコンセプトがLEGO社の水準を満たしているかどうかをチェックし、合格すれば、晴れてオフィシャルリリースされます。

https://t.co/F1KVJ2V93S

8/12現在、サポーターの数は581人、残り時間は419日。

まずはサポーター10000人集まらないとその先に進めませんので、リリース希望の方、どしどしっと投票しましょう♪
ツイッターやフェイスブックのIDで、レゴIDと同期できますよ!

世間一般のロゴショップで「クイーンのセット」が買えるなんてあら素敵♪

あ、それでですね、付属フィギュアがメンバーに似てない、との評を風のウワサに耳にしたんですが、これは単にまだファンの「アイデア」なので、たぶん現行レゴのミニフィグのそれっぽいのをデータ流用しているだけなんじゃないかと思います。上半身だって、単なる「赤」でしょう?これ、CGで作ったものですよね。

まあそれでなくても、元々レゴの「プレイテーマ」(何らかのストーリーに沿っているシリーズ)はシチュエーションの構築・再現をするおもちゃでして、付属の人形は怪物や宇宙人のようないかにも異形のものを除いて、大概は「レゴ顔」になります(笑)。

たとえば「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカーはこうで、

41pnrfe2zyl_2

ハン・ソロはこうです(笑)。

31al3et3vfl

ただ、これが「スター・ウォーズ」第一作の「エピソード4・新たなる希望」のルークとハン・ソロなのは、一目見て判りますよね。

つまり、ヒゲや顔の傷などの判りやすい特徴の他は、主に衣装で差異を付けます。

だから、もし「LEGO GA GA」が公式リリースされれば、衣装が上半身赤いぐるぐる巻きになって、あとはブライアンがボンバーヘアーになって、フレディのヒゲが、アイデア版のじゃないちゃんとフレディヒゲになると思われます。

でも基本、レゴ顔ですたぶん(笑)。

ストーリー(シチュエーション)を再現するおもちゃなので、人形が似てなきゃ意味がないフィギュアーツシリーズなどとは、ちょっと目的が異なるものなんじゃないかな。

とはいえ、海外ではLEGOを使ったアニメーションの制作が「趣味」として一般化しているので(「lego animation」で検索すると関連書籍やソフトや映像がいっぱい出て来ますよ)、「クイーンのメンバー」のオフィシャルなミニフィグがあれば、「GA GA」以外のMV再現なんかも、もっとどんどん作られるんじゃないかと思います!

…ヒゲ期以降限定だけどね!(笑)

https://youtu.be/azdwsXLmrHE


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年7月 2日 (日)

360度ヴァーチャル・リアリティ「VR THE CHAMPIONS」リリース

Qallive

こちらの2016年来日前シンガポールインタビューで

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/qal-dc53.html

ブライアンが熱く語りロジャーが無表情をキメこんでいた(ロジャーってむかしっから、興味がない時は「興味ありません」って顔に書いてあったよね・笑)、「VR(ヴァーチャル・リアリティ)カメラで360度撮影した2016年5月のバルセロナ公演映像」が、ついに日の目を見ます!

ブライアン、さぞかし嬉しかろ。

この「VR THE CHAMPIONS」、トレーラー映像も公開されてまして、これも縦縦横横うようよと動かせて気持ち悪い(誉め言葉)です。

https://youtu.be/-rybhiMsNPw

どーでもいいんですが、最前列にロイさん見つけました(笑)。

購入はユニバーサル・ミュージック・グループのVRプラットフォーム「VRTGO」のサイトから有料配信で視聴できます。

https://www.vrtgo.com/queen.html

「Radio Ga Ga」「We Will Rock You」「We Are the Champions」の3曲で、9.99ドル/10.99ユーロ/9.99ポンドです。日本のレートだとたぶんドル建てが一番安いです。
フルライブではないのでご注意ください。

「Ga Ga」なんか、客席とか見てみても面白い曲代表ですよね。一糸乱れぬハンドクラップ(笑)。壮観。

さらにブライアン公式は、ブライアンがデザインした、「The OWL Virtual Reality Kit」で観るとより楽しいよ!と宣伝してます。

http://shop.londonstereo.com/VRKIT.html

これはスマホ用になっているのでガラケーの凛々さんには「何それ、美味しい?」の世界なんですが、先日100円ショップのCAN☆DOで、google play用のダンボール製のVR眼鏡が売ったのを見てたいそう驚きました。
VR眼鏡って、そんなに身近なものになってたの?いつの間に?

今後、いろいろ来るのでしょうかね、ソフト的に。あと、クイーン的に。

「VR THE CHAMPIONS」のトレーラー見る限り、その場にいるというか、その場に浮いてる(カメラが浮いてるから)妙に不安定な、面白い感じ…はっ!今凛々さん凄いことに気が付いてしまったんだけど、こ、これはもしや、

フレディ視点!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年6月 7日 (水)

「京都ボウイ祭り」まとめ

Shot

年明けに東京で開催された「デヴィッド・ボウイ大回顧展: DAVID BOWIE is」と同時に開催されていた、ミック・ロックさんのボウイ写真展が、ボウイさんにゆかりの深い京都で6/17から開催されることになってまして、なんかその流れで6~7月京都市がボウイ市になるイキオイで、イベントで盛り上がってます。

ツイッターにいろいろ情報が流れて来るんですが、量がありすぎて。

京都、どんだけ相思相愛。

イベントがそれぞれ個別に告知されるもんでオバ…おねえさん覚えてられないんです。

誰かまとめてくれーーーー、とか思ったんですが、いや、それだったら自分でまとめた方が早いじゃん、と思い直した。ないなら作ってしまえ精神。

とうことで、自分のための「京都ボウイ祭り」まとめです。

…いえ、行くかどうかはまた別の話で(笑)。まとめたいの!まとめグセがあるの!

 ☆   ☆

●「DAVID BOWIE by MICK ROCKデヴィッド・ボウイ写真展プレビュー」

会期 : 5月31日(水)~6月13日(火) 10:00 ~ 20:00
会場 : ジェイアール京都伊勢丹 3F 特設会場
入場料 : 無料

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1705david_bowie/


●David Bowie公式グッズ・ストア

会期 : 6月7日(水)~6月13日(火)  10:00 ~ 20:00
会場 : ジェイアール京都伊勢丹 3F ミュージシャングッズストア


●DAVID BOWIE by MICK ROCK /デヴィッド・ボウイ・バイ・ミック・ロック

会期 : 6月17日(土)~7月17日(月祝)12:00 ~ 19:00 (会期中無休)
(レセプション:2017年6月16日(金)18:00~20:00)

会場 : ホテル アンテルーム 京都 GALLERY9.5
電話:075-681-5656
入場料 : 無料

https://www.vacant.vc/davidbowiebymickrock

↑コレが本丸ね(笑)


●Kick Off Party ~「デヴィッド・ボウイ・ナイト」

日時:6月18日(日) 19:30~
会場:京都CLUB METRO
出演:DJ LALA/山中透(DIAMONDS ARE FOREVER)、chouchou(VELVET MOON)、久保憲司(写真家/音楽評論家)、岡村詩野(音楽評論家)他

https://www.metro.ne.jp/single-post/170618


●トークショー「デヴィッド・ボウイと京都」

日時 6月25日(日) 6:00PM~7:30PM
会場 ホテル アンテルーム 京都 ANTEROOM BAR
入場無料
出演 バンヒロシ/久保憲司
聞き手 岡村詩野

https://hotel-anteroom.com/event/278


●デヴィッド・ボウイ・バイ・ミック・ロック コンセプト・ルーム

「ホテル アンテルーム 京都」5月2日より予約開始
期間:2017年6月17日(土)~7月17日(月祝)

http://hotel-anteroom.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do


●ボウイの愛した京都の足跡をたどる日帰りバスツアー

日時:7月8日(土)10:15集合、16:30解散(予定)

旅行代金:1人1万5800円(添乗員同行、昼食付き、子供同額)
最少催行人員:10人
コース:京都駅(集合後出発)=ボウイの好んだ昼食をはさみながら、ゆかりの地や写真展をご案内します=京都駅解散 
※サプライズを含め、行き先・順番はお任せください

資料請求・問い合わせ:サンケイトラベル(観光庁長官登録旅行業第1554号)
コース番号=310024
電話:06・6633・1515

http://esankei.net/tour_reserve04.asp


●映画「SHOT! THE PSYCHO-SPIRITUAL MANTRA OF ROCK」
 日本初上映&先行プレミア・ロードショー

会場:京都みなみ会館
会期:6月17日(土)~6月23日(金)&
   7月8日(土)~7月17日(月・祝)
初日トークショーあり。整理番号付き前売券/1,800円

http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/31781

 ☆   ☆

…こ、これだけだった?まだなんかあった?ぜえぜえ。

そして最後のはクイーンも大いに関係あります!

「70年代を写した男」ミック・ロックさんのドキュメンタリー映画「SHOT!」が、「DAVID BOWIE by MICK ROCK」展に合わせて京都の「京都みなみ会館」で

日本初上映!

https://youtu.be/ws8zPuCnb2o

これ、海外ですでに公開されていて、日本にも来ないかなー、なんて思っていたのですが、京都のあと、

9月以降に、全国順次公開されるとのことです!

おおおー、楽しみですね!貴公子時代のクイーン!

Queeniiphotosessioninlate1973

…よしよし、なんとか「勇気凛々」的にうやむやの内にまとまったぞ(笑)。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年3月24日 (金)

デニス・オリーガン氏の写真展イギリスで開催

Fredcrown1986

今年の9月から11月に掛けて、クイーンの1986年マジック・ツアーの公式カメラマンだった、デニス・オリーガン Denis O'Regan さんの巡回写真展がイギリスで開催されます。

https://www.offbeatlounge.co.uk/princesoftheuniverse

デニス・オリーガンさんのマジックツアーの写真といえば、あの「黄色ジャケットのフレディ」と共に、

Denisqueen2

現在の「クイーン」の一般的なイメージを印象づけた写真群だと思うのですが、もちろんそれ以前からツアー写真を撮り続けていて、

Denisqueen3

今回は未発表のものを含む約60点の写真が展示されるようです。
Mercury Phoenix Trust もサポートしている模様。

デニスさんの写真は、なんていうか、凄く「正統派」な感じの写真が多いような、気がします。

Denisqueen5

…まあ、何が正統で何が邪道かとか突っ込まれるとうまく言えないんですが(笑)。雰囲気で察してください。

日程:

 9/19 Norwich   10/12 Cardiff

 9/21 Croydon   10/13 Swindon

 9/22 Cambridge  11/14 Glasgow

 9/26 Liverool   11/17 Harrogate

 9/28 Worcester  11/21 Bolton

 9/29 Leicester  11/23 Sheffield

 10/10 Bristol   11/24 Milton Keynes

会場はなぜか全部BMWのショールーム(笑)。
9月の Freddie For A Day に絡めにくい日程なのが残念ですね(行く気か)。

夜6時半からのVIPチケットは、デニス・オリーガンさんの「‘No Filter Question and Answer’ session」Q&Aコーナーがあるそうなんですが、可笑しいのが

「Q&Aの内容には、お子様には不適切な「大人の」会話を含む、かもしれません」

という注釈があること!恐るべし「No Filter」!(笑)

お子様に不適切なクイーン!

ぜひ聞きた…いえ、素晴らしい配慮ですね!

Denisqueen4

デニス・オリーガンさん、現在はデヴィッド・ボウイの巡回写真展をしているようで、ボウイさんの他、キッスのライブ写真も有名なようです。

デニス・オリーガンさんにしろ先ごろ来日したミック・ロックさんにしろ、もちろん日本が誇る長谷部宏さんにしろ、あの黄金時代を切り取った素晴らしい写真を見せてくれたみなさまが、正当な対価として収入を得ることが出来る機会は、これからも増えて欲しいと心密かに思っています。

…盛大に「お前が言うな」なんですけどね…(一応自覚はあります…すいませんすいません)。

Denisqueen1


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年3月14日 (火)

第4回スタームス・フェスティバル

Golden_days_bri_photoshoot_cr1

こちらの記事などで

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/nhk-8dff.html

何度かご紹介している、ブライアン・メイ天文物理学博士が主犯(笑)の天文学と芸術の祭典「Starmus Festival」、毎年ブライアン思い出の地、スペインのテネリフェ島で開催されていたのですが、今年はノルウエーのトロンハイムに会場を移し、6月の18日~23日に開催の運びとなっていたんですが、

https://www.starmus.com/

クイーン+アダム・ランバートの2017年北米ツアーの初日が6月23日で、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017NorthAmerica.html

えっ、どうするんだスタームス、とツアー日程が発表されてから凛々さん密かに心配しておりました。

するとまるでそれに応えるように(笑)、凛々さんがつぶやいた翌日に、メイ博士がツイートしてまして。

「もちろんフルサポートするよ!」
と言っていたのですが…

3月1日、ブライアン・メイ公式サイトにて、

http://brianmay.com/brian/briannews/briannewsmar17a.html#01

「クイーン+アダム・ランバートツアーのリハーサルと重なるため、ブライアン・メイは今年のノルウェーのStarmus IVに参加することができません。」

と発表されました。

あああ、無念でしょうね、博士。
実質ブライアンが言い出しっぺで第4回まで地道に育てて来た、この「天文学と芸術」という個性的なフェスエイバル、現地参加したかったでしょうに。ノルウェーのファンだって、楽しみにしていたでしょうにね。

Themoonandbeyond17

たぶん、クイーンぐらいのビッグビジネスになると、もう必ずしもアーティスト本人にスケジュールが自由に出来るとは、限らないのだろうなぁ、と、深い深い「大人の事情」に勝手に思いをはせる。

ブライアンにしろロジャーにしろ、もうね、いいからね、悠々自適で好きなことを好きなように、自由に生きてね、なんて地球の片隅の一ファンは願うのですが、やっぱり大きくなり過ぎた代償というのはあって、特にブライアンなんて生真面目なので、きっと人一倍心苦しい想いをしたりもするのでしょう。

どんな状況になっても、とにかく今出来ることを、今最大限に楽しもう、というのは、スーパースターでも私たちでも、実はそんなに変わらない真理なのかもしれないなぁ、などと、あっちとこっちであまりにも規模が違い過ぎる人生を前にして、つい遠大なテーマにして落とし所を模索する凛々さんなのであります。

https://youtu.be/j6jMpDSvwnY


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

より以前の記事一覧